作品投稿掲示板 - B-REVIEW

入間しゅか


投稿作品数: 59
総コメント数: 388
今月は6作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

入間しゅかの記録 ON_B-REVIEW・・・・

精力的初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

ベテランB-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

これ以上ない投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

未来の発明

2024-07-05

考える

2024-06-22

跡地

2024-06-19

名をつける

2024-05-21

四月四日

2024-04-14

夜明け前

2024-04-11

心臓の眠り

2024-03-17

暗渠

2024-02-02

父は晴れ男

2024-01-09

メモ抜粋

2024-01-04

じゃっかる

2023-12-08

朝のスケッチ

2023-12-02

容器

2023-11-01

偽物の朝

2023-11-01

夜がただよう

2023-10-06

2023-10-06

梅田駅連絡橋

2023-07-10

やわらかい

2023-07-09

鳩の死骸

2023-06-12

2023-02-21

雨後

2023-01-14

雨の残像

2022-08-03

温泉旅行

2022-07-10

腐りゆく手紙

2022-05-10

からのながれ

2022-03-02

「 。」

2022-02-03

五億年後

2021-12-25

猫ちぐら

2021-07-09

カビサビ

2021-05-19

壁打ち

2021-04-02

決意表明

2021-03-24

ガンバッテネ

2021-03-01

カタレプシー

2021-02-02

冬の雨

2021-02-01

排泄の歌

2021-01-11

バグ

2020-12-06

竹林にて

2020-11-03

伝記びりびり

2020-10-08

コメントありがとうございます。 子供の頃を思い浮かべながら書きました。 (千円やるから好きなもん買ってきな)

2024-07-10

コメントありがとうございます。 万太郎さんがすごくこの詩を気に入ってくれたんだと感じられてめっちゃ嬉しいです。 (考える)

2024-07-08

コメントありがとうございます。何かを感じてもらえただけで嬉しいです。 (千円やるから好きなもん買ってきな)

2024-07-08

きょこちせんせーの作品を久しぶりに読みました。メルヒェンな世界観を堪能させていただきましたよ。 なんだろう。書き出しがめっちゃいいっすね。一連目がいいからその勢いで読めました。逆に言うとそれ以降の印象が残らなかったかもです。 (交錯する夏の香り)

2024-07-05

偉大って言葉を使うまでにもう少し描写がほしいです。 あなたならもっとかけるはずと偉そうに思ってしまいました。 (存在は偉大なんだ)

2024-07-05

なんも言うことないけど やっぱり何も言うこと無かったわ (ユーザー交流スペース2024/7月度 )

2024-07-05

コメントありがとうございます。深い読み解きをしてもらえて嬉しいです。タイトルはもう少し捻って良かったなと反省しています (考える)

2024-07-05

コメントありがとうございます。雑草にポエジー魂感じてもらえて嬉しいです。 (跡地)

2024-07-05

コメントありがとうございます。なんとなくわかる気がします。何かが足りない。 (跡地)

2024-06-29

コメントありがとうございます。そうなんですよ、構成めちゃくちゃなんです。「ぐんぐん伸びろよ、雑草」これが言いたくて書いた面が強いので、活かせてたようで安心しました。 (跡地)

2024-06-29

コメントありがとうございます。結局思考は止められないですし、ぼーっとしてる時もぼーっとしてるなりにかんがえてますしね。キレイな言葉と言ってもらえて嬉しいです。 (考える)

2024-06-23

返詩をありがとうございます。 「生え続けては栄えあり」いい言葉ですね。 (跡地)

2024-06-23

ひらがな だけ すき 「てを、」の「、」いるかどうかちょっと悩みどころだけど。 (いしのひっかけ)

2024-06-22

コメントありがとうございます。さっぱりして何もないがある空間はいいものです (跡地)

2024-06-22

コメントありがとうございます。力強い作品と言ってもらえて嬉しいです。 (跡地)

2024-06-22

こういう短いのすきです (小石蹴り)

2024-06-19

なんとなくこのちんはきょこんでない気がする (ちんちん)

2024-06-19

なにがなにやら たのしそうでなにより (ユーザー交流スペース2024/6月度)

2024-06-19

間違いない (名をつける)

2024-06-01

コメントありがとうございます。わたしの中にある他人というか、中にいる何か得体の知れないものの叫びを頑張って詩にしてみました。 (名をつける)

2024-06-01

コメントありがとうございます。わたしたらしめるものとはわたしではないものに囲まれることだと思っています。 (名をつける)

2024-06-01

コメントありがとうございます。そうですね、作品に込めた思いを汲んでもらえて嬉しいです。 (名をつける)

2024-06-01

コメントありがとうございます。一ポエマーとして褒め言葉だと素直に受け止めることにします。光栄です。 (名をつける)

2024-05-30

コメントありがとうございます。『自分』の中には複数人います。たぶん、複数人の自分がいるから何か書きたくなるのかもとさえ思っています。 (名をつける)

2024-05-30

同じようなことを20歳前に考えていました。 (20歳までに死にたい)

2024-05-27

コメントありがとうございます。ほんとわたしって何なんでしょうね。 問い続けるしかないんでしょうね。 (名をつける)

2024-05-27

コメントありがとうございます。あがきつづけようとおもいます。 (名をつける)

2024-05-25

色恋に凭れてしまうとそうなるかもしれませんね。 (偽書と焚書の断罪の物語)

2024-05-21

コメントありがとうございます。感情移入できる作品になっていたようでよかったです。 (夜明け前)

2024-05-08

別人格って捉え方いいですね。2人の来世まで願ってもらえて作者もうれしいです。ありがとうございました。 (偽書と焚書の断罪の物語)

2024-05-08

いかようにも読めるってのはある意味作者の傲慢かもしれないけど、少しでもこの詩について考えたくなる内容に書けていたのかなと思うと嬉しい。 バカップルのちちくりあいだって詩になるんだって気持ちで書いたわけじゃないけどコメントを読んでそんな気持ちになった笑 ありがとうございました。 (偽書と焚書の断罪の物語)

2024-05-04

なんというか何事も永久ループ的な要素はあると思ってます。書くという行為は書かれた時点で嘘になる。しかし、文字として書かれたという点では事実なんですよね。何が言いたかったのか自分でわからなくなってしまいましたが、祝福してもらえてうれしい。 (偽書と焚書の断罪の物語)

2024-05-03

やったー勝ったー笑 ありがとうございます (偽書と焚書の断罪の物語)

2024-05-02

コメントありがとうございます。オノマトペの印象が強すぎるのかもしれない、自分としてもいいの降ってきたーみたいなテンションだったので、その前の連との繋がりをもう少し活かせたかなと思っています。 (夜明け前)

2024-05-02

コメントありがとうございます。音のイメージに凭れかかってしまった印象はあるので改良の予知ありだなぁとコメントを読んで思いました。 (夜明け前)

2024-05-02

コメントありがとうございます。 本当は訊いたのかもしれない。その可能性は確かにあります。曖昧だからこそ、深く記憶に残ることってあると思ってます。いい詩と言ってくださりありがとうございました。 (夜明け前)

2024-04-29

コメントありがとうございます。興味を持ってもらえただけでも嬉しいです。 (四月四日)

2024-04-25

コメントありがとうございます。過去現在未来それぞれを貫いて時間は流れ続けるんだなって思ってます。いい感じと言ってもらえて嬉しいです。 (夜明け前)

2024-04-25

コメントありがとうございます。A.O.Iさんにはなんでもお見通しですなぁ。そうなんです、何となくで書いてました? (四月四日)

2024-04-22

コメントありがとうございます。ごった煮スタイルです。詰め放題。 (夜明け前)

2024-04-22

コメントありがとうございます。春のきれいな空気ってコメントがもう清涼感があります。 好きな部分も教えてくださりありがとうございます。 (四月四日)

2024-04-17

人はみんなひとりだと気づいた時に生きている実感が湧いてくるかも知れません。やがて、死ぬ時に備えて。 (凛)

2024-04-14

清涼感がありますね。まさしく春風を感じる作品です。 (春は来たる)

2024-04-14

コメントありがとうございます。そう、単純に死んでしまうということではなく、心臓自体の眠りとはなんだろうかという問いもあります。投票ありがとうございました。 (心臓の眠り)

2024-04-14

コメントありがとうございます。死ぬことは生きることの延長線にあると思っています。だから、眠るように死にたいものです。 (心臓の眠り)

2024-04-14

コメントありがとうございます。無駄がないといってもらえてよかったです。さびしい気持ちをそのまま書いてさみしい雰囲気の作品になりました。 (夜明け前)

2024-04-14

私もです。 (心臓の眠り)

2024-04-03

ありがとうございます。 そうです、ちょっぴりホラーテイストにも取れます。 (心臓の眠り)

