ピーティクル・パーティクル - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ピーティクル・パーティクル    

べるるとるるべは まわりながら 唄をうたっている べるるるるるる るるるるるるべ 単車の荷台の女の子が からのバケツを三つも抱えたまま とおさんの背中に しがみついてる 顔にあたる潮風は 幽霊船の匂いがして みんな まだ いきている ピーチクルパーティクルは 光をまき散らすから 髪が草原になる  「空がピンクだよ。パーティだよ。」 はらっぱも うなばらも いっぱいのピンク とおさんに 大きな声で伝えようとするのだけど 風下の少女に聞こえている鳥の歌や潮騒のおしゃべりをしてみせるけど 「とうさんは きこえんぞー」 「貝掘り鬼ぃ!」と叫ぶと、それだけは 通じた。だって、海につくと からっぽだったバケツに 貝が みるみる集まるんだもの 明日の朝には 少女は 鬼子母神になって かわいいアサリたちを バケツいっぱい たいあげる http://golconda.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6173859#13306444 即興ゴルコンダ仮 参加作品です。ゴルに於いては、るるりらの筆名での投稿しました。


作成日時 2021-02-12
コメント日時 2021-02-21
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ピーティクル・パーティクル ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1130.7
お気に入り数: 3
投票数   : 4
ポイント数 : 6
#現代詩
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻11
構成00
総合ポイント66
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧00
音韻0.50.5
構成00
総合33
閲覧指数:1130.7
2021/02/25 05時11分08秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ピーティクル・パーティクル コメントセクション

コメント数(14)
AB
作品へ
(2021-02-13)

ずるい、というかはまってしまった。 勝手に、賢治の「やまなし」の雰囲気がわいてくる。 なんだろ、明るいけど、ひたすらに寂しいも感じてしまう。 最後の言葉、そのままにしたんですね。

1
AB
作品へ
(2021-02-13)

あ、投票チェック忘れた

1
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-13)

パーティ楽しそうですね。ひょっとして潮干狩りでしょうか?生活風景が想像できて良い詩でとおもいます

1
真清水るる
ABさんへ
(2021-02-15)

やまなし だと いっていただいて 嬉しいです。 そういえば、とても影響を受けていると思います。 それから たいあげる、は平らげる。に するべきでした。ゴルと同時に このサイトに投稿したので せっかく 間違いを指摘していただいたのに 訂正できませんでした。 もっと 謙虚にそして あせらず 行動できるようになります。これからも 応援をよろしくお願いします。

0
真清水るる
福まるさんへ
(2021-02-15)

正解です。これは、潮干狩りを描いてます。わかっていただけて 嬉しいです。良い詩といっていただくと 次回も なんか書ける気がしてきました。ありがとうございます。

0
沙一
作品へ
(2021-02-15)

幽霊船の匂いに、とても惹かれました。どんな匂いだろう。潮風に、幽霊船という死を思わせる匂いを嗅ぎながらも、浜辺でアサリという生きものを漁る。ときに生命を奪う危険もあるけど、たくさんの生命を育んでいる、海。生と死の揺籃を、無邪気に謳っている光景が印象的でした。

1
yasu.na
作品へ
(2021-02-15)

 私はパウル・クレーの『造形ノート』という書物を持っているのだが、るるりらさんの作品を読むと、いつからかこの書物のことを思い出すようになっています。「造形」ということ。これがるるりらさんの作品の特徴だと思っています。  私はたいそうなことを言ってしまうが、自己の感覚を思い切り信頼し、それと物事との軋轢を書く、問題提起型、社会詩に近いものを書くけれども、るるりらさんの作品は違う。  もちろん造形は何らかの動機から為されるのだろうけれど、その臭さがないんですよね。 >顔にあたる潮風は >幽霊船の匂いがして みんな まだ いきている  こういうところは造形型であろうと問題提起型であろうと、すぐれた詩句だと思います。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-02-17)

かわいいとかなしいが混ざり合って、明るくて切ない。エモいです。

1
真清水るる
沙一さんへ
(2021-02-18)

