輾転反側させられ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

輾転反側させられ    

3回待って、 ① メールは「子供服一着」演技して誘拐。の誘は 誘われるの?誘うの? You are my・・・? ② ぐあす床 ナナ、鬼鬼ババ モーモーでは私 倒れる演技して ③ 紅い筆 時の絨毯 プリーーーツスカートに もえぎ色付箋何枚 死因は窒息、最期の 時計と碁石の演技して

scroll


作成日時 2021-02-13
コメント日時 2021-02-16

輾転反側させられ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 745.8
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性11
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻11
構成11
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性11
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻11
構成11
総合44
閲覧指数:745.8
2021/04/17 23時57分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

輾転反側させられ コメントセクション

コメント数(9)
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-13)

私の想像として「誘拐」とみせかけて「性行為」の誘いだとおもっていますがどうでしょうか?私の想像では意味が分からない表現が結構あります。

1
&
作品へ
(2021-02-15)

とてもリズミカルなのに「倒れる演技して」だけが異質な音ですね。「時計と碁石の演技して」の布石だとしても、そこだけちょっと気持ち悪かったです。 意味については読み取れない部分が多かったのですが、女性的なイメージと誘拐や窒息死のイメージとが不穏な空気感をかもしていました。不思議でゾクゾクする、良い響きでした。 もしこの読み取れない部分に情感的な含意があったとすれば申し訳ないですが、私にはドライな言葉遊びのように思え、作者様のその姿勢をとても好ましく思いました。

1
沙一
作品へ
(2021-02-15)

デタラメを書いるようでそうとも言い切れないバランスを感じます。気づいたところでいえば、 誘われるの?誘うの?自他の境界が曖昧になる感覚。 誘の音読みとYouが重なる。 ぐあす床、ナナ、鬼鬼ババ、脚韻を踏んでいて小気味良い。 3連に共通して顕れている「演技して」という語。 倒れる、あるいはもっと直接に、死因や最期といった果てることへの予感。鬼鬼ババに含意されている老い。 それらと同時に、子供服、プリーーーツスカート、もえぎ色、といった語に含意されている初々しさ。 紅い筆の、襞のあるスカートにもつながる、そこはかとない性的なメタファー。 3回待って、なにを待てというのか明らかにされていませんが、3連読んでそこにうかぶ心象を待てということではないかと斟酌。 輾転反側、小難しい語をあえてタイトルにした意図に疑問をいだいたものの、寝返りという語にはない、体のみならず心の向きもころころ変わるような含意がそこにあるかのよう。 「演技して」がキーワードになっていることはほぼ間違いないと察せられます。子供服も、スカートも、衣服として装うものですね。老いか、若さを、装うのか。終わりの予感か、初々しさか。二項対立に結びつけるのは安直な気もしますけど、最終行の碁石にも注目すれば、やはり黒か白かといった両面性を連想させられます。誘うの?誘われるの?You are my・・・?自他の境界が曖昧になると先述しましたが、碁石を考慮すると、対局している図もうかんできます。盤上で、白と黒、相反するものが入り乱れていく、まるで本作にも、ことばのエントロピー増大を感じられるようでした。 安易に読み取れない内容である以上、読者の読み方が試されている作品だといえそうです。

1
neue Ära records
作品へ
(2021-02-15)

可読性からみた現代詩、あるいは、理解できないことを楽しめるか、その観点からすれば楽しめない作風に思います。可読性の有無は詩作品には重要ではないとは、考えます。よく言われる例えですが、異国の不明な言語であっても楽しめる歌があるように。 理解できないことを楽しむ前提として、そこには読み続けさせてしまう愛嬌が必要です。憎たらしい不快なものに長く接したいとは誰も思わないので。 愛嬌ある現代詩とは、ジョークを取り入れることを指すのでもありません。これは説明をすることがとても難しいです。 言うなれば、「この文面からは人がみえる」ということ。物語がみえるのでも謎解きがみえるのでもなくて、よくわからないけれども書いてる人間がみえるということ。 そこからいえば、 「3回待って、」と①②③という打たれかたに人間が、うっすらとみえます。 念のため申せば、これは可読性の有無をみてるのではありません。 書いている情緒が表れている、そう言えばよいのかもしれません。 多くの人から理解されないであろう、未知のことを書くのであれば、すべての意味を捨てる覚悟が必要です。逆説的に言えば、言葉で表せない何かが確固としてあると、その自覚がなければ、受け手を理解不能なままに踊らせることは出来ないでしょう。 無作な自覚が欠落した、試し書き止まり。何を書いて何を書いてはいけないのか、そこから、冷徹に創作を苦しみとして楽しむ、そこから始めてみてはいかがでしょうか。

2
鳴海幸子
福まるさんへ
(2021-02-15)

最初にコメントをくれたのが福まるさんでしたね。そのときも~どうでしょうか?と聞かれました。あれ、うれしかったですよ。

0
鳴海幸子
&さんへ
(2021-02-15)

ええ、そういう効果はあるかなと思って書きました。 セックスしたことないです。だから、 「好ましい、って。どうもありがとうございます。また読んでくれますか。3回待ってくれたら、きっといいの書きますから、じゃあね。」なんてことが言えてしまえて不甲斐ないです。

