蝶を食むユディト - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

蝶を食むユディト    

沖縄の基地沿いのマクドナルド まだ幼かった僕は母の手を握って離さなかった 店内にはアメリカ兵ばかりがいた 兄は無邪気にはしゃいでいたけれど 僕は臆して母に身をそっと寄せていた いつか僕からその手が離れると知りながら 陽射しが今日は強かった 春が近づくというにはまだ早いが 冬を越えたのだろう あのマクドナルドの兵たちも 沖縄の人も無事 冬を越えたのだろうか 忙しい仕事を終えて頬張る肉じゃがに 僕はご満悦で 楽しかったことも悲しかったことも 混ざり合っている 夜遅く 母から電話があった 母は緑内障を軽く患ったらしい 手術は必要ないが進行を止めるために点眼をした方が良いという 母は瞳が大きな品のいい婦人で 僕は彼女に育てられてよかったと思っている ホロフェルネスの寝首を掻くユディト ユディトは自らを着飾る蝶を食んでまで 救国の人となった 唇に張りついた蝶の体液で 口元を汚しながらも 母と話をしていたら22時を過ぎていた 母 米兵を前に臆する僕を守ってくれた女性 幼い僕にとってのユディト 母の唇にも蝶の体液がついている 沖縄の基地沿いのマクドナルド あの店に行ってどれだけ経つだろう 僕の掌にも働き者のあとが残る 母の手はとうの昔に僕から離れ 僕が彼女に手を差し伸べる時が来ている 救国の人になんて なれはしないけれど 患った目を時折抑える母の手を 握り返す時が 来ている 冬が去り際の笑顔を浮かべるのを 見届けながら

scroll


作成日時 2021-02-14
コメント日時 2021-02-17

蝶を食むユディト ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1013.4
お気に入り数: 3
投票数   : 4
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/04/18現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:1013.4
2021/04/18 00時03分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

蝶を食むユディト コメントセクション

コメント数(13)
ネン
作品へ
(2021-02-14)

そういう時を迎えつつある人が身近に無数に溢れている空気を感じます。子育てに一つの結果が示されたその後、親にはどのような選択がなされていくのでしょう。見守っていくと同時に、私も残された時間を大切にしていきたいです。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-14)

「マクドナルド」にも歴史があるようにこの「母子」にも歴史があるんだなと思いました。母子の小さいときからの歴史が綴られていて私の家族にも歴史があったなと思いました。「救国の人」とあるように息子さんはお母さんを救っているわけですが私も、誰かを救える存在でありたいです。 ・

0
&
作品へ
(2021-02-15)

情景がかなり鮮明で、その中でユディトと母親のイメージを重ねるという開き直ったような気持ちのよさを感じる詩ですが、リズムがめちゃくちゃなのですごくダーティな響きを伴っている気がします。 作者の意図なのかもしれませんが、もう少し語順を整えるとか、不要な部分を削るか言い換えるかするとか、あるいは部分的にでも押韻してみた方がこの作品にとっては良かったんじゃないかなあ、と思いました。 ……う〜ん、でも語り手の情感が強い詩でもあるからこれでもいいのかしら。その辺は好みの問題なのでちょっとわかんないですが、僕の好みからは外れていました。

2
stereotype2085
&さんへ
(2021-02-15)

&さんへ、コメントありがとう。リズムがめちゃくちゃという印象は、多分散文パートに句読点を打たなかったことから生じた印象だろう。好みではなかったか。それは残念だな。ただあくまで好みの表明に留まっているので、私はこれ以上何も言わないし君も言う必要はないだろうと思う。

0
stereotype2085
ネンさんへ
(2021-02-15)

ネンさん、コメントありがとうございます。ネンさんの周りにもこれくらい齢を重ねた人がいるのですね。この詩は少し挫折の色があったりするのですが、それが今の気持ちには合わなかったなあ、なぜかと漠然と考えています。

0
stereotype2085
福まるさんへ
(2021-02-15)

福まるさん、コメントありがとうございます。マクドナルドと母子の歴史を重ねた意図はなかったので、これは福まるさんの詩の発見ですね。大いに助かります。誰かを助けたい。とてもいい心境ですね。無理しない程度に誰かを助けるのは良いことだと思いますよ。

0
真清水るる
作品へ
(2021-02-15)

羨望の思いで 胸がいっぱいになりました。 というのは、私の母も 緑内障だからです。 私も実母を 励ます立場ですから、私の生活は 母との関係を いかによくするかが 私の人生の鍵となることでしょう。 ですが、この詩に表現しておられるような 美で母を表現することなど いまの私には できていないです。 私には もうひとり母がいます。義理母は 広島の人です。だから、 この詩に感じられるような慈愛を 私自身が持つことがとても大切な気がしました。 嘘でもいいから 創作でも いいから 私も 母達の生きざまに美を見つけたいです。 この詩の爪の垢を煎じて飲みたいです。 おかげで ひとりの人としての理想を持つことができました。 「慈」をテーマにして 生活してみようと思います。指針がみつかりました。ありがとうございます。

1
沙一
作品へ
(2021-02-15)

ごく個人的な(と思われる)日常の体験を、神々しい伝説と重ねている、その華やかな飛躍が良いといえますし、逆をいえば美化し過ぎているともいえます。どう捉えるかは読者次第ですけど、私の感じ方は後者に近かったです。

1
AB
作品へ
(2021-02-16)

ユディトを知らなくて、検索しましたた。というか何回か読んでる物語のはずなのに、その名前は覚えていませんでした。この作品を読んで、もう忘れることはない、と感じてます。私の母も家族のために生きたユディトだったんだろう、とかも。 個人的には最初のマクドナルドは○○パーラー だとさらに共鳴するところですが、、、 物語のさしこみかた、おわりかた、いい感じだと思います。

0
stereotype2085
真清水るるさんへ
(2021-02-17)

るるさん、コメントありがとうございます。るるさんのお母さんも緑内障なのですね。この詩に描かれているような美や慈しみを持つことは、実際は中々難しいのですが(人間には欠点や不完全なところがたくさんありますからね)それらも含めて、救いの手を差し伸べようとするのは悪いことではないと思います。ちなみに僕の母者はつい昨日椎間板ヘルニアの激痛で入院することになりました。本当に僕が手を握り返す時が来ているようです。

0
stereotype2085
沙一さんへ
(2021-02-17)

沙一さん、コメントありがとうございます。美化。そうですね。美化はされていると思います。ただ初稿の段階よりはかなり美化の要素を削りましたね。何とか過剰な装飾と読者が感じない程度にはスリムになったのではないでしょうか。

0
stereotype2085
作品へ
(2021-02-17)

ABさん、コメントありがとうございます。家族のために生きたユディト。そう感じてもらえるのがこの詩にとって一番の喜びでもあります。ユディトの物語が僕の詩によって忘れられないものになるのならばこれ以上の幸甚はありません。実は一点悩んだところがありまして、それは母の口元にも蝶の体液かついているという一節で、母も家族を守るために完全に美徳だけの人ではいられなかっただろうなという意味合いを持たせたのですが、そうなると母への愛着、愛慕がより一層深まると思い描かせてもらいました。

0
stereotype2085
ABさんへ
(2021-02-17)

失礼。上記のコメントはABさんに向けてです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2