作品投稿掲示板 - B-REVIEW

ぱうら@ PAULA0125


投稿作品数: 8
総コメント数: 31
今月は2作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィール:
スタイリッシュ罰当たりサークル「いくそす。」のオーナーです。 ここでは弊サークルのシリーズ抒情詩「エゴ・エリス」と、あとなんか分からないけど好評の、キリスト教教派擬人化BLのキャラたちの詩を置いてます。 合評は初めてなのでまだ拙いですが、たくさん頑張りたいと思います!
自作の一押し・・・・ にじいろ、もぐもぐ

ぱうら@ PAULA0125の記録 ON_B-REVIEW・・・・

初コメント送信者の燈火

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

力強い詩だと思います。しかし「原罪」という言葉の意味については、少し議論の余地があるかとおもいます。 (肉塊としてあること)

2020-09-04

通じたみたいでよかったです(*^^*) 社会に何か復讐しようとするなら自分を磨いて波を制御するか、渦潮に突き落とすか、どちらかしかないと思うのです。「ぼく」は「しゅっせい」した訳ですが、どちらを選んだのか、どうしてそうしたのか、それは読者の皆様の人生の中にあると思います。 (戦争やめろ!)

2020-08-29

そうですそうです! よかった、通じた! 出世がそのまま、俗世から出家する、という意味にもあるのですが、個人的に瀬戸内寂聴の「出家とは生きながら死ぬこと」というのも意識しました。 「出世」した友人達が、救済の力を分けてくれればいいのですけどね… (戦争やめろ!)

2020-08-29

フムフム、なるほど! いつも宗教ネタばかりだったので、誰でも分かるものを…と思ったのですが、私にはやはり宗教ネタが1番のようです(^_^;) 文脈難しいですね。キリスト教なら単語ひとつから3つくらい比喩が出来るんですけど…。仏教的な文脈、新たな課題ですね!(●︎´▽︎`●︎) (戦争やめろ!)

2020-08-29

おはようございます^^* 奥深さですか…むむむ、なかなか難しいですね。 前半は実際に教育現場で言われていたことをなるべくストレートに書いたのである程度生々しかったのかも知れませんが、後半はモデルの選択肢が非常に多かったので、少しぼやけてしまったかも知れません。自分の体験でないことを語るのは難しいですね。 (戦争やめろ!)

2020-08-28

おはようございます^^* この詩は社会への復讐というより、社会からの敗走の詩なのですが、なんでこんなにズレてしまったのか、相方に聞いてみたところ、「出世」を、「しゅっせ」と読まれたのではないか、との事でした。 自分が日常的に「しゅっせい」(仏教用語)を使っていたもので、見落としてしまいました。力不足で申し訳ありません。言葉はなるべくニュートラルなものを使えるように、もっと日本語を勉強しますね(ง˶ •̀ ̬•́˶)ง (戦争やめろ!)

2020-08-28

おはようございます! 被爆のマリア、名前だけなら存じております。そんな有名な作品と繋がれるだけの 表現が出来て良かったと思います。 (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-27

お読み下さりありがとうございます! この詩は「キリスト教教派擬人化BL」という自作シリーズのキャラ視点なのですが、このシリーズには戦争がよく登場します。 戦争については、日本人ならこう言うべきとか、そういう風潮が結構あったりして、ましてやそこに国境を超越する要素からの平等な視点というのは、反感を呼びやすいものです。 真剣に向き合ったということが伝わって大変嬉しいです!ヾ(●´∇`●)ノ (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-26

おねーさんおはようございます! あー、仰ってますのはエゴ・エリスシリーズの事ですね。 あれは聴覚と視覚で別々に楽しめるようにしてるのと、うちの教会の聖歌が時々文語で、なんかこう、自然とああなってしまうのですよね。あれはあれで、強いトランスに酔っ払って頂くのが1番楽しめるかと思います。 それにしてもキリスト教教派擬人化BLのキャラが書いた詩って、なんかビーレビでは人気ですね。なんでだろ? (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-18