2024-04-03

ありがとうございます。 穏やかな眠りでありたいものです。 (心臓の眠り)

2024-04-01

そうなんですよ、自分の中の他人なんです。 主語に着目してくださりありがとうございます。意識的に使ってたわけではなかったのですが、主語から受け取れる印象というのもあるんだと勉強になりました。 いい詩だと言ってもらえて嬉しいです。 (心臓の眠り)

2024-04-01

コメントありがとうございます。 発想勝ちできて嬉しいです! (心臓の眠り)

2024-03-21

コメントありがとうございます。 思わず画面に手を当てて読みたくなるような、そんな作品だと思いました。 このように言っていただけるなんて作者としては喜びがひとしおです。 (心臓の眠り)

2024-03-18

作者としても同じように思ってまいます。 中心はありません。 ありがとうございました。 (黄色い水曜日の彗星)

2024-03-16

このコメントを読んでもっと飛躍の可能性があったんだなぁと思いました。精進します。 (黄色い水曜日の彗星)

2024-03-11

ありがとうございます。はなまるうれしい。 (黄色い水曜日の彗星)

2024-03-08

何もしないけどそこにいるのが神様なんだろうなと思いました。 (かみさま)

2024-03-07

面白いと思う (Ⴑ௧?ㄝテ"௧ŋ?Ⴑ⨧)

2024-03-07

いえ、伝わらないような書き方をした作者の力不足です。 (暗渠)

2024-02-15

子供が子供らしくおぼつかないながらも一生懸命なのはたしかにある種詩的なものかもしれません。 (暗渠)

2024-02-15

ありがとうございます。こちらこそ頑張ろうという気持ちになりました。 (父は晴れ男)

2024-02-15

ラブコメって読み方面白くて好きです。自分の作品に新たな視点持ってきてくれるコメントはとても貴重でうれしく思います。 (暗渠)

2024-02-13

ありがとうございます。最高に嬉しいです! (暗渠)

2024-02-10

形式に興味を持ってくださりありがとうございます。色んな人に刺さるといいなぁ。 (暗渠)

2024-02-09

書き出しをほめてもらえて嬉しい。全体的に好みに刺さったようでなによりです。ありがとうございます。 (暗渠)

2024-02-08

なんかこう導かれるように海をみにいきたくなることがありますね。 何もかもから逃げ出したくなって海へ一人旅したのを思い出しました。 (海が嫌い。)

2024-02-07

なんかいいですね。色んな色がつかわれてますが、透き通っているイメージを持ちました。 (二重線)

2024-02-07

暗渠という言葉に凭れすぎたかもしれません。試行錯誤しているのですが、狙いすぎたかなぁ (暗渠)

2024-02-07

夢って何かしら欲望の現れだと思うから何かしらを叶えたくてみるんでしょうね ありがとうございました (暗渠)

2024-02-05

ありがとうございます。 (父は晴れ男)

2024-01-23

晴れの神様を気に入ってもらえて嬉しいです。 読みやすい詩になっていたようで安心しました。 ありがとうございます。 (父は晴れ男)

2024-01-22

ありがとうございます。佳いと言ってもらえて光栄です。 (父は晴れ男)

2024-01-12

ありがとうございます! (父は晴れ男)

2024-01-11

音韻はこだわりを持っているのでそういってもらえて光栄です。 ありがとうございます。 (メモ抜粋)

2024-01-08

タイトルは作品の顔ですね。それを放棄しちゃったから、投稿してから後悔しました。ありがとうございました。 (メモ抜粋)

2024-01-06

命じゃないものを探す方がむすがしいのかもしれない。でも、それは人間の勝手な認識の問題かもしれない。 何が言いたかったんだっけ。わかんなくなっちゃった。なんかこう、生命の源みたいなものを探しあぐねている気がするんですよ、人間ってやつは。とか言ってみたり。 (小さな思いを命に当てはめる)

2024-01-04

よくわからなかった。でも、よくわからないなりに読めてしまったのもまた事実。そう考えると奥が深いのかもしれない。そんなことを思いました。 (noize to noise)

2024-01-04

この作品を読む限り私も詩人ではないですね。 (エセ詩人)

2024-01-04

ありがとうございます。そうですね、名前に関しては一種の遊びめいたものかもしれません。病人説は自分にない視点だったので面白く思いました。 (じゃっかる)

2023-12-29

ありがとうございます。わかりやすさや読みやすさは意識していたのでできていたようで安心しました。詩心あふれると言って貰えて光栄です。 (じゃっかる)

2023-12-25

陽気と狂気。陽気で狂気。ふざけているようで実は真顔かもしれないし、真顔でふざけているのかもしれないし。まあ、要するにこの作品の語り手は無表情なんじゃないかと思っただけなんです。 (栗酢鱒)

2023-12-21

読んで色々考えたりしたけれど真っ先に思ったのが田中さんが私より年が上だったという驚きでした笑。勝手に年下の方なんだと思っていました。 ちなみに私も西東三鬼が好きです。 (2023年の書きおさめ)

2023-12-21

人生の締めくくりのピリオドは単なる終わりではなく余韻のある終わりでありたいものですね。 (ピリオド)

2023-12-21

なんか切ないっすね。なにがとは上手く言えないけど。 (さよならの時間です)

2023-12-19

ありがとうございます。確かに楽しく書いたと記憶しています。凄くいいと言って貰えて嬉しいです。 (じゃっかる)

2023-12-19

ありがとうございます。社会や戦争を視野に入れた解釈は作者である私のなかには無かった捉え方なので勉強になりました。 (朝のスケッチ)

2023-12-19

ありがとうございます。そうですね、武田地球さんからの影響は少なからずあると思います。 (じゃっかる)

2023-12-18

ありがとうございます。漢字の使い方が上手いといってもらえて嬉しいです。 (朝のスケッチ)

2023-12-18

月って見てるとなんだかいろんな想像や空想が浮かびますね。私もベランダから月を眺めるのが好きなので共感して読みました。 (月光薬)

2023-12-15

ありがとうございます。めりはりがあると言って貰えて嬉しいです。そうですね、今となってはなところもありますが、人生ですれ違っていったからこそ詩にしたくなったのかもしれません。 (じゃっかる)

2023-12-14

ありがとうございます。 面白い、元気が出たと言って貰えることがサイコーに嬉しいです。 (じゃっかる)

2023-12-11

ありがとうございます。飄々と軽々どこへでも行けてしまえそうな人ほど、胸の内に抱えたものがあるのかもしれない。そんな気持ちで書きました。それが伝わっていたようで良かったです。 (じゃっかる)

2023-12-10

「バターみたいな」という着地がいいなと思いました。 (思いつき)

2023-12-08

ありがとうございます。解釈をしてくださり嬉しいです。とても好みといっていただけて光栄に思います。 (朝のスケッチ)

2023-12-06

そうですね。ありがとうございます。 (朝のスケッチ)

2023-12-03

ありがとうございます。書いた当時のことは忘れてしまいましたが、案外色々考えていたのかもしれません。 (偽物の朝)

2023-11-30

とりとめない思考をとりとめないまま流れに任せて逆らわない潔さを感じました。 (夜の散歩)

2023-11-19

ありがとうございます。まだ言葉のイメージに凭れていてひとりよがりになっているのかも知れません。言葉ともう少し向き合っていこうと思います。 (偽物の朝)

2023-11-19

ありがとうございます。予測変換を使って書くのも面白そうですね。1度やってみようと思います。 (容器)

2023-11-15

ありがとうございます。おもしろいと言ってもらえて嬉しいです。楽しんでいたただけたようで何よりです。 (容器)

2023-11-13

誰なんでしょう。誰の顔も浮かばないのっぺらぼうのような不気味さがありますね。 (誰)

2023-11-09

タイトルから作品について考えてくださりありがとうございます。あえて読みにくく流れの悪さをつくったのでそこに触れてもらえて嬉しいです。 (容器)

2023-11-09

本物とは何か?って問いは常々考えてしまいます。例えを褒めてもらえて嬉しく思います。 (偽物の朝)

2023-11-08

この詩は東洋哲学や思想に若干かぶれてた時期に作ったものなので多少は作品に影響与えているかもしれません。ぬばたまって言葉はなんで使ったのか今となっては思い出せないですが、拾って下さりありがとうございます。 (偽物の朝)

2023-11-06

ありがとうございます。確かに意味をもたせようと思ってなかったので、事実切ってはってみた感じなんですよ。切って貼るだけじゃなくてなにかしらの方向性を見せられるように今後の詩作の課題にします。 (容器)

2023-11-06

ありがとうございます。 (容器)

2023-11-04

ありがとうございます。何度も読んでしまうと言っていただけて嬉しいです。 (容器)

