夏至祭は終わった - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夏至祭は終わった    

抉り取られた枝から 予告もなく傾いていく 網が からめとる とられない 誰かの手紙が捨てられて 落書きばかりにうんざり ひさかたの果実にうつつをぬかす 転がる、ひかり、分散、なつのひ 夏至祭へと至るパレード、はらり いつまで待てばいいのか? 雨降りの日には雨漏りに尋ねている 名前が欲しいのか。いらないから捨てた 手紙には宛名がなかったのだから 砕け散った跡だけ 忘れ去られていく 汚れた皿をあらう ゆるやかに彫刻刀で 月を削り象っていく ゆびでなぞるころには あの空き地に角が満ちる 枝がしなり、羽撃いて 路上からまた誰かが消えている しらないうちに誰か増えている 予告もなく、夜明けが眼を射る スケジュールに生命が宿る。点を打つ 意図、がゆるやかに笑っていくうちに 行き過ぎたパレード、もう秋の日暮れ 実り過ぎた過日が、落ちて砕けた

scroll


作成日時 2021-11-14
コメント日時 2021-11-30
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

夏至祭は終わった ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1427.2
お気に入り数: 0
投票数   : 8
ポイント数 : 74
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性1414
前衛性1717
可読性66
エンタメ33
技巧1313
音韻44
構成1717
総合ポイント7474
 平均値  中央値 
叙情性3.52
前衛性4.31
可読性1.51.5
 エンタメ0.80
技巧3.31.5
音韻10.5
構成4.33.5
総合18.510
閲覧指数:1427.2
2021/12/02 09時10分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

夏至祭は終わった コメントセクション

コメント数(20)
三浦果実
作品へ
(2021-11-14)

よい。この道を極めなさい。

0
ねねむ
作品へ
(2021-11-14)

素敵な作品ですね

0
ほば
三浦果実さんへ
(2021-11-15)

果実、だけで褒めてないだろうか?と自問自答した方がいい。と、まぁ、それはともかくとしてありがとうございます。

0
ほば
ねねむさんへ
(2021-11-15)

どうも、ありがとうございます。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-11-15)

静かに押し寄せる生活への疲れなのでしょうか、厭世観なのか、虚空を感じるのも秋のもののあわれかもしれないですね。描写が苦しみなどが過分過ぎず、落ち着きを伴い風情があります。

0
百均
作品へ
(2021-11-16)

こんにちは。 夏至祭ってなんだろなっていうのは、正直わかっていなくて、ネットで調べた限りでは、西洋でよくあるお祭りみたいですね。この作品を見て思ったのは祭りに向かう雰囲気の描きかたと、祭りが終わった後の話。それから祭りという、喧噪の中で、消えている名前を持たない存在についての目線ですかね。 分かりやすく考えるのだとしたら、オリンピックとかでもいいかもしれない。オリンピックは久しぶりの大きなお祭りで、いつまで待てばいいのかと思いながら、まっている。祭りは開かないといけなくて、オリンピックが終わった後の後処理は祭りに来た人は何も考えてくれなくて、祭りを開いた側が処理しないといけないよなとか、全部おわったら秋になっていて、そのお祭りを実施するために多分色々な人が死んだり犠牲になったよなとか。そういう事を思いましたね。 という訳で、具体的な読みというのは展開できなかったのですが、夏至という陽の当たる時間が長い日の後は、落陽というかどんどん陽が落ち込んでいくだけになるだけで、ピークに至る道筋と、ピークが終わった後の話をするにはちょうどいい選語だと思いました。そこから、夏至祭に至るパレードの描写と、夏至祭が終わった後、いわば祭りの後を描く展開も面白いですね。夏至を祝う事が目的になっていて、なぜ夏至を祝うのかっていうのも考えると面白いですよね。夏至祭ってキリスト教的には、ヨハネの誕生日みたいな描写もありましたが、夏至であることを祝うのってあんまり意味ないかもなとか。(春になったら祝うなら分かりますね。海開きとか、年が始まるとかそういうのは) 単純に読み切れてないのは、名前の部分で、そこはオリンピックを題材に読んでしまったところがあって外れてるかもしれんなと思いました。手紙の部分については他の人の読みがもうちょっと聞きたいし、少し考えるべき課題かなと思ってます。 ありがとうございました。

