作品投稿掲示板 - B-REVIEW

福まる


投稿作品数: 12
総コメント数: 333
今月は1作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

福まるの記録 ON_B-REVIEW・・・・

大ベテラン初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

ベテランレッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖3 ✖4 ✖4

ベテランB-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

優良投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

コメントありがとうございます。表現が軽いと言われて若干へこみましたがチェルノブイリで失敗したら原子力は恐ろしいと分かってたはずなのにとか書いたらただの長文になりそうなので控えました。後当事者に喜んでもらえるとは思っていません。そんな恩着せがましい意識では私は詩は書けないからです。 (覚えているだろうか?)

2021-05-01

コメントありがとうございます。「社会不適合者」まさに今の私の立場そのものです。ただ犯罪は犯してないので病名はありますが、ニートですね。でも詩を書くことでなんらかのリハビリになると思い書かせていただいています。目標は歯車になってお国の役に立つことです。 (覚えているだろうか?)

2021-04-30

コメントありがとうございます。「土臭さ、血肉の匂い、汗臭さ」私の詩的に嬉しい褒め言葉です、ありがとうございます。 (覚えているだろうか?)

2021-04-29

感想を申せば叙情的で読みやすい詩だと思います。ところどころ意味がわからなくて困ることもありましたが無事最後まで読み切りました。楽しかったです、 (さくらはさくら、で)

2021-04-28

「もっとも大事なことを思い出して駆けだす」豆大福よりも大事なのは多分家族からの買い物じゃないかなと思います (豆大福の日)

2021-04-28

この詩の登場人物は「親と子」だと思うんですが、いろんな想像ができると思います。例えば若いお母さんが赤ちゃんに語りかける姿が想像できました。 (手)

2021-04-24

さしすせそで詩を創作されているのを拝見するのは初めてです。「すげえ、羨ましい」と思いました。 (妄想さしすせそ)

2021-04-24

コメントありがとうございます。恐ろしいことに事実です。今では考えられられないですよね。 (思い出{小学生時代})

2021-04-24

「そのドア、二度と開きませんよ」という神様に対し「私」は「でも中に用があるし」と答える「私」にとっての用って家族に会いたいのか、恋人に会いたいのか、それとも別の理由があるのか、分からないのが面白いと思います (ドア)

2021-04-17

ということは人間は半円で真円になるために相手を探すんですよね、いいなあそういう認識でいれば私でも恋愛できるかもしれないと想像しました (白銀の真円(それを完成形ともいう))

2021-04-17

「おんな」がどういう存在なのか私は二次元の女の子がプリントされているTシャツを想像しました。そのまんまの意味では怖いので。 (洗濯竿に干された女)

2021-04-17

「ぼくじゃない」という言葉に惹かれるものがありました。何故なら私も想像の中でもし自分の体が乗っ取られたらどうしようと思うことがあるからです。でも他の人には分からないのでそこが辛いところです (ぼくじゃない)

2021-04-17

人生舐めてるとすぐこうなるぞという警告だと受け止めています。あと韻を踏んでいる感じがして読みやすかったです。 (玉抜かれてcorpse)

2021-04-17

確かに「肉になる」ために生まれた牛は人間にとって必要な存在なのですが、当の牛たちの意思は無視なので私に出来ることは食事の前に「いただきます」食事の後に「ごちそうさま」は言うようにしています。 (子牛 和牛)

2021-04-13

私が想像するに二人は親友同士なのですが同じ人を好きになってそれで「咲いたのは、私だけじゃあ、なかったのね」ということになったと想像します。 (笑むとき)

2021-04-13

春らしい詩だと思います。春の桜の情景がぱっと浮かんできました。さくらの花はいつ散るのか予想はできても実際は気象次第で変わって来ますので見れる時に見たほうが良いかもしれませんね。 (はる)

2021-04-11

コメントありがとうございます。返詩もありがとうございます。私がこの詩を書いたのは幼い頃良くいじめられていて、理由があった分まだ良かったのですが、大人になるにつれ直接言わずに陰で文句を言う陰口に悩まされました。なので、ストレス発散もあってああいう詩になりました。 (日本)

2021-04-11

コメントありがとうございます。正確には「日本の嫌いな部分」なのですがなぜ短絡的に「この国が嫌いだ」と書いたかというとそのほうが「こいつやばい」と関心を持ってもらえるかなインパクトあるかなという単純な理由です。私自身は基本的には日本が大好きな中年のおじさんです。 (日本)

2021-04-07

コメントありがとうございます。本当は「この国が嫌いだ」の後に「この国が好きだ」もあるにはあるんですが、それ書くとせっかくの「嫌い」が薄れるきがしたので今回はいれませんでした。 (日本)

2021-04-07

「僕は僕を書き続ける」今私もやってみてる事です。なかなか上手くは行きませんが、これからも続けていこうと思える詩です。 (自供、告白)

2021-04-04

「何もきめられないわたし」正直今の私です。病気のせいにしてしまえば楽なんでしょうが自分で決めないといけないですね。この詩に出会えて良かったです。 (明日から)

2021-04-04

「憧れ」私も自分では到底なれそうもない存在に憧れることがありますが、思うことは相手はさんなに自分自身のことを優れているとは思っていないかもしれないということです。そんな姿に憧れる」のですが・・・ (憧れ)

2021-04-04

「都市が迷宮なら」の所で思ったこと、「田舎も迷宮だけど季節は巡るし迷ってばかりでもいいや」と思います。 (花迷宮)

2021-04-04

「打ち返せないのに」つまり相手がいるということなので、哀愁が漂っているようでいて温かみもある詩だと思います。 (壁打ち)

2021-04-04

コメントありがとうございます。私は面と向かっても陰でも悪口を言われることが多かったのですが考えると言ってくれるだけ有り難かったと今では思います。本当に嫌われたら多分無視されるので (日本)

2021-04-04

コメントありがとうございます。あくまでイメージですが海外の国はもっと表に出して意見を言うというのがあります。日本人も言える人は言えるのでしょうが思いとしては「その陰口きこえてるぞだったら俺の目の前でいえよ」と言いたいんです。 (日本)

2021-04-04

コメントありがとうございます。誰からも影響を受けない、変われない人っていないと思います、むしろ毎日人って変わって成長していると思います。私がなぜ「この国が嫌い」だというとあくまで私の意見ですが日本人って心を許さないと本音をださないんですよね。それをださずに溜め込むもんだからどんどん悪い方向にいってしまう。この人とは長い付き合いになりそうだなとおもったら一度自分の思いを吐露してみてもいいとおもいます。あと日本でも海外でも同じだと思いますが初めは居場所なんてありません。居場所は自分で作るものです。そのために勉強するんです。 (日本)

2021-04-04

コメントありがとうございます。徹底的に付き合える人を見つけることができれば素晴らしいと思います。そういう人のことを親友と呼ぶんでしょうね。 (日本)

2021-04-04

コメントありがとうございます。「内容の浅はかさ」そう仰られると「俺ってレベル低いんだな」って反省するしかないんですが後悔はしていません。私も三十後半の成人なので最低限の理性は持っているつもりです。この詩は心の内を吐露したものだと思って頂けたらと思います。 (日本)

2021-04-03

コメントありがとうございます。「この国が嫌いだ」は正確には「この国のこういう所が嫌いだ」です。前者のほうがインパクトがありそうだったので直さずに出しました。「ひっかからない」でもコメントくれましたね。ありがとうございます。 (日本)

2021-04-03

無関心なことはよくあることだとおもいます私にとってはそうです。書き忘れてましたがべんもうさん、雨野さん、類さんコメントありがとうございます。 (日本)

2021-04-03

作文とのつっこみありがとうございます。べんもうさんにも申しましたが作文に見えるのは私の力不足です。 (日本)

2021-04-03

作文の様に感じたということは正直私の力不足だと実感しました。でもこれが今の私の想いです。 (日本)

2021-04-03

コメントありがとうございます。ひょっとして少しは認められている?だとしたらとても嬉しいです。 (悪として善として)

2021-04-02

全てをだめにするなんて相当実力を持っていますね。でも「あしたにあいさつにいこう」と言えることは、今日は清算できたということだと理解しています。 (たそがれ)

2021-03-28

相対する2つの言葉で詩の印象ががらりとか変わると思い知らされました。でも相撲界の妖精はどこに居るんでしょうか、白鵬に並びたつ力士に早く出てきて欲しいです。 (相撲界の妖精)

2021-03-28

コメントありがとうございます。前半は仰るとおり神様目線の詩です。ただし人類を滅ぼそうとする神ですが、後半は人類を守っている神様目線の詩です。滅ぼそうとする神がいるんだから守る神も居るでしょうと思い作りました。 (悪として善として)

2021-03-27

泣きながら歩く子供の姿を想像しました。なんか悲しいです。 (欠席)

2021-03-23

この詩は私に「お前も誰か信じてみろよ」と問いかけているようで心に響きました。もう少し誰か信じてみようかなあ (良くも悪くも)

