作品投稿掲示板 - B-REVIEW

吸収


投稿作品数: 1
総コメント数: 55
今月は22作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

吸収の記録 ON_B-REVIEW・・・・

優良初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的レッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖0 ✖2 ✖2

精力的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

投稿者の燈火

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

なんとなくぼんやりそうだろうなぁみたいな感じて思っている事を そうなんだ!って言い切っている感じ は潔いとは思いますが文章に スタイルみたいなものが無くて 読んでいると申し送りみたいな感覚を持ちました 筆者は面白い人なんだろうけど それがまだ表現としては出せていない感じがしますね 小説を発売とのことですがそちらの方が文章的にも良いのかも知れませんね (夢と現実の関係)

2023-02-08

危険な1人遊びってコト? 現実からの逃避ってほどのものでは無いでしょうが退屈を自分で紛らす事が できるのは良い事だと思います 前作も似たような感じだった様な気がするけど作品が繋がっていったりするのかな (網膜の裏、現実からの逃避)

2023-02-08

題材として考えるに詩と言う形態があっているのかどうか? 詩の優位性を感じられない 小説として練り直した方が良いのではと思いました 詩の領域で書くとなんとゆうか読者の負担が大きい感じがあります ならばどうなるなかと言う問題 牢獄の中でこの作品だけがポンて置かれてあれば読むでしょうが ビーレビのような処で他の多くの作品がある中だと作品をじっくり堪能するレベルまでにはいかないと思います 作品のレベルが低い訳では無いのですがコストと選択の問題として ビーレビに投稿する事そのものがミスマッチな感じがしますね 場が違えばもっと評価を与えられる作品だと感じました (晩秋と長い冬、そして春)

2023-02-08

一個前にコメントした人と比べて 全然劣る感じ 結局、ネタで止まってる感じ 変な成功体験があるんじゃ無いのかな 現時点ではとても詩作に向いているとは思えないです 自分では上手く言ってる感じなんだろうけどイメージが短絡過ぎると思いました 別の手法で書いた方が良いのでは無いかと感じます バイタリティはある感じなんで鉱脈てきなものは掘り当てる可能性はあると思います (君の足音交響曲第九番)

2023-02-07

イメージの連鎖がおこなわれているとすればある程度成功はしていると思う しかし主題と言うか言いたい事はイマイチわからないな 静かに威嚇しているように感じる 威嚇音が聞こえない事に対して何か意味があるのか? 篩の様なものなのかな 俺には五月蝿く聞こえる感じ まあ、書ける人なんだろうけど この作品は書けるぜアピールにしかみえなかったな また次回 (Until next time)

2023-02-07

嗅覚が過去の記憶と1番強く結びついているみたいな話は聞いた事あるな 何かの状況に陥った時に 明らかに脳内から匂ったりしますね俺は 雨降りが多いかな いやわからん 雨降りの詩にレスしたばかりだからそう思うのかも知れない 作品自体はちょっとくさい感じ 作られた素朴さを感じてしまった (にをう)

2023-02-05

冷静と情熱みたいな エネルギーを秘めている作品 状況は読み切れない部分があるので示さないケド 少ない文字数が効果を効かせていると思いました (なく)

2023-02-05

フレーズが渋滞気味な感じ 筆名が題名だと勘違いしたけど 良い筆名だよね 詩を書くのは猫背みたいなものだもんね 作品自体はbacknumberの歌詞みがあって雰囲気はあると思います まあだけど読み辛いかな 光る部分はあるんで詩作には向いてるタイプじゃないのかな 今後に期待したいです (New World)

