来訪者 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

来訪者    

いつものように歩いていたのに いつものように犬と散歩していた夜に いつもは足を止めもしない場所で 足が歩みを止めて犬が不思議そうに 足のまわりをくるくると回っている 線路下の細い道が口を開けて夜を 吸い込んでいる、あの先にはカエルの 墓がある、湧き水の池のほとり 幼い頃に友たちと戯れにいたぶり 殺したカエルの墓がある 友たちのひとりが、皆が帰った後に 石の上に叩きつけられたカエルを 池にかえしていた、私に気がつくと カエルのお墓はみずのなか、と笑った ちゃぽん、と水が打たれて響いた 彼とはもう会う事はないだろう 風の噂に九州辺りで台風の日に 貯水槽に落ちたとか、そもそも 顔すら思い出せない色白の少年 カエルのお墓はみずのなか 半袖半ズボンからのびた白い手足 斑ら地のカエルの頭が首から上に乗っている 月の寒い夜には境を越えて彼はやってくる ぐるぐるぐると喉を鳴らしている そら、道の暗がりから 手が出た、足が出た、白がはえる、はえる カエルがはえる、犬が吠えた いつものように足が歩みを止めれば お前が吠えてくれるのだ 月の寒い冬の道にはまた暗がりだけが横たわり いつものように私は犬にひかれて歩き始める 顔すら思い出せない幼い日の友だちの白い 面影はあの月の横顔のように満ちては欠け またあらわれるだろう、思い出せない 笑みをたずさえて、境い目を漂う、貌 カエルのお墓はみずのなか

scroll


作成日時 2020-11-22
コメント日時 2020-12-15

来訪者 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1404.8
お気に入り数: 5
投票数   : 2
ポイント数 : 25
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/03/09現在)投稿後10日間
叙情性65
前衛性11
可読性44
エンタメ00
技巧76
音韻32
構成43
総合ポイント2521
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性0.30
可読性10.5
 エンタメ00
技巧1.81.5
音韻0.80
構成11
総合6.36.5
閲覧指数:1404.8
2021/03/09 06時08分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

来訪者 コメントセクション

コメント数(16)
アオ
作品へ
(2020-11-22)

暗い雰囲気の作品ですね。カエルのお墓が作品を薄暗く覆っているところが好きです。主人公の淡々とした視線も素敵です

0
湯煙
作品へ
(2020-11-22)

みずのなか(水、見ずのなか はえる(生える 映える  這える 吠える。水面に映る顔、貌、月を水面をのぞき見上げているような感覚になりますし、カエルのお墓はみずのなかと波紋のように置かれた詩文と終わりも余韻がありました。 白い少年の存在と遠い記憶と響き。暗がりだけの夜の訪れにじっと佇んでしまうようでした。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
作品へ
(2020-11-22)

背筋がゾクリとするような作風だと思いました。顔を思い出せない友達は本当にいたのでしょうか。わたしの中でもその、友達のくちから上は見えませんでした。犬が吠えてまた現実が戻ってきても、きっと隙をみて非現実はするりと入り込んでくるのだろう、そう感じました。

0
クヮン・アイ・ユウ
作品へ
(2020-11-22)

素晴らしい作品ですね。影の輪郭を縁取る線のような、どこか童謡のようにも読み取れるフレーズ。意識的な配置と思わせる数々の心地よい音感の言葉。 音楽を聴いた印象も抱きました。それでいてやはり詩だなぁという幸福感も連れて来てくれる作品です。とても好きです。 三連目の「カエルの墓」というワードを初読で受け取った瞬間に、故郷に関する作品なのだなと思われて何故だか嬉しく感じました。

0
宵月
作品へ
(2020-11-23)

怖くて神秘的ですね。 カエルと顔の思い出せない友達はひょっとして同じ存在なのかなと感じてしまいました。 カエルのお墓は水の中、この繰り返しに怖いけど、綺麗な響きと、それゆえに一層顔を思い出せない友達への思いを想像します。 犬が現実へと戻してくれる、それに少しホッとしながらも、犬がいなかったらどうなるんだろうかとも考えてしまう、綺麗で怖い詩ですね。