2023-11-04

ありがとうございます。面白い構成といっていただけて嬉しいです。 (容器)

2023-11-02

ありがとうございます。 (偽物の朝)

2023-11-02

なんだろう。なんか面白いです。何がって言われたらわからないんだけどなんか面白いです。 豚キムチのとことか。 (ブンガチャカ交響曲)

2023-11-01

タイトルにあるように「縁をなぞる」ことしかできず「本当の欲望の中へ/入っていけない」せつなさを感じました。 (縁をなぞる)

2023-11-01

なんかもう少し続きを読みたくなる。そんな作品でした。 (┣太陽┳たいよう┫の┣行方┳ゆくへ┫)

2023-11-01

眠る前の思考がぐるぐると廻るように目の前にあるもの、頭に浮かんだものをあるがままに書き留めているように思いました。 (Poems)

2023-11-01

そうですね。自分の中でのイメージの統一ができないまま書き上げてしまったところはあるので、陳腐な感情描写を入れてしまったんだと思います。 (夜がただよう)

2023-10-30

ありがとうございます。読む度に違う感想を持ちそうって個人的にはとても嬉しいお言葉です。言葉の顔しか確かに見えない気がします。 (風)

2023-10-30

ありがとうございます。ギャートルズがわからないので調べてしまいました。 (風)

2023-10-24

ありがとうございます。例え、何も読後に残らなくてもこうしてコメントをしてくださったことに感謝します。 (風)

2023-10-21

ありがとうございます。物事の違った見方見え方を詩の中で見つけられたらいいなと思っていつも作っていますので、多角的なまなざしと言って貰えて嬉しいです。 (風)

2023-10-19

ありがとうございます。ただただ嬉しいです。 (風)

2023-10-14

ありがとうございます。風に触れられるような詩と言って貰えて嬉しいです。 (風)

2023-10-12

複数回読んでもらえたことにまず感謝です。そうですね、自分でもその一行をどうとるか色々感じ方がわかれるとこだと思っています。 (夜がただよう)

2023-10-11

ありがとうございます。イメージを膨らませてもらえたようで良かったです。 (風)

2023-10-11

ありがとうございます。そう言って貰えて嬉しいです。 (風)

2023-10-09

髪の毛はフサフサ喋るのに抜け毛になると静かに積もる 蝉も泣かなくなって冷たさを奪われていく後日譚 空ばかり見て目が悪くなった あれは夕陽が沈む場所の、終わりの住む街の、儚い音楽ではない (「私のキラー・フレーズ、一行詩、募集」)

2023-10-08

みんなぐるぐる廻ってるからね心も体も (ぐるぐる)

2023-10-08

ありがとうございます。 美しいと言って貰えて嬉しいです。 そうですね、風によってはじめて輪郭を意識する瞬間があると思っています。 (風)

2023-10-08

ありがとうございます。 アメリカンニューシネマですか。そういう視点がなかったので参考になります。すごくいいと言って貰えて嬉しいです。 (夜がただよう)

2023-10-08

ありがとうございます。 ずっと読んでいたいと言って貰えて嬉しいです。ご指摘のところは少しストレートな表現過ぎるかなと思いましたが、そのまま使いました。 (風)

2023-10-07

ありがとうございます。 表現が曖昧すぎたかもしれません。それでも読み取ろうとしてくださったことに感謝です。 精進します。 (夜がただよう)

2023-10-07

ありがとうございます。 具体的な書法にふれてくださりありがとうございます。 初めから短く纏めようと思って書いた作品だったので、いつかもう少し描写を膨らませたバージョンを書いてもいいなと思いました。 (風)

2023-10-07

ありがとうございます。 素敵と言って貰えて嬉しいです。 言い訳しますと元々Twitterであげた詩だったので字数に限りがあって削りに削った作品なんですよね。 その結果、少し描き込みが足りない結果になったんだと思います。ありがとうございます。勉強になります。 (風)

2023-10-07

「海の泡になって朦朧と夜を渡りたい」この書き出しがいいですね。漣だけが聞こえる静かな海が浮かんできました。ありがとうございます。 (海の泡)

2023-10-06

詩は時に様々な疑問を突きつけることがありますね。そして、問うた先になにがあるでしょうか?その答えは読者に任されるわけですが、同時に全く作者の手を離れるんだと思うのです。 結局何が言いたいか。この詩を読んで鐘の音を聴いたわけです。敢えて矛盾した表現を使うと澱みなく澱んでいて、美しく汚れている鐘の音を聴きました。とか何とか最もらしいこと言いましたが、なかなか読んでいて心に残る作品でした。ありがとうございます。 (鐘の音が聞こえるのです)

2023-10-06

ありがとうございます。地下通路でコンサートですか、なかなか興味深いです。 (歩かない地下歩道)

2023-08-29

ほんまそれな ありがとうございます。 (歩かない地下歩道)

2023-08-29

ありがとうございます。成功しているといってもらえてほっとしました。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-24

せやなぁと思いました。 (人間)

2023-08-24

いえいえ、言葉足らずですみません。つっかえてしまう読みにくいさがこの作品の味になってると思ったんですよ。なので、ついつい読めちゃうんですよ。 (ドブとパイン)

2023-08-23

読点とか改行がなくて詰まりながらも、ついつい読み進めてしまう作品だと思いました。で、詩としてはどうなんだ?と言われたらなんとも言えませんが、面白いなと思いながら読んだのでその時点で価値があると思う。何様やねんって感じですが、そんなふうに思いました。 (ドブとパイン)

2023-08-22

ありがとうございます。やってみた事ないからちょっとやってみた感はありますね。確かにこのフォーマットは便利だと思いました。その分いい作品になるかといいとなかなか難しいんだなと思いました。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-22

ありがとうございます。最後の4行はちょっと置きに行きすぎましたね。今後に活かしたいです。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-22

ありがとうございます。好きと言ってもらえるだけでもありがたいです。もう少し推敲の余地がありますよね。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-19

ありがとうございます。日々いろんな作風に挑戦してみてるんですが、ラフな語り口が一番しっくりくるかもしれないと思う今日この頃です。 そのツイート(とはもう言わないのか)にいいねした気がします笑 みうらさんがどう読むかで投稿してるとこは無きにしも非ずです。 (歩かない地下歩道)

2023-08-15

ありがとうございます。幽霊の声と考えるとなかなかホラーですね。私は生まれも育ちも関西ですよ。突拍子もないことというか実際聞こえたんですよねと突拍子ないこと言ってみる。 (歩かない地下歩道)

2023-08-15

ありがとうございます。リズムを褒めてもらえてうれしいです。世界観もたのしめたようでなによりです。 (歩かない地下歩道)

2023-08-12

ありがとうございます。そうですね、どこか不可侵領域的な思い出ではあります。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-12

ありがとうございます。歩いて渡る方が安全なんですけど、自転車に乗ったままの方がはるかに速いので、私の住んでいる街はせっかちな人が多いんだと思います。 (歩かない地下歩道)

2023-08-10

ありがとうございます。声色まで想像してくださってちょっと照れくさいですが、嬉しいです。 そのまま飛行していきます! (梅田駅連絡橋)

2023-08-06

ありがとうございます。暑いっすね。みうらさんのこういうコメント好きですよ。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-06

ありがとうございます。詩的純度高めていきたいです。ポエジー突き詰めていきます。 (やわらかい)

2023-08-06

ありがとうございます。ご指摘の点確かに「らんぼうもの」のくだりはもう少しなんとかなったと思います。勉強になりました。今後に活かしたいと思います。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-05

ありがとうございます。場を制圧する。凄くかっこいい表現ですね。普段書いててもっと削れただろこれって思うこと多いので無駄がないと言ってもらえて嬉しいです。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-04

ありがとうございます。 自分でも終わり方ちょっとわかりにくかったかなとは思います。 強烈な印象を残した記憶だったんですよ。 (黒川くんちのざぶとん)

2023-08-04

ありがとうございます。いつからあったんですかね。いつの間にかずっと前からあった顔してそこにいましたね。 (梅田駅連絡橋)

2023-07-23

ありがとうございます。尾崎豊あまり知らないのでディグって見ようと思います。 (梅田駅連絡橋)

2023-07-23

ありがとうございます。そうですね、もう少し深いところにいけた詩だったかもしれません。 (梅田駅連絡橋)

2023-07-16

そうですね。自覚はありますし、この書き方続けても伸び代ないなぁとも思っています。模索していきます。ありがとうございます。 (やわらかい)

2023-07-16

ありがとうございます。ご指摘の通りその時読んでる詩人に寄せて書いてしまうところがあるので既視感があるのも仕方ないと思い。どこか難しい言葉を使いたがる中学生的なノリはあると思います。 (やわらかい)