2023-02-05

正直俺も文極でその時の代表とバチバチにやり合っていた時期があったのでなんとも言えませんが その時は最終的には自分で新しくサイトを立ち上げてもらうしか無いと言われたので、まあそうだよなぁ 外法的な事が出来なかった訳では無いのですがそれでは自分が新代表になっても双方余りにも負担が大き過ぎると判断してその時の代表には歯向かわないと謝罪しました。 俺は直接関わって無いですが ビーレビも確か似た様な経緯だったんじゃ無いですか? 文極での天才詩人さんに対しての 扱いは俺も流石にイライラしてましたし 年間も確か入らなかったんじゃ無いかな それがと言う訳でも無いでしょうが ビーレビ自体はほぼ天才詩人さんの 才能に依るところがある気がしました 俺は全然関与してないのでほんとのところはわかりませんが。 作者さまの詩作に於いての力量と返信していただいた文章を読んでみた感じそれこそサイトの主宰、代表としても遜色無い実力だと私はおもいました。 独自のサイトを新たに起こす事もビーレビとの軋轢の様なものに対しての解決の一つになるのではと感じました。 言いたい事を書いてしまってすいません。 (出口がない)

2023-02-04

ちょっと理解不能 ぱっと思ったのは「るるるの歌」 あの歌は語尾が   る ってだけで構成されてるんで正直は?ってなるけど この詩もそんな感じ だけど 嫌いでは無いです 寧ろ好きな部類 もしかしてこの作品のテーマって トラウマだったりしますか? いや、虎馬かな ってぐらいわからなかったりするな (本に酢をかける)

2023-02-04

魚が異なる時間の流れを上手く泳いで 作品を紡いでる 語り手の頻度もプロットそのものも 良い感じ もっとコメント付いても良いと思ったが・・・ (出口がない)

2023-02-04

美しい文章だけど 俺の心には響かなかったな 内容に既視感があるからなのかな まあそうだよねと言う感想です 自身の物語なんだけと 遠い感じがしたな 蛇口を捻っても思った感じの水圧でない感じ いや、内容は良い感じなんだけど俺には刺さらなかっただけだと思います (鐘)

2023-02-04

人生は完璧で無くとも成しうる事が 完璧であれば問題無いのでは? 不完全な個人が其れをなす為には 組織に属する事が前提としてあるでしょうが まあ、子供をつくって育てる事も 人類全体で見れば完璧な作業ですし 個人的にはまるで意味のない事 明らかなマイナスな事柄であっても 社会全体にとってはその日その場所での完璧なおこないだと言う事があるかも知れません。 ある日ある場所で傘をさして歩くとかみたいな行為でも実はその人はその為その瞬間の為に生まれてきたみたいな。 社会全体にとってその人自身が完璧かなんて関係ないですからね 利己的な遺伝子と少し似てるけど もっと別の運命と宿命みたいな感じの 問題だと思いますが 人生の意味もわからず死んでいく事に 運命とか宿命とか言う因果は同情もしないし憐れみの心もないけど 同じわからない知らされていない他の全ての人間同士でこう、そう言った理不尽を何処かに昇華しないといけないのかも知れません (完璧な人生)

2023-02-04

1人ひとりに世界がインストールされていればその人の及ぶ範囲だけ詳細な情報から構築すれば良いので コストの問題でも優しいと思いますね 人類の為に世界そのものを維持するコストが膨大になり過ぎて何処かの時点でそれを精算しなければならないかもしれません その解決方法において科学が最も適していたのかも知れませんが もっと別の選択の方が世界にやさしかったのかもしれません知性が発達し過ぎて滅ぶなんてのはもう空想なんかでもなくて終末時計はもうなんの役目もはたしてない風にみえます 自分の認識したものだけが世界だなんてなんて世界に優しいんだと思います 大事なことだから2回言っちゃった (世界だなんて名前で呼んで)

2023-02-02

ファミコンのカセットと世界そのものの違いと言うか 違うと思っていたけどどちらも制作者がいて「その中」で「自由」にあそんでplayして欲しいってこと 壮大なプロパガンダば密やかに洗練された感じで音も無く忍び寄ってきて まるで最初からそう感じている様に 僕の思いそのままになる みたいな 現実の世界はバグすらも誰かの想定の範囲内ですからね 正気の沙汰では無い気がしますね トヨナガタクト! トヨナガタクト! って感じ (AWARENESS)

2023-02-02

まあ正拳突きだよね 時の止まれお前は真に美しいみたいな 清々しい気分にはなります しかしなんと言うか 芸術性はそんなに高くないかなとも 思ったな マッチョな作品 正拳突き (芸術の責任者)

