夜空のかたち - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夜空のかたち    

夜空は とじている ちいさく、まるく 月のかたちを うたがうように たしかなものは あのポラリスのさみしさか (あるいは 灯台か)  さざ波のあわいから  のびている  へその緒がある 波うちぎわで しろく、ほそく 燃えている わたしは 彗星のかけらだった もう 触れるべきものも 欠けてしまった指先で 星座のかたちをなぞっていく なにもたしかなものはない ウミガラスはいつ鳴いただろう

scroll


作成日時 2021-11-13
コメント日時 2021-12-01
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

夜空のかたち ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 34
P V 数 : 2084.5
お気に入り数: 4
投票数   : 13
ポイント数 : 5
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧11
音韻11
構成00
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻0.50.5
構成00
総合2.52.5
閲覧指数:2084.5
2021/12/02 10時02分44秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

夜空のかたち コメントセクション

コメント数(34)
ほば
作品へ
(2021-11-14)

内容もだけど、ひとめで形がいいと思った。たしかなものはない、事を書いていながらこの詩はたしかにある。

1
筆者
ほばさんへ
(2021-11-14)

ほば さん。ありがとうございます。たしかなもの、あるといいなぁと思って書きました。

0
ねねむ
作品へ
(2021-11-14)

素敵な作品ありがとうございます

1
筆者
ねねむさんへ
(2021-11-14)

ねねむ さん。コメントありがとうございます。

0
ryinx
作品へ
(2021-11-15)

初見で、とてもよい作品だと感じました。たしかなもの(あるいは不確かなもの)を、たしかめるような筆致だと感じたのか。明確な理由はまだわかりません。

1
筆者
ryinxさんへ
(2021-11-15)

ryinx さん。たしかめるような筆致、と少しでも感じてもらえたらならば嬉しいです。コメントありがとうございました。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-11-15)

失意とそれでも美貌のある自然という世界と、その呼応、感興する存在の地に足の着いた感じ、高揚や高らかな悦びを追いたければ、何をガソリンに着火すればいいのか、そんなことをぼんやり考えました。へその緒など、例えがお上手ですね。

1
筆者
湖湖さんへ
(2021-11-15)

湖湖 さん。息遣い、というものを意識して書きました。わたしなら昔の写真を着火します。コメントありがとうございました。

1
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-11-21)

リズムと形が綺麗だなと思いました。 ひとめぼれです。

2
筆者
井上橙子さんへ
(2021-11-21)

井上橙子 さん。リズムや形、というのはかなり意識して書いたつもりなので、そうおっしゃっていただいて嬉しいです。コメントありがとうございました。

0
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-11-23)

生まれたての彗星のかけらは何のかたちに科学変化していくのか楽しみです。どんなかたちでも宇宙はただあるのでしょう。

1
筆者
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子さんへ
(2021-11-23)

久遠恭子 さん。宇宙はあるがまま、あると思います。彗星はやがて燃え尽きて花になるかもしれません。コメントありがとうございました。

1
千休利
千休利
作品へ
(2021-11-23)

月、は自分の世界を疑う心の狂気的であることの象徴なのでしょうか。たしかなもの、という普通ならば信じていることを探しているという悲しさがあります。ウミガラスの箇所の飛躍が良いと思いました。

1
筆者
千休利さんへ
(2021-11-23)

千休利 さん。たしかにたしかだと思われるものからたしかなものを探すことは狂気とよべるかもしれません。コメントありがとうございました。

0
入間しゅか
入間しゅか
作品へ
(2021-11-24)

読ませていただきました。 素敵な作品でした。「なにもたしかなものはない」のですが、きれいな星のまたたく夜空が浮かびました。

1
筆者
入間しゅかさんへ
(2021-11-24)

入間しゅか さん。たしかなもの、それは抽象でも写実でもない空にしかないのかもしれません。コメントありがとうございました。

1
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
作品へ
(2021-11-26)

素敵な作品だとおもいます!

0
筆者
尾崎ちょこれーとさんへ
(2021-11-26)

尾崎ちょこれーと さん。素敵だと言っていただいて嬉しいです。コメントありがとうございました。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-11-27)

>夜空は とじている >ちいさく、まるく からのうずくまったような印象から「月」へのつながり、 >たしかなものは >あのポラリスのさみしさか >(あるいは 灯台か) からの広大な暗さのなかでの光の小ささと「か」によって示される疑い探す目、その心細さ、それは、 >のびている >へその緒がある へ繋がり、 >しろく、ほそく 燃えている へ受け継がれていく。この絶え絶えとした印象は、わたし(=彗星のかけら)のいまにも燃え尽きそうな様子を連想させる。 そして、「かけら」からの繋がりとしての「欠けてしまった指先」でたどられる途切れ途切れの星のあいだという頼りなさ、あてどなさ。 さまざまなものをたしかめながら、 >なにもたしかなものはない ことを最後にたしかめたのだろうか。 >ウミガラスはいつ鳴いただろう と、その記憶も薄れていくなかで。 天の北極とされるポラリス、北にすむウミガラスの対応のみならず、作品の言葉のさまざまな部分が無駄なく関係づけられていて、全体からは言葉にし難く体に沁みてくるものがある。ポエジーと呼ぶとすればそれに相応しい。 冷たく暗い死の淵からの絶望の声が聞えてくるようでもあるが、同時に温かみを感じる。それは、こぐま座の神話に拠るとすれば、 >さざ波のあわいから >のびている >へその緒がある と、 >星座のかたちをなぞっていく にあるのかもしれない。静かに味わっていたい非常に素晴らしい作品です。

