雪の子 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

雪の子    

日陰に隠れていた 雪の子が見つかり 陽の下に散らされ きらきらきらきら、と 子どもたちや猫たちの 軽やかな足音と踊って あの空に昇っていくよ だれもが春めくなかで ひそやかにひそやかに 春とすれ違いに 小さな雪の子は 冬を閉じていく

scroll


作成日時 2021-02-27
コメント日時 2021-03-13

雪の子 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 1151.3
お気に入り数: 2
投票数   : 1
ポイント数 : 23
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性88
前衛性00
可読性77
エンタメ00
技巧44
音韻00
構成44
総合ポイント2323
 平均値  中央値 
叙情性1.61
前衛性00
可読性1.41
 エンタメ00
技巧0.80
音韻00
構成0.80
総合4.62
閲覧指数:1151.3
2021/06/18 17時50分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

雪の子 コメントセクション

コメント数(18)
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-27)

季節の変わり目にぴったりの詩ですね。冬の終わりは春の始まり「雪の子」が果たしてくれる役割に感謝しています。

0
ライ麦
ライ麦
作品へ
(2021-02-27)

心地よい優れた表現がある詩で、息をのみました。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-02-27)

冬の終わり、または春のはじまりの 素敵なファンタジーですね。 春のおとずれの軽快さのなかに 雪の子が姿を消すせつなさもまじって 1年のなかの ほんのわずかな季節にしかない郷愁を感じました。 短い詩行のなかに、 とても豊かなものを感じることができました。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-02-28)

語り手は「雪の子」の存在を知っていて、冬の間、雪の降る日にはひそかに見守っていたのかもしれないですね。ぼくなんかは鈍感なのできっと気づかない。そういう、ぼくのような鈍感な人には気づかないような細かい気配や存在に目を向けることができる人なんだろうと思います。物心つく前の子どもみたいな感性をもってるのかな。春が嫌いってわけじゃないけど冬も好きだったのかもしれない。 だけど、季節の移り変わりの時には、不思議と感じ取れないものが感じ取れてしまうこともあるのも確かなことで、そうした交代劇を短い作品のなかで鮮明に描いているなあと思いました。 二連目の四行目の「あの」は「空」がいま現に見ているところの空なのか、そうでないのかで解釈が変わってくるように思いました。前者ならなくてもよいように思います。 また、末尾の「よ」についても第三連の最終行の「閉じていく」の「ていく」や他のE音及び「て」との響きあいを考えると、ぼくなら付けなかったと思いました。とはいえ連の文字数を考えると形としてはあった方が揃うので、どちらが妥当であるかは判断しがたいところであります。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-03-01)

情景が浮かびました。

1
田中修子
作品へ
(2021-03-03)

この詩は帆場さんの詩の中で、金子みすゞなどの影響を受けた作品かと。 内容は可愛らしいしよく分かるのだけれど、リズムがよくないかな、と思いました。 口ずさみにくい。 >日陰に隠れていた >雪の子が見つかって >陽の下に散らされて とかのほうがリズムが良い気がする。もっと工夫できるんじゃないかな。 それから、 >きらきらきらきら のところがとてももったいないなあと。 ここは造語にしてもいいくらいの、この詩の盛り上がり場(?)だと思うので。 でも春らしい雰囲気が出ている、可愛らしい作品ですよね。 私も短いものを書きたいな。

1
真清水るる
作品へ
(2021-03-03)

最後の行が 私には魅力的でした。 春とすれ違いに  小さな雪の子は 冬を閉じていく この作品自体は、私にとって 正直に申し上げて、聞いたことのある お話というだけのお話でした。幼児期を思い出し懐かしい気持ちになりました。けれど、「雪の子は 冬を閉じる」この箇所は なにやら 新鮮に響きました。こどものころに聞いた話とは なにかが違う。そう感じました。表現が大人っぽいのです。詩編全体と ここだけ トーンが違う気がします。 意味は もちろん解るのでする生涯を閉じるとか 人生の幕を閉じるという表現もありますし。個人的には 季節を 「閉じる」という表現に違和感に似た印象を持ちました。「冬を閉じる」という表現は、「夜の帳が下りる」という美しい表現に どこか似ているところもある気もします。違和感を感じたものの 魅力的な詩表現だとも思いました。

