Mサイズ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

Mサイズ    

インターホンが鳴っておれは配達されたピザを受け取りに玄関に出る 今夜はママが友達とお出かけで中学生の娘とおれはふたりでちょっとだけ贅沢することにした 配達員は帽子のつばを上げて自分の顔がおれにはっきり見えるようにした 初老の男でおれは見覚えがあるような気がしたが、いまは娘とふたりの時間を邪魔されたくない ピザ、と言ったきり、おれの言葉は続かなかった 男が突き出した腕に視線を落とすと、その先に握られた包丁はおれの腹を刺していた 抜いちゃダメだ、大量出血するから おれが生きているのは 環境におれを生かす目標があるからだ 目標の有無は意志とは何の関係もない 主体としての感覚があるかどうかなんてちっぽけな話をしているのではない 自己を主体とするモダニズムは運命を矮小化している 宇宙が意志を持つかどうかをおれは知らない おれを構成する細胞がおれの意志を知っていると思えないのなら、 おれが構成する世界の意志をおれが知らないのも当然だと思えるはずだ おれは20年前、大学のビルの屋上から飛び降りた 傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲、 地獄では罪の新作が創り続けられ、 その頃のおれの罪名は無力で守護天使は冷笑と軽蔑だった 飛び降りたおれは死ななかった 罪と罰があるというのなら、罰は天国製だ 若い女の看護師に優しく世話をされた病院のベッドでおれは おれの絶望はおれがモテないことが理由だったと気づかされた おれには絶望に到達する能力さえなかった 無力に与えられた罰は軽薄な希望だった 若い女の看護師がおれに優しかったのはそれがお仕事だったからだが、 それでも、おれには啓示だった 看護師の職業上の献身から、おれはいい人になればモテることを学んだ 親切と共感の作業を丁寧に続けることでおれは家族を持ち、 研究者としては凡庸な能力でもチームを組織して業績を上げた おれは利他が間接的な利己であることを明確に認識した そして、おれには自己犠牲の精神など微塵もないことを自覚した おれにはおれのパワーがあることを実感し、 生きているという状態が同時に生かされているという事態であることも了解した パパ―、まだー? リビングから娘の声が聞こえる おれは男に言った あなたのことは誰にも言わないから、このまま、帰ってください 男も言った 20年前、おれもパパだった おれにも娘がいた 大学のビルから飛び降りたおれが死ななかったのは通りがかった女子学生が下敷きとなって落下の衝撃を吸収してくれたからだった その女子学生がおれの代わりに死んだ 娘はおまえを生かすために死んだのではない おれにおまえを殺させるために娘は死んだのだ 抜くなよ、絶対抜くなよ 男はおれの腹から包丁を引き抜くと再び刺した 全部が当たりの黒ひげ危機一髪ゲームのように何度も刺した 環境の目標はおれを生かすことであり、 その目標を達成する手段としておれには死への恐怖が所与の条件として与えられている 包丁の刃がおれの腹に入るたびにおれは死にたくないと自動的に思った


ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

Mサイズ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 881.0
お気に入り数: 2
投票数   : 4
ポイント数 : 0

作成日時 2024-04-21
コメント日時 2024-05-18
#現代詩
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:881.0
2024/05/30 13時38分55秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Mサイズ コメントセクション

コメント数(12)
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-04-21)

なんかすげーのだけど、 洋楽の国内盤(いまだにCD買ってる酔狂なやつはそうはいない) のライナーノーツ、和訳された歌詞を読んでいるときのワクワクさがあった。 おれは...おれは...おれは...と「おれは」を連呼するたびに キーが上がっていく高揚感、 で、 おれは......何者なのだろうね、という。 犯罪者?

