┣演技演骨┳えんぎえんこつ┫ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

演技演骨えんぎえんこつ    

ぎえんぎえんと 机を叩き鳴らしたら 縦に真っ二つ、 コナラの木が割れてしまいましたの  -いいですかみなさん  -ひそやかにはなしかけています  -いま、あなただけに  -ねぇ、この人に何があったのでしょうかって   確認するために  -いまどきね、100円を入れて   受話器から確かめる必要のない   情報の、おはなしをしますよ  -単純に考えて切手代よりたかくないです  -ええ、雨上がりの靴先が、   けばけばしくぬれておりますので、   ガソリンをあたまからかぶってしまわれたように   にじいろの肺がおもたく、   長くしゃべれませんし、   調子が悪くなってしまって、黄色痰がとまりませんけれども  -…もうすこし、簡単な言葉で言ってくださいな  -簡単なアンケ-トすら、意図をまちがえて   こたえられてしまうんですよ、あなたは  -おなじ言葉ですらすれちがってしまうのに   あいさつをしたかしないかで   見分けてしまうんですよ、あのひとたちは   -くすくす  -絵にかき起こした訳でもないのでしょう  -長すぎてまとまりのない文章を   小さな声で呟かれましてもね  -明日の朝には、聞き流されて、忘れ去られてしまいますわね  -いいえ、今日の夕餉までには空に消えてしまいますわ  -いいえ、今日のお昼ご飯の方がおいしかったですわ  -いいえ、そういう話をしているんじゃなくて  -いいえ、そういうあなたの話し方がとてもよくわからないので   秋が深まってまいりましたね  -そうですね、これから一緒に、いまだ、聞き覚えのない語尾で、 食卓を囲み、奏でながら  カタカタと骸骨さんの、   下あごが揺れている   揺れている下あごは、   一時的につなぎとめた木綱のことですので        …これは既に描かれた脚本でございますから     あとから書き加える事は誰にも許しておりませんのよ    役者なんてどこにもいらないんですわ     解釈してしまう演じ手なんて      声はシガレットの薔薇のように       燃え尽きてしまえばいいので        考える余地はどこにもないのですよ     楽譜に書いてある音程と姿勢を再現することが何よりもすばらしいことなんですよね      コンテストにも       コンテクストが重要だという事で        誰もあてにならないですね         それだけを思えば、なにをしても自由なのでしょうか          感性に従うことや反骨精神に群がる事が大事です           分からない事はつまらないことです            分かってしまうことはとても気分が悪いのでとっとときえてください             くだらないので    これ、   何が書いてあるのか    分からないんですよ   そして、   あなたのいっていることも   わからないし   いっていることがわかっても、きっとだれかが通り越した世界の後追いでしかないですよ   もっと色々な事を学んでください   学ばない人間には未来なんてないので                             だから、                        怒り狂ったトマトを                           似顔絵にして                 サ-カスを一人始めてしまいました       ふふっと笑われた気がした/この区切る意味はありますか?           と突っ込みを入れ返したら回答が返ってきました                     「大変申し訳ございません」  それは本当に申し訳ないと思っているんだろうか   と突き返すと     裏で陰口を言っているらしくて      口調がまるで違うみたい     だとしたら、月がきれいであることを  一行で述べて速やかに終わってくれ  あいらぶゆ/その方が健全ですよね  仕事ですから  ありふれた情報のはなしをこれからしましょうか  あまりにも長すぎるかたりは  とっととゴミ箱に捨ててしまってよいです  この話もまた、あなたのゴミ箱に捨てられてよい  ここまでよんでくださり  ありがとうございます   いよいよ本題です  演説の前説は長すぎてあきちゃいましたね  昨日あった出来事が、  明日につながるとも限りませんし                     連絡先を消してしまいました。電話番号を探してます。                間違ったことを言ってしまいました。訂正箇所はどこですか。          通信要件を提出します。繋げるにしても宛先がないので出来ませんけどね。                誰が悪いんでしょうか。誰が悪いのかも分からないんですね。 とんだ我儘ばかり ですね おまえもおまえも 飛び回りやがって 俺も俺も 一日中 泣いている。 お前も泣いてくれ。 とっとと泣いたり感動してくれ。 お前も俺も泣いてしまえば終わる話だ。 同情ですませよう。 感情のすれ違いで終わらしてしまおう。 泣いているんじゃない鳴いているんですよ。 そんな事もわからないのか。 すれ違う事を称えあいましょう。 不必要に重なる必要なんてどこにもないじゃないですか。 気味悪い物を見るように、これも見られてしまうという事で、 抱擁が何よりも雄弁ですか。 銃で撃たれてしまい、 復讐に燃え上がる話の方が人間らしいでしょうか。 分かりやすい感情とか、そういうの、疲れてしまうので、 お花畑に顔を埋めて、歯をむき出しにして笑いあいましょうか その方がだいぶ素晴らしいですね! へたくそななき演技も 正直さに溢れた演説も 話し方も嘘ぶり方も 空に広がるうつくしさはどこまでも 同じキャビネットに集められて 単純な宝石箱にしまわれたまま くたばった方がましだという事に誰も気づかない だから、いいから とっとと黙ってしまって 肺から調子が悪くなってしまって 死に際まで働いていたサテライトオフィス 排尿を持たされた 傾きのない大理石 喫煙室 「ここに倒れていた人たち  いなくなってしまいましたね」 という現実は 数十年後には消え去る文化史のように 鴉の顎は氷っている 氷っているから走る事もしゃべることもできない ただ固いくちばしでつつく事はできる なんどもなんども屍をつついて含み笑いをすることも可能だ 受話器は金を入れれば動くが 入れないところで何を話しても 伝わる事がない 「これから会議を始めましょう  とびきりの会議を」 拡声器の置かれたひび割れた円卓 中古で購入したビジネスチェア 遠い所から見つめている視線に気が付く事はないでしょうね 精子や膣液でも撒いておきましょうか 人間らしくなる ふふっと切れた笑いを浮かべていたら 玄関のベルが鳴った ついさっきまで昨日の事だった感覚が いよいよ現実を伴って 幕が振り下ろされる いよいよだ ぎえんぎえんと何度もなって なりやまないインタ-ホンの中に溢れる凝固した瞳の群れ 羊の首を持つ悪魔 という分かりやすい欲望 慌てて右手から落とした携帯電話の液晶画面が ひび割れ何も映らなくなる 分散した私の顔、つまりお前らの顔だ そして、水浸しの冷蔵庫の中にしまわれていた こならの義手が 簡単に動き始めてしまう …こういう終わり方をしても終わらない なだらかな現実が顔を出しておりまして 小さな崖の上の平屋の縁側で なかよくサイコロ遊びをつづけましょうね 何を言いたいのかなんて、 しゃべってる本人すら分からないんだから 読んでいるあなたも分からないさ でも、誰よりも知ってしまうのは あなたの方であることをしっている そのことをおまえが、 誰よりもよくご存じだわ おほほ、


