祈り - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

祈り    

実存の 針は振り子のように さゆうに さゆうに 揺れる。 三回叩きました、扉を。 未だに答えは返らず。 君は蝶々のように死んでいるね。 問いかける側の人生を選びました。 選んだ、というのは正しくない。 (少なくとも、主観は) けれど私はそれ以上の言葉を見つけることができない。 海が 生者を沈ませて、 死者を浮かばせると気づいたのは14才の頃です。 多感さはヴァギナより性的、とは知らず 目を細めている、お腹を抱き締めて。 右手と、左手でしか 子宮を守る術を知らないのです。 実存の針は振り子のように左右に、左右に揺れるもの。 地底から降ってきた祈りを掴まえに 君は空へと沈んでいった。 グシャ、グシャよ、君は。 問いかける側の人生を選びました。 天使になれなかった君の しみったれた鱗粉、しね!選ばない。 丸まったからだのぶよつき、 これは蛇腹、切り取り線に従って分断しましょう。 這いつくばる、這いつくばっている間、私は あなたたちを嫌いでいられますから。 言葉が、最初に、さよならを言った。 君は笑ってる。 実存の針は振り子のようにさゆうに さゆうに 揺れるものだ、と 君は蝶々のように死んでいる。 未だに答えは返らず。


作成日時 2021-02-22
コメント日時 2021-02-23
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

祈り ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 369.4
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2021/03/06現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧1.51.5
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:369.4
2021/03/06 01時39分37秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

祈り コメントセクション

コメント数(7)
沙一
作品へ
(2021-02-22)

実存ってなんでしょうか? と問い返したくなりました。実存とはなんなのか、人生という語がそうであるように、この一語を掘り下げていくだけでも詩が一つ書けてしまうであろうはずなのに、便利に言葉を遣っている感が否めません。 さらに、敬体と常体が混在していて、混乱させられます。詩以前に、文章力を疑ってしまいました。あえて文体を崩しているというよりも、基本が疎かであるように見受けられます。

0
筆者
作品へ
(2021-02-22)

なるほど。 文体よりも響きを重視しがちなので、 そこは考えが足りないのやもしれませんね。 こう 固めの発話をしたい瞬間と やわめの言葉で留めたい瞬間と それぞれがどうも合わさらず。 またお時間ありましたらお話を聞かせてくださいね。 (その際は是非、sageで)

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-22)

想像するに水死体についての詩だと思いますが、ひどい有様の死体を見たことがないのでこれも想像するしか無いのですが「私」は「君」を特別に思っていて「あなたたち」を嫌っているなぜなら、助けようと思えば助けられたのに助けなかっただから「あなたたち」を憎んでいるそう思いました。

0
筆者
沙一さんへ
(2021-02-23)

返信をつけるのを忘れておりました。 実存とは何か、については、 ボーヴォワール、ひいてはサルトルは「本質に先立つ」「ある、ではなく、なる」と言いますが、 ここでは単に実在と言い換えても良いのですが、 実際に存在しうること、その保証くらいの意味合いですね。 振り子のようにさゆうに揺れるもの、が 一番尊く思うのですね。 時に右手が近く、時に左手に強く あなたの傍にあるとき、 私の傍にないような。 一定の実存、安定、固定された感覚というのは例えばそれひとつで詩にできると言いますが、 実はそれひとつを問うた詩なのです。 つまらない種明かしをしなければご期待に添えない実力を恥ずかしく思いますね。

0
筆者
福まるさんへ
(2021-02-23)

面白い見方のように思いました。 福まるさまは他の方への解釈を見ても、言葉の元通りの見方を大切にされていて、読んでいてなるほどと思うことがあります。 水死体は、うさぎのものを見たことがあります。 そのときの「あなたたち」への憎しみを思い出しました。ありがとうございます。

0
yasu.na
作品へ
(2021-02-23)

 作者名が伏せられていますが、いい詩を書きますね。  生者が沈み、死者が浮かぶ。  祈りが地底から降ってきて、空へと君が沈んでゆく。  言葉が最初に、さよならを言う。  この逆さまの感覚。  定まらぬ実存、選ばずして、でも確かにある主観。  問いかけても、答えは返ってこない。  この感覚を肉づけする性的な記述、蝶々の死骸への喩託。  いい詩だと思います。

0
AB
作品へ
(2021-02-23)

上手いなぁ、と羨ましく感じます。 導入と終わりの、特に終わりの振り子と感情の揺れ、フェードアウトに似たような余韻になる。一行あけはあまり好きではないのですが、ここではいい感じです。 難しいのは、その前の少しきれいな少し残忍な、の混ざったようなところ。作者には必要な表現でしょうとか、もっと激しい表現だと、逆にすべて抑えた表現だとどうなるのかな、なんて考えてました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1