2021-03-23

「はじめましてが伝えられたら」きっと台無しにしたと思っていた事が別の形で返って来ると思います。出来れば良い形で (はじめまして)

2021-03-23

21世紀末になるまでにもう一回戦争があっても「目の前の敵は収入とメタボ」と言えるような世の中であってて欲しいです。 (けばいぬいぐるみのようなもの)

2021-03-20

詩を詠んでるうちにタイムワープを経験している気分になりました。いろいろな時代でいろいろな景色が浮かんできます。 (まずは拾え、時々刻々を)

2021-03-20

夢オチかとおもいきや何も「夢」を見ただけで、経験をしてないとは言ってない、過去の記憶が呼び覚ました夢かもしれない。そうすると夢の中まで現実に支配されていることになるまさに「どうしようもない」あと「時の旅人」は私も大好きな合唱曲です。 (時の旅人)

2021-03-20

時々ある語りは何かの自然災害か人為的な何かで亡くなられた方々の語りだと」と思います。空中都市の部分でいつかそういう技術が開発されたとき人間の理性が保たれればいいですが今のままだと危ういですね。 (四海)

2021-03-20

冬からえ春への季節の移り変わりを謳っている詩とおもいきや「佳境を迎える春を」で考えさせられました。私の意見としては「必ず勝ちましょう」と言います。 (色彩のダイナマイト)

2021-03-20

今回のコロナウイルスは下手すると本当にこうなってしまうかもしれない恐ろしい病です。私はこの詩は五ヶ月後の地球を語っていると思いますが現実はもっと良い展開になってて欲しいです。 (黒い夕立と虹のグラフ)

2021-03-20

最後「死んでゆくために」とありますが今は生きていると言うことです。とても生き生きとしていて躍動感に」あふれる詩です。 (交換)

2021-03-20

凶暴性と純粋さがこの詩は同居していると思います、それでそれぞれのよさを活かしあっていると思います。少し怖いですが私はこの詩良いと思います。 (touch me , if you can)

2021-03-20

矢島さんとっても目立っていますねいい意味で、すいません「アンモナイト」って髪型のことでしょうか? (渦巻くよ、矢嶋さん)

2021-03-20

バイク乗りの方々も上下関係があるんでしょうが、みんなで走るときと一人で走るときどっちが楽しいんでしょうか、気になります。 (峠道)

2021-03-20

良いお話、良い詩は簡単にはできないということですね。私もいつか普遍的に詠まれる詩を書いてみたいです。この詩の感想として「売れない物書き」にとっては残念な結果になってしまいましたが、また種を作って欲しいです。4 (お話のたね)

2021-03-20

「夢中で前進し続けるからだ」スタートから「質量の爆裂が頬をなぶるだろう」飛び終わるまでノンストップで詠めて面白かったです、特に躍動感があって。 (駆けあがるまえの浮力)

2021-03-20

その線の下より、書き始めなさい」つまりそこから「創造」を始めろということだと思います。恐らく、「僕」しかいないんでしょう。でも多分 彼にとって素晴らしい創造をしてくれると思います。 (線は縦に引くべきだった)

2021-03-20

一人が自転をやめるだけで人類は終わっちゃうんですね。でも思ったことはひとを好きになれるという事は尊いことだと思います。 (君の舌を思い出してる)

2021-03-19

「夢のような薬の効く病がほしい」ですかえっと・・・今の私の状況そのまんまですね。もっとも私の場合薬に加えて個人の意識次第で予後が決まってくるので「夢のような薬」=「個人の意識」となります。 (夢の病)

2021-03-19

こちらこそ上から目線で申し訳ありません。私の思いとしてはなるべく誹謗中傷はしないあとその詩の良いところを探していくというのがあります。「天使」に関しては感覚で出てきました。不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。 (マグノリア)

2021-03-18

何者にもなれない私から何者かである登場人物へ一言「自分しか好きになれないのはおれもだよ」 (エゴイズム)

2021-03-18

登場人物の現実と想像が描かれていると思いますが、私の感想は「僕は片腕がしびれていくんだだだだ」って今の俺じゃんって思いました。 (くらげつつ)

2021-03-18

一応これでも考えて書いてますよ。反応があったのは嬉しいです。ってこれじゃ変態ですね。でもスタイルは変えません、たとえ偽善者と罵られても。 (マグノリア)

2021-03-18

「死んだってなんくるないさ」死んだらどうしようもないと言ってしまいました。パソコンの画面に向かって。私は死ぬのが嫌なのは単純に痛いのが嫌だからです。どうせ寿命が尽きれば死ぬんだからいいんじゃないんでしょうか生きてても。 (自殺)

2021-03-17

「私の夢に住んでいた君」具現化出来るのは凄いと思います。私にも教えて欲しいです。 (大好きな君)

2021-03-17

何かのきっかけでいなくなってしまった「わたしたち」は「でたらめ」にくるうのでしょうが、くるえる分まだ幸せなのかもしれないと何故か思ってしまいました。 (でたらめ)

2021-03-17

「瓶詰めの夜」だけじゃなくて、「朝」や「昼」も私は欲しいです。あとできれば「雨」も欲しいです。詩は言いようのない「孤独感」となぜか「期待感」に満ちあふれていると思っています。 (瓶詰め入りの夜が欲しいのだ)

2021-03-17

「言葉はいつか消えてしまう」昔は言葉を残す媒体が限られてましたが、今はネットもあっていい時代に生まれたと思います。この詩も多くの人達に詠まれることでしょう。 (記憶の交差点)

2021-03-17

マクノリアで検索してみましたが、きれいな花ですね。この詩もきれいな詩だと思います。登場人物は天使か何かでしょうか? (マグノリア)

2021-03-17

個人的に白や黒よりも青を選んでくれたことに嬉しく思います、私も青色好きです、 (青は)

2021-03-16

忘れるという事はよくあることだと思います。ですが、人間には思い出すという能力があります。たとえ忘れても思い出せばいいと思います。 (青春を許さずに)

2021-03-16

私が思うに自然に流れる涙はあると思います、私も一度だけ祖母の墓に手を合わせた時に自然に涙が流れました。登場人物がその日を特別な日だと認識したからこそ涙が出てきたんじゃないでしょうか? (涙)

2021-03-16

「いのちよもえろ」という詩の部分でこの詩の真髄を見た気がしました。「わたし」は行き着くところまで行って太陽になりましたが私も見習い成り上がりたいです。 (もえろ)

2021-03-16

新学期という日々からもう大分経ちますが、こんな濃密な詩の中の様な日々を過ごしたかったです。 (いつか出会うだろうなと思ってた)

2021-03-16

「蛙」が「私」を死に誘うのかとおもいきや全く逆だったことにびっくりしました。発想力がすごいです。 (頭の中の蛙)

2021-03-16

「フロンティア」という言葉が強く心に響きます。単純に国境地方を思い浮かべますが、私の住む地方が国境でした。それはさておき物悲しさと力強さを同時に感じる詩です。 (寂びる)

2021-03-16

言葉がなっている、「言葉が鳴っている」とも「言葉が成っている」とも書ける気がします。想像してみたらなんだか楽しい気持ちになりました。 (音楽がなっている)

2021-03-14

[それをそのもの」として詠んだ結果・・・すいません正直良く分かりません。ただ詠みおわったあと少し爽快感がありました。 (サバンナに口紅を)

2021-03-14

コメントありがとうございます。高評価すぎてびっくりしました。でもとてもうれしいです。ありがとうございます。 (悪として善として)

2021-03-13

人間は毎日沢山の動物を殺していきてますが、なんだかその意識が薄い気がします。もっと強い意識をもてば残飯を減らせるんじゃないんでしょうか? (インテグラルが死ぬ前に)

2021-03-13

動物たちの「液」って汗や体液のことでしょうか?なぜか中島みゆきさんの「時代」を思い浮かべてしまいました。 (サバンナに口紅を)

2021-03-13

悲しい詩と「精神科医」というフレーズがきたら「無理に頑張るなよお医者さんやケースワーカーをたよるんだよ幻聴には無言で」といいたいです。 (えんえんと永遠について語ろう)

2021-03-13

いかに家が我々を守ってくれるかが分かる詩です。リズムに乗って詠むことができました。でも外にでないと成長が鈍化するので難しいですね。 (ほんとうは)

2021-03-13

生まれ変わりというのがテーマに在る気がします。登場人物も珈琲を飲んで生まれ変わったと想像します。 (呑む)

2021-03-13

「時間が守れない」としても仕事なのかプライベートなのかで印象が随分違ってきます。忙しすぎて時間の段取りが上手く行かない人なんだなと思いました。 (時間が守れない)

2021-03-13

コメントありがとうございます。独特ですかわかりました、今度書いてみます (命の価値)

2021-03-12

コメントありがとうございます。返詩もありがとうございました。嬉しいです。 (命の価値)

