作品投稿掲示板 - B-REVIEW

mmm


投稿作品数: 11
総コメント数: 55
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

mmmの記録 ON_B-REVIEW・・・・

精力的初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

優良投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

cold fishさん、いつもお世話になっております。運営のmmmです。 上記コメントですが、 >てっか、お前みたいなの単に頭悪いんだわ。 など、作者への敬意が感じられない、個人の攻撃のような表現が散見されます。 以前厳重注意とさせていただいているので、イエローカードを発行する予定です。 都合上、フォーラムでの発表は週末になりますが、上記、ご認識いただけますと幸いです。 とりいそぎ。 よろしくお願いいたします。 (モータルゴッドは三度重ねる)

2021-08-18

てんま鱗子さん お世話になっております。運営のmmmです。一言注意させてください。 自作品へのコメントを行う場合は、そのコメントが作品に対して何なのかが他人に分かるようにコメントをお願いいたします。その意図が理解できない、もしくは頻度が多すぎると判断される場合、今後さらなる注意、場合によってはカード発行がありえます。また、荒らし行為を防ぐ目的もあるため、これはコメント時に「作品を掲示板トップに移動させない」にチェックを入れてコメントした場合でも同様となります。 よろしくお願いいたします。 参考までに。以下ガイドラインより。 ------------------- 自分の投稿作に自らコメントを付ける、所謂「自コメ上げ」は作品と関連する/補足すると判断されたものに限る。余りに頻度が多く、ないしは作品と関係の無い、自作を掲示板上位に引き上げるもしくは荒らし目的としか感受しかねない同行動は認めない。 ------------------- (タケノコ)

2021-07-18

なんか、最初の2行を読んで、中上健次の「19歳の地図」を思い出しました。3行目以降はあまり好きではないですが、5行目は特に狙ってる感を感じてしまいました。 (ぼくの話を聞いてください)

2021-07-10

それはめんどいです。笑 (部屋)

2021-07-03

何でしょう、何が良いとはうまく言えないのですが、好きです。どのような経緯で、もしくはどうやって書いたのか気になりました。 (部屋)

2021-07-02

>(Oh H !!) とりあえずここで笑いました。作品の良しあしどうこうの前に、こういうぶっとんでる、乗っている感じって見てて楽しいですね。 (江戸の風)

2021-07-01

多分言いたいことは分かるんだけど、この作品を書くことにどんな意味があるのか、と思ってもしまいます。ありきたりというか、どこにも行かないというか、世間一般の人が考えることを書いて何か意味があるのか、て感じなのかな。「せい」と「し」がひらがななのがちょっとゆるい感じがして、そこは嫌いじゃないんですけど。 (詩のための言葉を使うやつは詩人じゃないんだ)

2021-07-01

こちらこそコメントありがとうございます。そう聞くと、尾瀬に行ってみたくなりました。笑 (ユートピア考)

2021-06-30

コメントありがとうございます。そうですね、悩んでるだれかに語りかけるようなイメージで作りました。 (ユートピア考)

2021-06-30

コメントありがとうございます。仰りたいことはなんとなく分かります。笑 なんか、びーれびの誰だったかの作品見て、優しい作品を書いてみたいな、と思ったんですよね。 でもそれってなかなか普段の書き方だと書けなくて、なんか、無理した感はでたかなぁとちょっと思ってます。 (ユートピア考)

2021-06-26

詩の内容はよくわからなかったのですが、 カエルの鳴き声の「あ」という表現が、音として面白いなと思いました。 (もけ)

2021-06-23

テンポが良く、かつ詩の内容が大変すっきりしていて、大変良いと思いました。まだ名前が公開されてないのでどなたか分かりませんが、他の作品も読んでみたいです。 (死ね、ニュートン)

2021-06-21

コメントありがとうございます。もともとは実際に見た虫なんですけど、名前分かんなかったんですよね。 (手に土・口に蝿)

2021-06-01

コメントありがとうございます。 サラブレッドっていきなりでてくると分かりにくいですよね、すみません。読んだときのイメージと音を大事に優先したくて、あんまり細かいこと気にせずに、個人的になんかしっくり来たので入れちゃった感じですね。でもいきなりサラブレッドて書いて思い浮かぶイメージは何だろうと僕も思ってます笑 (手に土・口に蝿)

