天球の移ろい - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

天球の移ろい    

 深夜に一人起きていると、世界が自分ひとりのものに感じられる。みんな寝静まり、市道を通る車の走行音も無い、自分だけの歩行者天国。赤信号を渡ってみてささやかな背徳感はいとくかんを感じる。逃げも隠れもできない明るい街道を歩きながら、いま渡った横断歩道を振り返るのがふと怖くなる。でもなぜか嬉しい、公共の場からヴェールの向こうの世界に逃げ込めた気がするから。  糸車を回すみたいにそんなことを思いながら、苦情を言われないようそっと共用廊下を歩く。誰も起きてないから余計に足音が反響して聞こえる。  帰ると、電気を消したままカーテンを少しだけ開ける。中心部のビル群が遠く光って、フェルメールくらいの小さな夜景が見られる。寝間着に着替えて、スーパーで買ったワインをコップに半分だけ注ぎ、オレンジジュースをもう半分満たしてカクテル風にしてみる。アルコールはそんなに好きじゃないけどジュースでは物足りない。目を閉じてちびちびと飲んでいく。舌で甘いのと苦いのを交互に感じながら、紫とオレンジ色が湧き上がってくる。赤と白のビルの光が明滅する夜景を背景に、静けさと甘味と酒精とが水彩を成す。  足元に廊下の冷気が水飴みずあめになって足元にまとわりつくと腹の底に猫が丸まって血管を甘みする。ベッドで寝ようと思い照明のスイッチに手を伸ばす。スイッチを押した、と思ったところで椅子に座っていることに気づく。もう一度押してみてもやはり、椅子にリセットされている。いけない、と思いながらサボテンの水やりを忘れていたと思い出した。にわかにサボテンが怒って窓から夜空に飛び出した。旅客機の空路に飛び出したら事故になってしまう、と慌てて追いかけながら、とはいえ追いかける側が事故を起こしてはいけないと思いビルの航空障害灯に向かって飛んでいく。  飛ぶのにはコツがいる。へその下の丹田を意識しながら生徒指導室に呼び出されたみたいに全身を緊張させると良い。すると地球の重力から外れて、月光のもと浮遊。目的地が目に乱反射する。 旧家の瓦に足をとられながら剥離した冬の大三角、下の一角はスカイツリーの光で鉄骨を抱擁ほうようする。空隙くうげきが夜空の地図を侵食し,からすらが夜目で三虫を抓むつまむ。観察は異形いぎょうを招き、ことわり癒着ゆちゃくし、かくして伝燈でんとうは青く明滅する。月は西の空に傾いた。 天井にガラスの音がきらめいて、空気のもやを一筋晴らす。電球のフィラメントへと落雷し、 烟るけぶる響きを部屋に灯して、破片には白磁はくじの波紋 夜明け前 朝霧越しに青が漂う サッシから朝日が注ぎ 気流湧く 光の軌跡 金ぎの部屋 舞うほこり 星座の化石 透き消え 結露の玉 落涙らくるい 描線びょうせんのグラス すじ雲 半鐘はんしょう 羽ばたいて 撃鉄 打ち下ろし 神経 発火して 氾濫はんらんする血潮ちしお 胸が白く焼ける スマホの目覚ましに感じる指先 心拍が時計の振り子を追い越す 靴下越しに、割れたグラスがふち取られ 剣山のような水道水で顔を洗い、化粧水を適当につける。 電車を何本遅らせられるか頭の隅で考えながら、寝癖を直す。 IDカードだけは私を私と証明するのに必要だからしっかりカバンに入れる。 早起きしたほうがいいとはわかっていても,深夜の空気が好きだから悩ましい。  そして折り畳み傘を干し忘れてたのに気づく。傘のひだの一層ごとに天の微生物が繁殖していることだろう,雨の中にも生態系があるらしいから。時間がないので気づかなかったことにする。  おとといの残り物をレンチンして食べて自分の細胞たちをプラスチックと電磁波で再構成。この前行ったカフェの観葉植物は造花だったなあ,私もいつか永遠の命を得られるのか。  後で鍵をかけたか不安にならないように,鍵越しに掛け金が打ち下ろされる感覚を指先に覚えさせて出かける。

scroll


作成日時 2022-05-04
コメント日時 2022-05-22

天球の移ろい ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 967.4
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 13
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性30
前衛性10
可読性10
エンタメ00
技巧40
音韻10
構成30
総合ポイント130
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性0.50.5
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧22
音韻0.50.5
構成1.51.5
総合6.56.5
閲覧指数:967.4
2022/07/07 19時22分26秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