2021-03-12

コメントありがとうございます。殺すとは人の心を殺すということです、なんでこんな詩を作ったかというと私なりに思いを伝えたかったからです、なぜか自分で命を絶つ人が多いと思います。 (命の価値)

2021-03-12

人の移り変わりの儚さと切なさと美しさがよく表れていると思います。こういうふうにして世代交代が行われていくんだなと思いました。 (季節)

2021-03-11

個人的には主張と詩は違うものだと認識しています。ただ主張はしてもいいと思います、それだけではだめですが、次書く機会があったら別の題材で挑戦してみようと思います。 (命の価値)

2021-03-11

コメントありがとうございます。詩の内容は平凡で普通という事ですが個人的に高評価だとおもいます。共感してくれてありがとうございます (命の価値)

2021-03-11

相手が不快にならないように論理的に言葉を選ぶということです。すいません言葉を借りさせてもらいました。 (I Would Not Die in Summer Time)

2021-03-10

何かを言うために言葉を計算出来る人は強いと思います。この詩を詠んでそう思いました。 (I Would Not Die in Summer Time)

2021-03-09

「自然」私は他の人の「自由」を奪わない限りなんでもありという事だと思っています。 (それしかなかった)

2021-03-09

「土偶」にもしも意思があったらこの詩を喜んでくれるでしょうか?私は「へえ。人間にもこういう感性を持っている奴がいるのか」って思っているような気がします。 (眠っている)

2021-03-09

現代社会の痛い所を思いっきり突いた詩だと思います。100年後か・・・ありますよね?きっと (ユートピアへの行進 -for 100 years after-)

2021-03-09

昔と今の「母」と「私」の関係がよく分かる詩です。昔「母」が尽くしてくれたからこそ「私」も同じことをしようと思えるんでしょうね。 (母のおねしょ)

2021-03-09

「僕」は「歌手」だったんですね。私も人生という舞台を歌ってみたいです。 (アルバム)

2021-03-09

「カノジョ」の乳首をさわれるあたり「俺」も相当の強者だなと思いました。 (核ミサイルガール)

2021-03-09

正直電車に乗ることがあまりないので本当に「とびおり」があるとはあまり考えたくないんですが、詩の雰囲気を感じる限り結構あるんだろうなと想像します。 (快速列車、終着綺麗往き)

2021-03-09

イベザって誰でしょうか?イビザ島なら検索で出てくるのですが、想像するにこれは大陸を擬人化した恋物語だと推測します。 (圏望)

2021-03-06

男媚という言葉を初めて知りました。正直わからない言葉が多く有ったのですが、想像として言葉の花々とはいい争いとか悪口を思い浮かべました。あと、「色」の使い方が良かったです。 (試験―α)

2021-03-05

想像ですが赤い雨が「自由」の正体だったりしてと勝手に思いました。詩としては想像力豊かで綺麗だと思います。 (red rain)

2021-03-05

心に効く薬なら私も買いたいですが、そんな薬は無いのでしょうね。でもこの薬売りとの会話がなによりの「薬」だったのかもしれませんね。 (薬売り)

2021-03-05

「僕」と「私」の関係に正直嫉妬します。こんな恋愛をしてみたいです。 (なぐさめ)

2021-03-05

影が木漏れ日を殺すという詩ですが、暑い日などは街路樹の影に隠れて涼を取りたいです。「背徳」という題名はよからぬことを想像してしまいます。 (背徳)

2021-03-05

パースという言葉を初めて知りました、微分幾何学ってなんでしょうか?遠近法は聞いたことがあります。詩的にはロマンを感じます。 (海のパース(2021.3.5改))

2021-03-05

何でトイレの水が止まらなかったら投げ飛ばされるのか、すいませんが「養父」さんに怒りを感じました。私だったら絶対にニコっとできません。「私」のやるせなさを感じました。 (雪割草)

2021-03-05

「口だけじゃん」と言われても言わずにはいられない言葉があります。魂とか正義とかの言葉が意味を持って私に語りかけてきます。「お前はどう考える」と (口だけじゃんと言われても、何度も)

2021-03-05

登場人物と「父」との切れそうで切れない絆みたいなものを感じました。詩と画像もよく合っていると思います。 (〈安閑夜話〉 さようなら胃袋)

2021-03-05

コメントありがとうございます。一応詩のつもりで書きましたが「内容が薄い」というのを心に留め精進したいと思います。 (こんな風に考えられないかな)

2021-03-05

「プリズム」詩の中でなんどもでてくる言葉に惹かれました。きっと「私」にとってはただの三角柱ではないんでしょうね。 (夢のプリズム)

2021-03-04

あぶないジジイでもいいじゃない好きなんだから他人に迷惑をかけないならいいじゃないと思いましたあぶないおじさんですね私は(笑)  (詩の日めくり 二〇一五年四月一日─三十一日)

2021-03-04

きゅうりでこんな切ない気持ちになるなんて詩ってすごいなと思いました。 (庭に胡瓜)

2021-03-04

あくまで私の感覚ですが惹き込まれる何かを感じました。「詩」に定義はないのかもしれませんがこんな詩が書けて「羨ましい」と強く思いました。確かに書き手の方は「詩」そのものかもしれませんね。 (私は詩です)

2021-03-04

満員電車はあまり経験のない地方のものですが、仕方ないとはいえ連日の満員電車は疲れるだろうなと想像します。 (電車は死体を運んでる)

2021-03-04

想像するに「僕」は携帯電話でしょうか?確かに大手メーカーは季節ごとに新作を出してるなと思いました。 (四季の城)

2021-03-04

すいません本人です「幻聴」についてです (無名の詩)

2021-03-03

コメントありがとうございます。「収穫祭」ってあるんですね、失礼ながら初めて知りました。 (こんな風に考えられないかな)

2021-03-03

コメントありがとうございます。「これ書いて元気になってくれたら良いな」までは想像していませんでしたが「読んで元気になる作品」と仰っていただいてとても嬉しく思っています。 (春夏秋冬)

2021-03-02

コメントありがとうございます。好きな季節は色々あるとおもいますがその季節でないと体験できない行事もあるのでそれを書かせていただきました (春夏秋冬)

2021-03-02

天使になれたらうれしいですが、重い責任を背負わされそうで緊張するので普通の人に生まれ変われられたら万々歳です。 (こんな風に考えられないかな)

2021-03-02

コメントありがとうございます。出来ればどこがおもしろかったのか教えていただければ幸いです。 (こんな風に考えられないかな)

2021-03-02

写真の「父」が語りかけて来る感覚私もなってみたいです。この詩は時間の流れを感じますね。 (パジャマを買いに)

2021-03-01

「まほうのことば」ひょっとしたら誰にもあるかもしれません。私にもあります。それは、「ありがとう」ですからこの詩を書いてくれて「ありがとう」ございます。 (まほうのことば)

2021-03-01

時間の移り変わりの物悲しさが描かれています。でも私は「ガンバッテネ」と言われてみたいです。 (ガンバッテネ)

2021-03-01

ただ単純に地上と天国の風景だと思いました。ですが、わたしは天国にいたとして仲裁には行けないと思います。怖くて (空飛ぶ僕には立つ瀬がない)

2021-03-01

自分の心を庭に例えたらこうなるのか、焼き畑って自分なりのリフレッシュみたいですね。勉強になりました。 (庭、心の 誰)

2021-03-01

ミッキー、ミニーと宇宙が関わると世界が無限大に広がっていくんですね。想像してみましたがどうしてもキングダムハーツもイメージが出てきます。 (ふるる)

2021-02-28

飛行機良いと思います、全日空と日本航空は料金高いけど安全性はピカイチなので、詩としては表現力が素晴らしいと思いました (空の上の海青)

2021-02-27

私も「精神の檻」から逃れられないでここまで来ていますが、受け入れることが出来れば少しは楽になれるかもしれません (名もなき偉人への讃歌)

2021-02-27

その「美しい蝶」は登場人物の才能だったりして無キズで捕まえたなら才能を育ててみてはいかがでしょうか? (蝶)

2021-02-27

季節の変わり目にぴったりの詩ですね。冬の終わりは春の始まり「雪の子」が果たしてくれる役割に感謝しています。 (雪の子)

2021-02-27

想像として「渦」は「あの世」ではないかと思いました。もしくはなぜか「闘技場」の「コロシアム」が思い浮かびました。追い詰められた場面ですがだからこそ「バウムクーヘン」なんだと思います。 (渦)

2021-02-26

「炎の人」が祈った「決して燃えぬもの」が恐らくこの世で絶対的なものだと思います。私はそれを勝手に「神」と定義します。 (新生)

2021-02-26

「僕の世界」が素晴らしい世界であったら良いと思います。夢オチと思っていたらさらなる世界の広がりがあってびっくりしました。 (目が覚めたら)

