死ね、ニュートン - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

死ね、ニュートン    

 せめて海という句点をつけて  この街を去れ!  おれの心は宝箱であった  いまでは空っぽですらない!  おぉ葉っぱが囁くふりを  するのが上手いんだ  おれはそこに矜持を見出し  血を吐くほど走った  それは奇妙な空だった  これから夏だというのに  秋の傷口がからりと開いて  せめて海という句点をつけて  おれを抱きしめて!  孤独よ光よ風よ友よ!  みんなみんな消えちまった  おれを差し置いて  真面目に生きようとしてやがる  おれはお前らが大好きだ!  血管がこんがらがって  ほどけなくなるほど好きかも!  あああ  昆虫みたいな生殖だけが  正義であると叫びたいよなぁ!  海の機関車が血を走る!  海の機関車が血を走る!  海の機関車が血を走る!  木が堂々と燃えている!  海の機関車が血を走る!  海の機関車が血を走る!  海の機関車が血を走り  おれは狂うほど何もしない!  何もしないんだ  何もしねぇよ!  みんな実直に飯を食え  まっすぐ前を見て飯を食え  力一杯飯を食え  そして眠ってしまうのだ  海の機関車の汽笛ばかりが  谺する夢を見させてくれよ!  海、勃起、気持ち良い!  海、勃起、気持ち良い!  海、勃起、そして  気持ちの良い光の愛撫!  愛撫!愛撫!愛撫!愛撫!  愛撫!愛撫!愛撫!愛撫!  太陽は!  事実以上の事実であった!

scroll


作成日時 2021-06-09
コメント日時 2021-07-29

死ね、ニュートン ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 49
P V 数 : 5516.3
お気に入り数: 7
投票数   : 11
ポイント数 : 130
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/09/27現在)投稿後10日間
叙情性2117
前衛性1717
可読性2018
エンタメ1818
技巧1717
音韻1818
構成1918
総合ポイント130123
 平均値  中央値 
叙情性74
前衛性5.70
可読性6.72
 エンタメ60
技巧5.70
音韻60
構成6.31
総合43.34
閲覧指数:5516.3
2021/09/27 09時33分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

死ね、ニュートン コメントセクション

コメント数(49)
十(つなし)
十(つなし)
作品へ
(2021-06-13)

こんばんは。 タイトルから最後まで、気持ち良かったです。

0
不変蟹藻
十(つなし)さんへ
(2021-06-13)

こんにちは。気持ちの良い作品を書けて嬉しいです。

0
きょこち(久遠恭子)
作品へ
(2021-06-13)

とても力強い詩に圧倒されながら拝見させて頂きました。 力強く捩じ伏せられる様な感じを受けて、私もこんな詩が書けたらなと思ったりしております。良い詩をありがとうございました。

0
不変蟹藻
きょこち(久遠恭子)さんへ
(2021-06-13)

<こんな詩が書けたらな> こんな言葉をいただけることができて、幸いです。 お互いに、それぞれの、思うところを、貫いて詩をかけたら、それほど素敵なことはないと思います。

1
りお
りお
作品へ
(2021-06-14)

これは大変リズム感がよく言葉のチョイスもユニークで素敵な詩だと思います。疾走感もあって、走る走る!ただ、疾走感を大事にしすぎたせいか、ところどころ不要かな?と思われる行も散見されます。でも総じて見事な詩だと思いました。

0
不変蟹藻
りおさんへ
(2021-06-14)

コメントありがとうございます。 不要なところもあるとのご指摘ありがとうございます。 そう言った夾雑物を除いて行って、より疾走感のある詩を書きたいと思います。

0
よびな
よびな
作品へ
(2021-06-19)

この詩を読んでの感想です。 読んでいてとても気持ちよい文章だと思いますが、意味を考えているとぐぎっという不快さを感じます。図書館においてある詩集のなかにこの詩を見つけたらとてもすてきに思えるような感じがしました。

0
不変蟹藻
よびなさんへ
(2021-06-20)

コメントありがとうございます。 不快さですか。嬉しいですね。少しでもその汚さがあなたの脳髄にこびりついたのならば、この詩は喜んでいます。義務ではなく。 図書館の隅でこの詩を見つけたら、裏切りの伴侶となりそうですね。

