対話 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

対話    

うつくしさをひとしずくのみほせば とうめいになれますか、 と平がねで何度もたたかれても (目座まし時計の音がなりやまないね) この箱の中には幾つもの墓標がならんでいて、 刻まれた最後の文字は 歴史を称えている訳でもなく ほろんだ一族の末裔が この場所に埋められているわけじゃない うめてくれたのであれば (それはやさしさですね  第三者の、)    静かに汽笛が鳴り響いても  引いていく波の確かさは  敵視された歴史を洗い流してしまうだけで  (怒りが風化することなんてないのね) 歌に残してくれるわけじゃない ゆりかもめに乗って見つめる湾岸の岬で 煙が上がっている (だから湾煙なのよ) と火災報知機に集まる消防車に洗い流され 新聞の記事に載る事で 私(わたし)は一緒に死んでしまいました 明日には忘れ去れてしまう 公共的な音楽(著作権なんか最初からありません)  蜘蛛の巣に捧げられた  肉片という供物  捨てられた骨を祀る祭壇  歪んだ西洋式の十字架へ、  装飾的な意味合いを込めて  ロザリオと呼称する  バンパイア  (人間の形を模した怪物) うつくしい水をふんだんに含んだ 枯れ井戸に首をつっこんだら 通り掛けの馬車に蹴落とされた  その景色が見える前に意識を失ってしまったよ  洗われる短い(長い)髪の毛と、血と、肉と  骨、  燃やされる前に溶け込んでしまった  (この地下水をたどればやがて海に行き着くでしょうね)  白黒のかもめに埋め尽くされた空と  樹木のように重なり合う十字架のような影が  やさしく漂流物の上へ折り重なる  (ような、祈りを、聞かせて) 波打ち際の樽の中 風で錆びた鉄の色のような骨が少しだけはみ出て もう一度叩かれる  煙でも上がればいいのに  火をくべてくれる弔いはどこにもない  (どこにもないので陽の光だけがあたためてくれる)  警報が鳴り響いて  空を埋め尽くす  ペプシ・コーラのような素肌を持つ爆撃機  投下された果物のような爆弾で  散っていった   血肉なんてどこにもないさ、   あるのは悲鳴を湛えた灰褐色の炭酸   (早く灰にとなってしまえ、しまえったら、    なのに、なりやまないの) ・・・ 空想の中の怪物が這い出てくるから 手を合わせる、祈りの形へ 捨てられた墓石から 乾いた指人形が顔を出しているような気がする 気がするので、一つ多めに買ってしまった線香を置いてあげた 意味の無い全ての形に陽の宿る 乾いた呪いを捧げる人間の仕草に 冬風が騒めいて、泣き止む事がなかった ただそれだけのよろこびを 対話として封じ込めた、


作成日時 2021-02-24
コメント日時 2021-02-25
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

対話 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 466.7
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2021/03/01現在)
叙情性1
前衛性0
可読性2
エンタメ0
技巧0
音韻0
構成1
総合ポイント4
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成0.50.5
総合22
閲覧指数:466.7
2021/03/01 03時43分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

対話 コメントセクション

コメント数(3)
羽田恭
作品へ
(2021-02-24)

まず一連目 >うつくしさをひとしずくのみほせば >とうめいになれますか、 ここで人を捕まえるのに成功しています。 そこから続くまさに詩的な詩。 意味を捉えるのは自分では困難ですが、文章のリズムが心地よいです。 (永い時間を生きるバンパイアと規則正しい汽車と時間が絡み合っているようですが) 黎さんの点に近い作品に思えますが、それとも違うリズムを楽しめました。

0
百均
羽田恭さんへ
(2021-02-25)

羽田恭さん コメントありがとうございます。 こんばんは。 最初の始まり方ってやっぱり大事だと思うので、 気になるように書きたいなと思って書きました。 やっぱり捕まえに来ない作品なんか読んでて楽しくないなと思ちゃうので。 読んでいて体験になるようなものにしたいなとは思うんですけど、 それを意図的に書くのは僕には無理なので、こういうの狙ってかいても大体つまらない物になっちゃうんですが、 なんかいい感じになればいいなと思ってこれを書きました。 黎さんの作品は言われてみてきたんですが、確かに()を作中で使われていますね。2月の頭の方は掲示板あんまり見てなかったので、指摘を受けて見に行ったという所もあるので、偶々似ちゃったとしか言えないんですが、()って色々使いやすいんですよね。内省的な語りでもいいし、声を複数忍ばせる時に使えたり、僕が()に影響を受けた作品は三十括弧を使う事で、世代を表現したりしていますし、僕もそれを真似て過去包茎の形を表現したりしました。という所で、()を使うときってなんでも出来るので、何でもできるようにはしたくないなという思いがあったりなかったりします。この作品においても書いている途中で多分一番意識したのは括弧なのかなと、思い返して思いました。もちろんそれが伝わるかどうかというよりは、やっぱり明確な殺意を持って表現って忍ばせないとダメだなと思います。そうしないと多分気にならないのかななんて思いました。 レスありがとうございます。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-25)

戦争は怖いですが乱雑に捨てられた人形も怖いです。ただ、「会話」そのものは生き生きとしていました

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1