来訪者 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

来訪者    

いつものように歩いていたのに いつものように犬と散歩していた夜に いつもは足を止めもしない場所で 足が歩みを止めて犬が不思議そうに 足のまわりをくるくると回っている 線路下の細い道が口を開けて夜を 吸い込んでいる、あの先にはカエルの 墓がある、湧き水の池のほとり 幼い頃に友たちと戯れにいたぶり 殺したカエルの墓がある 友たちのひとりが、皆が帰った後に 石の上に叩きつけられたカエルを 池にかえしていた、私に気がつくと カエルのお墓はみずのなか、と笑った ちゃぽん、と水が打たれて響いた 彼とはもう会う事はないだろう 風の噂に九州辺りで台風の日に 貯水槽に落ちたとか、そもそも 顔すら思い出せない色白の少年 カエルのお墓はみずのなか 半袖半ズボンからのびた白い手足 斑ら地のカエルの頭が首から上に乗っている 月の寒い夜には境を越えて彼はやってくる ぐるぐるぐると喉を鳴らしている そら、道の暗がりから 手が出た、足が出た、白がはえる、はえる カエルがはえる、犬が吠えた いつものように足が歩みを止めれば お前が吠えてくれるのだ 月の寒い冬の道にはまた暗がりだけが横たわり いつものように私は犬にひかれて歩き始める 顔すら思い出せない幼い日の友だちの白い 面影はあの月の横顔のように満ちては欠け またあらわれるだろう、思い出せない 笑みをたずさえて、境い目を漂う、貌 カエルのお墓はみずのなか

scroll


作成日時 2020-11-22
コメント日時 2020-12-15

来訪者 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1940.3
お気に入り数: 4
投票数   : 2
ポイント数 : 25
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性65
前衛性11
可読性44
エンタメ00
技巧76
音韻32
構成43
総合ポイント2521
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性0.30
可読性10.5
 エンタメ00
技巧1.81.5
音韻0.80
構成11
総合6.36.5
閲覧指数:1940.3
2023/02/09 08時02分24秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

来訪者 コメントセクション

コメント数(16)
アオ
作品へ
(2020-11-22)

暗い雰囲気の作品ですね。カエルのお墓が作品を薄暗く覆っているところが好きです。主人公の淡々とした視線も素敵です

0
湯煙
作品へ
(2020-11-22)

みずのなか(水、見ずのなか はえる(生える 映える  這える 吠える。水面に映る顔、貌、月を水面をのぞき見上げているような感覚になりますし、カエルのお墓はみずのなかと波紋のように置かれた詩文と終わりも余韻がありました。 白い少年の存在と遠い記憶と響き。暗がりだけの夜の訪れにじっと佇んでしまうようでした。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
作品へ
(2020-11-22)

背筋がゾクリとするような作風だと思いました。顔を思い出せない友達は本当にいたのでしょうか。わたしの中でもその、友達のくちから上は見えませんでした。犬が吠えてまた現実が戻ってきても、きっと隙をみて非現実はするりと入り込んでくるのだろう、そう感じました。

0
クヮン・アイ・ユウ
作品へ
(2020-11-22)

素晴らしい作品ですね。影の輪郭を縁取る線のような、どこか童謡のようにも読み取れるフレーズ。意識的な配置と思わせる数々の心地よい音感の言葉。 音楽を聴いた印象も抱きました。それでいてやはり詩だなぁという幸福感も連れて来てくれる作品です。とても好きです。 三連目の「カエルの墓」というワードを初読で受け取った瞬間に、故郷に関する作品なのだなと思われて何故だか嬉しく感じました。

0
宵月
作品へ
(2020-11-23)

怖くて神秘的ですね。 カエルと顔の思い出せない友達はひょっとして同じ存在なのかなと感じてしまいました。 カエルのお墓は水の中、この繰り返しに怖いけど、綺麗な響きと、それゆえに一層顔を思い出せない友達への思いを想像します。 犬が現実へと戻してくれる、それに少しホッとしながらも、犬がいなかったらどうなるんだろうかとも考えてしまう、綺麗で怖い詩ですね。