0
mmm
mmm
作品へ
(2021-06-21)

テンポが良く、かつ詩の内容が大変すっきりしていて、大変良いと思いました。まだ名前が公開されてないのでどなたか分かりませんが、他の作品も読んでみたいです。

0
不変蟹藻
mmmさんへ
(2021-06-21)

コメントありがとうございます。 大変良いとの評価嬉しいです。 他の作品との作風が今回はかなり違うので、読み比べてくださるとおもしろいかもしれません。

0
沙一
作品へ
(2021-06-21)

 せめて海という句点をつけて  この街を去れ! なによりこの書き出しがかっこいいですね。タイトルもインパクトがあり、万有引力で有名なあのニュートンに対して言っていると察せられ、すでに死んでいる人物に対して死ねと言うのもよくよく考えたら変な話ですが、押し通されてしまう勢いを感じます。引力に抗いたいんですかね。後半はとくに、力任せにゴリ押しするばかりで万有引力の法則を超克できるのか疑問に思えてきますけど、勢い余って空回りしてそうなところがまた滑稽でした。

0
白川ロイヨ
作品へ
(2021-06-22)

感嘆符のリズムが面白いな、と思いました。 どこか吉増の匂いがしたのは気のせいでしょうか?

0
不変蟹藻
沙一さんへ
(2021-06-22)

コメントありがとうございます。 ごめんなさい。そして、ありがとうございます。 まず、ごめんなさい。タイトルのニュートンに絡めて詩を解釈批評して下さったのですが、タイトルはテキトーにつけました。鼻ほじりながらつけました。だから、ニュートンは太宰でもガウスでもアルミ缶でも良いのです。 そして、ありがとうございます。テキトーな事実でも、それが詩の言葉であるのならば、そこから面白い解釈というものが頭を擡げるとわかりました。

0
yamabito
作品へ
(2021-06-22)

こういう力強い作品を書ける精神状態が凄くうらやましく思いました。 文中の詩句がそれぞれが勝手気ままに存在し、まったく凡庸さを感じさせません。 とても痛快で素晴らしい作品でした。

0
不変蟹藻
白川ロイヨさんへ
(2021-06-22)

コメントありがとうございます。 吉増に確かに似ていますね。勢いというか、感嘆符の使い方というか。

0
不変蟹藻
yamabitoさんへ
(2021-06-22)

コメントありがとうございます。 痛快で素晴らしいとの感想はさらなる詩作の励みになります。感謝。精神状態は非常に落ち着いていました。正直に言います。テキトーに書きました。知性も情念も意志も特になく、どうでもいいやぁ〜って感じでした。そういう態度が案外功を奏するのかもしれませんね。

0
楽子
楽子
作品へ
(2021-06-23)

あくまで個人的な感想としては、 勃起と愛撫はいらなかったなーと思いつつ、 それはそれで ラスト2行を成立させるために必要な気もする 好きです。

0
白萩アキラ
作品へ
(2021-06-23)

一行目から声に出して読みたいなと感じました。 これ大声で読み上げたら気持ち良さそう、と思うも人の目を気にして囁くようにしか朗読できない、自身の羞恥心を自覚できました。 それで純粋に読んだ感想ですが、自分は真面目に生きていない、と実は後ろ向きな自覚を持っている人が、どうにか海や自然を全身で体感しようと頑張っている、というようなイメージで読んでしまいました。 終盤の繰り返しのところなんか、そう思いたい、そう感じたい、という思いの表れなのではないかと。 まあ読んでそう感じるのは、私が自分自身に当て嵌めて読んでいるからですね。 与えられたものでなくて自分で体感したいから、偉人に対しての「死ね」がタイトルになるのかな?とか考えたりしています。 まあともかく、繰り返し読むくらいに本作を良いなと思いました。 読んで良かったです。

0
不変蟹藻
白萩アキラさんへ
(2021-06-23)

コメントありがとうございます。 〈与えられたものでなくて自分で体感したいから、偉人に対しての「死ね」がタイトルになるのかな?とか考えたりしています。〉 ごめんなさい、タイトルは本当にテキトーにつけました(内容もテキトーですが……)。死ね、ではなくとも、生きろ、でも良かったし、アホ!でも良かったかなと。なにでもいいんですよ。でも、そのなにでもいいという態度がなぜかうまく行きました。