天球の移ろい コメントセクション

コメント数(7)
三浦果実
作品へ
(2022-05-11)

飛ぶ夢をみたいと思ったら飛ぶ夢を確実にみることが出来た頃のことを読んで思い出しました。丁寧に書かれていて、それが最後までキープされていて好感。読者への明け透けな読み入れへのフックを作品構成にもたせていて、中間にあるブランクが効果ある使い方。

1
ささら
ささら
作品へ
(2022-05-12)

そう言っていただけて幸いです!ありがとうございます。(私は夢でもなかなか飛べません) 自動筆記から散文や短歌などをつなげられないかなあと思って書きました。 どの分野も上手ではないので、とりあえず繋がってるキメラ状態ですが、ひとまず満足しています。

0
ryinx
作品へ
(2022-05-12)

夜の非日常的な感覚でしょうか。題材に親近感のようなものを感じました。描写に対しては少しつっかえてしまう箇所が幾つか、「フェルメールくらいの」「夜景」、紫、「(赤)ワイン」と「オレンジジュース」の組み合わせ等。一度最後まで読み終えて、タイトルを読んで、後半部の間の開け方、夜の天球を意識されているのかなって思いました。チカチカするような光の描写は天球の線を辿って夜から朝に繋がっているのかなって思いました。書き出しがいいですね。環境音楽を聴きながらコメントを書いています

1
ささら
ささら
三浦果実さんへ
(2022-05-12)

そう言っていただけて幸いです!ありがとうございます。(私は夢でもなかなか飛べません) 自動筆記から散文や短歌などをつなげられないかなあと思って書きました。 どの分野も上手ではないので、とりあえず繋がってるキメラ状態ですが、ひとまず満足しています。 ※コメントの宛先を間違えてしまいました。申し訳ありません。

0
ささら
ささら
ryinxさんへ
(2022-05-12)

多々好意的に受け取ってくださりありがとうございます。 そうですね、普通の語り口が段々と非日常の領域に移って、朝を迎える、そしてまた日常に戻る、というのを書きたかった次第です。 ご指摘めちゃくちゃ嬉しいです、ありがとうございます。 >>描写に対しては少しつっかえてしまう箇所が幾つか、「フェルメールくらいの」「夜景」、紫、「(赤)ワイン」と「オレンジジュース」の組み合わせ等 書いている時は、夜景だし絵画みたいに色彩豊かにしたいなと無邪気に思ってました...、あと寝落ちする場面だし色や味覚を混濁させたいなとも。今後に活かします。

1
ryinx
作品へ
(2022-05-21)

書き出しの流れは読み手を作品に引き込み、つぎ、 「糸車を回みたいに」から色彩、(陶酔)眠り、のような空間にはいって、 「足元に廊下の冷気が水飴になって」のような、 改行のはじまりの文章がきれいだと思う。 その後のスイッチを押したと思ったらに 「椅子にリセットされている」のは半覚醒か、入眠時幻覚のように思える。 空白の周辺の描写には光だけでなく音も感じます。 こういった変則的な描写をするのは、とても技量のいる事なのではないかと思う。 「IDカードだけは私を私と証明するのに必要だから」 こういった所も不思議と印象に残り、それでいて飾る事のない (力の抜き方かもしれない)文章の書き方に惹かれます

1
ささら
ささら
ryinxさんへ
(2022-05-22)

 再コメントありがとうございます! 作品の意図するところを的確にくみ取っていただいていてうれしく思います。 >>空白の周辺の描写には光だけでなく音も感じます。  実はこの作品の中で最初に書き出したのが空白の手前部分で,そこにつながるように前後を書き足していきました。当初はそこ単体で仕上げるつもりで,音に焦点を当てていました。 >>「足元に廊下の冷気が水飴になって」のような、改行のはじまりの文章がきれいだと思う。 >>その後のスイッチを押したと思ったらに「椅子にリセットされている」のは半覚醒か、入眠時幻覚のように思える。  現代詩っぽくなる段の手前の部分であり,どう描くか悩みました。散文の比喩を自由にしていくのを意識しましたが,入眠というアイデアをとったのは軽率だったかもと読み返して思っています。 >>書き出しの流れは読み手を作品に引き込み、 >>こういった所も不思議と印象に残り、それでいて飾る事のない(力の抜き方かもしれない)文章  前半の書き出しと最後の散文は,日記ではないですけれど個人的つぶやきも混ぜた私詩となっています。自分の中に長文で書けるようなことがまだこれくらいしかなかったのかもしれません。そのように受け取っていただいたこと,とても勉強になります。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2