0
吸収
吸収
作品へ
(2024-04-21)

要点を絞るべきだと思いましたね 勿論、読み手に委ねるという書き方もあるのかも知れませんが、釈然としないというか 娘への愛なのか、因果律なのか、復讐心についてなのか現代社会への警鐘なのか、 この文章を映像化してくれと言われた時に 何処に重点を置くか迷ってしまうというか 俺なら復讐心に重点を置くんだけど、そうなるとやはり変わってくるよね標的が。 被害者に見えていない部分があることも勿論わかるけど正直いらない部分の膨らみが気になって昼1時間と夜しか眠れないですね まぁだけどわざとかもしれん、このもどかしさこそが芸風、所作というか ゼッケンワールドを形成しているのかも知れない、深入りすれば深淵を覗く事になる? かも知れないのでおやすみなさい WORST 前川 宗春

0
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-04-22)

罪と罰/生と死/そして天国と地獄/置かれた境遇から自らの死生観を敢えて客観的かつ冷静に語る人物によって、物語る場面は現実と非現実が交錯するように敢えて時間というイメージの枠から外れるわけです。現実に生命とは誰かによって生かされているという存在であり、死もまた誰かの生を繋ぎとめるという矛盾した目的がある。では運命とは一体何なんだ。という死生観がこの作品のテーマでしょうね。ドイツ人の美術評論家フランツ.ローの展示作品から借用すれば「冷静に現実を表現することによって現れる非現実」ということになるのでしょうか。この作品もそのようなマジックリアリズムの手法でイメージに置かれているわけです。

0
いすき
作品へ
(2024-04-23)

やばい!「おれは」の良さみ。。 「おれ」で書いたら文章が自然に崩壊しちゃうときあるんです。それにゼッケンさんの作品で流れる血は赤い。 赤いといえばWBC準決勝戦メキシコのユニフォームも赤かったのですが(強引すぎますかね…)、村上はWBCで打たなかったのでなく打てなかったと私は考えています。それはどうしてかというと、あのメキシコ戦でサヨナラを打つためなんです。だから、あの瞬間に村上は自分を愛するということを理解したんじゃないかあと、私は妄想しています。 ありがとうございます。。

0
ゼッケン
ゼッケン
おまるたろうさんへ
(2024-05-03)

ゼッケンです。おまるたろうさん、こんにちは。 >なんかすげーのだけど、 おまるたろうさんに「なんかすげーの」と言われた。ぶるぶる。震えきた。記念にもう一回再生しとこう。 >なんかすげーのだけど、 いい。何回聞いても法悦。で、 >犯罪者? と、突き放される。いい。これもいい。ここのくだり、ずっと繰り返し再生で耐久できる。 >和訳された歌詞を読んでいるときの あ、これは私の方に思い当たる節があります。わたしって若いときに本を翻訳SFしか読んでないから、翻訳文体が抜けないみたいです。

0
ゼッケン
ゼッケン
吸収さんへ
(2024-05-03)

「前川 宗春」、いただきました、ゼッケンです。吸収さん、こんにちは。けど、前川って、誰? WORSTは最初だけちょっと知ってる。月島花と梅干兄弟。クローズは読んだ。「刺せる男」とか「最強より最高」とか。前川宗春を検索してみると、あらちょっと、いい男が出てきたよ。これはもしかして高評価なのか?  >要点を絞るべきだと思いましたね 私の書く作品に要点などない。絞ったらね、何も残らないから。具なんかない。ほぼ水分。汁です。 >正直いらない部分の膨らみが気になって昼1時間と夜しか眠れないですね それは問題ねぇな!  >ゼッケンワールドを形成しているのかも知れない、深入りすれば深淵を覗く事になる? >かも知れないのでおやすみなさい いや、もうちょっと頑張ってよ・・・。

0
ゼッケン
ゼッケン
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-03)