0
ほば
百均さんへ
(2021-11-17)

あー、夏至祭はあんまり日本では馴染みないですね。近いのは冬瓜かなんかを食べる風習があったかな? 大騒ぎすることで魔を追い払って、幸運を呼び込むことか、夏至祭の間に飲んだアルコールの量がその年の作物の出来高に影響するみたいなのはフィンランド辺りの風習だっけか? と、まぁ、そういうイメージのなかで祭りに馴染めないものや祭りの後の寂しさみたいなものが影響してるかもしれないし、していないかも。 オリンピックは観てないのですがピークに至る道筋と、ピークが終わった後の話、みたいな切り口も面白いですね。まぁ、後の祭りなもんだから僕が考えても次の作品に繋がるだけだな。百均さんのコメント興味深く読みました。

0
エイクピア
作品へ
(2021-11-18)

落書きばかりの手紙にうんざりして、ひさかたの果実とは?夏至祭のパレード。宛名のない手紙。汚れた皿の象徴性。三日月から新月、上弦の月、満月、下弦の月を経て再びの三日月。月の地球からの見え方が彫刻と言う概念を使って表現された。なぞるしなやかな指。祭りは終わりに向けて参集した人も居なくなっていく徐々に。もう秋の日暮れの意味は。実り過ぎた過日は果実と考えているのかもしれません。

0
ほば
エイクピアさんへ
(2021-11-18)

なんというか、つまらないものばかりみせられてすねたのか厭世観なのか、少しばかり馬鹿馬鹿しくなっていたのかもしれません。削っていくことで満たされ、また変化し続けるイメージの面白さに月動かされた部分もあります。ちらばめすぎたかもしれないですが、綱渡りをやりきった気もしていて書いた自分自身もまだ考え続けています。

0
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-11-22)

果実は鳥に食べられそしてまた実を付ける繰り返す永遠という言葉への軽やかな微笑み。

0
ほば
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子さんへ
(2021-11-23)

自然のサイクルというのは心地よいものですね。

0
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-11-25)

0
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-11-25)

夏至祭といえば私の中ではイギリスのお祭りのイメージがあるのですが違ったらごめんなさい。歌うようなリズムがイギリスの童謡を彷彿させてよかったです。

0
湯煙
ほばさんへ
(2021-11-25)

果実から、過ぎ去った日々への過日、佳日、カシス…酸味と、熟し過ぎた落ち着いた甘さとを感じさせる佳い作品でした。

0
ほば
湖湖さんへ
(2021-11-25)

おおっ、とコメント飛んでました。 厭世観がないとはいえないんですよね。一筆書きした作品なので余計にそういう部分がクローズアップされたのか秋の物憂げさかは悩ましいですね。

1
ほば
井上橙子さんへ
(2021-11-25)

ヨーロッパ全般にあるのかな。よく聴くのは北欧あたり。イギリスで童謡というとロンドン端とか、、マザーグースか。あれ、いいですよね。ああいうのが書けたら嬉しいのですが。

1
ほば
湯煙さんへ
(2021-11-25)

こんにちは、今日は佳日でしたでしょうか。この佳日まで転じたらもうすこし奥行きも出たのかな。カシスまでは考えてなかったですが、なるほど。のんびりと飲みたい気分です。

1
ryinx
作品へ
(2021-11-28)

指先で象りなぞる 意図、ゆるやかに削り象っていく    けずり かたどっていく 雨漏りの日には雨漏りに尋ねている 落ちて砕け、しかし皿をあらう 象るようにつくられている 形のひとつひとつ確かめるように、読んでいました。

0
ryinx
作品へ
(2021-11-28)

雨降りの日には でした。 いろいろな方向から読む事ができて とても楽しく拝読させて頂きました。

0
ほば
ryinxさんへ
(2021-11-30)

ゆっくりと触れて読んで頂けたようでありがたく思います。自分には珍しく即興に近い一筆書きのように書いたのですが、なんらかの形を読む方に示せたのだとしたら嬉しいです。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3