雪割草 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

雪割草    

出かける前にお父さんに怒鳴り叱られた トイレの水が止まらなくて止まらなくて それが見つかって投げ飛ばされた 投げ飛ばされた箇所が何故かとても悪かったので 足先をくじいて引きづって一緒に車で通院した 雨が突然降ってきて気持ちも落ち込んだ 病院に着いたら看護師さんが 痛み止めの小さな注射と 病院用のバンソウコと包帯を足の指に巻いてくれた 爪が丸ごと剥がれて血が噴き出ていて誰かが 「このままだったら血と靴下が引っ付いちゃって  大変なことになっちゃう」と声を荒げてた 担当の小柄な看護師さんの前で 私は思い切って自分で親指の剥がれた爪を取り去って、 辛い顔をする私に「これはどうなんでしょう。痛そうね」と その看護師さんは急いで治療して消毒を施した 流れている赤い血も吸い取りながら、苦しげな私に最後にニコッとしてくれた 私は笑いも出来ずに「有難うございます。お世話になりました」と後ろを向いて出て行った 父は「まだ大丈夫か。その足どうだったんだ」 私が看護師室のことをおずおずと話したら「押して悪かったな」だけ云って 少しホッとしたようでニコッとして、返すように私も初めてニコッとした 外は雨が雪に変わり積もっていて駐車場から4WD車を病院玄関まで 父が持ってきた時、心の声で「有難う」と私は後ろ向きに微笑んで そのすぐ後自動ドアが閉まって私は車に飛び乗っていた #今年になってからの、養父とのことです。


作成日時 2021-03-02
コメント日時 2021-03-06

雪割草 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 762.3
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:762.3
2021/06/18 18時15分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

雪割草 コメントセクション

コメント数(10)
沙一
作品へ
(2021-03-02)

最後の註釈で作中の父が養父であったことが明かされるわけですが、前作の『パジャマを買いに』を読むと、実父はすでに他界しているようで、直接語られてはいないけど作品の裏側にある個人的な物語が透けてみえるかのようでした。註釈がなかったとしても叙情的な作品であることに変わりありませんが、父が養父であることを、註釈による説明なしに伝えるなんらかの工夫があればさらによかったであろうと思われます。 タイトルが本文にはまったく登場しない『雪割草』であることも、象徴性を伴った叙情を感じられてよかったです。

0
拓治
拓治
作品へ
(2021-03-03)

沙一様。 個人的な物語りが透けてみえるかのよう、抒情的な作品等、透明な見方で作品を考察して頂き有難うございます。 実父はもう一人居て困っていました。ご指摘有難う御座いました。

0
作品へ
(2021-03-03)

ニコッとしたことが、詩を書く動機になるほどのはにかみ屋さんだったのでしょう。ニコッと微笑むまでの経緯が割と強烈で、そちらのほうに引っ張られるのですが、ニコッと微笑んだことが、はにかみ屋さんにとっては相当に重大なことというのが伝わってきました。僕だったら、押し飛ばされた時点で苛立ってしまうのですが……しかも爪が剥がれそうになっているという……そんなことが精算されるほどの重大な出来事として「微笑み」が書かれていることに、ギャップを感じました。でもそれが雪割草らしくて可憐でした。

0
拓治
拓治
類さんへ
(2021-03-03)

おっしゃる通り、理路そうぜんとした私の詩へのご感想、誠に有難うございます。 ただ、私は実父を亡くして代わりにいらした父なので、元来、はみかみ屋が更にそうならざる得ないのですよ。それでも、それもギャップを感じながらも、「微笑み」と云う表現で捉えて頂き、嬉しい限りです。 「雪割草らしくて可憐でした」も嬉しいお褒めの言葉です。重ね重ねて、感謝申し上げます。

1
AB
作品へ
(2021-03-03)

タイトルに祈りがあって、本文を読み終えたあとに、またタイトルの意味を深く考えさせられます。 作者自身の思いと同じになることはできませんが、しみてきます。

0
ライ麦
ライ麦
作品へ
(2021-03-05)

暗くてありきたりで不愉快な詩ですね。言葉もありきたりです。

0
拓治
拓治
ライ麦さんへ
(2021-03-05)

確かにね,暗くてありきたりな実際の出来事を、ありきたりな言葉で、それらを出来るだけ抑えた詩的な表現で書きましたよ。 もう一つ、「不愉快な」では不愉快になるので、「不機嫌」とコメントしては如何でしょうか。

0
拓治
拓治
ABさんへ
(2021-03-05)

返信、遅れて申し訳ありません。お釈迦様に日々祈っているので、「タイトルに祈りがあって」と嬉しい言葉になって、返ってくるものなのですね。有難う御座います。 (そう云えば冷静に書けば、まるっきりそうなるものですね(クスッ))

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-03-05)

何でトイレの水が止まらなかったら投げ飛ばされるのか、すいませんが「養父」さんに怒りを感じました。私だったら絶対にニコっとできません。「私」のやるせなさを感じました。

0
拓治
拓治
福まるさんへ
(2021-03-06)

今、父は御高齢な為に、世間と家計の板挟みの目に合っているのです。やるせなさまで感じさせてしまい、申し訳ありません。ご理解の程よろしく(ペコリ)。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1