にじいろ、もぐもぐ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

にじいろ、もぐもぐ    

おとうさん、私は懺悔します おとうさん、私は後悔します おとうさん、私は痛悔します 今年も8月がやって来ました この国は、8月になると、ずっと葬式をします たくさんたくさん、祈ります たくさんたくさん、怒ります たくさんたくさん、たくさんたくさん、 たくさんたくさん、謝らないといけません おとうさん、どうして世界中に行かなければならなかったのですか おとうさん、どうしてあんな、荒れ狂う海の彼方の国へ 文字を縦に描き、宣教師を論破し 2500年の王家を持った国にまで 私たちをお遣わしになったのですか あの小さくて生意気な人達の暮らしに私が入ってから あの健気で勤勉な人達の暮らしに入ってから 海を隔てた東と西 どうしてどちらかを呪えましょうか、どちらも私の仲間なのに おとうさん、私は知らず、背負いました 私はあの国に、にじいろのくもを呼びました 意味もわからず呼びました 意味を聞かずに呼びました あの時雲の上から 爆薬の煙によってできた、黒い雲に見慣れていた私たちが 大きな大きな、くもをみました にじいろにそまった、どくきのこ 身体の半分がごっそり消えて それでもこれで、もう終わりだと安心したあの時 気温は高く、空は晴れていました 太陽に近づきすぎたイカロスは、私たちだったのに イカロスを見上げていただけの草花が、太陽に放り込まれていきました おとうさん、おとうさん、おとうさん 祈りと贖罪は続きます 後悔も懺悔も続きます、私は永遠なる人の信仰そのものだから おとうさん、おとうさん、けれどもおとうさん 定命なる私の仲間が罵られるのは辛いです 「キリスト教の国が、日本のキリスト教徒を殺し、日本の教会を焼いた」 おとうさん、おとうさん どうして私を世界中へ遣わしたのですか どうして私は世界中へ拡がったのですか どつして私が世界中を纏められないのか どうして私に世界中を導けなかったのか こんなことなら、私はローマで潰えて アンティオキアの小さな国の国教として 細々と続いていればよかった おとうさん、おとうさん、おとうさん 私の仲間が罵倒されます 悲劇を伝える人達に、信仰を罵倒されます おとうさん、おとうさん、おとうさん 彼らは産まれていないのに、罵倒されます おとうさん、おとうさん、おとうさん 彼らは反論の種を知らずに、罵倒されます にじいろは、貴方の与えた繁栄の約束 二度と人を死の波に呑ませない約束の印 そんな大それたものを人の手で作った、その罰なのか そんな大切なものを人の手でけがした、その罰なのか おとうさん、おとうさん、だからといって ただ、貴方に愛されているだけの私の仲間が 何故罵倒を耐えなければならないのでしょう おとうさん、おとうさん、人類のおとうさん 人は無頼に堕としてでも、生きねばならぬのです 人は冒涜に尽力してでも、貴方を愛せずにはいられぬのです どうかそれを、貴方ではなく 悲害者の人達に悟らせてください 疲れました。もう十分です。聞きたくない 悲害者の人達に真に償うために おとうさん、私たちを被害者にしないでください にじいろの空は、破壊からの繁栄の約束 にじいろの雲は、破壊からの繁栄の支配 でも雲間に跨るにじいろは、ただ綺麗なだけ にじいろもくもく にじいろもくもく にじいろもくもく にじいろもぐもぐ 平和のわたあめを食べに行こうよ 公園からお囃子が聞こえてくる お祈りの踊りを踊ったら 甘い甘い、にじいろのくもを食べようよ そうして爛れた 子供が来たら 一房雲を分けてあげるんだ あのにじいろのくもは、もう二度と現れない、と


作成日時 2020-08-03
コメント日時 2020-09-14

にじいろ、もぐもぐ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 2221.4
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 26
#現代詩
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性1712
前衛性00
可読性10
エンタメ00
技巧33
音韻00
構成53
総合ポイント2618
 平均値  中央値 
叙情性3.42
前衛性00
可読性0.20
 エンタメ00
技巧0.60
音韻00
構成11
総合5.24
閲覧指数:2221.4
2021/09/20 19時50分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

にじいろ、もぐもぐ コメントセクション

コメント数(18)
エイクピア
作品へ
(2020-08-03)

西欧と日本との対立軸、そんなことを思いました。盆の行事。これまでの歴史。アンティオキアとは調べたくなるタームです。より繊細なニュアンスが分かる事でしょう。イカロスなども歌に出て来て知っているだけなら理解は浅いはずです。詩とは啓蒙作用もあるのだなと思いました。おとうさんと言うリフレイン。残響が私を西欧へ誘っているような気がしました。

0
沙一
作品へ
(2020-08-04)

