わたしたちの攻撃 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

わたしたちの攻撃    

ゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔん ごらんくださいこれがオマンコです そうですわたしの頭上にあるものです あるいは花をさかせる丘の上に佇むライオン あるいはこどもの頃に浸かった温かい潮騒 start up////start up////start up//// ガラス瓶のような朝に耽溺しながら起床する。或いはわたしは幼児だったかもしれないし用事があったのかもしれなかった。/螺旋階段を落ちるようにしてバターをジャムに塗りジャムをパンに塗る。唸りをあげるのはわたしの脳内。もしかしたら世界のすべて。 /バレエを踊るように(ニジンスキーみたい。競走馬?バレリーナ?どちらも)ばねを弾けさせるように筋肉を爆発させるように倒れ込む。わたしって何だった?世界と接続する。巨大な石。 shut out ////shut out////shut out//// ゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔん オマンコ              わたしたちの牧歌的な草原にあれが浮いています                   排除するというわけにもいくまいなあ                                             ぐわあと襲ってきそうでとても怖いのです オマンコ                   (或いは襲われたかったのかもしれない)                   だれが襲われたかったのでしょうか                     オマンコは襲いたいのです すべてを                     幼いおちんちんの去勢 言葉としての禁忌 オマンコ                   あの夏に見たのですよ わたしは                   おおきなそれがわたしを包んでゆく そして持って帰る start up////start up////start up//// 爆弾で弾かれたように起床する。ここは床?ベッド?わたしは異邦人?家の住人?レモン色の壁が眼球をファックしてくるので急いで目をこする。脳は丸善の棚なのだろうか。/かきをすすりこむ。果物だったろうか。貝だったろうか。海の味を彷彿とさせる甘い香りがしゃくしゃくとすする。ゼリー状の種をごくりと飲み込みながらあの日のオチンチンについて思いをはせるのだった。 //// あのときわたしは一介の人形に過ぎなかった                             あのひとはなんと応えたろうか                わたしがオチンチンになりたかったなあ       あるいはオマンコの見る夢 //// オマンコってよいものだったかな。まあ、攻撃に使っているだけなので。 shut out////shut out////shut out//// ゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔんゔん かえってきましたか おかえりなさい オマンコですよ 頭を突き出して        ガブッ



ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

わたしたちの攻撃 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 892.4
お気に入り数: 0
投票数   : 4
ポイント数 : 0

作成日時 2024-04-21
コメント日時 2024-04-26
#現代詩 #歌誌帆掲載応募 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:892.4
2024/05/30 14時34分44秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

わたしたちの攻撃 コメントセクション

コメント数(9)
黒髪
作品へ
(2024-04-21)

ロックしてますね。詩を書いて、良いカルマを増やすと、物事の価値が、自然に高くなっていきます。 そこに参加している現実を思えば、また次のページをめくる手が、喜びに震えています。

1
1.5A
作品へ
(2024-04-21)

丸四角から初めの3行を読んだ(見た)ときあまり食指が動かなかったのですが、それでも長い間眠っていた人が花のように目をさまし偶然机の中にタイムマシンを見つけてレバーやメモリを適当にいじったら歪んだ時計を後目に未来にとんで行ってしまって、そこで見聞きしたものによって(その人の)頭のなかが一気にリライトされていく感覚がありました。初めの印象と反する作品だと思いました。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-04-21)

たいがいのウケ狙いポエムに対しては容赦なく「おまえ、寒いで」と返すわたしですが、ウケ狙いでも「うへぇぇ...」っていうレベルにまで到達していたら、称賛しますよ。その用意はある。それ以外はディス一択。 それでこの作品ですが、おもしろかったですね。座布団一枚もってきてあげたい。反知性主義的じゃないところがいい。きっと英詩に通じてらっしゃる。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-04-22)

ちんちんの考察があるのだからおま●こ(書けねえや)の考察があっても言い訳だけど、考察までは到達していないのでちんちん考察に対する受け入れの準備段階。返答のようなものでしょうか。文字形式などもよく考えられていて、僕は逆に知性を感じてしまってちょっと抵抗感がありますね。

1
ハツ
ハツ
作品へ
(2024-04-22)

好きな作品でした。例えば下に引用した部分でいうと > ガラス瓶のような朝に耽溺しながら起床する。或いはわたしは幼児だったかもしれないし用事があったのかもしれなかった。 >ガラス瓶のような朝に耽溺しながら起床する。 は現実を感覚的に言葉にしたもので、 > 或いはわたしは幼児だったかもしれないし用事があったのかもしれなかった。 引用部分全体で見ると、朝起きてその日は用事があったかもしれないし、なかったかもしれない、でもそもそもそんなことは幼児には分からないし、わたしは本当は幼児であるかもしれない。わたしが本当にわたしという人間であるのかはわからないという胡蝶の夢のような要素を感じました。 作品全体を通して浮遊感や内面の混乱のような要素が強くて、私はそのような作風が好きなのでおもしろく読ませていただきました。おまるたろうさんやメルモsアラガイsさんが上でおっしゃっているように、知的さを感じさせるような理知的な書きぶりだと思います。他に書かれたのも読んでみたいので、過去作も読ませていただきます。長々と失礼しました。

1
いすき
作品へ
(2024-04-23)

すみません!あとでまた熟読しますがヤバみを感じました。。。

1
田代ひなの
田代ひなの
作品へ
(2024-04-26)

一読してみて、衝撃的な内容でびっくりしました(⁠☉⁠。⁠☉⁠)⁠! おま◯こから始まる奇想天外なファンタジーみたいな……。 下ネタと思われる表現を芸術的に表現できる技術がすごい!一見わけわからない感じの表現でも引き込まれてしまう…、そんな不思議な感覚がありました(⁠θ⁠‿⁠θ⁠)

1
A・O・I
作品へ
(2024-04-27)

>オマンコってよいものだったかな。まあ、攻撃に使っているだけなので。 今月やたらシモの詩が多かったが、この詩は橙色さんのアレに対する詩の感じ。まあわたしの先入観なのでしょうが。言葉遊び的なところ、檸檬丸善爆弾といった、梶井を彷彿とさせる部分といった、手法 をこの作者なりにさっと仕上げたようで、アレに対しての、作者なりの攻撃なのかも知れません。しらんけど。この手のシモ系統は知的に添うより、衝動的なものが、とっつきやすい。けどこれは見せ方もクドくもなく、センスあるとは思いました

1
エイクピア
作品へ
(2024-05-10)

方言としての女性器。但し大阪方便と言うのか、関西方便は、人口の多い地帯の方言なので、相当な市民権を得ているような気がします。最後、ガブッと食べたのか食べられたのか、あやふやなまま、この詩は終わります。オマンコ特急と言う気がしました、この詩から受ける印象と言う事では。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3