日本 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

日本    

私はこの国が嫌いだ なぜなら本音と建前の差がとてもある気がするから 同級生や会社の同僚言葉に気をつければ 結構言い合えるはずなんだけど 本人には言わずに陰口として言うもんだから 関係がこじれる それとも陰口たたいて嫌いな人の関係悪化を楽しんでいるのか っていかん妄想が暴走した だけど日本は日本式のコミュニケーションを 学んでいないと生きるのが辛い だから私はこの国が嫌いだ


作成日時 2021-04-03
コメント日時 2021-04-11
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

日本 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 26
P V 数 : 1131.1
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 139
#現代詩
項目全期間(2021/04/18現在)投稿後10日間
叙情性105105
前衛性55
可読性1010
エンタメ22
技巧11
音韻11
構成1515
総合ポイント139139
 平均値  中央値 
叙情性105105
前衛性55
可読性1010
 エンタメ22
技巧11
音韻11
構成1515
総合139139
閲覧指数:1131.1
2021/04/18 00時40分25秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

日本 コメントセクション

コメント数(26)
べんもう
べんもう
作品へ
(2021-04-03)

福まるさんの主張、思いがストレートに表現されていると思います。 ところで、作品のテーマに則って失礼を承知で言いますね。 私はこの作品は詩というより作文のように感じました。

3
雨野小夜美
雨野小夜美
作品へ
(2021-04-03)

福まるさん、これは上の方のおっしゃるように、作文ですよ(笑) ただ、本音と建前の差とか、陰口好きな日本人、日本式のコミュニケーションの難しさにはとても共感します。 日本の社会は、正直私にも生き辛いです。

1
雨野小夜美
雨野小夜美
作品へ
(2021-04-03)

追記 すみません、上のコメントは余計でした。こういう素朴な詩なんですね。 何故か上から目線なコメントをしてしまい、申し訳ない気持ちでいます。 もし良ければまたコメントを交換しましょう。

0
作品へ
(2021-04-03)

人間関係が上手くいかないと生き辛いですよね。本音と建前は僕もよく分かりません。いや、待てよと今日までの自分を振り返ってみたのですが、建前が30%で本音が30%で、残りの40%は無心であると気づきました。自己弁護になってしまうのですが、100%本音で生きていたら破滅的な人生を歩むことになってしまいます。全人類が本音100%で生きる世界って想像しただけで身震いしませんか?100%で来られたらこっちも100%でお返ししなければなりませんし、共倒れになりそうです。陰口を叩かれるのは辛いことですが、陰口を叩かれない人っていないような気もします。イエス・キリストだって生きていた頃は、あんな風変わりの聖人、絶っっっ対に陰口を叩かれていたに違いないですよ。(それどころか群衆に嬲られていますし。)陰口の無い世界ならあつ森の中にあります。あつ森を始めてホッコリしましょう。

1
福まる
福まる
べんもうさんへ
(2021-04-03)

作文の様に感じたということは正直私の力不足だと実感しました。でもこれが今の私の想いです。

1
福まる
福まる
雨野小夜美さんへ
(2021-04-03)

作文とのつっこみありがとうございます。べんもうさんにも申しましたが作文に見えるのは私の力不足です。

1
福まる
福まる
類さんへ
(2021-04-03)

無関心なことはよくあることだとおもいます私にとってはそうです。書き忘れてましたがべんもうさん、雨野さん、類さんコメントありがとうございます。

2
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2021-04-03)

本音と建前にどのようにどういうときに、差があると感じたのか。陰口の話しも一般論でしかなく、この語り手が体験した実感は伝わってこない。日本式のコミュニケーションがそれらを指しているとしても、あ、そう、で終わってしまう。なんのために作文をわざわざ改行して書かれているのかもわかりません。この国が嫌いだという、私、のつぶやきでしかなく、頭から始まりまでなにも引っかからない。嫌いなら嫌いでもっと掘り下げようがあるのではないかと思います。

2
neue Ära records
作品へ
(2021-04-03)

こんにちは。この作品が発してる違和感って語られてる内容の浅はかさだとおもうんですよ。で、これを小学生の方が書かれている、あるいは小学生の方が書いてるっぽい修辞があれば少しは気を惹くものだったりするんですけど、物事を複眼視してる気配もなく、ある意味で狂気を感じたりします。キレてしまって無差別殺人とかする人の文にみえる。 正気を保つって自分のこり固まってしまったいら立ちやらをとりあえず置いておこうかってなれることで、悪人が上手に世の中生きてるのみてたら腹立ってきたわってのは、、小学生の感情であれば正しいんだけど大人がそういう感情出しているのに出くわしたら、気持ち悪く感じるんですよね。 で、気持ち悪く感じる私がダメじゃんってなって、そういう怪しい人には関わらないようにする。これが大人であり賢明さだと思うんです。で、長々と前置き長くなりましたが、この作品の一番の謎は、その長々と前置きしたようなこと、これをわかった上で書いていらっしゃる確信犯なのか、それとも、ガチで書いてるんですよっと。そのどちら何ですか?って福まるさんに訊ねてみたくなってコメントしました。どうでしょう?念のために申し上げれば、五十過ぎの普通に会社員としてやってきてますので、こんなコメントをすればもしかしたら不快な気持ちにさせてしまうかもしれないというリスクは承知の上で書いています。マナーって、面白い場であることとつまらない場になるかの双刃なところってありますよね。私は面白い場に賭けました。福まるさんのレス期待してお待ちしてます。

0
福まる
福まる
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2021-04-03)

コメントありがとうございます。「この国が嫌いだ」は正確には「この国のこういう所が嫌いだ」です。前者のほうがインパクトがありそうだったので直さずに出しました。「ひっかからない」でもコメントくれましたね。ありがとうございます。