会いに行きたいと思いました。 (イリデッセンス (三篇))

2020-08-16

あ!リンクスさんだ。先日はキャスにお越しくださりコイン爆もしていただきありがとうございました! キリスト教って、仏教と同じく比率の差はあれど広がりすぎちゃったので、被害者にも加害者にも信者がいるのですよね。私の所属しているカトリックでは、過去の過ちを咎められたら認めるように、とのお達しがあって、自分達も戦争で傷ついた、とは言えないんですよね。ましてカトリックはナチス内のカトリック信者を守るために、ヒトラーに警告を出さなかったので…。 前を向きたくても、後ろを向いているように求める教派もあります。祈ることこそ大事なのですがね。 (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-13

こんにちは! なんと!ツイキャスにてそんなにたくさんのお褒めの言葉が…! ふじりゅうさんのキャスは夜中が多く、私は寝てることが多いのですが、アーカイブ残ってませんか?(0゚・∀・) ワクテカ はい、こちらは宗教的な対立と、国家の対立を用いたダブルバインドの詩です。詳しくは「ワスプ」で調べるとある程度わかると思います。窒息しそうなほどの怒りや苦しみ、自分も被害者と言えない息苦しさが伝わっていて嬉しいです! また遊びに行きますね! (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-12

コメントありがとうございます! そうですね、題材としてかなり繊細でしたので、日付だけ気をつけました。ただまあ、これは所謂うちのこ視線のものなのですが、この作品群は宗教と戦争をよく扱うので、その辺の経験も生かせたかな、と思います。 訴えが届いてよかったです(*^^*) (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-11

いつもありがとうございます(*´ω`*) この時期のこの話題は、すごくデリケートですよね。怒る県、祈る県、色々です。多くをあまり語れないので、うちのこに詩にしてもらいました^^ (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-04

おはようございます! わあ、よくご存知でいらっしゃいますね!わたくしの拙さについて補足いたしますね。 よくある話だと思うのですが、所謂「アンチ」達の定番の罵り文句が、先の大戦での原爆投下なんですね。実際は「プロテスタントの大統領が、カトリックの兵士に、カトリックの伝統建築ごと(浦和教会)焼かせた」というのがより正しいのですが、そのように申し上げても「でもカトリックもプロテスタントも同じ」「十字軍に始まり、キリスト教は戦争する宗教」という罵り文句が消えることはありません。プロテスタントの場合はprotest(抗議)の特性がありますから反論し、時には十字軍(カトリック)にヘイトを向ける人もいましたが、カトリックの場合「恥部を認めるように」とお達しが出てるので、反論が出来ないんですね。いや、反論したところで特に罰則も無いんですけど。 8月になると、私の周りの宗教界隈がやはりざわつくのですが、純粋に悲しみや祈りを発信してる人ってあんまりいなくて、「戦争」へのヘイトや怒りを発信してる人の方が多かったりします。 その辺の心情を、まさしく、素直に書かせて頂きました(*´ω`*) (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-04

コメントありがとうございます! アンティオキアは、世界最初のキリスト教が国教の国です。今は色々あって東方教会の1つとして、現代にも残っています。まだ西方と東方が別れる前の話ですね。 啓蒙…? 何が啓蒙されたんでしょう←特に意識してなかった (にじいろ、もぐもぐ)

2020-08-04

石崎くんは亡くなってるのかな。 それとも何かの道具に石崎くんっていう名前を付けてるのかな。 (連れて)

2020-08-03

この詩と私の詩は仲良く出来そうな世界観です。 (影像の亡遠)

2020-08-03

こういう雰囲気好きです。 (停滞する儀式)