2023-07-16

匠の作った和菓子。とても嬉しい褒め言葉ありがとうございます。 (やわらかい)

2023-07-16

ありがとうございます。 原始的な動物やがん細胞の連想は私のなかになかったイメージだったのでなるほどなとなりました。 まとまっているようでまとまっていない感覚が都会にはあると思っています。 (梅田駅連絡橋)

2023-07-15

ありがとうございます。闇の表面の光。素敵な表現です。 (やわらかい)

2023-07-15

ありがとうございます。 部首の役割なんか考えたら使ってみたくなりました。 (やわらかい)

2023-07-15

ありがとうございます。そうですね、ブラックホールというか宇宙のイメージはしていました。誠実な構成と言って貰えて嬉しいです。 (梅田駅連絡橋)

2023-07-15

ありがとうございます。 そうですね、想像の余地を作ろうと思いできるだけ説明を排して書きました。痒みの記憶とはいい表現ですね。 (透明が充実していた)

2023-07-10

ありがとうございます。 夏は生命力を感じることが多い分、病や衰え、死の近さのようなものも感じます。 (やわらかい)

2023-07-10

ありがとうございます。まあ、頻繁に見るものでは無いですね。 (鳩の死骸)

2023-07-03

ありがとうございます。 記憶ってホント厄介なんですが なぜか忘れられないことには何かしら意味があると思っています。 (鳩の死骸)

2023-07-03

ありがとうございます。非日常への異化。確かにもう少し飛躍が必要なのかもしれませんね。 (鳩の死骸)

2023-06-30

ありがとうございます。まさしくお巡りさんが見ていたからこそ記憶に残った映像だと思っています。生きている以上いつかは死にますし、死んだ以上は遺体、死骸としての最期が待っていますね。様々な想像を膨らませた上で安心感を感じて貰えたことを嬉しく思います。 (鳩の死骸)

2023-06-28

ありがとうございます。そう言って貰えて嬉しいです。 (透明が充実していた)

2023-06-23

ありがとうございます。自分と繋がりがないからこそそこに物語を感じてしまう面はあります。だからこそ、あっさりと終わらざるを得なかったのです。鳩の死骸も行方不明者も自分にはどうしても不可侵な領域だと思っています。 (鳩の死骸)

2023-06-17

ありがとうございます。いい詩といってもらえて嬉しいです。鳩の死骸と行方不明者の張り紙を重ねていたのだと思います。 (鳩の死骸)

2023-06-15

ありがとうございます。なぜか覚えている取り留めのない記憶を頼りにいつも書いています。数年後たとえ忘れたとしてもまた別の形で別の意味を伴って戻ってくる気がしています。 (鳩の死骸)

2023-06-14

この詩を読んで高く掲げられた理想が多くの人に共有されるころには違った形になっているのだろうなと思いました。なかなか興味深いです。 (打ち上げ花火)

2023-06-13

ありがとうございます。行方不明者の張り紙も1羽の鳩の死骸を忘れないのも、なにか祈りのようなものが自分のなかにあるのかもしれません。 (鳩の死骸)

2023-06-13

ありがとうございます。そうですね、作者としても気になるところではあります。 (鳩の死骸)

2023-06-13

ありがとうございます。砂がざりざりのところを素敵と言ってもらえて嬉しいです。実体験を書いたのでリアル感ある作品になっていたようで安心しました。リアル感、確かにどこから来るのでしょう。 (鳩の死骸)

2023-06-13

ありがとうございます。 そうなんです、消えてしまっても世界は続いていくんですよね。そしたら、誰かが心に一欠片でも残しておかないとって思うのです。 (鳩の死骸)

2023-06-13

ぼくが詩を書き始めたころにはすで文学極道は閉鎖していてどんな場だったのか皆目見当もつかないですが、ユルい人間なんでビーレビには上手い下手とかじゃなく単純に詩を書いてて楽しいなぁと思えるサイトであってくれればいいなと思っています。 (成仏せよっ!ブンゴクの亡霊どもっ!!)

2023-06-12

気が向いた時にしか投稿しないし、熱心なユーザーではないけど、何だかんだお世話になってるいるサイトなので寄り良いサイトになることを願っています。 (新運営者の打ち合わせスレッドです)

2023-06-12

ありがとうございます。フレーズが浮かんだ勢いで書いたところはあります。かっこいいと言ってもらえて嬉しいです。 (透明が充実していた)

2023-06-10

ありがとうございます。掘ってもほっても毛ばかりでした。そうですね。生きてるからこそ血を吸われたんです。 (透明が充実していた)

2023-06-10

ツチヤさんにも幸あれ (透明が充実していた)

2023-06-08

ありがとうございます。透明はそこかしこにいますからね。存在感は抜群ですよ。 (透明が充実していた)

2023-06-08

ありがとうございます。透明は割れやすいって表現いいですね、どこかで使ってみたいです。 (透明が充実していた)

2023-06-08

素敵な返詩ありがとうございます。私の詩から詩をつくっていただけるなんてとても嬉しいです。 (透明が充実していた)

2023-06-07

ありがとうございます。ふってきたフレーズをそのまま膨らませました。 (透明が充実していた)

2023-06-06

ありがとうございます。子供頃を思い出すと純粋になりたかったとよく思います。 (透明が充実していた)

2023-06-06

ありがとうございます。 埋めた犬を掘り返した記憶があるのですがあれはなんだったのだろうか。事実の記述にとどまらず超出したものになっていたのなら幸いです。 (透明が充実していた)

2023-06-05

ありがとうございます。好きと言ってもらえて嬉しいです。 (透明が充実していた)

2023-06-04

読んでて楽しかったです。 (揉めてる)

2023-06-04

透明に殺される 窒息死寸前の充実を身にまとい 笑いながら またねって言って (透明が充実していた)

2023-06-04

ありがとうございます。実体験をもとにしていますが、なぜ掘り返したのかわからないし、なぜか忘れらない記憶なんですよ。 確かにそこには打算はなくて子供なりの倫理観があったんだと思います。 (透明が充実していた)

2023-06-04

ありがとうございます。ようやく詩ついた無駄なお肉の落とせるようになってきました。 (透明が充実していた)

2023-06-04

書き出しを褒めてくださりありがとうございます。朔太郎、西脇順三郎など大詩人の名前が出ると恐れ多くて縮み上がってしまいます。 面白いと言ってもらえて嬉しいです。 (恋愛に関するあるひとつのエスキース)

2023-05-11

文体を評価してもらえて嬉しいです。ありがとうございます。 (恋愛に関するあるひとつのエスキース)

2023-05-10

作者なのにこれが恋愛について書いたものであることを忘れていました。 恋愛ってやっぱり語りかけるところから始まるじゃないですか。そんな気持ちで書いたと記憶しています。 (恋愛に関するあるひとつのエスキース)

2023-05-07

可読性は意識していたのでほっとしました。好きな作品といってもらえて嬉しいです。 (瞬きを忘れるほどに)

2023-05-07

ありがとうございます。響いたという言葉とても嬉しいです。 (恋愛に関するあるひとつのエスキース)

2023-05-07

SNSでなんでも発信できる分余計な勘ぐりがふえてしまったのが今の恋愛の難しさですね。前回に続き好みと言って貰えて嬉しい限りです。 (恋愛に関するあるひとつのエスキース)

2023-05-07

個人的には好きって言葉に救われます。無し無しのアリありがとうございます。 ChatGPTくんには負けないぞ! (瞬きを忘れるほどに)

2023-05-06

もし逆さまに歩く生き物がいたら感覚も真逆なのかなと全然関係の無い事を思いました。見えないからこそ憧れる場所、天であり地の底であるのかもしれかい。 (頭上)

2023-05-06

ないのね、それもありね (詩人として)

2023-05-06

読んでくださりありがとうございます。真の詩情か。その境地まで至りたいものです。 (夢)

2023-02-23

読んでくださりありがとうございます。恥ずかしさは既にそこにあった。確かにそうかもしれません。 (夢)

2023-02-23

なんだこれ (~チルダ~)

2023-02-21

読んでくださりありがとうございます、そうですね、しばらく行ってないうちにって感じです。 オノマトペ自分でも気に入ってたので言及してもらえて嬉しいです。 (世界だなんて名前で呼んで)

2023-02-05

読んでくださりありがとうございます。まあ、そういうことですね。詩心を感じられる作品になっていたようで安心しました。 (世界だなんて名前で呼んで)

2023-02-05

読んでくださりありがとうございます。また投稿した時は酷評お願いしますね。 (世界だなんて名前で呼んで)

2023-02-05

読んでくださりありがとうございます。コストの面で考えたことなかったのでなるほど!ってなりました。そう言われると優しいのかもしれません。 (世界だなんて名前で呼んで)