0
ほば
アオさんへ
(2020-11-30)

暗い、呑み込まれるような夜を歩いていただいたとしたら嬉しく思います。

0
ほば
湯煙さんへ
(2020-11-30)

水と記憶というのは何か相性がいい気がしますね。後、怪談と言えば水。昔、噺家さんが怪談会などで水滴の音を流したりしたそうですね。波紋がひろがるように聴いた人の記憶か、何かに触れられたらいいなぁ、と思います。

0
ほば
二ノ宮橙子さんへ
(2020-11-30)

顔が思い出せない、とかそう言われてみればいたような、という体験が結構あります。僕はどうもあまり人の顔が覚えられないようで、しかしもしかしたらそもそも、そんな人いないのかもしれない,とまでいうと怪談的過ぎますかね。怪談や何か恐ろしいものに惹かれます。また詩で色々と書いてみたいと思っています。

0
ほば
クヮン・アイ・ユウさんへ
(2020-11-30)

懐かしいような振り返りたくないような思い出、そう言えば故郷の話、ですね。この詩からそういう要素を引き出されたクヮンさんの感性は鋭いと思います。

1
ほば
宵月さんへ
(2020-11-30)

ちょっと犬が吠えた、の後の二行は描きすぎたかなぁ、と思いつつも犬がいなければ飲み込まれちゃったでしょうね。僕自身は猫派なんですが。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-12-01)

顔すら思い出せない幼い日の友だちの白い 面影はあの月の横顔のように満ちては欠け またあらわれるだろう 郷愁でしょうか。 学友という言葉を思い浮かべました。

0
ほば
田中宏輔さんへ
(2020-12-09)

月日が過ぎるのは早いもので、ご指摘のようにこれはやはり郷愁なのだと思います。過ぎれば過ぎるほど定かでなくなっていくのにおぼろげに視界の端にちらつくように、ふいにあらわれる。コメントありがとうございました。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-12-10)

いつもの散歩であるはずだったのに、ひょんなことからいつもとは全く違う散歩になってしまうことってありますね。カエルといえば水と陸地を生きる両生類の代表格、あの世とこの世、自我と無意識などの境界を行き来するものなので、こういうことがあっても不思議ではないかもです。あ、ひょんなことからというよりピョンなことからでした。

0
杜 琴乃
作品へ
(2020-12-10)

本文を読んでなんとなく読めた気でいたらタイトルを振り返って顔面パンチを受けた気分になりました。脳がくらくらしちゃう衝撃の事実。なぜって、本文を読んで「見送る」詩だと感じていたのに、「来訪者」! 過去の悪気無くいたずらに生き物を殺めてしまった記憶に今更後ろめたさを感じているような、じっとりとした嫌な空気を感じました。次々に嫌なことを思い出して闇に引きずりこまれそうなところを、犬が引き戻してくれるというのも良いです。この肌の白い友達はそもそも普通の人間だったのかさえ危ういなぁと思ってしまうのは、最近すっかりはまった怪奇小説のせいですね。 この場所は訪れた人によって異なる怪奇を見せる場所なのかな。場所が主体だから「来訪者」なのかなぁなどと考えてみました。 実は私の通勤路にも「線路下の細い道」があって、その先に貯水池があります。夜は暗くてなかなか良い雰囲気なんですよ。

0
ryinx
作品へ
(2020-12-15)

波紋、という言葉が浮かびました。 ちゃぽんと音をなして、余韻にとり残される、 ひとりでそれを聴いている あるいはただじっと観ている。 そんなイメージが浮かびました かつて人の祖先はみずのなかを漂っていたそうです。

0
ryinx
作品へ
(2020-12-15)

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2