 「キリスト教の国が、日本のキリスト教徒を殺し、日本の教会を焼いた」 とあり、その出来事が話者の感情に強く訴えているのだと察せられますが、私からは些か疑問を感じてしまいます。相手がキリスト教徒でなければ殺してもいいのか、教会でなければ焼いてもいいのか。作者がどこまで意識的かどうかはわからないのですが、キリスト教と他を差別しているように受け取れてしまいます。キリスト教の国でもそうでなくても戦争は戦争だし、相手がキリスト教徒でもそうでなくても殺しは殺しだし、そこが教会でもそうでなくても破壊は破壊だし、キリスト教だからといって特別視しなくても、その行いになんら違いはないのではないでしょうか。故に、日本を爆撃した国がキリスト教国だったからといって、それがキリスト教の信仰に懐疑的になったり否定したりすることとは関係ないのではないかと私は考えます。 キリスト教でも虹は希望の象徴とされていますが、虹に実体はなく、遥か空に眺められるだけで、手に触れることさえできないもの。それでも人は、そうした実感し得ない形而上的なもの(=神)を潜在的な対象にして道徳観を拵えてきたのではないでしょうか。 なのでこの作品における「にじいろは、ただ綺麗なだけ」という言葉は、キリスト教、ひいては既存宗教へのアンチテーゼと捉えることができます。 と、小難しい長文になってしまって申し訳ないのですが、私がこの作品から最も感じたのは、素直さです。素直だからこそ、神を信じもすれば、懐疑的にもなる。矛盾が蔓延っているこの世界で、他でもなく、自らの感性や思考に素直でいること、そこになによりも生き様を感じられます。

1
ぱうら@ PAULA0125
エイクピアさんへ
(2020-08-04)

コメントありがとうございます! アンティオキアは、世界最初のキリスト教が国教の国です。今は色々あって東方教会の1つとして、現代にも残っています。まだ西方と東方が別れる前の話ですね。 啓蒙…? 何が啓蒙されたんでしょう←特に意識してなかった

0
ぱうら@ PAULA0125
沙一さんへ
(2020-08-04)

おはようございます! わあ、よくご存知でいらっしゃいますね!わたくしの拙さについて補足いたしますね。 よくある話だと思うのですが、所謂「アンチ」達の定番の罵り文句が、先の大戦での原爆投下なんですね。実際は「プロテスタントの大統領が、カトリックの兵士に、カトリックの伝統建築ごと(浦和教会)焼かせた」というのがより正しいのですが、そのように申し上げても「でもカトリックもプロテスタントも同じ」「十字軍に始まり、キリスト教は戦争する宗教」という罵り文句が消えることはありません。プロテスタントの場合はprotest(抗議)の特性がありますから反論し、時には十字軍(カトリック)にヘイトを向ける人もいましたが、カトリックの場合「恥部を認めるように」とお達しが出てるので、反論が出来ないんですね。いや、反論したところで特に罰則も無いんですけど。 8月になると、私の周りの宗教界隈がやはりざわつくのですが、純粋に悲しみや祈りを発信してる人ってあんまりいなくて、「戦争」へのヘイトや怒りを発信してる人の方が多かったりします。 その辺の心情を、まさしく、素直に書かせて頂きました(*´ω`*)

1
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-08-04)

>雲間に跨るにじいろは、ただ綺麗なだ>け ひとしくにじいろはかなしく、ひとしく甘く、ひとしく綺麗。ひとしくそうなって欲しいものです。人間、何か口にしている間は黙るものなので甘い甘いにじいろを口に入れてさしあげたい、と思う8月。僕もここいらで沈黙しておきます。

0
ぱうら@ PAULA0125
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-08-04)

いつもありがとうございます(*´ω`*) この時期のこの話題は、すごくデリケートですよね。怒る県、祈る県、色々です。多くをあまり語れないので、うちのこに詩にしてもらいました^^

0
白川 山雨人
作品へ
(2020-08-09)

凄いな、と思いました。こうしたテーマを扱うということだけでも、私にはまだできないことで。しかも、押しつけがましくなく、訴えてくる。特にやはり最終連、素晴らしいと思いました。決して甘い話にはしない引き締めが効いています。

0
ぱうら@ PAULA0125
白川 山雨人さんへ
(2020-08-11)

コメントありがとうございます! そうですね、題材としてかなり繊細でしたので、日付だけ気をつけました。ただまあ、これは所謂うちのこ視線のものなのですが、この作品群は宗教と戦争をよく扱うので、その辺の経験も生かせたかな、と思います。 訴えが届いてよかったです(*^^*)

2
ふじりゅう
作品へ
(2020-08-11)

とても力の入った作品と感じます。なんといっても、窮屈なくらい閉塞感のある視点で描かれた描写と、平仮名で表現された言葉のバランスが面白いです。特に、「にじいろ、もぐもぐ」というタイトル及び言葉が、悲痛な文章をより強調させていると感じます。 先日、私のツイキャスにて此方の作品を勝手ながら取り上げさせて頂いたのですが、その際に「真情があるから響く」「にじいろもぐもぐが硬さをふっきっている」という素晴らしい評をコメントとして頂きました。私が発言したものでは無いのですが、此方に付記致します。 恐らく宗教的知識が前提の下に書かれた作品のように思え、私にはそちらには疎いですので中々細かい部分まで読み取れず、悔しい感じもします。私ももう一歩知識をつけなければ、と思ったりします。

