B-REVIEW 7月のお題詩「思い出」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

B-REVIEW 7月のお題詩「思い出」    

日頃よりB-REVIEWをご利用いただきありがとうございます。運営の沙一です。 2023年7月9日の公式ツイキャスにて、7月のお題は「思い出」に決まりました。 夏は開放的になりますし、夏休みもあったりして、思い出のできやすい季節ですね。 思い出にまつわる詩を募集します。 以下、ルールを説明いたします。 ①この投稿のコメント欄では、お題に沿った詩の投稿を無制限に行えるものとします。 ②ここのコメント欄に投稿された詩の全ては、ビーレビ杯不参加とさせて頂きます。 ③システムの関係上、コメント欄に匿名で詩の投稿はできません。 ④コメント欄では縦書き機能は無いので横書きになります。それか、自力で頑張って縦書きしてください。 ⑤投稿者に対する返信として、連詩や返詩も可能です。 ⑥ハートの数を個人的に得点として競ってみるのもいいかもしれません。なので気に入った作品にはぜひハートをつけていってください。 ※無論、マナーガイドラインに反することは禁止です。運営の開催する企画でカードを発行するようなことになってほしくはありませんので、くれぐれもマナーガイドラインを厳守していただきますよう、よろしくお願いいたします。 B-REVIEWマナーガイドライン&ルール(必読) https://www.breview.org/forum_blog/guideline_and_rules それでは皆様、よろしかったら遊んでみてください。


B-REVIEW 7月のお題詩「思い出」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1756.0
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2023-07-11
コメント日時 2023-07-22
#現代詩 #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2024/02/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1756.0
2024/02/26 22時35分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

B-REVIEW 7月のお題詩「思い出」 コメントセクション

コメント数(8)
もじゃお
もじゃお
作品へ
(2023-07-11)

思い出は足が遅いから 若い頃は大事に出来なかった 置いてけぼりにされた思い出は 何を思ったか 思い出は足が遅いけど 最近じゃ僕の方が遅くなっちゃって 思い出の背中をながめることが 多くなった 思い出は何も言わず 僕の前をゆっくり進む 思い出に先導されるように 僕もゆっくり進む まえへむかって うしろからきこえるあしおとには まだきづかないふり ちょっとおどろかせてやろう うふふふふ

2
妻咲邦香
作品へ
(2023-07-13)

「山口百恵」 斎藤さん斎藤さん 思い出の音はなに? うぃーうぃーう、うぃー それハムスターだよ うぃーうぃーう、うぃー それハムスターだよ うぃーうぃーう、う、うぃー それハムスターだよってば 斎藤さん 大事にしようね う、うぃーうぃー ハムスターじゃないよ 思い出だよ うぃい

1
黒髪
作品へ
(2023-07-13)

「時間のマジック」 鉄塔の列 子供の頃鉄塔のてっぺんの光が点滅するのを見て どこかへ行くこと、行けることを感じた 悲しいようで嬉しいようで不思議な思いだった 車の中の前の席にはお父さんとお母さんが座っていた 子供の頃はいつも時間がたっぷりあって ただ空間は全体が歪んでいた 事実は次々と行き過ぎて行くのに 鉄塔だけは確か、でもそれも点滅していた 私が見えなくなる 遠いところへ行く、あるいは 時間のマジックはあらゆる人を化かす ただ一つ確かに思えた空間も、昔は病んでいて 私は悲しさに浸る 誰も本当の所は失敗してはいけないんだと分かってからでは あれらの夢は 舌足らずでも教えてくれていた、のに 美しい日本語よ 私を救ってくれるはずの 自由な絵達よ 私が見つけるはずだった幻の宝の地図 それを、託したくて 全ての冒険者よ立て 私の生きれなかった現実を知っていく全ての勇者達よ 暮れていく空はただの空 秋風に吹かれて雲とカラスが飛んで行く 時間のマジックを見破れるかな 一つのロボットが壊れるとき 時のねじが一つ外れる

1
ryinx
作品へ
(2023-07-13)

.  データ No. . 確認します.  . . . o moide .  該当する箇所に 金属片の混入  データの現像は修復 できます .デバイスの有効性 臓器の修復率 . .  操舵手と . ルートの検索を開始します  システムの作動中はスクリーンの  コマンドを. Aと. . . B  F . .  小文字の「 O が 検出 .. .   ねェ . . . 「どうしたの? .  .

1
羽田恭
作品へ
(2023-07-16)

育成牛舎と肥育牛舎を見回る 牛たちはいつも人が来たのを見ると じっと見つめ 耳を立てて 近づいてきて 匂いを嗅いでくる お互いを完全に忘却して ロボット哺乳が行われる自動哺育牛舎で 三か月世話してきたのだ なのに お互いがお互いを忘却してしまっている あれだけ接していたのに 治療と給餌に 心砕いて なついていたのに 肉牛はすぐ大きくなる 30キロで生まれた牛は 半年で200キロを時に超える 面影がすぐ消え 次から次に産まれてくる牛たちに 記憶が上書きされ続ける そして牛に 過去も未来もなく 永遠に続く今を生きている 今感じる全てが 命の全てなのだ お互いがお互いを忘却する ただ 残された記録が残っている 「ああ、お前か」 牛は 近づいてきて 大きく膨れ上がった体を見せつけ うしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうしうし と命を見せつけてくる 記録と経験は思い出として残る お前は全力で生きろ 肉なる その日まで

2
たわし
作品へ
(2023-07-16)

その夜 私はチノパンを寝押しして寝ました 翌日目が覚めると雨がザーザー降ってきて 梅雨の季節となりました 夏は短パンとタンクトップで過ごし やがて季節は秋になりました 忘れていた何かが思い出せません 最近きのこの夢をよく見ます

1
A・O・I
作品へ
(2023-07-16)

波打つよう轢かれた躰の欠片が四散し、あたりにピンクの雨と降る。それはいつまでもどこまでも揺蕩い流され川を生み、湖に誣いた。アヒルボートに眠る、面のない痩せた躰の幼女がたどり着いた場所ではないかと、たぶんそんなことを思って書かれたもの。蓋のない蛍光ペン、壁の凍み、頬の滲みをなぞる。

1
鷹枕可
作品へ
(2023-07-22)

時計修理工牀上に天球儀からからと陽に炙られあり日曜日 壁紙の解れ捲るる宵に死をおもはばいづれほどを死にそびれたる 駅舎轟轟と群衆の靴に踏み躙られ二十世紀ふたたびはあらず 出奔後ゆくへしれずの長男に徴税通達の印刷封筒 雑貨店店主眩暈軒先の薔薇南風に散りのこるは一株 教派分裂残り少な捕囚の輩ものおぼゆるとはわすれゆくこと さりながら歌の敵は歌ならむ記したるまま過ぎて七月 国家炎天にかぎろふ政庁府へ爆弾のごと檸檬の実り 重爆撃機開発資料軍閥に届けられたり模型ならず 資料館つめたき机に俯瞰図はひろごり校庭曝心地の同心円

2

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2