2021-06-01

コメントありがとうございます。なんか語呂が良かったんで繰り返して使っちゃいました。笑 (手に土・口に蝿)

2021-05-29

コメントありがとうございます。個人的に読むときの勢いって重要だと思ってて結構気をつけてます。実際これ書いたときは何度も音読してましたし。言葉のチョイスはそうですね、、正直自分でもあまりセンスないとよく思うんですよね。笑 (手に土・口に蝿)

2021-05-28

あ、いや全然否定してるわけじゃないですよ!とっつきにくすぎるところが逆に面白かった、という意味です。この作品を分かりやすいようにすると、逆に微妙な感じになっちゃうと思います。こういう系の作品ってぶっとんでる方がいいなあ、て個人的に思ってます。 (━━━━━━━━)

2021-05-28

なんか、作品の読ませる気あるのかないのか分かんないところが好きです。 (━━━━━━━━)

2021-05-28

内容はあまりよくわからなかったんですけど、この作品はふっきれている感が良かったです。中二な感じを思いっきりだしたというか。せっかくなら、もっとぶっ飛んだ作品を書くと非常に面白い感じになるんじゃないかと素人ながら思いました。 (ARABESQUE)

2021-05-28

これ、良いですね。好きです。全体的な文章の運びが上手だと思いました。特に第一連から第二連の渡しなど。 ただ、カビ・サビという言葉の繰り返しに関してはあまりしっくりこなかったというか、なんというかタイトルにもなっているし作品の主体であろうはずなのに、作品の流れから外れたところにあるように思えて、せっかくの仕掛けがうまく効いていないような、、そこがひっかかりました。 (カビサビ)

2021-05-28

詩の全体はよくわからなかったんですけど、 >焼け野が原でスキップした記憶がほわほわして世界は私を貫通してくれ無い この文の表現が好きでした。ほわほわして、という言葉の緩さが良かったです。 (ぴあすすぴあへぶん)

2021-05-28

エイクピアさんの詩って、何かあるようでないような感じがあって基本好きなのですが、この作品は特に何かありそうで何もなさそうな感じがして読んでて楽しめました。 あと、この捉えどころのない感じが、昔読んだバリー・ユアグローという作家の「一人の男が飛行機から飛び降りる」ていう短編集を思い起こさせました。だからなんだって話ではあるんですが。笑 (戸口に神の生誕がへばり付いて居た日)

2021-05-27

これいいですね、好きです。きらいきらい、とかそういうネガティブな言葉とか感情の吐露って割と読む側からしたら苦痛になることが多いと思うんですけど、この作品の場合は短いせいか、すっと入ってきて、全然気になりませんでした。 (日課)

2021-05-27

古風でマジメな感じの文体と、薄毛という現代的で面白みのある言葉が妙に調和していて読んでいて楽しめました。こういうの好きです。 (あゝ薄毛)

2021-05-27

ありがとうございます。大変お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 (砂塵ノイズ)

2021-05-05

こんにちは、運営のmmmです。本来ここは作品に対するコメントを行う場所なので、こんなことを申し上げるのはこのコメント欄の主旨に反しているのですが、ここがくにとさんの目に一番とまりやすいと思い、コメントさせていただきます。 くにとさん、この3作目を投稿するために20作品へのコメントが必要だったかと存じます。ですが、そのコメントの多くが「良いです。」という一言のコメントのみとなっているようです。別にライトなコメントを否定するわけではないのですが、3作品目を投稿するために大量の作品に適当にコメントしたようにも見えます。大変お手数なのですが、「良いです。」とコメントした作品に対して具体的にどこが良かったのか、各作品へのリスペクトを込めて再度コメントいただくことは可能でしょうか。返答如何によってはカード発行もありえますのでご了承ください。またこのコメントの投稿より24時間経過して返答なければレッドカードとなる場合もありますのでこちらもご了承いただけますと幸いです。 なお、ここは本来作品に対するコメントを投稿する場所なので、このコメントに関してくにとさん以外の方からの返答はここでは受け付けません。もし何か意見されたい場合は別途運営のメールアドレス、twitterまで連絡いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。 最後になりますが、びーれびはユーザーの皆さんの一人一人の善意によって支えられているウェブサイトでもあります。ルールに則って活動されている場合でも、他のユーザー・作品に対するリスペクトを失わないように活動いただけますと幸いです。何卒お願いいたします。 (砂塵ノイズ)