2023-02-02

まあ正拳突きだよね 時の止まれお前は真に美しいみたいな 清々しい気分にはなります しかしなんと言うか 芸術性はそんなに高くないかなとも 思ったな マッチョな作品 正拳突き (芸術の責任者)

2023-02-02

水張った洗面器にどれだけ長く顔を突っ込んでいられるか 長く我慢できた方が勝つそれだけのことみたいな 沸る温度を最後まで持っていく技術は まあ、上手いと言うか 手順が洗練されてるんだろうケド 読みがいがある作品 王下七武海ならサー・クロコダイル (俗説。我らが啼泣)

2023-02-02

確かにコメントはしづらい 所謂、おーとこにわー( ´Д`)y━・~~じぶんのーせか!いがᕦ(ò_óˇ)ᕤある っう感じだから 荒れ狂う稲光でしょ。 レースモノで言えば なんだったかな1秒遅れでスタートするやつ ゼロヨンとかの試合で オ↗️レ!なまら強えから1秒後でいいよ勾配きちいぞ!!!! みたいな ちいかわだったら屈辱でわぁとかいって泣いちゃいそうな感じなんだけど。 あのアニメなんだったかな? (レーサー)

2023-02-02

あくまで詩作品として考えると 語っている人物は何歳位なんだろうか? 普通に読めば中学生か高校生の女性だと思うんだけど正直断定できるものが 全く無い ちょっとゾクッとするぐらいに まあそれと1行開けて書くみたいな まあみるけど LINEとか使うこ子でこんな書き方するかな? 詩のサイトだからこんな書き方したのかな? 文章の中から携帯を所持している痕跡と言うか今風な感じがないんだよね このサイトってさ絶対に電子機器からしか投稿できないよね パソコンから投稿したってコト? まあ、そうなのかも知れないケド 文章からは友達の存在とか SNS的な感触もまるで無いと言うか 井戸の中に水滴が落ちるみたいな感触なんだよね 小学校高学年ですって言われたら ああ、色々それでねって言う話になるんだけど、意図はわからないけど あえて40〜50歳位の人がわざと書いていたとしてもわからんでも無いと言う感じなんだよね スマホとかあったらグループラインとかツムツムとかLINE通話しながらスプラトゥーンとかして男子とかとでも仲良くなれる気がするけどな 俺は少し怖いと言うか違和感あるね 考え過ぎかも知れないケド 出来れば背伸びした文章であってくれ それなら伸びしろはある感じです そうで無ければちょっと意図わからん (あなたがすきなのに。)

2023-02-01

進化したレバーってのは確かに良い気分になると思う レバー操作なんてもんは接続が切れててもガチャガチャやってしまいますからねMT車のシフト操作とかガツンと入れたくなるし しかも外部に操作が繋がっている レバー操作なんてもんは 正に欲望そのものだし 更にヤシガニを飼うことも興味はアル よし、そこいらで一杯やりますか 2時間ぐらい話しましょう (部屋と欲望)

2023-01-30

Just the two of us進行ってコト? 作詞家じゃなくて作曲家なんだと思って想像してみました 間違ってたら俺の中のハチワレがテヘペロってします (随想作曲家)

2023-01-30

主題はあるけどスタイルは無い典型。 スタイルが無いと言うスタイルかも知れないんだけど。 読んでみるとやはりスタイルが無いので退屈な感じはする この詩に対する理想的な読者を想像する事は実は意外に難しいのかも。 よくよく考えると共感する事も正解かどうかわからない この作品は繊細と言うよりも 不器用なと言った方が良いのかもしれない まあ、作品として扱われることを筆者が望んでいるかどうかも 怪しい感じだけど だけど主題があると言うことは良い事だとも思う スタイルはあるけど主題が無い作品は 本質的には場に対する敬意の問題にもなるから(逆だろうと言う論は勿論あるでしょうが) (ごめんね)