2023-02-03

読んでくださりありがとうございます。 秀逸と言っていただけて嬉しいです。 (世界だなんて名前で呼んで)

2023-02-03

ありがとうございます。最後の一行は結構悩んだので、迷いが作品に現れたのかもしれません。 (雨後)

2023-01-22

ありがとうございます。後悔ばかりです。暖かくありたいものです。 (雨後)

2023-01-20

ありがとうございます。安眠のお供にしてくださいませ。 気が向いたらまた読んでもらえると喜びます。 (雨後)

2023-01-18

ありがとうございます。荒地の詩人が好きなんですよ。どうも、言葉が古臭くなってしまいます。 (雨後)

2023-01-16

ありがとうございます。傑作と言ってもらえて嬉しいです。日本神話のお話興味深いです。 (雨後)

2023-01-16

ありがとうございます。 素晴らしいと言ってもらえて嬉しいです。 (雨後)

2023-01-16

コメントありがとうございます。 きれいって言っていただけるだけで大満足でございます。 (雨の残像)

2022-08-10

四連目好きですよ。 「偏光フィルターから〜」ってとこ。あとはあまりピンときませんでした。ごめんなさい。 でも、刺さる人には刺さるのかもしれません。 (見えるものと見えないもの)

2022-08-09

コメントありがとうございます。 一見突飛な発想に見えても、自制があり、イメージに自省が有ると思いました。 ここの部分、なるほど。そういう風にも読めるなぁと思いました。びーれびの良さは読者コメントで自分の作品に様々な気づきを得れることですね。いい意味で意表をつかれることがある。 (雨の残像)

2022-08-09

コメントありがとうございます。形容詞なんか付けちゃいたくなるんですよ。不安で笑 雨粒の表現を気に入ってもらえてよかったです。読んでよかったって言ってもらえるのはほんとに嬉しい。ありがとうございました。 (雨の残像)

2022-08-07

コメントありがとうございます。一連目と二連目で意図して雰囲気変えたので功を奏したみたいでよかったです。技術磨いていきます! (雨の残像)

2022-08-06

コメントありがとうございます。 触発される箇所があったという言葉はとても光栄です。 (雨の残像)

2022-08-04

コメントありがとうございます。 美しさを感じてもらえてよかったです。 素敵って言って貰えるの嬉しいです。 (雨の残像)

2022-08-04

ありがとうございます。嬉しいです。 (雨の残像)

2022-08-04

コメントありがとうございます。 気持ちよさを感じてもらえてよかったです。 (雨の残像)

2022-08-04

1連目がすごく好きです。日記は過去だし幽霊も言ってしまえば過去の存在。日記って切り取られた過去だから「望ましい出来事」なんだなぁ。でも、「誤字だらけ」で体裁はよくない。この体裁の良くない感じが1連目の転んじゃう幽霊さんに繋がってる感じがしていいなぁと思いました。そんなアンバランスさがかえって最終連の「安心/していました」ってなるのかなって思ったり。 (一足の幸運)

2022-08-03

そうかもしれない。作者としてもこの詩の秘密にせまりたい。 (流れ続ける、誰が)

2022-08-02

気に入ったフレーズがあったようでよかった。むしろリズムにしかこだわってないかもしれない。それでもバランスが保てていたのなら嬉しいかぎりです。 (流れ続ける、誰が)

2022-08-01

コメントありがとうございます。不勉強なんで志賀直哉読んだことがないのです。この機会に読んでみようと思います。 (温泉旅行)

2022-07-30

コメントありがとうございます。 人生難しいっす。命とか生きるってなんなんだろうねって常々思います。 (温泉旅行)

2022-07-29

コメントありがとうございます。 可読性にはこだわっているのですが、このコメント読んであえてズレを作るのも面白いかもしれないと思いました。 (温泉旅行)

2022-07-29

コメントありがとうございます。 楽しんでもらえたようでよかったです。リズミカルな文章と言ってもらえて嬉しいです。安部公房いいですね。ぼくは「棒になった男」が好きです。 (温泉旅行)

2022-07-27

コメントありがとうございます。 随分前にかいたものなので今となっては当時の心境を覚えてませんが疲れていたのかもしれない。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-23

コメントありがとうございます。何事にも犠牲はつきものかもしれません。ぼくも親指はなくしたくない。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-23

コメントありがとうございます。 凍った海に斧を振り下ろすような手触りのある詩 ある種の低体温を持たせたかったのでとても嬉しい言葉です。 好きな作品といっていただけて光栄に思います。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-20

コメントありがとうございます。 生きることの賛歌として暴力的な存在 それなんですよ。無垢な暴力への憧れみたいなのありますよね。 自分の生きがい見つけたいものです。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-17

コメントありがとうございます。 シャバウォーキンを気に入ってもらえて嬉しいです。 死んだように生きてる、死への羨望みたいな雰囲気は出したかったのでよかった! (よく晴れた日のこと)

2022-07-15

コメントありがとうございます。 そうですね、二十年くらい前なら新鮮に読めたかもしれません。 ここの部分、自分の詩をアップデートしなくてはという反省と、それでもそれなりには書けてたのかなというポジティブさの両面で受け取ることにします。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-14

コメントありがとうございます。 嫌いではない。その言葉に救われます。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-14

コメントありがとうございます。そう言って貰えて嬉しいっす。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-13

コメントありがとうございます。 話し言葉ではあるんですが可読性みたいなのをあまり意識してなかった点はありますね。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-13

コメントありがとうございます。 話し言葉ではあるんですが可読性みたいなのをあまり意識してなかった点はありますね。 (よく晴れた日のこと)

2022-07-13

なんか言葉の繋がりとかは分からないけど繰り返し読みたくなる作品でした。改行の仕方にリズムを感じられていいなぁと思いました。数字の入れ方も面白く感じました。 (インフォメーション・アナトミー)

2022-07-12

コメントありがとうございます。暑くてバグってるのですよ。事実、温泉旅行行きたくて書いた。手にあまると思ってしまうことがよくあるもんで笑 (温泉旅行)

2022-07-12

コメントありがとうございます。ローリングストーンですか、その観点はなかったので新鮮。ロックンロール! (温泉旅行)

2022-07-12

読ませていただきました。前半の「なくっ茶」とか「デキルノネ!」にふざけているようでどこか身につまされるものがあった。詩が進むにつれて半角カナが消えていって人称が「わたし」から「おれ」に変わって語気が強くなっていくのが面白いと思った。「そういうことだよ人生」って一文に必死に日々を生きる切なさみたいなものを感じられた。 (心の隙)

2022-07-11

読ませていただきました。この作品は「実験的言動」で「しゎ性的洞察」なんだろうな。突き詰めて「せいかつをやめたらこうふくに/なれるか」は僕も分からない。 (シークレット)

2022-07-11

コメントありがとうございます。爆笑してもらえてよかった。ジョークみたいものだから (温泉旅行)

2022-07-11

コメントありがとうございます。 文脈の運びにふれてもらえてうれしいです。意識してつくりました。 傑作だなんてもったいないお言葉。大変恐縮です。 (腐りゆく手紙)

2022-05-12

コメントありがとうございます。 美しいと言って貰えて嬉しいです。読みやすさにはこだわって書きました。 (腐りゆく手紙)

2022-05-12

コメントありがとう。 確かにいつまで経っても忘れらない嘘の思い出は事件かもしれない。 人類の習性、考えされらるテーマをいただけて嬉しく思います。 (明日がはじまる)

2022-04-01

コメントありがとう。 誰しも通る道なのですね。 えへへ。 (明日がはじまる)

2022-03-31

素敵な言葉をありがとう。 自信をもって歩きたいです。 大切に胸に刻みますね。 (明日がはじまる)

2022-03-27

感想ありがとう。 私はハッピーエンドに憧れてるのかもしれない。そう思います。 (明日がはじまる)

2022-03-24

感想ありがとう。 私は不安だらけで過去に囚われながらも頑張らなきゃっていつも思っているのですよ。 (明日がはじまる)

2022-03-23

熱量のこもったコメントありがとう。作品について作者がいろいろ語るのは後出しジャンケンみたいでずるいと思っているので、いただいた感想を噛み締めたいと思います。 ええ、私はあなたが知っている人物だと思う。 (明日がはじまる)

2022-03-22

コメントミスでしょうか? なんにせよ、ありがとうございます! (「 。」)

2022-03-20

コメントありがとうございます! おっしゃる通りです。言葉は言葉です。 そうですね、真実を知ることはないとぼくも思います。 (「 。」)

2022-03-13

読んでくださりありがとうございます。 整合性のあるといってもらえてよかったです。 ありがとうございます。 (からのながれ)