作成日時 2020-11-22
コメント日時 2020-11-22
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

演技演骨えんぎえんこつ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 348.9
お気に入り数: 1
投票数   : 2
ポイント数 : 9
#現代詩
項目全期間(2020/11/26現在)
叙情性3
前衛性0
可読性0
エンタメ1
技巧3
音韻0
構成2
総合ポイント9
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性00
可読性00
 エンタメ11
技巧33
音韻00
構成22
総合99
閲覧指数:348.9
2020/11/26 13時21分08秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

演技演骨えんぎえんこつ コメントセクション

コメント数(4)
早坂 純一
早坂 純一
作品へ
(2020-11-22)

読んでいて気持ちが良いと感じました。 面白かったです。

1
百均
早坂 純一さんへ
(2020-11-22)

早坂 純一さん 初めまして。百均です。 お読みくださり、ありがとうございます! 読んでいて気持ちよく、また面白かったとのこと、 そういっていただけてホッといたしました。 ありがとうございました。

0
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2020-11-22)

何から何まで、私のニヒルが洗われるような詩で、思いますのは色々な事を封じられているひと、と云った時、やはり危険人物で周りに対して警戒しないとならない。それでも封じられている人も、何かをする努力をしていなくてはならない。私は混乱して居ます。

1
百均
てんま鱗子さんへ
(2020-11-22)

てんま鱗子さん 初めまして。百均です。 お読みくださりありがとうございます。 ニヒルが洗われるような詩ということで、なんかなるほどなと書いた本人ではありますが、納得しまいました 僕自身が最近なんかどうしてもニヒルの匂いがつくものを描いてしまうところから抜け出せなくて、今回はとりあえずががっとかいてみたんですが、ニヒルを洗いたいんだなと思いました。洗礼だったり聖痕じゃないですが、なんかコメントいただいて憑き物が一つ落ちました。 ありがとうございました。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1