0
鳴海幸子
沙一さんへ
(2021-02-16)

はい、そういうレトリックはあるかなと思って書きました。 セックスしたことないです。「ずっと、演技ってごっこ遊びだと思っていました。変顔をすれば友達は笑ってくれました。「演技、面白い」って言ったら顧問の先生は演劇部に誘ってくれました。断りました。役者は、いやらしいです。演技はいやらしいです。だから、実は演技してるって、 いえない。言ったら言ったそのことは演技なんですか? 禁止してしまいたい。矛盾律で放逐してしまいたい。何を?概念を、演技。下手な、演技。バレバレの、演技。上っ面の、演技。素人くさい、演技。演技くさい、列挙法、失礼しました。使い古された、噓つきのパラドックスじゃない。赤ん坊のようにしゃぶっても味はしない。」 ガンバって書いてみても、この程度ですね。この試行でわかることは、大事なのは "世界観" だということなんですよ。世界観があれば、問題の本質をちゃんとえぐれるんです。知らんけど。演技の末に死が待ってるだとか、寓喩?ではボカロの歌詞と変わらない。ジョブナイルの表現なんです。 そこのところをこの詩の作者は分かってないな、と詩を読んで思いました。

0
鳴海幸子
neue Ära recordsさんへ
(2021-02-16)

三浦さん、コメント、絶対にとはいえないけど、大事にします。「自覚が欠落している」って、他人の言葉とは思えません。 でも、未知のことってなんですか。 みうらさんが理解できなかった。それは分かります。 コメントをくれた皆さんも理解できなかった。なるほどそうでしょう。 なるほど確かに、多くの人から理解されないでしょう。だって、理解されるべきことなんて、ない。本物の「無作な試し書き」、だったんです。 生まれてはじめて詩をばこさえて、ビーレビに投稿してコメントを貰ったとき、『精神分析みたいだな』って思いました。そこからは半ば自覚的に、自分をサルベージする、仮想空間に自分のクローンを作る、そんな気分で詩を書き続けてきたところがありました。みうらさんが言っているのは、そういう書き方自体を止めなさいということだと思います。 本当に自覚すべきことは他の何かで、このままでは創作に苦しみ=楽しみつまりデーモニッシュな絶望が欠落したままだ、と。 >「3回待って、」と①②③という打たれかたに人間が、うっすらとみえます。 えー、これけっこう気に入ってたんですよ。詩句に番号を振る詩はよくありますが、「3回待って、」これは見ない。読者には大縄跳びでタイミングを計るときのような緊迫感を与えられると思いましたが、安易でしたか。あるいは、地の文の内容が重くて溶けあわなかった。そもそもそんなに上手いやり方じゃない、試し書きじゃないというならね。作者

0
neue Ära records
鳴海幸子さんへ
(2021-02-16)

素晴らしい返レスですね、、、と言う始まりを書きたくなるほど、私的には筆者さんのコメントが清々しいです。 エクスペリメンツレインの世界観って今のご時世には既に古くなったようにも思えるんですよね。同じくらいに自我無しを洗練された形にされている岩倉文也さんの世界観も。岩倉文也さん好きなんですけどね。 とんちんかんなレスになってるように見せながらも筆者さんは笑ってくれるだろうと思って引き続き書くんですが、自我無しって善意も悪意もなくて、それってトランスヒューマンだからってところで、みんなうわあって盛り上がってた世界観だと思うんですよ。なんだろうか、仮想の空間に人は在るのかってところからいえば、みんなきっとアイヒマンみたいに有能なテクノクラートなんですよきっと。ただただ処理しているだけ。ただただ処理をするだけの空間。岩倉文也さんの詩もエクスペリメンツレインもアイヒマンなんですよね。私はアイヒマンが好きでも嫌いでもないし、その人道的なこととかよくわからないですよね。よく、じゃああなたが残虐なこと、同じことされたら、どういう気持ちになる?同じこといえるのか?って正義感を突かれることがあるけれども、わからないですよね。本当にわからない。 欺瞞に無自覚な人らが仮想空間にはたくさんいて、みんな1人で楽しめないでいる。 1人で楽しくやってる人のほうがまともな人が多い。まともっていうのは、さっきの岩倉文也さんの詩もエクスペリメンツレインも少年Aの絶歌も直観的にノーだっていえる人のこと。仮想空間で欺瞞に無自覚な人たちは情報の処理が他人依存だから、だいたいおかしい。おかしくてもコミュニティからは外れていないからそのおかしいままでいいという。 なので、未知についてのこととか、さっきの私のコメントもコミュニティから外れているところから発せていないって気がついたんです。なので、忘れてくださいって言いたいところが多々ある。それを気がつかせてくれた筆者さんの私への返レスは清々しかったです。 でも本作はまだまだじゃないかなって思う(ごめんなさい) これからも、まだネット詩に、あなたは書き続けてみた方がいいように思う。まだ、なんか、遭遇していない人、まだ見ぬ強豪にあなたは出会う気がしますよ。 はい、どうも。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2