2023-01-30

匿名の恐ろしさ 個人的には好きな作品 ただ、僅かな可能性として全くのど素人も書ける余地がある 多分相当な書き手だろうけど 俺が今の状態から記憶を全て奪われたとしたら朝日と夜は感動するだろうな 「凄い!夜ってこんなに黒くなるんだ 夜初めて」とか言いそう (The First Contact)

2023-01-29

この作品についてはギブアップしとこ 読みきれない 嫌な感じは無いが単純に理解できない 語感としては楽しめました (アッカンベー)

2023-01-29

水の器ってコト? リアルな愚痴を聞かされている感じ スタバ奢ってくれるなら聞くんだけど 何も無しでは流石におかしくなりそう 読んでるとメチャ早口想像する 多分仕事は出来ると思うけど 職場の輪は乱してると思うから 評価的にはややプラス位か 少し前ならこうそう言うタイプの人間を評価して管理側に引き上げたりしてたけど結局人間関係ダメな系が多いから領域展開してみんな死ぬみたいな感じになるんだよね 200人位の中小企業だと結構ダメージあるって気づき始めてるからね 時間の尺度と言うか 長期的なモノの考え方が出来ないタイプ?まあ武将でいえは張飛かな 前線で目の前の敵を倒す事に専念したほうが本人の為でもあるし 周りの為でもある あ、文章はうまいうまいと思いました (あじさいについて)

2023-01-29

AIが創作したような作品 実際のAI詩はも少しひねりと言うか 逸脱してるけど この作品を不可知性の彼方に放り込む為には特殊な状態を仕組み上で作り出す必要がある気がしますね 例えばループさせるとか >謝罪しながら、世界を終わらせる だけど 最後にはナニカ そんな訳で私達は再び21年前に 戻っていく 何度目かなんてもんは忘れたけど わかるのは 私が奏でられる回数が更に一回増える事だけだ アリスの演技は何故か変わらないままだが みたいな感じ 作品の中で何回もループして世界は崩壊と回避を繰り返しているみたいにすればAIの理解を超える事ができるのかなわからない感じではあるが この作品だともう完全にAIの息遣いが 背中越しに聞こえてる感じ しかも余裕の感じの息遣いのほう ニヤリとした感じ (空気コーヒー)

2023-01-27

職人 単純に上手い 文学以外の要素も無いので あら探しも出来ない もっと言えば 面白いかどうか? いや、面白いと思いました 笑うと言うよりもクスリと言う感じだけど 批評のコメント要らない感じ (ウーデットとベス)

2023-01-27

最後の5行だけで良いのでは? と思いました 「さてさて からです 前半と言うか最後の5行以外は 戯言に思えるな 無い方が絶対に良い感じ (都会のタンポポ)

2023-01-27

勿論、ファーストの方です 生きる事だけに必死にならざるを得ない状況でもがき苦しむ彼は ある意味で美しい カイ・シデンはオールドではあるが美を備えていますからね  作品は関してもう少し言えば 逃避する理由としない理由が弱い感じがしますね なんてゆうか この街には良くない噂があって 街の何処か、もしかしたら みたいな場所はあるんだけと 大量の不発弾が眠っている その数は余りにも多くて 今の科学では安全に取り除く事が出来ない もし爆発すればこの街だけでなく 地図が変わるぐらいの被害が出るかも知れない だけどこの街には街を存続させなければならない理由もあって 行政はだから噂としてそれを流して そうすればなんとゆうか 爆発しないようにそれに引かれるよにこの街にやってきて生活する人があらわれる 何故そんな人が来るのかはわからないそして不発弾に対して効果があるかどうかもわからない だけど不発弾は爆発はしない それは噂話だからかも知れないし そうでないからかも知れない そんな人同士が結ばれて新たな生活が始まれば当然、この土地に 適応出来ない人も現れる 兆しみたいなものはあるし しかし其れは杞憂なのかも知れない この地を離れたい人もいるし 何故かこの土地から離れる事が出来ない人もいる みたいな事を思えば この詩作品に没入できるかもしれません、深夜みたいな朝方なんで テンションおかしいな まあ、これは気にしないでください 独り言みたいなモノです (逃避行)