2021-02-26

思ったよりもスラスラと読めました。名詩だとおもいます。なぜなら詩の世界に速攻で惹き込まれたからです。音韻もあるように思いました。才能と閃きの力が羨ましいです。 (竜)

2021-02-26

想像したのはこの世とあの世がつながっている村で祭りがあってにぎやかな人々の裏で命のやり取りをしている人と鬼の姿です。この詩の書き手の方は「凄い想像力だ」と思いました。 (宿場町の夏)

2021-02-26

「脳」ってなんの脳でしょうか?それともNOでしょうか?想像したのはラジオを聞き菓子を食べながら作業をしえいる登場人物の姿です。 (深夜回路)

2021-02-26

イヤホンのコードと物事の問題の絡まり方がよく似ている気がします、私はコードのほどきかたも問題の解決の仕方も苦手です。 (イヤホンのコード)

2021-02-26

「防弾ガラス」こんなに大切にされているのに物悲しい雰囲気なのはなぜでしょう?と感じました。 (博物館)

2021-02-26

戦争は怖いですが乱雑に捨てられた人形も怖いです。ただ、「会話」そのものは生き生きとしていました (対話)

2021-02-25

虚無感を感じる詩ですが最後私にはわからない表現がありました。「どうせさめるまでの世界の中」とありますが、「さめなければ」世界は続くのでしょうか私は「熱気」が必要だと思います (駅前広場の微睡みは)

2021-02-25

故郷が発展する前の風景を懐かしんでいる様子が描かれていると思いますが。最後の「骨がむきだし」でこう連想しました。「感情がむきだしで話せる時代へ帰ろうよ」と (プールⅡ)

2021-02-25

一歩間違えるとこうなる危険性があるということですね。肝に命じておきます、退廃した世界が素晴らしく良く書けてると思います (世界の終わり)

2021-02-25

「男」が「鳥の女」に食われてしまうストーリーですがこれ「男」の方が「女」の方にお願いしたんじゃないかと思います。感想としては殺された「男」は幸せになれたかということです。「俺は俺の孤独の終わりを感じている」とあるので複雑な気分です。 (鳥の女)

2021-02-25

若干壊れているようでそのふりを楽しんでる気がします。「アホ」とか「バカ」は登場人物のことを指しているのでようか? (すてきなマテリアル①)

2021-02-23

イメージしたのは道路から生えている草それを「葉」と連想しました。決して悪く言ってる訳ではありません。 (粒子性を失った光)

2021-02-23

スノッブという言葉を検索してみましたが、書き手のかたはどうしてこの題材を選んだのか、ただ単にスノッブが腹ただしいのか、ご自身が教養があってそう呼ばれているのか、別の理由があるのか気になります。詩自体は「ガリレオってこういう人物だったんだ」と知識が増えて勉強になりましたありがとうございます。 (スノッブについての考察)

2021-02-23

田舎の光景を思い出します、「葉」を刈ってくれる方ありがとうございます。 (粒子性を失った光)

2021-02-23

真っ先に思ったこと、赤ちゃんでも動物でも命って素晴らしい!と思っていたけどひょっとして「きみ」って異性の大人でしょうか? (祝日の11時)

2021-02-23

スケールの大きな題材にスケールの大きな詩だと思います「となりの宇宙」想像してみると夢があります。人類と同じようにどこかに文明があるのでしょうか? (無のあこがれ)

2021-02-23

あまり偉そうな事は言えませんが、登場人物はなぜ筆を折ったんでしょうか、想像としては妬み、やっかみに遭ったぐらいしか思いつかないのですが、どうでしょうか? (書かざる言わざる、雄弁に水銀を)

2021-02-22

感想をいうと古さと新しさが融合した詩だと思います。最後の「踏み切る」で一気に未来への希望が膨らんだ気がして嬉しかったです。、 (たまゆら)

2021-02-22

「折り紙の巨人」は飛べるんですね。なんか情緒的で切ない気持ちになりました、いい詩だと思います。あと理性的でもありました (折り紙の巨人)

2021-02-22

想像するに水死体についての詩だと思いますが、ひどい有様の死体を見たことがないのでこれも想像するしか無いのですが「私」は「君」を特別に思っていて「あなたたち」を嫌っているなぜなら、助けようと思えば助けられたのに助けなかっただから「あなたたち」を憎んでいるそう思いました。 (祈り)

2021-02-22

私も人生で悔やむことは結構ありますが、この詩の登場人物も同じ気持ちだったのでしょうか。でも楽しい記憶も今は写真や動画で保存することが出来るので便利だと思います。 (無題)

2021-02-22

エナドリって「エナジードリンク」の略ですね。私もたまに飲んでいますが高くてあんまり買えないんですよね。詩についてですが恋は実って欲しいけどエナドリの飲み過ぎは危ないのでほどほどにというのが感想です。 (エナドリの詩)

2021-02-22

「ミルク」ってなんでしょうか?想像では性的なものをあとアワビを想像しましたが詩としては正直良く分かりません。ですが、何かを伝えたいことは分かります。ひょっとしてこのままだと戦争になるぞと、警鐘を鳴らしているのでしょうか? (実験04)

2021-02-22

「わたし」と「きみ」の関係は恐らく母子か姉弟だと思うのですが、季節感が色濃く出ていてほっこりする詩だとおもいます。 (令和3年2月20日土曜日)

2021-02-21

単純に「良いなあ、羨ましいなあ、こんな恋愛をしてみたいなあ」と思いました、情熱的な詩だと思います。ただ随所に悲しさもあると思います。苦しめたとは「分かってくれない・・・」ということでしょうか? (ネジバナ、)

2021-02-20

「一人で道を歩みたいのに」誰かを愛していてもそういう心情になるんですね。「美しく輝いているそう、思いませんか」素直に「そう思います」と言える詩です。」 (目に見えない場所で)

2021-02-20

昔の私の地元も移民で多くの人々が海外へ渡っていきました。それに思いを馳せると少し辛いものがあります。詩的には苦難を経験してきた移民の方々の思いが綴られてると思います。いい詩だと思います。たまに移民の子孫の方々が地元に来て交流を深めているので良いことだと思っています (光を蹴る日)

2021-02-19

食器洗いでここまで想像を膨らませる事ができるなんて凄いです。私も想像してみます。「姉」はお皿をためずに洗うよう通告しました。「弟」はそれに反感を持っています。なぜなら光熱費や食費は折半しているからです。ですが私はこう思いました。恐らく「姉は」仕事が忙しくて家事をする余裕がなかったのではないかと、ですから「お皿をためずに」洗ってほしいと言ったのだと思います。決してやらない訳ではありません。あと、家事は出来ればためずにやった方が疲れないと思います。以上私の想像でした。 (二人暮らし姉弟 弟の独白)

2021-02-19

申し訳ありません「仰角」と「触覚」を勘違いしてました。お詫びして訂正いたします。「仰角」ですと天体望遠鏡でしょうか? (俺を探せ)

2021-02-19

愛は努力してもなかなか保ち続けることが難しいことを痛感させられる詩です。個人的になんども読み返すのは辛い詩なのですが、登場人物の感情がよく伝わってきます。 (距離が遠くてなかなか会えないもので私はあなたに嘘をついた)

2021-02-19

詩のなかでどうしても許容できない部分があります、戦争の部分です。詩自体を否定しているわけじゃなくて、「人類の文明をも破却すべし」の部分がどうしても許せません。詩自体はとても勉強になりました、色んな意味で。 (成敗、テーバイ神聖隊)

2021-02-19

物凄く重い題材が来ました、「しってるよ」だけじゃなくて行動することが重要ということでしょうか?とても考えさせられる詩です。伝えたいメッセージが私にもビシビシと届きました。 (しってるよ)

2021-02-19

コメントありがとうございます。そうですね、確かに仰るとおりまだ経験して書いてないものはあります。書く材料が揃ったら書いてみます。ご指摘ありがとうございました。 (春夏秋冬)

2021-02-19

コメントありがとうございます。正直最後のコロナウイルスは蛇足のような感じもしましたが、せっかくだし好きなの書こうと思い入れました。 (春夏秋冬)

2021-02-19

横浜の風景はそういう感じなんですね。羨ましくもあり切なくも感じます。某有名ミュージシャンが書いた詩みたいな雰囲気だと思います。決してパクリとかではなく爽やかさが似ていると思います。 (梅林)

2021-02-19

すいません「首の仰角」でカナブンを想像しました。詩としては場面が目まぐるしく変わりますが、登場人物の「俺」のイキイキとしている姿が羨ましいと感じました。 (俺を探せ)

2021-02-19

「海峡」と「生徒」で私は水産高校の実習かと思いました。煙草を使わなくても威厳を保つほうほうはありますよね。実力を見せるとか、生徒と真剣に向き合うとか、詩としては場面が想像できるので良いと思います。 (乱世)

2021-02-19

お互いの心が染み渡っててすらすら読めました。私が想像するに突然別れないと行けない事情があってそうなってしまったという感じがします。あと色の使い方が良いと思います。 (りんゴコロ)

