ノリ・メ・タンゲレ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ノリ・メ・タンゲレ    

あ、わたしマリアって名前でデリヘルやってるんですけど、最近めっちゃやばい客に会ったんで、今日はその話しますね。 どのくらい前だったかは忘れちゃったんですけど。デリの仕事入って、行ってみたらめっちゃやばい庭付きの一戸建てで、「ヤバ、金持ちじゃん」とか思いながら入ったらなんかの教祖っぽいおっさんがいて。で、変な匂いの油? みたいのを足に塗ってくれって言うんですよ。「え、何のプレイ?」って思うじゃないですか? でも仕事だしとりあえずやったんですね。そしたら「君の髪の毛で拭き取ってほしい」とか言い出して、「ぶっちぎりの変態キターーーーーー」とか思いながらもやったわけですよ。プロですし。 で、そのあとちょっと話したんですけど、話の内容もめっちゃやばくて。で、あたしってやばい人好きじゃないですか。もうめっちゃ気に入っちゃって、その場でガチの連絡先交換して、それからプライベートでほぼ毎日会ってたんですね。いや、マジでほぼ毎日。あ、でもヤってはないですよ。油塗ってただけ。これ友達に話したらめっちゃ大爆笑で「ヤバ、その塗られ夫面白すぎ」ってことで、なんとなくそいつの名前は「油塗られ夫」になったんですね。 で、そうこうしてるうちにコロナあったじゃないですか。それでしばらく疎遠になっちゃったんですね。連絡も返さねーし、なんとなく「あいつ死んだんじゃね」とか思ってたら、この間返信きて、それで久しぶりにあの家行ったんすよ。 でもピンポンしても出ねーんで、とりあえず敷地ん中入ったら、なんか庭師っぽい人いて。で、引き返そうかなと思ったらその庭師さんがわたしの名前呼んだんですね。そしたら、ぶふ(笑)、その庭師が「塗られ夫」だったんすよ。いや、お前庭師みてーな恰好してんじゃねーよと。コスプレかよと(笑)。 で、久しぶりだし、おもろいしでテンション上がっちゃって、ハグしにいったんですね。そしたら塗られ夫が「触るな」って言ってきて。え? って思うじゃないですか。ちょっと前まで変態プレイに付き合ってやったのにそれはないんじゃない? って思いますよね? したらあいつそそくさと出ていきやがって。で、わたしに「僕がいたってこと、友達に言っといて」とか言いやがって。いやいやと。こっちは頭ん中「?」なんだよと。で、あいつそのままどっか行っちゃったんですよ。マジで。 なんですかね。私なんか嫌われるようなことしたんですかね。なんか冷たい言い方だったんで気になっちゃって。それともあれですかね。ソーシャルディスタンス? 的な。「君がコロナに罹らないように」的なやつですかね。でも、わたしらちょっと前までは毎日会ってたわけですし、それはもう家族枠でいいんじゃないですかね。ダメですか。 「触るな」とか、そんなのないと思うんですよ、私。愛って触りあうことじゃないですか。「私はあなたを傷つけるかもしれないけど、私はあなたに触りたいの。あなたが私を傷つけるかもしれないけど、私はそれでいいの」って、それが恋愛じゃないすか。 あーあ、ちょっと好きだったのにな。


作成日時 2021-01-18
コメント日時 2021-01-24

ノリ・メ・タンゲレ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1324.3
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 22
#現代詩
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性22
可読性44
エンタメ44
技巧33
音韻11
構成33
総合ポイント2222
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性0.50.5
可読性11
 エンタメ11
技巧0.81
音韻0.30
構成0.80.5
総合5.55.5
閲覧指数:1324.3
2021/04/17 23時37分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ノリ・メ・タンゲレ コメントセクション

コメント数(20)
yamabito
作品へ
(2021-01-18)

どうもこんにちは。面白く読ませていただきました。文章もスムーズで「わたし」の心の変化がコミカルに描かれています。

1
&
yamabitoさんへ
(2021-01-18)

コメントありがとうございます。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-01-18)

現代版「イエス・キリストと〈マグダラのマリア〉」といった感じでしょうか。マグダラのマリアがデリヘル嬢なのはすんなり入ってきましたが、キリストさんがヤバいおっさんという価値の転倒と今風の語りが合っています。

1
&
藤 一紀さんへ
(2021-01-19)

コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、ヨハネの福音書20章11節からの話がモチーフになっています(「ノリ・メ・タンゲレ」はよく絵画のモチーフになるのではよく知られていますね)。最近読んだジャン=リュック・ナンシー『ノリ・メ・タンゲレ――私に触れるな』(萩野厚志訳)に触発されて書きました。

1
ぱうら@ PAULA0125
作品へ
(2021-01-21)

これは笑うしかない(現役信者) マタイかな? マルコかな? 「あなたが私を傷つけるかもしれないけど、貴方に触れたい」というのは、神の座を捨てて受肉したあたり、お互い両思いということですね。てぇてぇ。

2
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-01-21)

イエス・キリストが下地になっている作品だとお恥ずかしながらあとでしりました。&さんの作風は色んな顔を持っていて、今度はどんな表情を見せてくれるのかとても楽しみになります。