2021-05-04

これいいですね、素直な感じの詩で。 <左手を膝に晩飯を食べ こことか特に好きです。 (色香)

2021-04-25

コメントありがとうございます!一緒にウィルヘルムと叫びましょう! なんか、書いたら東西文化混ざっちゃったんですが、もうちょいなんか自然に混ざるように書けたらなあ、とかは詩を書いてるとき思いました。好きと言っていただけてよかったです。 (いつの日かボリウッド)

2021-04-22

コメントありがとうございます! 京都の地名は実際の経験から連想したもので、欧米のやつは映画とかその辺の作品やら何やらからとってます。この辺実はあまり意図したものじゃなかったんですけど、たまたま対比する感じになっちゃったんですよね。あれ、作ったら東西文化を混ぜちゃったぞ、みたいな笑 (いつの日かボリウッド)

2021-04-22

そうコメント頂けてよかったです! なんか調子に乗ってるというか、衒学的な感じというか、気取ってる感出たらいやだなーと思いながら色々修正したので、そのコメントはめちゃ嬉しいです。ありがとうございます。 (いつの日かボリウッド)

2021-04-22

これ良いですねー、家ないのに、切迫しているようでそうでないような、でもやっぱりちょっと切実な感じがして。好きです。 (寒空にUFO)

2021-04-08

長さのわりにテンポが良いのか最後まで読みやすかったです。不登校の子の話は少し暗い部分もありますが、人づてに聞くという少し遠回りな表現のおかげで、全体的に繊細だが明るい感じのする作品に、無理なく入り込めているように感じます。また、このちょっと暗い部分のおかげで最後の「揺れる~」から始まる部分、特に最後の「あなたも 待つという時間を / 両手で掬ってみて もう一度。」がより魅力的になっていると思いました。より優しいというか、希望を感じるというか。 なんか長くなっちゃいましたけど個人的に結構気に入った作品でした。 (熱帯魚)

2021-03-29

写実的な表現がタイトルのみにあるので詩を読んでいる間、ちょっと深刻な感じのする詩の本文に反してのどかな田舎のイメージが湧き、またそれによって詩全体のバランスがとれているように感じました。 あと関係ないですけど庭に胡瓜っていう語感がとても好きです。笑 (庭に胡瓜)

2021-03-29

コメントありがとうございます! どこまでというと答えにくいですが、前半は実際に経験したことを基にしているのでちょっとリアルな感じになっています。後半はそれに対する受けみたいな感じなので、空想的というか。内容が戦争など若干シリアスめなので、あえてコミカルにしてバランスをとることを意識したので、それが効いているようでよかったです。 (けばいぬいぐるみのようなもの)

2021-03-21

コメントありがとうございます。平和が一番ですねー笑 (けばいぬいぐるみのようなもの)

2021-03-21

いつもコメントありがとうございます!素晴らしい創造になったらいいですね。。笑 (線は縦に引くべきだった)

2021-03-20

コメントありがとうございます。気に入っていただけて良かったです! そうですね、切実な感じを出しつつ、ある程度バランスがとれた詩にしようと思ったらこんな感じになりました。笑 (線は縦に引くべきだった)

2021-03-19

コメント、ご指摘ありがとうございます! 確かに、たまには比喩を使った方が良いですね笑 (線は縦に引くべきだった)

2021-03-02

きちんと理解できたかは怪しいですがこれ、とても面白いですね。宇宙とミッキーという取り合わせがユニークで、かつテンポよく読ませる言葉の勢いがあって。 (ふるる)

2021-02-28

コメントありがとうございます。 >幽霊かと思いました、それも二次元の。 二次元っていうのは意識してなかったので面白いと思いました。 他の人のコメントいただくことで別の見方が加わるって楽しいですねー。 (仕組まれたわけではない)

2021-02-06

コメントありがとうございます! >「掃除と窓、換気」みたいなタイトルが思い浮かびました。 書いてるとき意識していなかったんですが、窓のくだりって確かに換気ですね笑 (仕組まれたわけではない)