0
福まる
福まる
neue Ära recordsさんへ
(2021-04-03)

コメントありがとうございます。「内容の浅はかさ」そう仰られると「俺ってレベル低いんだな」って反省するしかないんですが後悔はしていません。私も三十後半の成人なので最低限の理性は持っているつもりです。この詩は心の内を吐露したものだと思って頂けたらと思います。

0
neue Ära records
福まるさんへ
(2021-04-03)

返信ありがとうございます。心の内のこと理解しました。なんか、私、悪人みたいで大変失礼しました。福まるさん、これからもどうぞよろしくです。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-04-04)

人間て、徹底的に付き合うと、ずいぶんと楽な関係になれるような気が、ぼくはしています。

1
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-04-04)

シンプルに あなたは誰からも影響を受けられない 永遠に変われないって思いました。 もし今の自分にコンプレックスがあるなら もうそのままでしょうね。 陰口ごときでこの国が嫌いですか… 外国に行けば? 陰口ごときで嫌気差すなら 外国に居場所があるか疑問ですが。

0
福まる
福まる
田中宏輔さんへ
(2021-04-04)

コメントありがとうございます。徹底的に付き合える人を見つけることができれば素晴らしいと思います。そういう人のことを親友と呼ぶんでしょうね。

0
福まる
福まる
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2021-04-04)

コメントありがとうございます。誰からも影響を受けない、変われない人っていないと思います、むしろ毎日人って変わって成長していると思います。私がなぜ「この国が嫌い」だというとあくまで私の意見ですが日本人って心を許さないと本音をださないんですよね。それをださずに溜め込むもんだからどんどん悪い方向にいってしまう。この人とは長い付き合いになりそうだなとおもったら一度自分の思いを吐露してみてもいいとおもいます。あと日本でも海外でも同じだと思いますが初めは居場所なんてありません。居場所は自分で作るものです。そのために勉強するんです。

0
白萩アキラ
作品へ
(2021-04-04)

本作のタイトルがもし、『日本』ではなく内省的なものだったら、ある種の皮肉なのかなとも捉えることができたと思うんですよね。 というのも、多分この書き手はどの国に行っても、その行った先の国を嫌いになってしまうだろうなと、私は感じたからです。 おそらく世界中で人間が陰口を言わない国なんて存在しないでしょうし。 日本式のコミュニケーションと言ったって、例えばアメリカにはアメリカ式のコミュケーションがある訳で、それに染まらないと生きづらいことにも変わりはないわけで。 何故このテーマとこの密度で、『日本』という大きなものタイトルに選んだのだろう?と純粋に疑問に思ってしまいました。

1
福まる
福まる
白萩アキラさんへ
(2021-04-04)

コメントありがとうございます。あくまでイメージですが海外の国はもっと表に出して意見を言うというのがあります。日本人も言える人は言えるのでしょうが思いとしては「その陰口きこえてるぞだったら俺の目の前でいえよ」と言いたいんです。

1
月隠緯檻
月隠緯檻
作品へ
(2021-04-04)

陰口になってない悪口を言う人もいますね。 どうせ言うなら、本人の前で言えばいいのに。 コソコソ言う必要性が感じられません。 そもそも、嫌な事があるなら本人に伝えた方が、不愉快さは軽減されて行くと思います。 まあ、直すか直さないかは本人次第ではありますが。 それでも陰で言われてるよりは、堂々と言われた方がたとえ自分の悪口であったとしても嬉しいですね。不謹慎かもしれませんが。

0
福まる
福まる
月隠緯檻さんへ
(2021-04-04)

コメントありがとうございます。私は面と向かっても陰でも悪口を言われることが多かったのですが考えると言ってくれるだけ有り難かったと今では思います。本当に嫌われたら多分無視されるので

0
湯煙
福まるさんへ
(2021-04-06)

この国が嫌いだと明確に言い切った語りが作品を支えているように思いました。タイトルにも愛が込められているかと思います。良い面もあることを認めつつ、やりにくさや生きづらさを思う本心について指摘がなされているところもまた説得力があるかと。

1
福まる
福まる
湯煙さんへ
(2021-04-07)

コメントありがとうございます。本当は「この国が嫌いだ」の後に「この国が好きだ」もあるにはあるんですが、それ書くとせっかくの「嫌い」が薄れるきがしたので今回はいれませんでした。

0
入間しゅか
入間しゅか
作品へ
(2021-04-07)

本音と建前や陰口の話から「日本」が嫌いという言葉に繋がるアンバランスさがある種ブラックユーモアっぽく感じました。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-04-07)

コメントありがとうございます。正確には「日本の嫌いな部分」なのですがなぜ短絡的に「この国が嫌いだ」と書いたかというとそのほうが「こいつやばい」と関心を持ってもらえるかなインパクトあるかなという単純な理由です。私自身は基本的には日本が大好きな中年のおじさんです。

1
羽田恭
作品へ
(2021-04-11)

アドラーでしたか。やりたいことをやる為に適当な理由をつけているに過ぎないと言ったのは。 本音も建前もおなじかもしれません。 では返詩を。 本音も 建前さえも 世間虚仮 語るべき 唯仏是真 声を上げ (世間虚仮 唯仏是真 これは聖徳太子が関わった経典の言葉です)

0
福まる
福まる
羽田恭さんへ
(2021-04-11)

コメントありがとうございます。返詩もありがとうございます。私がこの詩を書いたのは幼い頃良くいじめられていて、理由があった分まだ良かったのですが、大人になるにつれ直接言わずに陰で文句を言う陰口に悩まされました。なので、ストレス発散もあってああいう詩になりました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1