2020-08-03

かしこい! 当たり前でない! 傑作! そんなに褒められてしまったら、わたくし調子に乗ってⅢの発行を早めてしまうではありませんか…! こちら、冊子版にもなっておりまして、冊子版ではフォント芸とレイアウト芸とで、世界観を構築しています。あとキャスでも歌唱配信しています。 他の媒体での「エゴ・エリスⅡ」にもぜひ触れてみてほしいです! (エゴ・エリスⅡ)

2020-07-30

いつもご贔屓にありがとうございます! 冊子版ではフォントとレイアウトで、一芸しています。Web版では再現不可能なエゴ・エリスの世界を堪能してくださればと思います! (エゴ・エリスⅡ)

2020-07-30

コメントありがとうございます! ん!? 凄まじい? 矢継ぎ早? 申し訳ありません、詩の世界はまだ1年生でして…あの、お褒めの言葉、ですよね? (エゴ・エリスⅡ)

2020-07-30

こんにちは! 読み切れないですよねwww ただここの都合上、一度に出した方がいいかな、と、マネージャーと運営の中の方と相談しまして…。 これ、実は本になっておりまして、BOOTHから買えます。 あと、時々私が相方のキャスで全部歌ったりしてます。 よろしければ、ビーレビ以外のところで楽しんでくださいね! (エゴ・エリスⅡ)

2020-07-27

そうですね、入る♂と思いますwww (バナナはおけつに入りますか)

2020-04-12

ありがとうございます(*^^*) 五分で思いついたにしては、上手くできたかなって思います。 社会派の詩があるんだから、こういうのもいいかなって思いました。受け入れられたようで良かったです。 (バナナはおけつに入りますか)

2020-04-09

…??? すみません、イマイチ意味が汲み取れません。 なぜ思いついたか…ビーレビのトップに「バナナ」の詩があったからだったかな? どなたのだったかは忘れてしまいましたが。 もったいない、というのは、どういう意味でしょうか (バナナはおけつに入りますか)

2020-04-09

すみません、こちらのコメント欄は私の拙作についてのものだと思うので、掲示板かツイッターみたいな使い方は次回からしないで下さい。 (バナナはおけつに入りますか)

2020-04-08

ゴロちゃん。さま お読み下さりありがとうございます。 一応、ツイキャスで答唱詩篇アレンジバージョンは企画してますが…。 ビーレビにも朗読枠みたいなのがあるのですか? (エゴ・エリスⅠ)

2020-01-30

ふじりゅうさま お読み下さりありがとうございます! 補足になるか分かりませんが…。 1度目の「侮辱に値しない」は、侮辱する価値もない 2度目の「我が賛美を侮辱すること能わず」は、後のラテン語が導くとおり、「貴方(第三者)も私(主人公)も、これを貶せるほど偉くない。なぜならこれを書いたのは貴方であり私であるから」の意味になります。 本来の「トゥ・フィ・エゴ・エリス」は、「人は誰しも死ぬ」という意味の諺ですが、ここでは字義通り「私は貴方のようになり、貴方は私のようになる」で止まっています。 それで、ええと、これは私の取材不足なのですが、詩に主人公というのはどういうことでしょうか? 冊子版ですと、確かにフォントを3種類使ってるので、明確に「3人視点」ではあります。ですが、そのどれが主人公かと言うと、ちょっと分からないであります。このシリーズは8月(9月)の新刊にする予定なので、是非ご指導ください。 (エゴ・エリスⅠ)

2020-01-29

帆場さま お読み下さりありがとうございます! 本を買ってくださったのですね! ありがとうございます。 これはリズムは答唱詩篇を意識しているので、朗読に適したものです。ただ言葉が難しいのは、冒頭にあるように「王国」について、エキュメニズムを自分なりに解釈しておりますので、色んな神話や哲学の言葉が使われ、またキリスト教における「神理解」として、時間の超越を表すため、古い読み方、漢語的・雅語的表現も用いられています。耳で聞いても目で読んでも別の楽しみがあるように心がけました。伝わって嬉しいです! (エゴ・エリスⅠ)

2020-01-29