2023-01-26

絵ははっきりと見えるけど どうかな踏み込みが浅い感じがしたな 最初の 天使をクビになった は凄く良い気がしたけど その後はよくあるパターンな気はしたな 天界とは満ちているモノだから 欠けていることはない筈なので 補填と言うか代わりに誰が天使になったのかは俺的には気になるところですね 作者はサブスク言いたいだけの気がするんであれだけど 俺の好みは因果と言うか 天使が首になってなにかが天使に就職するみたいな まあ悪魔でも良いんだけど 天使と言う座を巡っての展開の方が好みだったな まあ、これもベタと言えばベタなんかもしれませんが (産声サブスクリプション)

2023-01-25

感覚の話し カエルの歌をピアノで弾いてみた感じ 簡単に弾けるから何度も弾いてしまう そんな感じ 何も変わらない 何も変わらない みたいな 何処までいっても 同じ事の繰り返し だってあなたそのものが原因だから 俺の中のカイ・シデンはそう呟いてます (逃避行)

2023-01-25

猫は何のメタファーなのか って叫びたくなる作品 可能性がありすぎて逆に思考停止な感じになりますね いや、まあ普通に飼っている猫の話ですって返される可能性もかなりある 上品ぽい言葉使いが個人的にはツボではある (病気のお話)

2023-01-25

考えるに作者はそもそもこの作品に対しての理想的な読者たりえるのかと言う事 読んでいて作者は寧ろこの作品に対して否定的な態度を取っている 取って欲しいと望んでいると言うか 神の及ぶ権限についても 簡単に言えばあなたのおこないすべてにおいてしらないことはなくて すべてはむくわれるみたいな まあ、これはどうかはわからないな 詩作品は既にあるのだけど 理想的な読者がいないと感じて いる方を信じることができなくて 現すことに抵抗を感じている みたいな感じがしました (no title)

2023-01-22

ちょっとよくわからない 心象風景みたいな感じ 概念で言えば中国語の部屋の思考実験を思い浮かべたし もっと現実に即して言えばシャイニングをイメージしたな 他に俺自身を検索すれば長門有希の仮想空間ぐらいか あまり考え方ても最終的には謎解きの レベルにまでなりそうなんで ある意味逆引きしか辿りつけない答えのようはしますね 雰囲気は少しあるけどそれだけだと言う印象 (あああ)

2023-01-22

トワイライトが1番面白いかったと言うか語彙の組み合わせがという意味で しかし意味はまるでわからなかったな 単純にコーラの瓶に星を摘む作業が 気に入っただけかも知れない (悲劇の幕間に)

2023-01-21

なんかオタクのぶっ飛んだ作品だなぁと思ってプロフ見てたら 結構書いている人でした 過去作は良いのもあるんで印象が変わるな この作品は詩情というものが感じられなかったな最後の方にそれは少し起ち上がるんだけどあまりにも突然すぎて バランスが悪い感じ もっと練れば面白くなるような気はしました (Waiting for the last concert)

2023-01-21

本人にしてみればなんも考えてない可能性もありますね Twitterなんてほんと呟きですからね 意味の無い呟きもするんじゃないですか 寧ろ疑問に思っている自身に何かあるのかも 思い込みが強いタイプぽい考え方 悪く言えばクレーマー気質と言うか 注意して欲しいのは 一言二言交わしただけでそこに気がついちゃう人もいる事です 気づかれると人生結構マイナスに働きますから 真面目に応答してるけど この作品なにか意味があるのかな いや、短い文章なんでわかりづらいけと結構そつの無い文章だよね この調子で原稿用紙3枚とか書かれるとおおってなる感じの文章 俺なんかの思考実験みたいのに付き合わされてるのかな まあ暇だから良いんだけど ライ麦畑の主人公の気分だけど まぁ話は変わるけど ビーレビのエンドコンテンツについて 文極でも考えていたんだけど 結局実現はされなかったな 少し話したんだけど 傘泥棒のところで 傘泥棒と言う作品には つまり明日は無い 今日で途切れていると言うか いわゆる閉じた作品なんで それ以上話が進みようが無いと言うか だけどそもそも個人の作品に於いて閉じたと言うのは難しい筈なんだよね 創作というものは原則として 開いていくものだからね それ故に傘泥棒という作品は稀有なモノであると言えるんじゃないかな あ、疲れたな エンドコンテンツについてまで辿りつけないや また後日、呟きのような作品にコメするときに書きます (諦める結婚)

