明日 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

明日    

あの街路樹にも記憶がある。 誰にも見られずに花は枯れていく。 影は長く、明日の方角までのびている。 その根元にわたしという名前がある。 空回りするペダルの音がうるさい。 忘れてしまいたいことがあった。 靴底で足音という足音をふみならす。 青空というさみしさに甘えていただけだ。 公園のブランコがひとりでにゆれる。 これを吸いおわったらけえるのだと 老爺がくしゃくしゃの吸い殻を咥えている。 けれども明日がまだ、追いついてこない。

scroll


作成日時 2021-01-21
コメント日時 2021-02-07

明日 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1560.0
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 7
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成0.50.5
総合3.53.5
閲覧指数:1560.0
2022/09/28 11時18分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

明日 コメントセクション

コメント数(12)
なかたつ
作品へ
(2021-01-24)

 「時間」という言葉はあまりにも使われすぎていて、説明する機会などなかなかないのですが、もし説明するとしたらどのように説明するでしょうか、なんてことを考えました。  「街路樹」、ああ、そうかと。「街路樹」は歩けずに、ずっとその場に留まりながら、ただ大きくなり、時に邪魔だと刈られ、それでも、ただひたすらに「動かない」という仕事をしているのだと。確かに「街路樹」が花を枯らす瞬間というのはあまり見ないものですね。「影は長く、明日の方角までのびている。」というのは、「影が長く」なるのは、太陽が南中にある時ではなく、沈みゆく時であって、夕暮れ間際だと思われます。「その根元にわたしという名前がある」というのが、ものすごく何気ない表現なのですが、これいいなあと思いました。「根元」に関するキーワードは「街路樹」と結びつくのですが、「街路樹」の根元に「わたしという名前がある」というのは、どういうことだろうと思わされるのですが、「その根元」の「その」が指し示しているのは「影」であって、「街路樹」と「わたし」をさりげなく重ね合わせており、「影の根元にわたしという名前がある」のかと。  「忘れてしまいたいこと」というのは一体どういう出来事だったのでしょうか。それはわからなくとも音と記憶は何となく結びつくもので、あの時に流れていた音を聞くと、あの時のことを思い出してしまうということが度々あります。そのために「靴底で足音という足音をふみなら」すことで、音を掻き消そうとしています。つまり、音を上書きすることが記憶を上書きするということになり、「忘れてしまいたいこと」を忘れてしまうための手段になっていると思われます。「青空というさみしさ」というのは、さみしいものに寄り添うと共に、その広さ、しいては、懐の広さに甘えるということなのでしょうか。  「公園のブランコ」も「街路樹」と同じように歩くことはしません。ただ、「老爺」は歩くことができます。歩くことによって「けえる」ことができます。最終行は一体何を意味しているのでしょうか。それは二連目にあった「忘れてしまいたいこと」と記憶の上書きと結びつくように思いました。「明日」が来れば、「今日」は「明日という今日」によって上書きされます。「今日」というもの自体が上書きされ続けるものであります。しかし、「忘れてしまいたいこと」が起きてしまった「今日」を忘れることができない限りは、その「今日」が常に語り手に寄り添ってきます。「街路樹」や「ブランコ」は歩くことができず、その場に居続けているというのに、「誰にも見られず」にして忘れられてしまうことがあるというのに、「今日」や「影」は動くことができるというのに、やはり忘れがたいものです。  何気ない事物の列挙が「主体」と「影」のように対照的に映って意味を成している作品だなあと感じました。この作品自体が「街路樹」のように「誰にも見られず」にいることができたら、作品内の「忘れてしまいたいこと」はいつか忘れられるのかもしれないですが、こうしてコメントしたり、読まれたりすることで、また新たな時間や人に結びつけることで上書きされるものなのかと逡巡しながらコメントしました。

1
ふかお
作品へ
(2021-01-26)

傍観者の視点で書かれているように感じました。詩の続きが読みたいです。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-30)

切ない詩だとおもっていたら最後の「明日がまだ、追いついてこない」で印象が変わりました。ひょっとしてあくまで想像ですがこの登場人物は時間のループを経験しているのでしょうか?詩そのものは不思議な魅力を感じています

0
百均
作品へ
(2021-02-02)

福まるさんもコメント書かれてますが、不思議な雰囲気がありますね。 難しい事は言えないし、色々書こうとしたらなかたつさんに書かれてしまっていたので、僕が書く事もあんまりないんですけど、全体的に気になる感じがしました。1月の作品で一番気になった。

0
エイクピア
作品へ
(2021-02-02)

今日と言う時制において明日が追いつく事はどういうことかと思いました。影が長くて明日まで伸びていると言う認識はどんなことだろうかと思いました。青空と言うさみしさなど詩的なフレーズが鏤められていると思いました。

0
入間しゅか
入間しゅか
作品へ
(2021-02-02)

時間の流れをどこか遠くから眺めているように感じました。「明日がまだ、追いついてこない」というフレーズが不思議な響きで何度も読みたくなりました。

0
新染因循
なかたつさんへ
(2021-02-07)

コメントありがとうございます。なんだか作品のなかの心を丸裸にされたようで恥ずかしさすらある読みをしていただいて、嬉しいです。見られないこと、読まれないこと、それ自体は考えたのですが作品として作った以上なんらかの形で出してやりたかったのですが、そうしなかったとき、つまり僕の心のなかにありつづけたとき、それがどんな詩になっていくのかは確かにとても気になることです。かなわないことではありますが。

0
新染因循
ふかおさんへ
(2021-02-07)

離人症のような感じでしょうかね? 遠くからというよりはもうどうしようもない、という諦念でしょうか。コメントありがとうございます。

0
新染因循
福まるさんへ
(2021-02-07)

今日という時制は何度でもくりかえしますから、ループといえばそうですね。コメントありがとうございます。

0
新染因循
百均さんへ
(2021-02-07)

なかたつさんのコメントの的確さと量には僕も驚きました。気になると言ってくださって嬉しいです。コメントありがとうございました。

1
新染因循
エイクピアさんへ
(2021-02-07)

明日という時制へと変化する、ということですかね。影というものも今日というものと同じように再びそこに刺すものでありますから。しかしながら忘れられるものでもある。コメントありがとうございました。

0
新染因循
入間しゅかさんへ
(2021-02-07)

離人症、のような感覚でしょうか。僕も自分ではなったことがないので症例しかしらないのではありますが。明日が~のフレーズは僕も気に入っています。こういうフレーズをもっと作っていきたいと思います。コメントありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2