2022-03-06

読んでくださりありがとうございます!すきと言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございます。 (からのながれ)

2022-03-06

読んでくださりありがとうございます! ゾクッと来たっていってもらえて嬉しいです!凄みも感じてもらえてよかったです! そうですね、あざとさのない表現やテキストの詩というのは詩をみるときの観点の一つで、究極は自分の言葉との向き合い方なんだと思います。わかったようなことを言いましたが ぼくも「お前はどうなんだ」と問われるとまだまだ未熟者なので、俯くしかできません。 (からのながれ)

2022-03-04

読んでくださりありがとうございます。 いやぁ、すごい。前置きの文章がとても勉強になるなぁと思いました。この「あざとい」って気づかずにやっちゃってる人多いと思うし、僕自身もそういうあざとい詩を量産してきたと思う。ウケ狙いでエモめな言葉やおかしな言葉を使ってきた身としては「欺瞞」って言葉に刺さるものがありました。 前置きの話はこれくらいにしておいて、作品について。このコメントで「テキストの詩」という考え方自体がぼくにはごっそり抜けてたなと思いました。 今作は今までウケ狙いで書いてたのをやめて自作と向き合おうという気持ちで書きました。向き合うために手っ取り早くビーレビ杯不参加なのです。だから、余計な飾りのない言葉を探して書きました。結果意図せず三浦さんのおっしゃる「あざとさ」のない作品になったと思います。 「テキストの詩」という観点は今後書く上で追求していこう思います。褒めていただいた上に、勉強になるコメントで大変嬉しく思います。 (からのながれ)

2022-03-03

詩に関しては二行ですし、クリシェっぽいなぁくらいしか感想がうかばなかったんですが、コメ欄みてどうかお幸せにってほっこりした気持ちになりました。 (すたあ)

2022-03-02

なにいってんのかわからんけど面白かったです。 聞き馴染みのない国の言語で歌われたかっこいい歌を聴いたような気持ち。言ってることはわからないけどいい。というかわからないからいい。詩の意味とか必死こいて考えてたけど、意味がとれなくても読み物として楽しめればそれでいいんだなと思った次第です。 (恪)

2022-03-02

まっさきに思ったのが、これコメントしたら負けじゃね?ってこと。まあ、もちろん、勝ち負けの話は関係ないのでコメントすることにしたんですが、これはあれだ あはは ぴっぴろぴー って言っとくことにします (磔)

2022-03-02

修子さんとは特別に親しかったわけではなかったですが、何度かお話する機会ありました。ぼくの詩を読んでくださったことがあったり、それこそこれからたくさんお話して交流していきたいと思っていた矢先の訃報でした。 この作品を読んで、特に「今日も 貴女が 歌っています」の1行に修子さんの声が聞こえてくるような感覚をおぼえました。 (『幻肢』(田中修子さんに捧ぐ))

2022-03-02

「貴方」への思いがめっちゃつよいですね。純粋な祈りなのかもしれないのだけれど、なんかちょっと読んでて不安になりました。申し訳ない。 (祈り)

2022-02-06

コメントありがとうございます! たゆたうように流れていく この言葉嬉しいです! (「 。」)

2022-02-06

誕生から始まって着地、失敗で終わるのが面白かったです。 個人的には完はなくてもよかったかな (辞めてえ)

2022-02-06

室町さん、コメントありがとうございます。 ことばの流れは意識していました。 まあまあの評価いただけてありがたいです! (「 。」)

2022-02-06

コメントありがとうございます! マラルメ読んだことないので読んでみます (「 。」)

2022-02-04

コメントありがとうございます! 三浦さんのコメント結構ありがたいですよ。率直で。 正直、ぼくはびーれびを作品置き場感覚で使ってるダメユーザーなんですが、反省しました。 まだ詩をかき始めたばかりの頃の投稿の方がまじめに取り組んでたなぁほかの投稿もちゃんと読んでたし。 慢心してたところはあると思いました。なんで今回の三浦さんのコメントにこんな反省したのか自分でもわからないんですが、それっぽいの書いてぽーいって載せるだけじゃなくて、他の人の作品を読んでコメントしないと投稿サイトの使い方としはもったいないし、それって最低限のマナーだよなぁと認識を改めました。 こういうお気持ち表明みたいなの自分で気持ちわりいと思うんですが、言いたくなったので言いました。 長々とすみません。 (「 。」)

2022-02-03

そうですねー 根深い問題ですよ (ミシシッピアカミミガメを川に逃がす)

2022-01-16

その発想なかったです。いい読み方だなぁとおもいました。 しかも、ウケたわけでもないネタを2回も出しちゃうわたしたったら…アハハ (ミシシッピアカミミガメを川に逃がすII)

2022-01-16

そもそも外来種って言葉がなんなんだろうと思いますね (ミシシッピアカミミガメを川に逃がすII)

2022-01-15

やはり小手先のやり口はバレてしまいますわね でも、コメントまでしてくれる優しさを感じました。 (ミシシッピアカミミガメを川に逃がすII)

2022-01-15

まじか笑 まあ、誰かの影響を受けてるとは思います! (ミシシッピアカミミガメを川に逃がす)

2022-01-15

語感のよさだけで書いたので、そこを評価してもらえて嬉しいっす! こじつけなのは事実笑 (ミシシッピアカミミガメを川に逃がす)

2022-01-15

ありがとうございます╰(‘ω’ )╯三 勢いで書いたからそれが悪い方向にでた面はあるなと思います笑 (ミシシッピアカミミガメを川に逃がす)

2022-01-13

読んでくださりありがとうございます! バランスの良さを感じてもらえて嬉しいです! 読み仮名振るの今度からやろうと思います! ありがとうございました! (もう森へは帰れない)

2022-01-04

読んでくださりありがとうございます! その通りですね。最後の3行が先に思いついてそこから組み立てました。 ありがとうございました。 (もう森へは帰れない)

2022-01-04

はーい(●︎´▽︎`●︎) (もう森へは帰れない)

2022-01-03

読んでくださりありがとうございます! 感覚過敏的という視点はなかったので、なるほどなぁってなりました。 ありがとうございました! (もう森へは帰れない)

2022-01-02

何となく切ないなって思いました。冬の一日がいい意味で訥々と語られていて、後半の通学路の描写がどこかさみしく思えたのです。 (通学路)

2021-12-25

ぼくらの チキチキマシン猛レースのケンケンの笑い方のモノマネが異常に上手い架空の友達のありもしない思い出話で盛り上がり、過ぎ去った歳月の数だけ失くしたものが増えて、失くしたことを誇らしげに語るのに慣れてしまった全校集会が終わった時のような帰り道で、「聞き慣れない声で鳴くね、きみは」「お腹がすいてるのよ」「それはそれは」。 端からやりだしたパズルの絵はまだわからない、もしかしたら真っ白なのかもしれない、そんなことを誰かが言った気がして、いっせいにぼくらは振り向いてみせた、おかげで、ちょっと寄り道と言って一人消えたことに誰一人として気づかなかったのに、 「疲れたりしないのかい?」「人並にはね」「それはそれは」。 架空の友達と消えてってたやつ、どちらも不在であることでぼくらを駆り立て、みんな堰を切ったように喋らざるを得ない、嵐が去った静寂の体育館裏できみたちはまだ凍えているのか、どうしてらいい?ぼくらは待ってる、ぼくらの来ることのないバスを、再配達依頼の音声ガイダンスに従って、不在票に記載された伝票番号を入力している、午前二時、またろくにねむれずにネオテニー、 「 」。 (「びーれびしろねこ社賞」 応募スレッド)

2021-12-13

お散歩日和 和紙のような手触りの白い月が、ぽっかりと穴の空いた青空にうかんでいる。大きな工場が建ち並ぶ埋め立て地を歩く。ここからは海が見えない。橋から見える川の緩慢な流れだけが海の近さを知らせてくれる。椎の木の並木道にどんぐりがいくつも落ちていて、意図せずに何個か踏み潰していた。冷たく強い風の中を一羽のモンシロチョウがよろよろと飛ぶ。 なにもかも内部構造は脆い。瓦解しないうちに息絶えるものもいる。駆け回ってた幼年時、転んだ時の土の味。口いっぱいの苦味を思い起こしながら、植え込みに生い茂った雑草を一本引っこ抜く。そして、放り投げる。いつの間にか白い月は隠れ、モンシロチョウもいなくなっていた。ずいぶんと遠くまで歩いてきた気がする。空腹でお腹がきゅるきゅると鳴る。まだ少し幼さの残る顔をした冬の日差しが柔らかい日のこと、ぱきりとひとつどんぐりを踏み潰して……。 (「びーれびしろねこ社賞」 応募スレッド)

