かなしみについて - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

かなしみについて    

『あなたの精神的な傷口を教えてください。』 わたしは、そう書きつけたメモを透明な立方体の貯金箱に貼り付けて、部屋から連れてきた小さい木椅子の上に置いて去った。アパートの玄関ドアの内側だから、居住者以外の迷惑になりにくいかと思ったが、わたしの考えは世間からすればかなりズレているのでアテにならない。 しかし緊張のあまり、わたしはそれから5日ほど部屋から出られなくなくなった。 しかし、6日めくらいに、エイヤッ!と意を決し、部屋を出て、木椅子の上を見に行った。 すると、いつの間にか、そこには甘夏が一つ置かれ、甘夏1個50円と書かれたメモがそばに添えられていた。ヤイヤイ! わたしのきもちを踏み躙るな!と思ったが、わたしの感傷より、甘夏が木椅子に置かれている方が、よっぽど魅力的だったし、わたしはこういうエモがすきだった。50円をそこに置いて、甘夏を片手にわたしは階段を駆け上がり、ドキドキしながら、甘夏を家に迎えた。夜中、泣きたくなったので、甘夏を剥いて食べた。とてもこころがあたたかくなった。つめたいばかりだった指先から、甘夏の香りがした。わたしはその香りを嗅ぎながら、眠りについた。 翌朝、下に行くと、50円は回収されていて、代わりに、貯金箱に、小さな紙切れが入っていた。 『ここにあった三つの甘夏は、私の家族が育てました。私は、家族が育てて、送ってきたものを一つも食べずにここで売りました。これが私の傷です。』 わたしは、ウッと苦しくなり、その紙切れを持って階段をあがり、2日寝込んだ。 寝込んでいた間に溜まったゴミを捨てるため、数日後にわたしは階段を降りた。木椅子の前を通る時、心臓がドクドクした。貯金箱には何かが入っていた。ゴミを捨て終え、わたしは貯金箱の中身を出した。 避妊具と小さなメモ。 『これ使って一発やって、スッキリしな。解決方法それしかないでしょ!笑笑』 わたしは、このひとの傷口をなんとか想像しようとした。 そのとき、ガン、とオートロックの扉が開き、掃除のおっちゃんが入ってきた。おっちゃんは、掃除が下手だが、愛想は抜群によかった。わたしは避妊具をポケットへねじ込む。 あらあら、おはよう。 おっちゃんはいつもタメ口だった。挨拶を返すと、おっちゃんは、木椅子と、私の手にある貯金箱を見た。 「なんなんこれ?」 彼は私の右手の貯金箱のメモを読んだ。 「ほ〜ん。おっちゃんもあとで入れよ。あんたも入れるんか?」 わたしはその言葉に対し、曖昧に笑って、木椅子に貯金箱を置き、おっちゃんを残して階段を駆け上がった。部屋に入って心臓が落ち着くのを待った。 夜になって、おっちゃんはもうお家でクソして寝たような時間に、わたしは貯金箱を見に行った。有言実行、おっちゃんは何かを入れていた。大きなチラシを何度か折って、貯金箱に捩じ込んだようで、取り出すのに一苦労した。取り出した紙の中身を読もうとしたとき、足に何かが触れた。黒い子猫だった。黄色い眼球だけが空中に浮いているみたいに見える。わたしは、おっちゃんのチラシをパタパタ振って、子猫と遊んだ。子猫は人懐こく、好奇心も強かった。 しばらく遊んでいると、他の猫の声がして、子猫は導かれるかのように、しゅるしゅるとアパートのフェンスの下を通って出て行ってしまった。わたしが、フェンスから顔を出すと、親猫が子猫を咥えてこちらを見つめていた。手を振ってみたが、つまらなさそうに、背を向けて猫たちは行ってしまった。わたしは、彼らの姿が闇の中へ溶けてゆくのをただ見守り、おっちゃんのチラシのことなど忘れていた。 わたしはそのまま部屋へ戻り、翌朝洗濯をし、おっちゃんのチラシを粉々にしてしまった。そのことに気づいて、ふとやめ時を感じた。わたしは、木椅子と空の貯金箱を回収し、自分が手にしたメモ類全てをライターで燃やした。わたしの胸には、正直ほとんど何も残らなかった。ただ、前ほどの悲しみがなくなっていることを同時に感じた。ああ、かなしみとはなんてあっけないのだろうと思った。かなしみのそのようなあっけなさにわたしは感じいった。そうして、洗濯の荒波を超えて生き残った避妊具を視界に入れたときも、わたしはそれほど悪い気分ではなかった。


かなしみについて ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1081.3
お気に入り数: 0
投票数   : 5
ポイント数 : 0

作成日時 2023-04-20
コメント日時 2023-04-26
項目全期間(2024/04/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1081.3
2024/04/21 20時29分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

かなしみについて コメントセクション

コメント数(13)
m.tasaki
作品へ
(2023-04-21)

はじめまして。 短編小説ですね。 「あなたの精神的な傷口を教えてください」というメモを張り付けた箱を置くというアイデアが面白いです。そして、その箱に甘夏を一つ置いた人も洒落ています。 避妊具を置いた人はメモの質問に直接答えず、その意味を考えたのでしょう。 そういう人はよくいますよね。 後半で掃除のおっちゃんが入ってきて、タメ口で話しかけてくるのもいいですね。おっちゃんが入れたチラシが粉々になってしまったのは残念ですが、それがかなしみがあっけなくなくなったことの表れであるなら、それはそれでよかったのでしょう。 かなしみがなくなったきっかけが、黄色い眼球だけが空中に浮いているみたいに見える黒い子猫だったのは、何か意味深長な感じがしました。 面白かったです。

0
紅茶猫
作品へ
(2023-04-21)