>この作品もそのようなマジックリアリズムの手法でイメージに置かれているわけです。 マジックリアリズムって言葉の響きが抜群に憧れの対象。サイバーパンクとかも憧れる。なんかそういうジャンル名欲しいな、わたしも。 >生命とは誰かによって生かされているという存在であり、死もまた誰かの生を繋ぎとめる ぐわ。かっこいい。私の終わりは誰かにとっての始まり。これってきっと、もののけ姫でも言ってた。生態系の循環構造こそを生命そのものとみなすのなら、個人の運命もきっとそうだ。運命共同体や宇宙船地球号とは別の観念である。

0
ゼッケン
ゼッケン
いすきさんへ
(2024-05-03)

>赤いといえばWBC準決勝戦メキシコのユニフォームも赤かったのですが(強引すぎますかね…) 強引。だが、それがいい。ゼッケンです、いすきさん、こんちは。押してダメならもっと押す。前進あるのみ。愛深きゆえに。 >村上はWBCで打たなかったのでなく打てなかったと私は考えています。それはどうしてかというと、あのメキシコ戦でサヨナラを打つためなんです。だから、あの瞬間に村上は自分を愛するということを理解したんじゃないかあと、私は妄想しています。 これはまさに「あなたの人生の物語」(テッド・チャン)。運命を愛せ。

1
エイクピア
作品へ
(2024-05-10)

配達員に刺されると言う衝撃的な展開。飛び降りた過去。走馬灯ではないと思いました。抜くなよ、血が噴き出るからと言う、現実感のないフレーズ。死にたくはない自分。娘の存在とは何か。存在を凌駕する俺の思い。詩が俺の思いで支えられていると思いました。

0
ゼッケン
ゼッケン
エイクピアさんへ
(2024-05-11)

>存在を凌駕する俺の思い。 熱い男だね、エイクピアさん。こんにちは、ゼッケンです。「思い」が「存在」を凌駕するという命題は簡単に口にしちゃうとコマーシャルになっちゃうけど、でも、やっぱりわたしたちが書き続けるのは、その証明にあるんだろうという気がする。作中に「自己犠牲」という単語が出てくるけど、わたしはそれを「情熱」と見ています。

0
黒髪
作品へ
(2024-05-11)

現実を超える観念について書いてある詩だと解釈しました。 あらゆる悲惨が、運命的である、ということを、記述されていると。 もし、「おれ」が自殺を試みなければ……等の仮定をしてしまいます。 実際に報いを受けるのは、観念ではなく、行動ゆえである、しかし、行動を止めるのは観念である、 あるいは意志であると知らねばなりません。意志が自分にあると自覚しない場合、愚かな行為へと 導かれます。無明のために、悲惨が起こり、それは当然の帰結であると。 私は、まだ覚悟ができていないため、人々の運命を変えたいと思います。宿命は、決して変えられませんが、 運命は変えられるのです。その範囲にある自由意思です。世界像は、自由意思の宇宙との調和のために、 存在しています。人に殺されたとしたって、モテようと意識され、娘さんまで設けられた。 きちんと、自分の人生を生き、まっとうされた。どこに狂ったところがあるでしょう。 唯一戦争のみは、運命を狂わせます。否応もなく巻き込まれる。というわけで、国際的に、 戦争放棄へと向かっています。まだ、この世界の平和の中で、災禍なく良心を自覚して、 反省の時間的猶予が与えられることを。私は、精神病との決死のクロスゲームを行っており、 時間についてこだわりがあります。待つことが、とても難しい。運命について、思考を 巡らさせてもらったので、感謝いたします。

0
ゼッケン
ゼッケン
黒髪さんへ
(2024-05-18)

コメントがすでに詩。黒髪ワールドです。ゼッケンです。こんにちは、黒髪さん。 どこからお返事しようかと考えてみましたが、分析的に答えるのもなんか違うのかなと思い至りました。 人間は命を懸けてこの瞬間を生きている。どのような運命であっても、それは結果論であり、振り返った過去にしか運命は存在しない。そういう意味ではいまを生きる人間に運命は存在しないのでしょう。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1