2
田中修子
作品へ
(2021-01-21)

私も聖書の逸話が作り直される作品は好きなので、とても面白く拝読しました。 途中まで笑いながら。でも、最後真顔になりました。デリ嬢マリアちゃん(マグダラのマリアの生まれ変わりでしょうか)のこの言葉。 『「触るな」とか、そんなのないと思うんですよ、私。愛って触りあうことじゃないですか。「私はあなたを傷つけるかもしれないけど、私はあなたに触りたいの。あなたが私を傷つけるかもしれないけど、私はそれでいいの」って、それが恋愛じゃないすか。』 聖書だったりイエス・キリストの物語だったりはどうしても「イエス・キリストがすごかったんだぞ物語」として語られることが多いわけですが、私はある時期からイエス・キリストは機能不全家族出身の精神疾患手前のメサイア・コンプレックスの持ち主で、まあちょっとした超能力を持っていたのかな~と思うようになりました。ちなみに母・マリアへの愛情をこじらせたマザコンで、だから母を連想させるマリアという名前のつらそうな女性を見つけては救おうとするから、彼の周りにはマリアが十数人いるんじゃないの? とか。身もふたもない読み解き方ですけど。で、そのマリアたちのなかでも、特に娼婦で人の心の闇を見てきたこともあろうマグダラのマリアちゃんとか、堅苦しくない、普通の恋愛を彼に教えたかったんではないかとね。で、その言葉を&さんの作品のマリアちゃんが、変な人をいつの間にか真剣に愛してしまった一人の娼婦として呟いているのが、なんだかものすごくじ~んときました。 笑えたしじ~んときました。面白い作品をありがとうございます。

5
鈴木 海飛
作品へ
(2021-01-21)

こんにちは。 面白かったです。 作中の一番好きな台詞は 「僕がいたってこと、友達に言っといて。」 そんなこと、好きな人、心を許した人にしか言えないよね。と思うのですが、 主人公の恋愛観とはまるで逆で、 恋愛観、もしくは恋愛ルールにこだわりすぎたせいか 自分の気持ちには気づいたけど、相手の気持ちは気づけなかった……。 もう恋愛ははじまっていたのにね。 そんな悲劇のような喜劇のような 完成度の高い作品だと思いました。 また書いてください。

1
うるりひと
うるりひと
作品へ
(2021-01-21)

風俗嬢の独白でだらだらと語られるどうでも良い話が、都会の片隅感を醸していて良い味を出していると思います。

1
&
ぱうら@ PAULA0125さんへ
(2021-01-21)

コメントありがとうございます。現役信者の方に笑っていただけたのでしたら一安心です(笑)

0
&
井上橙子さんへ
(2021-01-21)

ありがとうございます。かなり意識して色々な変化をつけているので、そこを好意的に受け取っていただけるのは嬉しいです!

0
&
田中修子さんへ
(2021-01-21)

コメントありがとうございます。最近読んだ本に「キリスト教は触れる宗教である」というような記述がありました。何かに触れることで奇跡を起こすキリストと、あらゆる男に触れられたために低く見られるマグダラのマリアというのはある意味対照的なのかもしれませんね。病理についての考察も興味深く拝読しました。

0
&
鈴木 海飛さんへ
(2021-01-21)

コメントありがとうございます。「悲劇のような喜劇のような」というのは嬉しい感想でした。僕はチェーホフの戯曲が好きなのですが、彼の作品(特に「かもめ」「ワーニャ伯父さん」)は悲劇であり喜劇でもあるような気がします。そういった作品群に少しでも近づけていれば嬉しいです。

1
&
うるりひとさんへ
(2021-01-21)

コメントありがとうございます。「都会の片隅感」という言葉が出てくるのは意外でしたが、面白いですね。

1
植草四郎
作品へ
(2021-01-22)

タイトルをググったらイエスとマグダラのマリアのエピソードらしいね。 聖書的な「愛」と現実の「恋愛」を対比したような、そしてとても軽快な作品。 節の頭に「あ、」「で、」「あーあ」とか感嘆詞を置くことで軽快さが引き立つ効果があったように思います。

1
&
植草四郎さんへ
(2021-01-24)

コメントありがとうございます。「軽さ」は忘れそうになりがちですが、時々思い出しては意識するようにしています。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

口語での会話がとってもおもしろかったです

1
蛾兆ボルカ
作品へ
(2021-01-24)

個人的なことですけど、僕がイエスに感じる親近感の中で最大のものは、「マリアという名前フェチ」なんですね。 人を名前で好きになるって気持ちはよくわかるし、砂漠の聖人だからあんまりエッチな事は出来ないんだろうけど、デリ嬢をもし呼ぶとしたら、僕も名前で選ぶだろうと思うな。 詩的なものやインパクトはあまり感じなかったのですけど、アイデアが面白くてほっこりしました。 ヘンタイと認識しながらも、なんかちょっと好きになってしまうマリアちゃん(仮)がかわいいですね。

1
&
福まるさんへ
(2021-01-24)

コメントありがとうございます

0
&
蛾兆ボルカさんへ
(2021-01-24)

コメントありがとうございます。人が生きていく過程で、個人の「名前」はシンボルとしての意味を獲得していくのかもしれませんね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1