2021-02-06

>白い息ふたつ この表現だけでうまく状況(冬、二人)を表していて非常に良いと思いました。ただ上の方が仰る通り、その分タイトルがちょっとだけ余計な感じもしました。 個人的に写実的な詩は結構好きなのでまた読みたいですー。 (私と祖父の冬の情景)

2021-01-08

コメントありがとうございます! そう言っていただけるとうれしいですー。 (祈るシャワー/追放のクジラ)

2021-01-02

コメントありがとうございます! 言われてみると、「ああ」は確かにちょっと古い感じはしますね。。笑 (祈るシャワー/追放のクジラ)

2021-01-02

コメントありがとうございます! >丁寧に書こうとされたんだなあとか、丁寧なはずなのに雑に書いてしまったんだなあとか。詩というスタイルをご自身が想定されていてその定めた詩を書こうとされてるなあとか。 いやー、これはその通りかと思います。細かいわりに途中で面倒くさくなる性格なので。笑 というか、詩からそういうものも伝わってしまうんですね。 詩の書き方は自由といえど、元々創作をしてこなかった身なので、色々と模索中ではあります。思ったこと、感じたことを書くというのはとても難しいものですね。。 こういったコメントを頂けるのはうれしいので、もしまた見かけることがあったら、ぜひどう思うかコメントいただけると幸いですー (祈るシャワー/追放のクジラ)

2020-12-20

詩の内容自体をきちんと理解できたか怪しいですが、 誓い、敵討ちという重めの言葉がおいてあるのにとてもコミカルに感じ、楽しめました。 バランスがとれているというか、このような詩の書き方が僕もできたらなあと思います。 あと意図されたのかどうなのか分かりませんが、「キングたち」という言葉の響きがとてもふわっとした響きで好きです。特に、敵討ちを誓う、という場面に置かれていることもあり詩全体の響きがより柔らかく感じました。 (誓い)

2020-12-20

コメントありがとうございます。なんか、頭に沸いたイメージがマッパのおっさんだったんです。笑 (水田撲滅委員会)

2020-12-15

裸で水田を荒らしまわった後にその様子をSNSに投稿してください。#水田撲滅でハッシュタグつけとけば完璧です。 (水田撲滅委員会)

2020-12-13

何かへの回帰、もしくは再発見ということなのでしょうか。 ひらがなで構成されているためか、言葉に柔らかさと新鮮さを感じます。 最終連は「きゅうみん」のあとのかすかな希望・期待のようなものを感じますが、ひらがなのせいか、「きゅうみん」そのものは長くなるのだろうな、ともなんとなく感じました。 (きゅうみん)

2020-11-18

コメントありがとうございます! 割と無意識というか考えなしで書いているので、失恋という意識はなかったのですが、 確かに、爆発した「彼女」が「彼」だったら今回の詩みたいにならないなーと思います。 女性か、女性的なものに対して無意識にですが、何か思っていることがあるのかもしれないです。 書いた本人がふわふわしててすみません。笑 でも、考えなしで書いている分、自分にない視点のコメントが大変ありがたいですー。 (爆発は丘の上で)

2020-11-18

コメントありがとうございます! 僕が詩を書くときはあまりテーマとか伝えたいこととかなしに無意識的にイメージで浮かび上がったものをできるだけ頭の中で違和感ないように書くようにして着地させている、という感じなので特に深い意味はないです。今回だと、爆発した「彼女」のイメージがあって、でもこれを見て悲しんだらなんか変だな~、むしろすがすがしさを感じるな~、でもすがすがしいだけでもないよな~、みたいな感じで作りました。あんまり論理的じゃないですが。笑 なので割と無意識というか、ノリで書いているので、いただいたコメントは非常に参考になります。以下のコメントとかは確かに、と書いた僕が納得してしまいました。笑 >最初の爆死表現で血が描写されず、「肌色の破片」という言葉から、彼女が風船のように滑稽に飛び散る様子が容易に想像出来ました。全体的な表現はエネルギッシュでパワーを感じますが、その裏に、それによって塗りつぶされた、あるいは覆い隠された影や闇のような不安を覚えます。 (爆発は丘の上で)

2020-11-18

きゅうみん

2020-11-13

忙しい

2020-10-10

ふるる

2021-02-28

誓い

2020-12-19

熱帯魚

2021-03-23

寒空にUFO

2021-04-08

部屋

2021-07-02