2021-02-19

小学校低学年の文章で悪かったなあ!まあ冗談はさておきコメントありがとうございます。今の子達ならもっといい詩つくれるかもね、でもルールとマナーさえ守られれば実力は問わないはずなのでビーレビはそう思ってのんびり書いております。 (春夏秋冬)

2021-02-19

ここから書くことは全て想像ですが、「顔を隠して」とはマスクをしてと想像しました。「気にしないで」とは失礼な言い方ですがコロナウイルスに感染してしまったと想像しました、いかがでしょうか? (残月)

2021-02-18

すいません。正直よくわかりません「悲しみ」と「憎しみ」がよく分からくて困惑しています悔しいですわからない自分が (四番)

2021-02-17

「詩に現代はない」詩の中でそう書かれていましたが」、私は「今」はあると思います。「今」の積み重ねで未来につながっていくと思います (SWEET SUICIDE)

2021-02-17

とっても良い詩ですね!家族の絆が描かれていてほっこりとしました (左腕)

2021-02-17

私も砂漠の中のサソリを想像してみました、なぜか分からないけど「夢を見るサソリ」のところが羨ましいと思いました (サソリ)

2021-02-17

おそらくダンサーの意見だと思います。実際にその場に居合わせたら魅了されそうです (夜明け)

2021-02-17

私が想像するにバイク乗りの意見だと思います。確かに危ないかもしれませんが暴走さえしなければ良い乗り物だと思います (鉄馬乗り)

2021-02-17

思いっきり「夢」を描いているわけですが、一言でいうと「真剣に夢と向き合ってて凄い羨ましい」と思いました。 (ドリーマー)

2021-02-16

コンビニの存在価値を問う詩だとおもいますが、「アイデンティティ」つまり「同一性」こそがコンビニの存在価値だと詩では綴られていると思っています。コンビニについてそこまで考えたことはなかったので凄いと思いました。 (とはいえ。)

2021-02-16

緑と赤は信号機を連想しましたがどうでしょうか?あと霧の部分は嫌な言い方ですが樹海?を連想してしまいましたすいません。それと色の使い方が良いと思います。 (無名の詩)

2021-02-16

「西瓜」に代表されるように赤い色の表現のことです。 (西瓜頭は流星になれない)

2021-02-15

そんな「少女」へバカと気づいただけ貴女はバカではないと思います (少女の悩み)

2021-02-15

「きみにとって僕が必然であること」とありますが、二人の正体が分かりません「僕は人間だと思うのですが「きみ」ってひょっとして横断歩道?と思ったりしています。私ではこの詩の正解を導き出すことはできません。詩そのものは荒廃感が全面に出てて私の苦手な詩ですが、書き手の方は何の意図を持っているのか気になります (ままならない決意)

2021-02-15

「私」は直感でロマンティックな詩だなと思いました。ちょっぴり銀河鉄道999の影響も受けているんじゃないかと思います。想像して速くコロナウイルス終息させて温泉に行きたいとおもいました。あと、私は好きな詩です。 (夜、そして)

2021-02-14

登場人物が二人出てきますが、「某」アニメを思い出しました。「キミ」は言葉づがいが丁寧でしかし妙な腹黒さを感じました。そこが良いんですが (深呼吸お花見)

2021-02-14

寂しさ切なさを上手に表現した詩だと思います。「夕暮れはいつも気怠げだ」とありますが、登場人物は大人になってもそういう感性を持ち合わせているのは凄いと思います。 (気怠げな夕暮れ)

2021-02-14

1から8まで読んでみましたが演劇をみているような気がしてワクワクしながら読んでいました。正直意味わからない部分も有りましたが楽しく読めました。 (プール)

2021-02-14

「マクドナルド」にも歴史があるようにこの「母子」にも歴史があるんだなと思いました。母子の小さいときからの歴史が綴られていて私の家族にも歴史があったなと思いました。「救国の人」とあるように息子さんはお母さんを救っているわけですが私も、誰かを救える存在でありたいです。 ・ (蝶を食むユディト)

2021-02-14

コメントありがとうございます。男性と女性の神様を想像していました。男性の神様が一番位が高くて女性の神様が二番目に位が高いそう言うふうに書きました。主に女性視点で書いてますが想像ですが、かつて女性を男性がかばって滅んだ、そういう経緯がありまして女性は地球を憎んでいます。ただおもったのはこれ次が書けそうだなと思ったので機会があれば書いてみようと思います。 (Imissyou)

2021-02-14

コメントありがとうございます。鋭いご指摘ありがとうございます。「歌詞的」という評価でもありがたいのですが、やはりビーレビに投稿するには上のレベルを目指さなければならないと思います。精進して参ります。 (Imissyou)

2021-02-14

パーティ楽しそうですね。ひょっとして潮干狩りでしょうか?生活風景が想像できて良い詩でとおもいます (ピーティクル・パーティクル)

2021-02-13

なんとも言えない気持ちになりました。まさか、「緊縛」が題材になるとは思わなかったんで私が思うにおもいっきり犯罪なわけですが書き手の方はどういう意図で詩を綴ったんでしょうか? (窒息緊縛)

2021-02-13

男女の切なさを描いていると思いますが、女性の男性を思いやる気持ちがひしひしと伝わってきます。 (いいえ)

2021-02-13

「孤独」がテーマのような気がしますが「身の丈にあった生活」を続けていくうちに「孤独」から抜けがせるんじゃないかとおもいます。短い詩ですが表現したいのは表現されている気がします。 (ぁぃ(短歌))

2021-02-13

多分「鳥」の詩だと思いますが、私が想像するに弱肉強食の世界がよく描かれていると思います。 (my little pandora)

2021-02-13

「太郎君」とは何の生き物でしょうか?私は最後の「段ボールの中」で、犬だと思いました。なんか物悲しさがよく分かる詩です。 (すべてのことには意味がある)

2021-02-13

「他の3種」ってなんでしょうか?気になります。四半世紀と恐らく「私」の年齢だと思います。「少女」は恐らく心臓そのものこれが私の想像です。どうでしょうか? (薄紅色の贋作)

2021-02-13

一言言わせてください「表現がエグい」でも、「死」に向かう登場人物の特徴が少し分かります。まだ私のレベルでは若干読みにくいです。 (西瓜頭は流星になれない)

2021-02-13

ものすごく緊迫感を感じる詩です。命のやり取りが伝わってきます。私にとって苦手なタイプの詩ですが、好きな詩です。 (咆哮)

2021-02-13

私の想像として「誘拐」とみせかけて「性行為」の誘いだとおもっていますがどうでしょうか?私の想像では意味が分からない表現が結構あります。 (輾転反側させられ)

2021-02-13

コメントありがとうございます。確かに歌詞っぽく書いてみたんですがメロディですか、良いメロディがあるといいですね (Imissyou)

2021-02-12

極論を言えばすべての武器が無くなれば戦争は起こらないかもしれません。ですがそれは現状ではありえません。書き手の方が伝えたかったのは戦争が起こるのは、「武器のせいだけじゃなく人間の心が大きく関わってくる」と思っています。後ものすごく左の意見ですが日本が銃社会でなくてよかったと思います (フィラデルフィアの夜に XXI)

2021-02-12

まさか私が想像するにイエス・キリストが出てくるとは思いませんでした最後の10字架は十字架と10ヵ条を掛けたものでしょうか?詩としては、書き手の想像がよく現れていると思います (ジーザス・クライスト)

2021-02-12

「盲目であったころ」とありますが、私が想像するに本当に目が見えないのではなくて色んな期待やプレッシャーをかけられて周りを十分に見る余裕がなかったんじゃないかと思います。経験を積んでみえるようになったんだとおもいます。 (盲目であったころ)

2021-02-11

「鍋」は役割を終えてそこに佇ずんでてペンペン草は新しい命の象徴だと思います少しほっこりしました (鍋とペンペン草)

2021-02-11

「できる?できる?できる?あなたに?」とは「弱いままで強くなるしか無い」ということでしょうか?悲しさと猛々しさを感じました (できる?できる?できる?あなたに?)