1
筆者
作品へ
(2021-11-27)

藤 一紀 さん。精緻な読み、本当に嬉しいです。なんだか、自分の書き方を丸裸にされたようです(悪い意味ではありません)。たしかなではないもの、そういうものを辿っていくことがもしかした詩を書くということなのかもしれないな、と思いました。コメントありがとうございました。

2
yamabito
作品へ
(2021-11-28)

 極力、詩句を省き、厳選したもので構成されている気がします。タイトルにも神経が行き届き、細部にまで血液が循環しているようです。とても素晴らしい作品ですね。嫉妬しました。一票。

3
まさ
まさ
作品へ
(2021-11-28)

>なにもたしかなものはない この一文がすべてと思いました。 「なにもたしかなものはない」ということを、 表現されたすばらしさがそこにありました。 「なにもたしかなものはない」が故に、 わたしたちは不安であり、他者とつながりを求め、 なにかを発見したり、それを表現しようとするのかもしれません。

3
貝
作品へ
(2021-11-28)

文字のリズムが好みです!

1
筆者
yamabitoさんへ
(2021-11-28)

yamabito さん。なるべく平易な言葉で構成する、ということは意識したつもりでした。嫉妬、と書いていただいて嬉しいです。ただ、作品とは離れますがyamabitoさんの藤の花の掴みの強さ、わたしも嫉妬しました。コメントありがとうございました。

0
筆者
まささんへ
(2021-11-28)

まさ さん。すばらしさがある、と言っていただいて嬉しいです。わたしはきっと、「なにもたしかなものはない」からこそ言葉で曖昧な輪郭を辿り詩を書いているのだと思いました。

1
筆者
貝さんへ
(2021-11-28)

貝 さん。文字のリズムが好みといっていただいて嬉しいです。コメントありがとうございました。

0
沙一
作品へ
(2021-11-28)

常識的には「ひろがっている」はずの夜空を「とじている」と言ってしまう大胆さに、一行目から心を掴まれます。夜空は空間であるから「かたち」なんてないはずなのに、「月のかたちを うたがうように」と、かたちあるもの=月を相対化することで、夜空のかたちという観念について説得力をもたせているように思えました。 かたちのあるポラリスや灯台といった個で光っているものと、さみしさというかたちのない孤独感をつなげる手つきも鮮やか。そしてそうした感情だけがたしかなものかもしれない、という発見もあります。 星座のかたちはそれ自体で存在しているというよりは、認識がつくりあげているもので、星座をなぞることでかたちを得ようとする(もちろん星座は触れられないものではあるのですけど)、かたちあるものへの希求は、不安定ではない安心感を求める気持ち、あるいは祈りにも似ているのかもしれません。 と、いろいろ読み解きましたけど、文体の流麗さも魅力ですね。

2
ぼぬん
作品へ
(2021-11-28)

なんか真っ暗になっていく感じで怖い絵みたいに見える。すごく詩っぽいけどあまり書かれていない情景でもあると思う。

1
筆者
沙一さんへ
(2021-11-29)

沙一 さん。自分が意識した対比や繋がり、というものが伝わっているのかもしれない、という喜びがあります。コメントありがとうございました。

0
筆者
作品へ
(2021-11-29)

ぼぬん さん。あまり書かれていない情景、というのはまさにその通りでして、情景というまとまったものではなくイメージが伝われば良いかな? と思っていたという自己擁護をさせていただきます。しかしそれでは伝わらないことも多いわけで反省もしております。コメントありがとうございました。

0
stereotype2085
作品へ
(2021-11-30)

まず冒頭が良いですね。夜空がちいさくまるく閉じている、という発想がなかなかない。これが月であれば閉経あるいは陰鬱な気持ちを想起させあり得なくもないのですが。夜空が閉じていると描くことで筆者様の厭世観あるいは孤立が炙り出されているようです。ポラリスという単語は僕の世代では、とあるドラマのせいで詩的語句として使い古されている感があるのですが、そこもまずまずスルーしてクリアしていますね。そして何と言ってもラスト、鬨の声としてのウミガラスの鳴き声。それに気づかずに行き忘れた、置いてけぼりにされた筆者もしくは話者の心情が非常に良いです。このラストがなければ力強さに欠けた平明な詩になっていたかもしれません。その点を見事クリアしたということで1票!入れさせていただきます。

0
エイクピア
作品へ
(2021-12-01)

ウミガラスの鳴く頃。彗星の欠片。ポラリスの寂しさや灯台が硬質な抒情を放っていると思いました。

0
筆者
stereotype2085さんへ
(2021-12-01)

stereotype2085 さん。夜空がとじている、っていうフレーズは作者の貌としての世界観だったり、モチーフとしても成功きがしていたので嬉しいです。ラストのウミガラスは、飛躍の練習として入れたものですが(もちろんそれ以外の自分なりの必然性はありますが)、そこも上手くいっているようでなによりです。コメントありがとうございました。

0
筆者
エイクピアさんへ
(2021-12-01)

エイクピア さん。抒情を放っていると思っていただいて嬉しいです。コメントありがとうございました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2