「木の椅子」というと大好きな詩集茨木のり子の「倚りかからず」を思い出します。 三人三様のかなしみが力みのないタッチで描かれていて大変心に沁みました。 特に印象的だったのは、甘夏の人です。 このエピソード彼、彼女がこれををかなしみだと思っているところにせめてもの救いがある、そう思いました。 SNSだと結構赤裸々に語っていたりする(ただしどこまでが本当か分かりません)かなしみも、居住が近い人という設定だと、一定の慎みがあるところもいいなと感じました。 少し推敲されれば有名作家の短編集に差し込まれていても違和感が無さそうな完成度の高い作品だと思いました。

0
ryinx
作品へ
(2023-04-21)

短編として読みました。冒頭の「透明な立方体の貯金箱」、思わず(貯金箱の立方体)などの言葉が想起されたり、不思議なイメージでした。描写が丁寧なので、読みやすく、つっかえる事もなく、拝読させて頂きました。何度か文面をなぞっていて、軽快な文章の流れなかで、掴み所なく、かなしみが置き忘れるみたいに、すり抜けていってしまうような所に余韻を感じました。  - 『あなたの精神的な傷口を教えてください。』 冒頭のこの一文とタイトルの『かなしみについて』、端的に言い表わせる言葉が見つからないのですが、「かなしみ」がどこか置いてきぼりなのだけど、それがかなしみの一要素なのかもしれないと思うような納得してしまうような感覚です。

0
吸収
吸収
作品へ
(2023-04-21)

文章は相変わらず上手いと思った 可読性の高さと言うか 読むと言う行為を意識しない、 澄んだ川から小石を拾い上げるような 感覚、とても澄んでいて水の温度すら 気にならないぐらい。 まあだけど内容はどうかなとは思ったな。正直、「わたし」には感情移入ができなかったな 少々常軌を逸する様な行動の原因と言うか理由がいまいちよく分からないし 気弱な女性がそんな事をそもそも考えるかなとか思ったな 俺が面白いと感じる様に考えたけど 甘夏を置いた人に焦点を合わせた方が良いんじゃ無いかと思ったな それと箱を置いたのはなんかよくわからない芸大かなんかの男性の方が 理由が合理的に感じられるかも知れないと思った 掃除のおっちゃんはなんと言うかもっと神様ぽい、啓示を与える様な役目の方が作品全体が箱庭ぽくなると言うか 猫の描写は上手いとは思ったが 必要性は余り感じなかったな。 甘夏を置く役を「わたし」にした方が俺的には感情移入できたなと思いました。どうかな? 実際に書いて貰えば俺も答え合わせ出来てありがたいがあまそれはアレなんで。 王下七武海

0
たわし
作品へ
(2023-04-23)

なんだろうと思いながら最後まで読んでしまいました。ジャンルは分かりませんが可読性があって読みやすい作品だと思いました。いいですね。

0
ハツ
ハツ
m.tasaki さんへ
(2023-04-23)

こんばんは。コメントありがとうございます。 >避妊具を置いた人はメモの質問に直接答えず、その意味を考えたのでしょう。 そういう人はよくいますよね。 いますよね。世界を見るフィルターが自分用のしかないというか(当たり前ですが笑)。 コメントありがとうございました。

0
ハツ
ハツ
紅茶猫さんへ
(2023-04-23)

>SNSだと結構赤裸々に語っていたりする(ただしどこまでが本当か分かりません)かなしみも、居住が近い人という設定だと、一定の慎みがあるところもいいなと感じました。 コメントありがとうございます。ここの部分がとてもワカル!となりました。語りがどこかから騙りに寄っていくのですよね。人間って、オモシロ!ですね。ありがとうございました。

0
ハツ
ハツ
ryinxさんへ
(2023-04-23)

>「かなしみ」がどこか置いてきぼりなのだけど、それがかなしみの一要素なのかもしれないと思うような納得してしまうような感覚です。 コメントありがとうございます。正直、タイトルで悩んだので、自分の中で、かなしみや精神的な傷口について私はうまく向き合うことができていなかったのだなとryinxさんのコメントを拝読して感じました。コメントありがとうございました。

0
ハツ
ハツ
吸収さんへ
(2023-04-23)

コメントありがとうございます。可読性については、たまに他の方からも言及していただくのですが、単に先がわかる文章なだけなのかもしれないなと思っています。 テーマへの真摯な向き合いと可読性を両立できるよう励みます。ありがとうございました。

0
ハツ
ハツ
たわしさんへ
(2023-04-23)

コメントありがとうございます。可読性について言及ありがとうございます。読みやすいテーマ、筆致もある程度は必要かと思いながらも、私のは予定調和かな?と思ってます。コメントありがとうございました。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-04-26)

この作品も非常にいいことをうたっているが、やはり先の作品と同じで 小説化した方がいいと思った。 今年の芥川賞は、僕と同年代の女性が獲ったが、この人の作品は私はつまらなくて 何せ、言葉、その正確な置き方がどう、とインタビューで主張していて 実際、作品もそうなのですけれど、それでは「詩」が殆ど、ないのです。 まあ話半分で聞いて欲しいのですが。期待しております。因みにこの作品に三度、目を通しました。

0
ハツ
ハツ
田中恭平 newさんへ
(2023-04-26)

コメントありがとうございます。そうですね、短い中で書くと表面的にしかテーマに触れられないですよね。書くの難しいですが、燃えてきました。三度も読んでいただいてありがとうございます!わたしより読んでくださってます。(それは推敲足りてないでしょ)。

1
エイクピア
作品へ
(2023-05-10)

ドキドキしながら、甘夏を家に迎えた。 こう言う箇所はいいですね。些細な事ですが、詩的な気がしました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1