2021-02-11

「私」が人間で「あなた」が天使だったんですね。「絶望」と「希望」が同居しているように感じ私はこの詩が好きです (あなたの肩で)

2021-02-11

「いとをかし」とはとっても趣があるという意味らしいですが、イメージとしては子供が無邪気に遊んでいると思っていますが大人がそれを見守っているとどうでしょうか? (カシカシ ナイト カシマシィ)

2021-02-11

「僕の暗闇」てっきり悪かと思いました。何故なら「粗野な生き物」と読 んで真っ先に思い浮かんだのが悪だからです。悪の滅びを描いているのかと思いました。個人的な感情としてなぜかスッキリしました。 (Vampire)

2021-02-11

とっても幻想的な曲ですが、分からない漢字もあります。「闇」と「刹那に散りし」とあるように「死」について書いた詩だと思いますが、個人的に想像するのはこれ音楽について書かれた詩ですね。暗い言葉がならぶということは作曲の調子がわるかったんんでしょうか?暗い詩は苦手なんですが登場人物がどうやって「前奏曲」を作り上げていったのか気になります (夜想曲)

2021-02-11

人が自殺してしまうのは、自分に自信が無くなって希望が持てない時に危険が増すと思います。「自分という器の狭さ」という部分、自覚があるなら器は小さくないと思います。人は死に向かって歩いているものですが、生きている有限の時間の中で何ができるかが大切だと思います (ひとつ)

2021-02-10

「山ん神」は「我」を殺さずに「山ン奥に消えていった」んですね。とても偉大な神様だと思います。あと、詩のなかの方言はどの地方のものでしょうか?とても気になります。 (時計仕掛けン己れン地)

2021-02-08

今のままではろくな「世界の果て」にならないという警告として詩を読んでいます。日本に訳すと題名は「親愛な未来」だと思いますがこれは現状を強烈に皮肉っていると思います。未来を創るのは難しいですが、壊すのは簡単なので。事実を突き付けられた感じがします。 (Dear, Future)

2021-02-08

登場人物が月なのか星なのかストーカーなのか分かりませんが、登場人物が「アナタ」の行動を逐一把握しているので、人間ではなくもっとファンタジーに溢れた存在じゃないかと想像します。 (四季とアナタ)

2021-02-08

「均質です。ですが部分的には極地」の部分で虚無感を感じました。全体的に暗いというより怖い印象なのですが、私の好きな詩ではありませんが、私が理解できないだけでとっても「鳥」の表現がよかったと思います (Sunday)

2021-02-08

涙は色んな人が色んな理由で流していると思います。個人的な意見ですが、嬉しい幸せな涙より悲しい悔しい涙のほうが多いような気がします。ですが、涙にはそれぞれ意味があると思います。ですから我慢しても涙は出るときは出るもんだと思って生きてます。詩としても現状がとてもよく分かってらしゃると思います。 (涙)

2021-02-07

私はしょっちゅう「命」とか「生きる」とか語りますが、考えてみるとまだそれを語れるほど経験も実績もありません。この詩を読んで思い知らされました。詩自体は読みやすくて私の好きな詩です。特に「若くして私を語る背骨を持てる人はかわいそうだ」の部分が。 (いのちに相応しい)

2021-02-07

コメントありがとうございます。まずは謝罪を「戦争学習」と詩のなかで書いてますが正しくは「平和学習」の間違いです。申し訳ありません。沖縄は基地問題という大きな問題を抱えていますが大きな問題を抱えているのは他の都道府県も同じです。ですからできればそういう想いを少しでも共有できればいいと思います。 (沖縄)

2021-02-07

コメントありがとうございます。最高と言っていただき感謝しています。今となっては恥ずかしい思いでも今だから書けるというのもあります。 (春夏秋冬)

2021-02-07

エイクピアさんすいませんでした、上記の文章は貴方宛です。 (春夏秋冬)

2021-02-07

読んでみて、心に留まったのは「思想」と「赤」です。「明るい思想」とは前向きな思想のことでしょうか?「この世で最も多い赤」情熱のことでしょうか。「私は儚い」常に謙虚であれと理解しました。私にとって難しい想いが並んでますが「消えたひと思うて生きるのだ」の一言でなんだか元気が出ました、あと色の表現が綺麗です。 (男前)

2021-02-06

「時間停止もの」と題名にある通り時間が題材に使われていますが私が想像するに「私」も「彼」も特別な力を持とうとすればいつでも持てる人間じゃないかとおもいます。緊迫感があって怖い詩ですが私は嫌いでもあり好きでもあります。 (時間停止もの)

2021-02-06

森山ってムイと言うんですね。初めて知りました。ものすごく悲しい歌ですが沖縄の本当に辛い部分はまだ私は知らないので今度親に聞いてみようと思います。他の地方の方々もそうかもしれませんが、沖縄にとって戦争はまだ終わっていないという意見もあります。私は「平和だ」と書きましたがそれは「戦争は終わっていない」という一見真逆の意見があることで沖縄が自由に意見を言える島だとアピールしたかったのです。この詩も別の視点でアピールをしています。とてもいいことだと思います。ビーレビはこういう詩も受け入れてくれてくれると思います (ムイグヮー)

2021-02-06

私の想像ですが「私」がなんらかの事情で死んで「雲」になったと思います。「光」という題名ですが、光だけでなくその裏側の闇も描かれている気がして奥が深いと思いました。 (光)

2021-02-06

コメントありがとうございます。沖縄に寄り添っていただきありがとうございます。沖縄戦は平和学習で沖縄県民は必ず習います。おじいちゃんおばあちゃんからも習います。今は新聞、テレビだけでなくネットもあるので情報収集は便利です。今回私が詩を投稿しようとおもったのは沖縄は基地問題だけがクロースアップされていて領土問題がおざなりになっているんじゃないかと思ったからです。こうしてご意見を頂けるのは私の望むところなのでありがたいです。 (沖縄)

2021-02-06

「暇なのだから」暇な人は状況によって異なりますが、人は色々なものを作り色々なものを壊してきました凄いと思うし野蛮だとも思います。ですが、この詩で私的に想像するのは夫が妻に性行為をお願いするところです。この 詩を見る限り夫妻ともに前向きな感じがして羨ましいです。この夫妻はいつでも忙しくなれると思いました。 (〈妻に〉)

2021-02-06

「クリップ」という単語に惹かれました。つながっているけど離そうと思えば簡単に離せてしまう登場人物にはそれが、「うそでつながり、無意味な世界だ」と思ったんじゃないかと思います。詩としては強い表現が多く私は若干反感を覚えました。ですが、「とことん真面目に遊ぶ」はやるべきことを優先せずにやりたいことを優先してしまう今の現状を表していると思います。 (詩小説クリップ!さわがないでわめいて)

2021-02-05

「子供」と「アタシ」という二人の登場人物が出てきますがひょっとして同一人物で年齢だけ違うのではないかと思いました。最後の「いつか分かるよ、アンタも」でそう思いました。歴史は変えられないけど「子供」に忠告したくて「アタシ」が正体を隠してやってきたんじゃないかと思います。あと「セケンズレ」は私のことを言われてる気がしてぐさりときました。 (大人と子供の┣主題┳テーマ┫)

2021-02-05

コメントありがとうございます。レベルが低いのは自覚していましたが、はっきりと指摘されると恥ずかしいものがあります。ただ「詩情」は足りなくてもこの詩は率直な私の思いを書いた ものなので世に出したのは間違いでは無いと思っています。 (沖縄)

2021-02-05

「陵辱」されていた「僕」が復讐するために故郷へ戻ってきたと想像しますが、「家と夢」に複雑な想いを抱いているであろう「僕」は多分私は「家も夢」も奪われて復讐に及び放火したと想像します。この詩を読んで悲しい気持ちになりましたが 、詩自体はなんか舞台が明治、大正、昭和初期を思い起こさせて結構好きです。 (家と夢だけが)

2021-02-05

私の想像として自動車での自殺を思いとどまったはずの男女を描き、男女が夢を見ている姿を描いていると思いたいですが、「夜明けを待つ」の部分で本当に夜明けを待っているのか天国又は地獄に旅立ってしまったのか私の読解力では分かりません。詩としては「絶望」と書いてある通り絶望を書いていると思います。私の好きなジャンルではありませんが、感情に訴えるものがありいい詩だとおもいます。 (ナイトドライブ)

2021-02-05

「タルカス」という曲、「アクアタルカス」という部分を聞いてみたんですがとてもいい曲ですね。私の詩は「タルカス」みたいに題材は壮大かも しれません。ですが「タルカス」のようにん中身が伴っているわけではありません。でも評価していてだき感謝しています。 (沖縄)

2021-02-05

「時が止まっている」この一文でこの詩のイメージが一変しました優しい詩だと思っていたら想像するのは写真を見て懐かしい気持ちに浸る男性の姿で物悲しさすら感じました心に刺さる詩だと思います (優しい公園)

2021-02-05

リズムに乗って最後まで読めました「愚かな言葉つらつらと」とありますが、それを「言葉」として書いているのが面白いと思います。 (想起、懊悩。)

2021-02-05

「旅」がテーマの一つだと思いますが、想像してBGMに流れてきたのは「いいちこ」のCMの曲ですこの詩とあの曲がぴったりだと思うのですがいかがでしょうか?詩自体は切なく心に響く詩だと思います (塩の道)

2021-02-05

コメントありがとうございます。そうですね全く想像してませんでした。シーサーや三線の視点というのも面白いですね今度やってみます。 (沖縄)

2021-02-05

一日の終りで死に一日の始まりで生まれるということでしょうか?「歌うことも笑うことも靴を履くことも忘れる」そんな夢も私も見てみたいです。 (夢の中、夢の後)