0
帆場 蔵人@⚰
アオさんへ
(2020-11-30)

暗い、呑み込まれるような夜を歩いていただいたとしたら嬉しく思います。

0
帆場 蔵人@⚰
湯煙さんへ
(2020-11-30)

水と記憶というのは何か相性がいい気がしますね。後、怪談と言えば水。昔、噺家さんが怪談会などで水滴の音を流したりしたそうですね。波紋がひろがるように聴いた人の記憶か、何かに触れられたらいいなぁ、と思います。

0
帆場 蔵人@⚰
二ノ宮橙子さんへ
(2020-11-30)

顔が思い出せない、とかそう言われてみればいたような、という体験が結構あります。僕はどうもあまり人の顔が覚えられないようで、しかしもしかしたらそもそも、そんな人いないのかもしれない,とまでいうと怪談的過ぎますかね。怪談や何か恐ろしいものに惹かれます。また詩で色々と書いてみたいと思っています。

0
帆場 蔵人@⚰
クヮン・アイ・ユウさんへ
(2020-11-30)

懐かしいような振り返りたくないような思い出、そう言えば故郷の話、ですね。この詩からそういう要素を引き出されたクヮンさんの感性は鋭いと思います。

1
帆場 蔵人@⚰
宵月さんへ
(2020-11-30)

ちょっと犬が吠えた、の後の二行は描きすぎたかなぁ、と思いつつも犬がいなければ飲み込まれちゃったでしょうね。僕自身は猫派なんですが。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-12-01)

顔すら思い出せない幼い日の友だちの白い 面影はあの月の横顔のように満ちては欠け またあらわれるだろう 郷愁でしょうか。 学友という言葉を思い浮かべました。

0
帆場 蔵人@⚰
田中宏輔さんへ
(2020-12-09)

月日が過ぎるのは早いもので、ご指摘のようにこれはやはり郷愁なのだと思います。過ぎれば過ぎるほど定かでなくなっていくのにおぼろげに視界の端にちらつくように、ふいにあらわれる。コメントありがとうございました。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-12-10)

いつもの散歩であるはずだったのに、ひょんなことからいつもとは全く違う散歩になってしまうことってありますね。カエルといえば水と陸地を生きる両生類の代表格、あの世とこの世、自我と無意識などの境界を行き来するものなので、こういうことがあっても不思議ではないかもです。あ、ひょんなことからというよりピョンなことからでした。

0
杜 琴乃
作品へ
(2020-12-10)

本文を読んでなんとなく読めた気でいたらタイトルを振り返って顔面パンチを受けた気分になりました。脳がくらくらしちゃう衝撃の事実。なぜって、本文を読んで「見送る」詩だと感じていたのに、「来訪者」! 過去の悪気無くいたずらに生き物を殺めてしまった記憶に今更後ろめたさを感じているような、じっとりとした嫌な空気を感じました。次々に嫌なことを思い出して闇に引きずりこまれそうなところを、犬が引き戻してくれるというのも良いです。この肌の白い友達はそもそも普通の人間だったのかさえ危ういなぁと思ってしまうのは、最近すっかりはまった怪奇小説のせいですね。 この場所は訪れた人によって異なる怪奇を見せる場所なのかな。場所が主体だから「来訪者」なのかなぁなどと考えてみました。 実は私の通勤路にも「線路下の細い道」があって、その先に貯水池があります。夜は暗くてなかなか良い雰囲気なんですよ。

0
ryinx
ryinx
作品へ
(2020-12-15)

波紋、という言葉が浮かびました。 ちゃぽんと音をなして、余韻にとり残される、 ひとりでそれを聴いている あるいはただじっと観ている。 そんなイメージが浮かびました かつて人の祖先はみずのなかを漂っていたそうです。

0
ryinx
ryinx
作品へ
(2020-12-15)

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2