2
st
作品へ
(2021-03-05)

るるりらさんと同じ違和感を感じました。冬を閉じるには、 あまりにかわいい雪の子で、また矛盾も感じます。やはり 冬を閉じるのは、日に日に強く暖かくなる陽光であり、雪 の子ではないような気がします。私には、例えば以下のよ うな展開のほうが、自然に感じられます。 だれもが春めくなかで ひそやかにひそやかに 春とすれ違いに 小さな雪の子は 去ってゆく そして 日に日に暖かく 早起きになった陽光が 静かに静かに 冬を閉じていく

0
ネン
作品へ
(2021-03-06)

雪の子、というタイトルに惹かれます。雪だるま、雪の女王、雪の結晶、そんな当たり前の言葉のようで、何かとても切なくて儚い響きでした。

0
帆場 蔵人@⚰
福まるさんへ
(2021-03-13)

季節の変わり目、まさにそうですね。変わり目だからこそ何かに気づきやすくなります。

0
帆場 蔵人@⚰
ライ麦さんへ
(2021-03-13)

それはどうも。優れているかはわかりませんが、詩を書き始めた頃に書いてみたものです。

0
帆場 蔵人@⚰
まささんへ
(2021-03-13)

ファンタジーというかメルヘンというか。どちらにしても現実との接地があってはじめて詩や作品になりますね。そういう意味ではこれなどは共感しやすい古典的な作品な気がします。

0
帆場 蔵人@⚰
藤 一紀さんへ
(2021-03-13)

季節の移り変わりの時には、不思議と感じ取れないものが感じ取れてしまうこともあるのも確かなこと どちらかと言うと変わり目にふと、発見したような感じですね。語り手は違う気もしますが。ご指摘のあの、は作中の今、と言うよりは雪の子が降ってくる前にいた場所、と時を含んでいます。 音、については全くその通りですね。つい、文字数で整えてしまうのは悪い癖な気がします。読み上げにくい。

0
帆場 蔵人@⚰
田中宏輔さんへ
(2021-03-13)

ありがとうございます。情景そのものを言葉だけで立ち上がらせたいと素直に書いてみた詩を書き始めた頃の作品です。今、みると拙いですが。

0
帆場 蔵人@⚰
田中修子さんへ
(2021-03-13)

散文でないのだからご指摘通りに読み上げたときの音のリズムを考えて一連目は改稿の余地がありますね。て、て、のEの音の方が切れもいい。きらきら、も安直 笑。 実はこの頃は金子みすゞを読んだことがなくて三好達治や白秋の童謡に影響されていたかと思います。僕の出発点がそれなので。 自然の景から立ち上がるものを素直に捉えて書いてみた作品で、そこに立ち返りたいというか。そんなことを最近は考えています。

0
帆場 蔵人@⚰
真清水るるさんへ
(2021-03-13)

他のコメントにも書きましたが、この作品の書いている事自体は童謡であったりと何処かで聴いたものであるのは間違いないですね。 春とすれ違いに 小さな雪の子は 冬を閉じていく たぶん、これこそがこの詩におけるはじめの行、なんじゃないかとるるりらさんのコメントを読み思いました。永久不変の現象は世には殆どなくて一日の長さでさへ、27時間だった頃もあったそうですね。繰り返す四季でなく、一度きりの四季であり雪の子も空に還るけれど次に現れる冬と雪の子はまた違うのでしょうね。

0
帆場 蔵人@⚰
stさんへ
(2021-03-13)

か弱い雪の子、ですが空に還るときそれは自然と一体になり自ずと閉じていくのだと思います。そういう意味ではStさんの言われるように陽光でもいいのですが、みつかり散らされた雪の子は閉じざるを得ないとも言えます。

0
帆場 蔵人@⚰
ネンさんへ
(2021-03-13)

当時、雪のひとひら、という作品を読んでいたように思います。そこからの発想だったのかな?記憶が曖昧ですが。自分でも印象深い作品なのは雪の子、という名前のおかげかもしれません。ゆきん子、という妖怪がいた気もしますが。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2