2021-12-05

読ませていただきました。 素敵な作品でした。「なにもたしかなものはない」のですが、きれいな星のまたたく夜空が浮かびました。 (夜空のかたち)

2021-11-24

こちらこそコメントちゃんと読めてなくて申し訳ないです。曖昧さのバランスの良さなんですね。ありがとうございます! (猫ちぐら)

2021-07-19

読んでくださりありがとうございます。 ポジティブなのかどうかその点は少し曖昧にしすぎたかもしれませんね。 退廃、終末感、収束感この辺りは意図したところなので、それらを含めての読後感の良さがでていたようでよかったです。 貴重な一票ありがとうございます! (猫ちぐら)

2021-07-18

読んでくださりありがとうございます。 ノスタルジックな仕上がりにはしたかったのでそう言ってもらえると嬉しいです。 シンプルで無駄がない素晴らしい作品 光栄です。ありがとうございます! (猫ちぐら)

2021-07-13

読んでくださりありがとうございます。 リズムを評価してもらえて嬉しです。 貴重な一票ありがとうございます! (猫ちぐら)

2021-07-12

読んでくださりありがとうございます! 危うい賭けのところは結構言われるかと思ってましたが、意外とそうでもなかったので、そこに触れてもらえて嬉しいです。 危ういかというと危うくないですが、この詩の世界観としての危うい感じを出したかったです。 優しそうで優しくない世界でも優しい世界。 ほんわかしてるだけにはしたくなかったという思いはありますね。 ありがとうございました。 (猫ちぐら)

2021-07-12

読んでくださりありがとうございます! 危うい賭けのところは結構言われるかと思ってましたが、意外とそうでもなかったので、そこに触れてもらえて嬉しいです。 危ういかというと危うくないですが、この詩の世界観としての危うい感じを出したかったです。 優しそうで優しくない世界でも優しい世界。 ほんわかしてるだけにはしたくなかったという思いはありますね。 ありがとうございました。 (猫ちぐら)

2021-07-12

読んでくださりありがとうございます! あったかい気持ちになってもらえてよかったです! ありがとうございました (猫ちぐら)

2021-07-11

読んでくださりありがとうございます! 世界観をステキと言って貰えて嬉しいです! 癒しになれて良かったです! ありがとうございました。 (猫ちぐら)

2021-07-10

読んでくださりありがとうございます! 猫ちぐらを知らない人にもイメージが伝わればなとおもっていたのでよかったです!連の繋がりにもふれてくださりうれしいです。 ありがとうございました。 (猫ちぐら)

2021-07-10

読んでくださりありがとうございます!好きって言って貰えて嬉しいです!ありがとうございました! (猫ちぐら)

2021-07-10

読んでくださりありがとうございます!(´▽`) なんか猫ちぐらという言葉がほんのり夢見心地に感じたものでこんな事になりました (猫ちぐら)

2021-07-09

読ませていただきました。書き出しがすきですね。何が起こるのかって思えて。2連目の肉体の描写と、対象的に冷たい石になった心臓が印象に残りました。 なんだろう。肉体は機能しているのに、精神は石のように硬く凝り固まってしまっているのでしょうか 思い出を残して、夜に人知れず街を去る語り手に石の心臓を受けいれた覚悟を感じました。 (或る手紙)

2021-07-09

読ませていただきました。 「私」が鳥だったり、獣だったりになる、そして、鳥だったり獣だったりが思っているかもしれない行動や思考をするところに面白さがあると思いました。 鳥、獣、魚、蛇に「私」はなれるけど、本来の「私」の姿が見えない。「私」とは何者か、「詩」と置き換えてもいいかもしれないし、「言葉」と置いてもいいかもしれない。読みを膨らませる余地のある作品だと思いました。 (私だった)

2021-07-05

読ませていただきました。よくわらないのに切ない気持ちになりました。 (生きたいね)

2021-07-05

読んでくださりありがとうございます!カビには負けないぞ感ありましたか。それは面白い発見なのでよかったです。ありがとうございました (カビサビ)

2021-06-13

読んでくださりありがとうございます!悲しい内容なので、コミカルにしてみました。というか真面目にふざけました。ありがとうございました (出世したい来世)

2021-06-13

読んでくださりありがとうございます! そうですね、これ最初は小説になる予定だったので、しり切れとんぼ感があるんですよね。でも、面白く感じて貰えて嬉しいです。 過去作にも触れていただきありがとうございます。嫌な感じじゃなくてよかったです。 ありがとうございました! (カビサビ)

2021-06-06

読んでくださりありがとうございます!構成を楽しんで貰えて嬉しいです。 投票ありがとうございます! (出世したい来世)

2021-06-03

ありがとうございます。仕掛けに関しては書いた本人が迷いながらだったので、やはりと言ったところ。 (カビサビ)

2021-05-29

マッサンオッサンの詩がよみたくなりますね。 いい味ですか。よかったです! ありがとうございます。 (カビサビ)

2021-05-23

読ませていただきました。 意味は掴めなかったのですが、語感がよくて、声に出すと楽しかったです。 (新しいテキスト ドキュメント.txt)

2021-05-22

無念! (カビサビ)

2021-05-20

ざらざら感! ありがとうございます。 (カビサビ)

2021-05-20

読んでくださりありがとうございます! そうですね。転生したかったり、過去への回帰であったり、どっちにしろ一生訪れないものです。良詩願望は少なからずあると思います。 (出世したい来世)

2021-05-11

読んでくださりありがとうございます! めっちゃ病んでた時期に書いたので、暗い内容になってしまいました。透き通った心と言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございました! (出世したい来世)

2021-05-10

読んでくださりありがとうございます! そうですよ、名前の由来は「いりますか?」から来てます。 町田康は好きなので影響は受けてるとは思います。しゅかに説法使わせてもらいます笑 ありがとうございました! (出世したい来世)

2021-05-09

コメントありがとうございます! 先生のところの描写は実際遠くから眺めるような気持ちで書いてたので醒めた感じになったのかもしれません。ありがとうございました! (出世したい来世)

2021-05-05

読んでいただきありがとうございます! 内容が重いので、重く感じさせないようには意識しました。その点が上手くいっていたようでよかったです。読み返す魅力ってめっちゃ嬉しいです。 ありがとうございました! (出世したい来世)

2021-05-04

読んでいただきありがとうございます。もちろん、関係はありません。 (出世したい来世)

2021-05-03

読んでいただきありがとうございます! 発想を褒めてもらえて嬉しいです!ありがとうございました (出世したい来世)

2021-05-02

読ませていただきました。勢いがあって、スピード感がありますね。そのスピード感がちょうど良くて何度も読み返しました。 正直読み取れてないところもあるので、コメントするか迷ったのですが、 火が繰り返し使われていて、人類の進化だったり 海だよ海だよとか 母さんもうすぐ帰るからって部分に生命の誕生とか、ああ、そう言えば地球だって宇宙の一部だよなぁなんて思いました。 拙いコメントですみません。 (寒空にUFO)

2021-04-12

読んでいただきありがとうございます! そうですね。昔は仲間もたくさんいて、それなりにできる人だったかもしれない……。 打ち返せないけど、続けるってのは生きる活力があってのことだと思います。 ありがとうございました! (壁打ち)

2021-04-07

本音と建前や陰口の話から「日本」が嫌いという言葉に繋がるアンバランスさがある種ブラックユーモアっぽく感じました。 (日本)

2021-04-07

読んでいただきありがとうございます! 個人的「打ち返せないのに」ってとこに力込めたのでそこに触れてもらえるってよかったです! ありがとうございました! (壁打ち)

2021-04-06

読んでいただきありがとうございます! なんか気になったり、残念なのに繰り返し読んでもらえるって嬉しいです! タイトルもいいって言ってもらえてよかったです! ありがとうございました! (壁打ち)

2021-04-06

読んでいただきありがとうございます! そうですね。さびしい感じはあるかもしれません。どこにでもありそうな風景を描いてるので、いろんな受け取り方ができると思います。いい感じって言ってもらえて嬉しいです! ありがとうございました! (壁打ち)

2021-04-06

読んでいただきありがとうございます! 情景描写を褒めてもらえて嬉しいです! 心地よいって言ってくださりありがとうございます! (壁打ち)

2021-04-03

読んでいただきありがとうございます! 素敵って言ってもらえて嬉しいです! ありがとうございました (壁打ち)

2021-04-03

読んでいただきありがとうございます! 何気ない景色が何気なくあるってありがたいことかもしれませんね。 ありがとうございました (壁打ち)

2021-04-03

まさかの目撃情報笑 (壁打ち)

2021-04-03

「はじめましてが伝えられたら」という最後の言葉でハッとさせられました。恋愛を思い浮かべる詩ですが、「はじめましてが伝えられたら」という感情はわりといろんな場面で遭遇する気がしました。 (はじめまして)