2023-01-21

現状にどこか不満や不安がある僕 溜め込んだ絶望の量が多いのか少ないのか僕の限界量が6㎜なら大変な事だし、しかし実は1㎜溜まるまでに10年位かかるのかも知れないけど それぞれの呟きみたいなものが 現れては消えてを繰り返す感じは 良いとは思いました 題名を変えても面白いと思いました トリケラトプスの行方 とか、まあ朝でも良いかな (朝)

2023-01-20

ナンセンスな感じ ただ書き慣れているなとは思いました 筆名を知れば普段は俺がコメントし辛いタイプの書き手の様な気はするな そう言う意味で言えば無記名というものの意義も少しはあるのか (生活)

2023-01-19

イメージとしては弱い 最も深く掘り下げても良い感じ 対話形式とかでもよいけど 作品中に出てくる最後の場面を写した チェキを何枚かババ抜きみたいな感じで引きあいこしながら 其れを引いたその時の顔とか ねぇ今どんな気持ち? みたいに聞かれるみたいな 作者が生者、死者のどちら側から言葉を編んでいるのかがわかりづらいですね Twitterから小説の方に飛んで黒騎士ですかね少し読みました まあ読めるとは思いましたが 少ししか読んで無いんで特に感想は無いです今のところは。 こう他媒体を行き来する人は貴重なんですよね 詩作品も何度も投稿すれば良いものもかけそうですし是非ともこちらでの活躍を期待したいですねー (あなたへ、私へ)

2023-01-19

楽園はあるんだろうけど 入り口が何処にも無いみたいな 様々な情報から楽園の事柄は流れてきて検索も出来るケド いつまで経っても辿りつかない ダイソーの店員みたいに そこになければ無いですね と言ってもらった方が諦めがつくし はっきりそう言ってくれよと。 誰かの楽園の為から逃避するみたいな現代の鬱みたいな感じで読みました まあ、全て作品にあるので感想にならない感じでした テーマが難しめでコメント付きづらい感じ (エスケープ)

2023-01-19

いや、良い作品 螺旋、落ちる方だけど 心地よい無重力で螺旋に押されて落ちてゆく (ドキドキ文芸部しようよ)

2023-01-19

ちょっとゲーテぽい感じ 作者気持ち良くなってるなー って思わせますね カッコつけてる処もあるけど まあここまで明け透けに愛なんだと書かれると そうだよなー愛だよねーってなるわ 天秤が〜 愛と争い〜 分銅なんて言葉が出てきたけど 私は一つの分銅に成って数多の〜 なんつうか 天秤とその釣り合うものをなるべく読者に委ねられるような書き方というか 分銅と書けば天秤は容易に連想できるので全部、釣り合うものまで書いちゃうと作者は気持ち良くて イッちゃってるかもしれないんだけどその辺を読者に連想させてあげると暴力とか正義とか各々ある訳で それでも尚愛なんだとすれば そうなんだ きっとここから愛なんだね って思えて読者も少し気持ち良くなれるかもしれません まぁ書いたけど俺も気持よくはなりましたよ それだけと言えばそれだけなんですが多くを求めるのも違うと思うし これはこれで良いかなと (あなたとそっと約束したい)

2023-01-19

俺は完全にリラックスしている時、幸せだなぁとか思っている時に 「はぁ、早く家に帰りたい」 って言うのが癖?なんだけど 大体、家でお風呂に入ってシャワー浴びてる時に言ってるので 近くで洗濯機短縮操作している嫁に聞かれてヤバいジジイがいるわ みたいに言われますが 麦茶の場合は仮想のグラスを手に持って上下に振るしぐさをします 何故なら大体急いで食べていて喉が詰まっているからです それをやると母親からもブチギレられていましたし今も嫁にもキレられます。いや俺が悪いんだけれども。 何が言いたいかと言えばなんだっけ 俺にとって実家は必ずしも帰りたい場所ではなかったのに それなら俺は何処に帰りたがっているのか? あ、だいぶ作品への感想にもどれなくなったので終わりますね失礼しました (お母さん、麦茶持ってきて)