2021-02-04

生きればいいじゃないということでしょうか?なぜか元気のでる励まされる詩です (逆)

2021-02-04

幽霊かと思いました、それも二次元の。「それは俺の気分が決めたことだ」つまり、いつでも場面は変えられるということだと思います (仕組まれたわけではない)

2021-02-04

うさぎという文字が目に入って真っ先に月が思い浮かびました。月に海があるという設定だと想像しますがすごく優しく荒々しい詩だと思います。すっと胸の中に入って来ました。 (天文潮 Ⅴ)

2021-02-04

感想として前半の「太陽」を自然が待ちわびている情景と後半の「太陽」が出てきて「地表一体をくすぐっている」の対比が凄いと思います前半暗くて後半明るい詩は私は好きなのでいい詩だと思います (立春の日に)

2021-02-03

胞子がいかに私達の生活に結びついているかがよく分かる詩だと思います。リズムに乗れば最後まで読める詩だと思います (胞子質)

2021-02-03

主が消えて物が残ったみたいな感じかと想像しますが最後の「夢が消えて」で朝を認識できる存在がいなくなってしまったのではないかと想い寂しく美しい詩だと思いました (人が消えて)

2021-02-03

すみません英語全く分かりませんできれば和訳お願いできないでしょうか?題名の単語を拾ってみると感動、音、光などがありますが是非和訳を拝見したいです (THE SOUNDS OF MY EMOTIONS IN THE LIGHT)

2021-02-03

「彼女」は「太陽」とは真逆の存在なのかもしれないと思いました。例えば月とかひょっとしたら闇とか、黒点かもしれません。詩としては解りやすく読みやすかったです。 (彼女の顔面の穴)

2021-02-03

虚無感を感じます、なかなか前向きな言葉を見つけにくい詩ですが、あえて言うと「僕」もいて「君」もいるという事はひとりぼっちじゃないそれは価値があると思います。 (「ぼくたちは放浪者」)

2021-02-03

私が想像するには「同級生」が「仔犬」を轢き殺してしまったというものですが多分この登場人物は殺した当事者だけでなく見て見ぬ振りの傍観者も同じように罪があると思っているのではないでしょうかだから「誰も教えてくれない優良」に「理由」を求めるそう感じました (SILVER)

2021-02-03

コメントありがとうございます書き手の思いが少しでも読み手の方々につたわってくれればうれしいです (春夏秋冬)

2021-02-03

「下の切られた彗星」の所でひっかかりました、それまでは捨てられてたゴミという前提で読んでいたのですが、彗星は捨てられないと思ったからです。でもひょっとして地球の扱い方に誰かが怒っていたとしたら、そう考えると少し怖くなりました。詩は何かを警鐘するのに十分だと想像しました。 (夕方の月曜日はゴミ箱にしまって)

2021-02-02

一言言わせてください、大作であり名作です。最後の「太陽」の所は人間に限らず「命」の事かと思いました最後まで読みましたがすごく長い詩なので読む方はすこしずつじっくり読んでいって欲しいです (詩の日めくり 二〇一五年三月一日─三十一日)

2021-02-02

「私」は恐らく私が想像するに昔男たちから干渉されまくって今の「夫」に出会い今の生活を手に入れ「とても気に入っている」という表現で大切にしたいと考えてるのではないでしょうか?代わり映えしないと思う日々こそ私は大切だと思います (布団の上で起きがけに。)

2021-02-02

正直「正しさ」は人それぞれだと思いますですが自分なりの正しさは持っておきたいです書き手はあえて「愛国心」という言葉を使って読み手に「古来の言葉」つまり私が思うに「先人たちの言葉」に耳を傾けるべきだと訴えてるのではないでしょうか? (国)

2021-02-02

なんとなく題名が「冬の雨」なのに雰囲気が夏なのはって梅雨と出てますね、感想としては、一つの詩に二つの季節が描かれていて幻想的だと思いました。 (冬の雨)

2021-02-02

「塞ぐ君に放つ光の貫く」一行の詩ですが、「君」の放つ光が「私」の心を貫くと想像してみました (自由律俳句 202102-1 (2021年2月2日・節分))

2021-02-02

蝸牛、耳の器官とかたつむりどっちの意味合いもあると思いますが、ひょっとして幻聴のことを指しているのかなと思いました確かにあれは酷い合奏です (かぎゅう)

2021-02-02

何か嫌な予感がしたのですが、無事に手術が終わって良かったと思います。凄い長い詩ですが、私が想像するに「こんな目に遭いたくなかったら若い内から節制しろよ」ということを書き手は伝えたかったんじゃないでしょうか? (気が付いたらボロ雑巾のようにベッドに転がされていた)

2021-02-02

カタレプシー、「強硬症」意味を知ってから読むと悲しさが段違いだと思いますこの登場人物は「障害者」ですが必死に今を生きようとしていると思います私もそうなので思うところはあります書き手の方はあえてこの題材を使うことによって読み手の方に何か伝えようとしているのでしょうか? (カタレプシー)

2021-02-02

「ぬいだ」すみませんどうしても「脱いだ」と変換してしまいますと言う訳で色々とエロティックな想像をしてみますそうすると他の詩も・・・私はいい詩だと思います! (いぬ)

2021-02-02

すみません1bitってなんでしょうか?それはともかく「俺」は「連立方程式も解けない」と自分を卑下してますが私が想像するに機械が成長して大人になり成長できないことを知るというのはものすごく優秀な存在だと思います (1bitも賢くなれない)

2021-02-02

「この戦争は平和を安くするためのものだ」軍人でしょうか?心にずしりと響きましたこの登場人物は私が想像するに死の間際で部下に綴った詩なんじゃないかなあと思います「命は尊い」それによって平和も尊くなります (時のゆめ)

2021-02-02

私は「僕」は絵を描いていると思いますが、「百日紅」とはなんでしょうか?夏の詩だと思いますが爽やかな詩で私は好きです (「18歳、杪夏」)

2021-02-02

お母さんが息子さんへの思いを綴った詩だと思いますがひょっとして「君」は人間ではないでしょうか?「弟」が今どうなっているかもきになりますいろいろ考えさせられる詩です (9さい)

2021-02-02

私も昔は恋をしたいと思ったことはありましたでも容姿が・・・なのでいい恋はできませんでしたそういったあこがれもこの詩には含まれています (Imissyou)

2021-02-01

その通りで歌詞を意識して書きましたただ私は音楽を作る才能も歌う才能もないので 今は詩を作るのに専念したいと思いますただそう仰ってくださるのはとても嬉しいですありがとうございます (Imissyou)

2021-02-01

コメントありがとうございます最近の国際情勢を鑑みてこのままではまずい気がして投稿させていただきました (沖縄)

2021-02-01

殺す死ぬの表現がエグいと思いますがそのエグさが良いと思います (軸)

2021-02-01

前半と後半で登場人物が異なると思いますが殺したのでしょうか?詩自体は若干狂気満ちていて評価が分かれると思いました (ぬくい)

2021-02-01

血の表現が良いとおもいますこの登場人物は「荷降ろし」というように自動車を扱う仕事に就いていると想像しますがああこの怪我も想像でしょうか? (柘榴)

2021-02-01

起承転結が素晴らしいと思います、構成がしっかりしていて見習いたいと思いました (呪い)

2021-02-01

ストロベリーキャンディは麻薬みたいだとおもいました詩自体は人と木が一体化していて新しい詩の形が見えた気がしました (ストロベリーキャンディの心臓)

2021-02-01

すみません何を伝えたいのか良く分かりません「がっつく私」とは花のことでしょうか?詩的には夏の暑さが上手く表現されていると思います。 (がっつく私)

2021-02-01

「川田を拉致して請求した」の部分で犯罪行為に手を染めたのかそれともただ待ち合わせをしただけなのか気になります詩的には刹那的なものを感じます (請求)

2021-01-31

淡々としているようで後半だんだんと壊れていく様は読んでてハラハラしました詩自体は長文だと思いますが引き込まれるものを感じます (失くしてきたこと(ポエトリーリーディング))

2021-01-31

短い詩ですが「正しさを捻じ曲げながら生きている」心に突き刺さりました (寝坊)

2021-01-31

「漆黒の羽に包まれた一羽の鶏」伝書鳩でしょうか?とてもロマンティックな詩だと思います (今夜)

2021-01-31

「真摯にうそをつく」というのは自分のためだけでなく自分の仲間の為に嘘をつくこともあるよって言ってるような気がしました詩は読みやすくでもいい意味で考えさたせられる詩です (レモンひとつぶんの爆薬)

2021-01-31

何故「僕」だけが取り残される形で生き残れたのか?多分この登場人物が電脳空間の中心だったんじゃないか思います詩自体は読みやすく分かりやすいと思います (電脳空間)