2021-04-01

読んでいただきありがとうございます。 なんとかしたいもんです。 (いじめはよくない)

2021-04-01

読ませていただきました。 内容に対して長さを感じてしまいました。 テーマ自体は詩にできると思うのですが、詩として読むと語りが多く、詩情を感じられなかった印象です。 (ルート19号の幻想)

2021-03-30

読んでいただきありがとうございます!いつも丁寧に読んでもらえて嬉しいです。 そうですね。ガンバッテネって声が声としてというより、言葉として記憶に残ったからできた作品です。 ありがとうございます! (ガンバッテネ)

2021-03-07

風がふいてる感じが伝わってきました。 (11月、朝)

2021-03-05

読ませていただきました。読んで元気になる作品でよかったです。 (春夏秋冬)

2021-03-02

読んでいただきありがとうございます! 共感してもらえてよかったです。 (ガンバッテネ)

2021-03-02

読んでいただきありがとうございます。カタコトすぎて最初はなんて言ってるのか分かりませんでした。 (ガンバッテネ)

2021-03-02

読んでいただきありがとうございます! ガンバッテネって言われるとちょっ切なかったです。 (ガンバッテネ)

2021-03-02

読んでいただきありがとうございます! そうですね。かなりマイナスイメージというか、マイナスな心情で書いたので、それがそのまま表れている気がします。 (カタレプシー)

2021-02-12

読んでいただきありがとうございます!絵が浮かぶといってもらえて嬉しいです!言葉以上のものを表現できていたようでよかったです!ありがとうございました。 (カタレプシー)

2021-02-09

読んでいただきありがとうございます!意識して書いた買わなかったところに注目してもらえてうれしいです。 うあ、そんなこと言われてしまうと詩集出したくなります! ありがとうございます! (カタレプシー)

2021-02-07

読んでいただきありがとうございます。伝えたいことというと正直あまりなかったのですが、私自身障害をもっていて、うまく自己表現ができない面があり、それがそのまま詩になった感じです。すみません、答えになってなくて (カタレプシー)

2021-02-03

読んでいただきありがとうございます。ものすごく個人的な心情の詩だったので、少し伝わった感じがあってよかったです。 (カタレプシー)

2021-02-03

読んでいただきありがとうございます! 雰囲気が夏なんですね。確かに意識的に梅雨という言葉を入れました。 幻想的になっててよかったです。ありがとうございます! (冬の雨)

2021-02-03

時間の流れをどこか遠くから眺めているように感じました。「明日がまだ、追いついてこない」というフレーズが不思議な響きで何度も読みたくなりました。 (明日)

2021-02-02

読んでいただきありがとうございます! バランスとれてたみたいでよかったです。 ありがとうございます! (冬の雨)

2021-02-02

よんでいただきありがとうございます! 心地よく感じてももらえて嬉しいです! (冬の雨)

2021-02-02

読んでいただきありがとうございます! 全くもってその通りです。詩を目指せば目指すほどに遠ざかる しかし、どうしても手を伸ばしてしまいます。 (排泄の歌)

2021-01-17

読んでいただきありがとうございます! 兄と兄の友達は当時どう思ったのかは気になるところです。 兄への憧憬はあったかもしれません。 (アマガエル事件簿)

2021-01-11

読んでいただきありがとうございます! 時間が経つにつれて曖昧になっていく記憶を描きたかったので、とても嬉しいコメントです。 (アマガエル事件簿)

2021-01-07

読んでいただきありがとうございます! 考えてることそのまま書いた感じです。 (アマガエル事件簿)

2021-01-07

読んでいただきありがとうございます! 幼い頃の忘れられない記憶ってありますよね。大人になってなから加筆修正されてより鮮明になったりまします。 (アマガエル事件簿)

2021-01-04

読んでいただきありがとうございます。 高校の世界史の授業でもやらなかったので、受験用の知識だったと思います。 (ピュー、パガン、タウングー、コンバウン)

2021-01-03

読んでいただきありがとうございます! 音は意識したところはあるので着目してもらえて嬉しいです。 ありがとうございました (ピュー、パガン、タウングー、コンバウン)

2021-01-03

読んでいただきありがとうございます! たしかに無意味という言葉がすでに意味をもつので無意味になってないですね。無意味、難しいです。 ご指摘ありがとうございます! (ピュー、パガン、タウングー、コンバウン)

2020-12-25

読んでいただきありがとうございます! 引力ですか、なんだか嬉しいです。 詩って意味じゃないよなぁなんて思いながら書いたのでとても無意味な作品なんです。 ありがとうございました! (ピュー、パガン、タウングー、コンバウン)

2020-12-24

読んでいただきありがとうございます! どうでもいい知識だったり、経験のほうがかえって記憶に残ることがありますね。人生の小休憩ってなんだかいい響きです。ありがとうございました! (ピュー、パガン、タウングー、コンバウン)

2020-12-24

読んでいただきありがとうございます! 夢にまで出てこなくていいのにあの時のあれ!は夢にまででますね^^; (バグ)

2020-12-12

読んでいただきありがとうございます! 懐かしさを感じてもらえてよかったです! (バグ)

2020-12-08

読んでいただきありがとうございます! 言われてみれば卒業式っぽいですね。 あの時のあれ!にはうあぁ!ぐえーってなりますよね笑 (バグ)

2020-12-08

読んでいただきありがとうございます。(全員)のとこに力込めたので伝わったようでよかったです。 ありがとうございました。 (バグ)

2020-12-07

大人になるとどうしても愛想笑いや営業スマイルだったり、本当の笑顔が分からなくなることありますね。ぼくにもそんな仮面をつけている気がします。 (仮面)

2020-12-07

読んでいただきありがとうございます! 何も無いのとは違う空に宿るものを感じてもらえてよかったです。 ありがとうございました! (竹林にて)

2020-11-28

読んでいただきありがとうございます! 色を感じてもらえてよかったです! ありがとうございました! (竹林にて)

2020-11-28

読んでいただきありがとうございます! 竹林が地下で繋がっててそれも中は空洞が連なってる不思議な植物ですよね。 竹の生命力のようなものを感じてもらえたらと思って書いたとこはあります。 ありがとうございました! (竹林にて)

2020-11-28

読んでいただきありがとうございます! 生命を感じるなにかを表現したかった面はあるので嬉しいです! (竹林にて)

2020-11-23

読んでいただきありがとうございます! 竹の死と語り手の関係についてですが、なかったですね。なかったというか表現しきれなかったというべきか。 今にして思えば深堀できた箇所に思います。 死んだ空洞の呆気なさと語り手の中にある虚しさみたいなものを繋げたかったところはあります。 今後の参考になります! (竹林にて)

2020-11-23

読ませていただきました!不思議な作品でした。 どこか俯瞰してるようなただ自分が暴走するさまをあくまで冷静に見つめる自分がいるような感覚になりました。 (潮風)

2020-11-23

読んでいただきありがとうございます! ユーモアを感じてもらえて嬉しいです。ありがとうございました! (竹林にて)

2020-11-23

読んでいただきありがとうございます! 竹の生命力を感じてもらえて嬉しいです! (竹林にて)

2020-11-07

批評文ありがとうございます! 言語化されないというか言語化出来ない感情を描きたかったので、言葉の外にあるものに注目してもらえて嬉しいです! ありがとうございました! (びりびりと聴こえるきしみ)

2020-10-19

言葉の響から来るイメージと言葉の意味にギャップを感じたり、言葉の意味との関連性を感じたり その中でも挨拶が与えるイメージって言葉だけでなくその人の人となりにまで影響を与えると感じました。 ちなみにぼくはとっさにごめんなさいを選んでしまいました。 ところでこの詩の泣いてしまったのは誰なのだろうか。聞き手なのか、女の子なのか、はたまた読み手?と考えたところで答えは読み手が決めてもいいのではないかと思いました。 イメージを膨らませて何度も読み返したくなる作品でした。 (印象は)

2020-10-16

読んでいただきありがとうございます! 批評文の方もじっくり読ませていただきます! 面白さを感じてもらえて嬉しいです。 ありがとうございました。 (伝記びりびり)

2020-10-14

読んでいただきありがとうございます! 二人の関係性について深く読み取ってもらえて嬉しいです。 第三者の視点もこだわったとこなので触れてもらえてよかったです。 ありがとうございます! (つまらないと思います)

2020-10-08

短い言葉の中に14年という月日がずっしりとのしかかる作品ですね。 (初恋)

2020-10-07

読んでいただきありがとうございます! ちょっとした小話みたいな作品ですが楽しんでもらえたようで嬉しいです。 ありがとうございます。 (つまらないと思います)

2020-10-07