0
ぱうら@ PAULA0125
ふじりゅうさんへ
(2020-08-12)

こんにちは! なんと!ツイキャスにてそんなにたくさんのお褒めの言葉が…! ふじりゅうさんのキャスは夜中が多く、私は寝てることが多いのですが、アーカイブ残ってませんか?(0゚・∀・) ワクテカ はい、こちらは宗教的な対立と、国家の対立を用いたダブルバインドの詩です。詳しくは「ワスプ」で調べるとある程度わかると思います。窒息しそうなほどの怒りや苦しみ、自分も被害者と言えない息苦しさが伝わっていて嬉しいです! また遊びに行きますね!

0
ryinx
作品へ
(2020-08-13)

なにか、とても切実で、 身に迫るような強い、印象を受けました。 あまりに深い部分までは読みこなせませんが、 生まれて、いきて ごめんなさいという想い、を感じながらでも やはり、生きていかなければいけない。 時には、祈りを込めて。

0
ぱうら@ PAULA0125
ryinxさんへ
(2020-08-13)

あ!リンクスさんだ。先日はキャスにお越しくださりコイン爆もしていただきありがとうございました! キリスト教って、仏教と同じく比率の差はあれど広がりすぎちゃったので、被害者にも加害者にも信者がいるのですよね。私の所属しているカトリックでは、過去の過ちを咎められたら認めるように、とのお達しがあって、自分達も戦争で傷ついた、とは言えないんですよね。ましてカトリックはナチス内のカトリック信者を守るために、ヒトラーに警告を出さなかったので…。 前を向きたくても、後ろを向いているように求める教派もあります。祈ることこそ大事なのですがね。

1
田中修子
作品へ
(2020-08-17)

これまで、作者によるいろんな詩を拝見してきましたが、これはいいなあ、って思いました。 あとから力づくで置いたようなルビもないし、文語と口語が混ざっているわけでもない。 ただ素直に、疑問そして祈りの言葉が置かれている。 これからも、こんな風に、素直に素直に書いていってほしいな。このほうがたくさんの人に届くだろうから。ってちょっと偉そうにコメントさせていただきます。

0
ぱうら@ PAULA0125
田中修子さんへ
(2020-08-18)

おねーさんおはようございます! あー、仰ってますのはエゴ・エリスシリーズの事ですね。 あれは聴覚と視覚で別々に楽しめるようにしてるのと、うちの教会の聖歌が時々文語で、なんかこう、自然とああなってしまうのですよね。あれはあれで、強いトランスに酔っ払って頂くのが1番楽しめるかと思います。 それにしてもキリスト教教派擬人化BLのキャラが書いた詩って、なんかビーレビでは人気ですね。なんでだろ?

0
イツカ
イツカ
作品へ
(2020-08-25)

この季節になるとどうしても頭にこびりついて痛みを起こさせるものに、真正面から向き合って書かれたのだなと感じ入りました。 悲害者、という言葉が印象的です。実際に傷を負った人たちのみならず、未来に生きる人々まで当事者になってしまう悲しみ。 にじは一部の人だけのものではなく、見た人をすべからく喜ばせる希望のメッセージであってほしいものです。

0
ぱうら@ PAULA0125
イツカさんへ
(2020-08-26)

お読み下さりありがとうございます! この詩は「キリスト教教派擬人化BL」という自作シリーズのキャラ視点なのですが、このシリーズには戦争がよく登場します。 戦争については、日本人ならこう言うべきとか、そういう風潮が結構あったりして、ましてやそこに国境を超越する要素からの平等な視点というのは、反感を呼びやすいものです。 真剣に向き合ったということが伝わって大変嬉しいです!ヾ(●´∇`●)ノ

0
真清水るる
作品へ
(2020-08-26)

こんにちは 詩作品を投稿する楽しみの一つに、様々な人が 様々な感想をいただけることだとおもっているので、私も 勝手な感想を寄せさせていただきます。 私の場合は、本作品をよんで 田口ランディの「被爆のマリア」というオムニバス形式の短編小説を読み返したくなりました。 長崎のキリスト教会が被爆したことを モチーフに書かれた小説だからと いうのと、 題名の なんだか アホっぽい感じ いっちゃってる感じが、田口ランディの「被爆のマリア」を 私に思い起こさせたからです。もし お暇でしたら、読んでみてください。 わたしは、掃除して その本を見つけて 再読するつもりです。ぺこり。

0
ぱうら@ PAULA0125
真清水るるさんへ
(2020-08-27)

おはようございます! 被爆のマリア、名前だけなら存じております。そんな有名な作品と繋がれるだけの 表現が出来て良かったと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1