2023-01-15

どうなのかな? 今まで的確な指摘を受けてこなかったというか 訓練された文章だとは思うし 読める 俺の読みは通らないとゆうか相性の問題かなと思って他も少し読んだが 詰まるところ読みが通らないように コーティングされている感じ 主観が強すぎるんじゃと俺のなかの ノブは言うんだけど 待て待てとも思うんだよね こう言った文章を推奨する場面も勿論あって一見言いたい事がわかるって感じを醸し出してはいるというか 減点されにくい文章というか つまり俺に関して言えば俺の中の意識がたち上がらない起動しない クオリアなんてもんがあるかどうかはわからないけど ビビってこないんだよね 技術そのものはあるし認識もしっかりしているので そうかも知れないなみたいな事を たくさん書いた方が共感を得られやすいのではとおもいました なんか感想になってなくてごめんなさい (お前)

2023-01-15

最初の部分はすごく丁寧に細かくリズミカルに書いている 確かに読んだ事のある進研ゼミでやった奴感はあるけど単純に上手さの方が優っているので嫌味な感じはないですね 後半は一つ一つのエピソードに対してどうかなと思うことは増えたな そうゆう人物像を敢えて書いてるならちょっと意図が分からない まあ、屋根裏部屋はみせれないんだろうけど、その見せれないと言う アレコレをこっちは知りたいんだから作品全体を倍ぐらいの長さにして 屋根裏部屋関連をアレコレしてほしかった 歌詞とかには良いかも しかしそうなると屋根裏部屋関連完全に要らなくなるけど (私の屋根裏部屋を、あなたに見せられないとしたら)

2023-01-14

コメントありがとうございます 結局パブロン開けてなくて 隔離見守り成功したみたいです (パブロンゴールドA)

2023-01-13

コメントありがとうございます 鈴木さんのコメントをよんで モノリスが木星に発する声のような 叫びのような振動を思い起こしました 傘泥棒では潮汐半径についてもコメントしていたので飛べないを読んだ時になんとなく続きなのかなとも感じたのです まあ違うかも知れないのですが (パブロンゴールドA)

2023-01-13

飛べないが傘泥棒のその後の2人を描いているかどうかはまぁ本当の処は分からないケドもしそうだとすれば どうかな?失敗してるかなという感じがする 嫌いではないけど 詩作品に於いて重要な事かどうかはわからないけど理解されない事というか サイコパス的な感じに近いのかもしれないけどメルヘンとゆうか美しいだけ とゆうか傘泥棒では書かれていたんだけど俺に言わせるととても優しい、しかし優しいだけの物語りとも言える ナイーヴは勿論そんな意味もあるけど だけど現実ではそんな世界は理解され難い現実に生きているということは そうゆうことでもあるんで だから結論とゆうか俺が言いたかったのはあの作品は優しさに閉じている作品で其れは二人がその後うまくいかない事もわかりきっている 核心にふれると寧ろあの作品には前日譚の様なものこそが完成に近づくというか読み手を選ぶ理解の及ばない世界に手が届く手法なのではと感じたんだよね 主人公の車の中トランクの中には遺体が処理された状態で置かれていて 実はそうゆう意味でもどうしようもない状態に置かれているみたいな 優しさナイーヴな世界が何故現実感が無いのか? 妄想的な物語りの訳というか なんかわかりづらいなったかな やはり文極であの時にコメントしとくべきだったな (パブロンゴールドA)

2023-01-12

コメントありがとうございます 所謂、形式は創作全般に於いて重要である事は疑う余地はないでしょうね 形式を知らなければ形式から離れる事も出来ないと感じます 本当に自由な文体なんてものがあるのかどうかは疑問ですね 結局は何処かに拠り所を求めている気がします お勧めの作品、鑑賞させていただきますね (パブロンゴールドA)

2023-01-08