2021-01-30

切ない詩だとおもっていたら最後の「明日がまだ、追いついてこない」で印象が変わりました。ひょっとしてあくまで想像ですがこの登場人物は時間のループを経験しているのでしょうか?詩そのものは不思議な魅力を感じています (明日)

2021-01-30

清々しさと醜さが同居しているとてもいい詩だと思います想像してみるといろいろな色が見える気がします (実験03)

2021-01-30

殺すにならないのがこの登場人物の強さだと思います病んでいるように見えて言葉がまとまっているようにかんじます (死にたい)

2021-01-30

読んでて歌詞みたいだなと思いました伝えたいものが何か想像でバイクに乗って走る姿が浮かんできました読みやすかったです (kodou)

2021-01-30

恋愛で傷ついて死を選ぶというのはテレビや映画では見ることがありますがこの登場人物はそれほどまで深く傷ついたということと理解しましたでもこの世に白はあると思いますよすぐに汚れてしまいますが (生きる意味 本当の気持ち)

2021-01-30

穏やかな日常をスケールをあえて限定し描いているように感じます私でも分かる漢字で書いており読みやすかったです田舎が舞台なのかと思いますが田舎の描写がすごくきれいです (ひとつ、ふたつ  ~「のんのんびより のんすとっぷ」 第1話から~)

2021-01-30

登場人物の世界では死は無いのでしょうか?恐れも痛みもない世界ということばでそう思いました詩自体は軽快のようでいて一抹の寂しさもあるように感じ何度も読み返しました (ただライスを掬って)

2021-01-30

名前ってやさしいちいさな生き物でしょうか?それとも生まれた生まれなかった全ての存在のことでしょうか?詩は長文の割に読みやすかったです命の儚さと尊さが丁寧に綴られていています (ふらない日にも)

2021-01-30

白とはなんだ良い心の人とは誰だとかお聞きしたいことはありますが一つ言えるのはこれだけの詩よく書けたなということですただの長文ではないと思います想像しながら読むと面白いと思いました (コロナについて(人災?天災?))

2021-01-29

君とは登場人物自身でしょうか?詩自体は読みやすくて素直に心に響いてきました (深張りの傘に籠る)

2021-01-29

すみません北国の方ですか?何か強い意志を感じたのでダンプカーという単語がでてきますが国の公共工事でしょうか?私南国の者なので少しは気持ちが分かるかもしれません (くに想ふ)

2021-01-29

この登場人物はなにかに挑んでいるそうおもいました掘り続けるというのは何かの作業をしているのでしょうか?」 (発掘)

2021-01-29

件が死んだの件って誰なんでしょうか?登場人物の生活が描かれていてとても生生しかったです (現実の重み)

2021-01-29

酒を捨て文学を吸えで登場人物の覚悟をかんじました汗カッターってなんでしょうか? (断酒(三首))

2021-01-29

とても分かりやすい詩だとおもいますマーくんと過ごした日々がられて綴られていきますがマーくんが壊れるまでの過程が描かれていて寂しくなりました (自転車のマーくん)

2021-01-29

祖父の宝箱がまるでパンドラの箱のような感じがして読んでて緊張感を感じました祖父の扱いが酷いように思いましたが敵対していたのでしょうか? (祖父の痕跡)

2021-01-29

母の車椅子の時点で母はどうなったのかとても気になります蜜柑をたべるのも序盤の台所と終盤の車椅子で状況が全然違いますきっと蜜柑の味も違ったのでしょう (真夜中の蜜柑)

2021-01-29

墓をたてようのタイトルの時点で悲しい詩の予感がしたのですが大きくはずれました ここに墓をたてるまでの登場人物の歴史が綴られて読みやすかったです (墓・改)

2021-01-29

この詩をよんで思ったたことはあれこの詩なにを伝えたいんだろう郵便受けのきもちですか?迫りくるものってなんだろう?未熟ですいません (春)

2021-01-28

この登場人物は文芸部の部長さんを好きだったのでしょうか?最後の連なりたかったなで少し切なくなりました (ふたごらいたー)

2021-01-28

とても読みやすかったですくものしまという事は天国で登場人物は神様でしょうか? (冬)

2021-01-28

すごく残酷でそれでいて綺麗な詩だと思います (触中毒)

2021-01-27

コメントありがとうございますひょっとして試してますか?それはともかく恋は私は詩に書いた通りだと思っています (生きる意味)

2021-01-27

自然破壊が題材だとおもいますがこの登場人物は感受性豊かだなとおもいました (木片焼き)

2021-01-27

学生の頃の会話ですね友達との絆を感じます (雨の日と部屋と)

2021-01-26

強い意志を感じます現状にけっして負けない強い意志が登場人物に申し上げられることがあるとすれば「人生はいいことばかりじゃないけど悪いことばかりじゃない」祖母のことばです (天井にドア)

2021-01-26

コメントありがとうございますたくさんの人に見てもらえたらうれしいです (生きる意味)

2021-01-26

時間は在るだろう時間は在るべくして無いだろうにのところでこの登場人物は時間に忙殺されているようで時間を支配していると思いました (実像の閾、形而下の輪転)

2021-01-26

コメントありがとうございますふと気になったことを詩にしてみました (生きる意味)

2021-01-26

なんかすいません精進します (これから)

2021-01-26

螺旋階段どこのだろう?想像が膨らみます (DNAでポールダンスを)

2021-01-25

力強い詩だとおもいます戦争特にベトナム戦争についての詩だとおもうのですがいかがでしょうか (呪縛)

2021-01-25

コメントありがとうございます、率直にいじめから身を守る術を書かせていただきました。私自身も武器を磨かずにしていじめにあったので、同じ目にあってほしくないと思っています。 (上から目線で物申す)

2021-01-25

コメントありがとうございます短いことばでしたが 肯定してくれて詩を作って良かったと思いました (上から目線で物申す)

2021-01-25

コメントありがとうございます苦しい思いは誰もが抱えているものだと思います (上から目線で物申す)

2021-01-25

メディアに上がってくる情報はほんの一握りのようなきがします私も人を傷つけたことはたくさんありますが謝るときにSNSでいいのかと思うときはあります (ice poetry)

2021-01-24

詩の中の怒りとは人間に勝手に命のおわりを決められた怒りのように感じます (井)

2021-01-24

どの地方の言葉かは分からなくて意味が全部は分からないのですが温かみのある詩だと思います (私達の川に帰ってくる魚)

2021-01-24

小娘と宇宙の構造が私の中で繋がらないのは私が未熟だからでしょうか?読み直してなぜ電車が走れ ているのか?不思議だとおもったのでしょうか (車窓)

2021-01-24

ひとりぼっちで悲しい詩なはずなのに温かいきもちになるのはなんででしょう不思議です (ひとりぼっちの、歌)

2021-01-24

アナルですか・・・消されませんよねこれ、詩自体はスケールが大きくていいと思います (WANNA BE A DEVIL)

2021-01-24

最初のうんちでずっこけましたが後は一日の始まりが綴られていてとってもほっこりしましたいい詩だと思います (@morning(きみと朝食))

2021-01-24

すげぇいい詩だと思います!なんか歌詞みたい狂っているようで全然狂ってない部分と直接訴えてくる部分のコントラストがもう最高です! (依存でGO! PLANET REMIX)

2021-01-24

寂しいようでいて最後の父親の登場で少しほっとしました登場人物は何かに疲れているのでしょうか? (まいご)

2021-01-24

確かにエロティックな詩だと思うのですがなんか直球できているように見えて考えさせられます (女)

2021-01-24

父との思い出は私にもあります、まだ健在ですがこの登場人物は父との思い出を大切にしているのがひしひしと伝わってきます (クロソイド曲線)

2021-01-24

過去は過去でしかないと思います、でも今と未来を繋ぐ重要な存在だと思います。この詩の登場人物は過去になにか辛いことでもあったのでしょう。 (ハッピーエンドを望んでいる)

2021-01-24

とても良かったと思います確かに私も含めて精神的にまだ子供な大人は多いような気がします (子ども)

2021-01-24

私にとって難しい漢字が多かったのですが でも漢字の使い方が上手かったように感じます (海で)

2021-01-24

穏やかでいて戦闘機の一言で穏やかじゃなくなりましたが最後のねじれはいろんな見方があるとおもいますがわたしは「海と戦闘機の情景を愛す」とおもいます (海のねじれ)

2021-01-24

口語での会話がとってもおもしろかったです (ノリ・メ・タンゲレ)

2021-01-24

難しい漢字が多くて分かりづらいところがあったのですが男性と女性の掛け合いがよかったです (Clock reactions)

2021-01-24

すごいと思います、あんまり立派な事はいえないけど粘土から人生の つながりがよかったとおもいます (えーん、えーん)

2021-01-24

なんか作品みてて涙でてきました生きててよかった (トーキョーアレルギー)

2021-01-02

イメージとして井戸とは人の心かもしれないと思いました霧雨によって新しい何かが生まれたと思いました (枯れ果てない泥水の井戸の前で)

2021-01-02