幽霊船の匂いの箇所は、私自身が この作品の中でもっとも好きな箇所です。この箇所以外は ところてんしきに出てきたのですが、幽霊船の匂いをおもいついたときは 詩に心臓が生まれた感じがしました。この箇所のことを、生と死の揺籃といっていただいたことで 私にとってこの詩でのやりとりが得難い宝物になりました。ありがとうございます。

1
真清水るる
yasu.naさんへ
(2021-02-18)

ほんとうに、ありがとうございます。というのは、るるりらさん(真清水本人)という書き手の書く詩が わからなくなってきていたのです。ごく最近に 現代詩フォーラムの私信にて、「ほんとうに、るるりらさんですか?」というご質問を受けました。多くの作品を担保に るるりらを名乗っている場所が現フオです。そこの私信欄に於いて その質問を受けることは、私にとって 結構な とまどいでした。しかし 考えてみたら、るるりらさんの作品の傾向を わたし自身は 客観視した経験が無いのです。どうしたらよいものか、分からないまま とりあえず新作を書いてみたのが 本作品なのです。 「パウル・クレーのいうところの「造形」が、るるりらである。」←そうなのですか?これは、私自身が 私の作品を知るうえで とても大きなヒントになりそうです。 パウル・クレーといえば、私の尊敬するとある詩人の方か ハンドルを示す画像に使っておられたことがあります。パウル・クレーについて 私は不勉強なのですが それでも なんの前置きもなく画像を見た時に、それがクレーであると直感できた自分が 妙に 嬉しかったです。 今回、ざっと 検索にひっかかるだけのパウル・クレー作品を見てみたのですが、私にクレーに対して親和性があるのは 子どもの頃に クレーの絵の真似をして遊んでいたことがあるのを思い出しました。適当な線を書いて 生じた形に色を塗っていだけなのですが、幼い頃の私は その落書きを「げいじゅつだ。」と、ご満悦だったのです。祖父が日本画を描くことを趣味としていたこともあり 線と色で現すことに対する憧れもありました。つまり、こどものころの私は クレーと お友達でした。  実は私も「物事との軋轢を書く、問題提起型、社会詩に近いものを書」いているつもりのこともあるのですよ。けれど、よくよく考えてみると 私の詩作品の場合は 人間関係の軋轢を解決しようという意志のベクトルが無いかもしれません。軋轢を書くにしても、軋轢があるよね~(以上、おわり。)社会の醜い面を描こうとするとしても、醜いものを醜いままに書こうとしているだけということが 私の作品にはある気がします。 パウル・クレーの『造形ノート』という本は すこし入手が難しいようですが、もうすこしパウル・クレーについて勉強をしてみます。このたびは、貴重なご意見をありがとうございました。パウル・クレーののいう『造形』とは 何であるかについて すこし勉強をしてみます。

1
紅茶猫
作品へ
(2021-02-18)

「る」という文字を並べるとちょっと目がまわる感じがしますね。 まずここで視覚的な面白さ。 「とおさん」という物言いが風を孕んでいて、単車の起こす風と合わさって何とも心地よいですね。 でもそのうちにちょっとした異変のようなものを感じるのですが、風の皮膜の向こう側という気がしました。 「たいあげる」は言葉足らずな感じが、人なのか物の怪なのかよく分からないキャラに親しみを感じると言いますか、くすっとする良いポイントになっているような気がします。

0
紅茶猫
作品へ
(2021-02-18)

訂正です。 ×言葉足らず ○舌足らず

0
真清水るる
藤 一紀さんへ
(2021-02-21)

エモいと言っていただいて 嬉しいです。 感情を叫ぶみたいに 描きたかったから、そういう意味では 書けたのかもしれないですね。ありがとうございます。

0
真清水るる
紅茶猫さんへ
(2021-02-21)

「る」は、いつもより 多めに回してみました♪ 「たいあげる」は、うけを狙ったんじゃあなかったんですが、楽しんでいただけてよかったです。ありがとうございます。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1