帰路 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

帰路    

人は何を思い、何を成して死んでゆくのだろう。 車窓を横切っては生まれる夜景は、人々の労苦の天の川だろう。 艶の入った窓ガラスが、無口な私の横顔を色付ける。 誰もが望遠鏡で生き様を辿るその間にも 電車は頑なに私を揺さぶる。 閑散とした帰路に一切の塗り絵はなく ただひたすらに生命と、生命以外の夜がある。 私だってそうだ、帰路の一部として歩む景色だ。 例えばそう、腐り果てた小さな町工場には 今なお生っぽい汗の匂いがする。 踏まれ慣れた雑草は靴の味を語り合う。 それら全てに余裕があり 私達は拡大された己の模様を考えている。 世の中が全て学問で語られるようになり、 私達は皆、詩を忘れた。 帰路はもう終わりを迎えようとし、 すなわち、この文章も在るべきところへ帰す。 私達が学問で全てを語り合っている時、 帰路は、ただの帰路でしかなかった。

scroll


作成日時 2020-11-08
コメント日時 2020-12-01

帰路 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1544.8
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 5
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性1.71
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合1.71
閲覧指数:1544.8
2023/02/09 08時19分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

帰路 コメントセクション

コメント数(13)
ガムのくつべら
ガムのくつべら
作品へ
(2020-11-08)

書かれている内容と、用いている比喩との距離間がうまく取れていないように感じます。また、黙読でも全体的に語呂が悪いです。一度声に出すことをお勧めします。全体的に、ちゃんとしたものを書こうとして空回ってしまっているみたいに思いました。 一度落ち着いて身近なものから始めてみてはいかがでしょうか。

0
ららら
作品へ
(2020-11-09)

なんだか、景色と言葉と…境界性のなさを感じましたっっ。

0
ryinx
作品へ
(2020-11-10)

僕にはこの作品が、 生と死 作品と、その鑑賞者の関連性のように感じられました。 作品が論理や理屈で語られ過ぎて、 感動する体験が、失われてゆく場合が往々にしてあったと、思うのです。  帰路は、ただの帰路でしかなかった。 から、冒頭の  人は何を思い、何を成して死んでゆくのだろう。 というところに遡ると、何か深い余韻のようなものを感じるのです。 僕は詩人ではないので、深い言葉の論理には疎いのですが、 二連目?の閑散とした風景や、もろもろの言葉に、むしろ生のイメージを感じます。 そこに気づくとこの作品全てが生きる事を、描写しているようにも思えるのです。

0
滝本政博
作品へ
(2020-11-15)

一つの詩では一つの事を言えばいいのだと思う。この詩は一つ以上の事を言おうとして失敗している気がする。具体的に指摘できなくてもうしわけないのだが。

1
パワフルぽっぽ
作品へ
(2020-11-15)

ふじりゅうさん、はじめまして。 >私達は拡大された己の模様を考えている。 この一文がとても素敵だなと思いました。 昔からそうなんですが、わたしの作品は「わたし」の存在がひどく大きくて それは自意識過剰なんだろうなあとは思うのですが そうなってくると自分を一度解体してもう一度眺めてみるというような 自己を俯瞰して見つめようと試みるんですよね。 (結局それって「わたし」から逃れられていないのですが) そういうとき、「自分の模様を拡大して考えている」という言葉がぴったりだなあと思いました。 (抽象的なはなしで申し訳ないです。) どうして生きているのか。なぜ、生命と生命以外の夜があるのか。 そういうことを突き詰めて考えることは少し辛いような気もしますが、 なんだかとても大切なことのように思います。

0
ふじりゅう
ガムのくつべらさんへ
(2020-11-29)

ありがとうございます。まともな詩を書こうとして、から回ってしまったようです。 声に出した時の音は普段からほぼ意識していないのですが、音が重要な作品かどうかの見極めも大切であることを思いました。

0
ふじりゅう
らららさんへ
(2020-11-29)

ありがとうございます。お楽しみ頂けたようで嬉しく思います。

0
ふじりゅう
ryinxさんへ
(2020-11-29)

ありがとうございます。詩人の多くは生と死について考えたり、それについて書いたりするものだと理解していますが、私もまたその内の一人でもあります。 理論は大切なものですが、理論がメインとなってしまうことのつまらなさを書こうとしました。理論や理屈の底に眠るものが熱い感情や、ともすれば子供っぽいと言われるような言い分であるかどうかというものが、何かを伝える鍵なのではないかと思ったりしています。

1
ふじりゅう
滝本政博さんへ
(2020-11-29)

ありがとうございます。確かに、色んな要素を中途半端に書こうとしてしまった節はあります。最近は詩を頑張って書いたり、読んでもらおうとする熱意があまり無かったように思え、反省すべきところだと思います。

0
ふじりゅう
パワフルぽっぽさんへ
(2020-11-29)

ありがとうございます。作品を読んで、筆者の考えたことはこうだ!などと読解するより、私はこう読んだ!という読み方の方が作者冥利に尽きる感じがします。 己の模様を考えたりする行為だけでひとつの作品が書けそうですので、その意味では簡単に書きすぎた感じもしますが、読み手に何かしら想像を与える事が出来たようで嬉しく思いました。

0
stereotype2085
作品へ
(2020-11-30)

良い詩。ふじりゅう氏がクリエイティブライティングに挑戦している作品を幾つも観たが、これはスマートでナチュラルな現代詩としてかなり完成度が高いのではないか。これは筆者と作品を繋げていてある種余りいい評価のしかたではないかもしれないが、現在ふじりゅう氏は病気療養中で仕事も休みがちだと聞いている(回復しているのなら失敬)。それがためかあるいはふじりゅう氏に元々そういう資質があったのか、この作品は人生を俯瞰し同時に横目で憂いげに見ている印象がし、作品をより奥深いものに仕上げている。刺激的でもある人生から一度距離を置くことによってはからずも良作を生む視点が芽生えたといえよう。言わば怪我の功名。なかなかの良作である。この作品の文脈に沿って言えば私のこの講評もまた帰路の一つでしかないのだろうが、景色の一つとしてここに書き記しておく。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-12-01)

伝道の書を思い出しました。 厭世観がいいと思いました。

1
ガムのくつべら
ガムのくつべら
ふじりゅうさんへ
(2020-12-01)

>音が重要な作品かどうかの見極めも大切であることを思いました。 声に出す出さないではなくて、音の並びと語呂については意識しないと、目で読んでもつっかえるということです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2