0
不変蟹藻
楽子さんへ
(2021-06-24)

コメントありがとうございます。 この詩自体だテキトーなのでラスト二行もなにも考えず書きました。 でも、もう少し猥褻的な言葉を控えるべきであった気がしなくもないです。

0
不変蟹藻
yamabitoさんへ
(2021-06-24)

〈こういう力強い作品を書ける精神状態が凄くうらやましく思いました。〉 すいません、思うところがあったので書きます。 実は私は精神障害者で、強迫性障害と軽い躁鬱があります。 古来よりアリストテレスなどは狂気と創造について考察をしてきています。 私はこの時、軽い躁状態であったかもしれません。というのも、彼女の家に泊まった後、いつも服薬する薬を飲まずに書きましたから。 その場合、この詩を詩たらしめたのは、果たして私なのか、それとも忘れられた薬かという疑問符がつくのです。 これは難しい問題でして、私は往々にして悩んでいます。 軽く流してしまうには惜しいコメントだったので、返答しておきます。

0
Try Anus帝
Try Anus帝
作品へ
(2021-06-25)

「孤独よ光よ風よ友よ!  みんなみんな消えちまった  おれを差し置いて  真面目に生きようとしてやがる  おれはお前らが大好きだ!  血管がこんがらがって  ほどけなくなるほど好きかも!」 これいいですね。大好きで、離れることなど到底考えられないものに置いていかれたとき、それを嫌いになるのは難しいと思います。やっぱり好きですよね。

0
不変蟹藻
Try Anus帝さんへ
(2021-06-25)

コメントありがとうございます。 好きと嫌いの根源である感情については、私自身もっと探求しないといけないと考えています。

0
三浦果実
作品へ
(2021-06-26)

このポップさ、勉強になりますね。

0
不変蟹藻
三浦果実さんへ
(2021-06-27)

コメントありがとうございます。 勉強になったようで幸いです。精進します。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-06-28)

海、勃起、気持ち良い!海、勃起、気持ち良い! が大好きです。 圧倒的、無邪気。 プロレスラーの武藤敬司が、少年時代、 地元山梨で、広大な富士山の景色をおかずに オナニーしていたらしいのですが、 それを思い出しました。 富士山、勃起、気持ち良い!富士山、勃起、気持ち良い!

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-06-28)

こんばんわ。 なんだかゴリゴリしている感じで口の中に入れたら血だらけになりそうな詩だと思いました。

0
不変蟹藻
cold fishさんへ
(2021-06-28)

コメントありがとうございます。 〈口の中に入れたら…〉 朗読しようとしてださったのですね。嬉しいです。目と耳だけではなくて。確かにゴリゴリしてますね。熱々の衣をつけた唐揚げを一気に頬張ったみたいな。

0
不変蟹藻
まささんへ
(2021-06-29)

コメント見逃していてすみません……! 圧倒的無邪気ですか!今読み返してみましたが、そのような香りが漂っていました。 私は滋賀の比良山が好きなのですが、その場合は 比良、勃起、気持ち良い! 比良、勃起、気持ち良い! となるのでしょうかね

2
survof
作品へ
(2021-06-29)

本気で心配したほうがいいのか、本気で笑えばいいのか、ちょっと悩みました。が >海の機関車が血を走る! >海の機関車が血を走る! >海の機関車が血を走り >おれは狂うほど何もしない! の部分がどうにも好きで仕方がないです。 結局、素直に笑うことにしました。 落ち込んだ時にまた読みたいです。

0
不変蟹藻
survofさんへ
(2021-06-30)

コメントありがとうございます。 素直に笑ってくださってありがとうございます。 落ち込んだ時にどうぞ。

0
小林素顔
作品へ
(2021-07-01)

この勢い、素晴らしい。 十代でこれ書いてたら有望、二十代なら普通、三十代以上ならその恥知らずが逆にアリ。作者論的に年齢で詩を色眼鏡で見るのはよろしくないかもだけど、満ち溢れる若々しさに惚れ惚れしますね。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-07-01)

リフレインが効果的だと思いました。 タイトルが過激ですね。

0
不変蟹藻
小林素顔さんへ
(2021-07-02)

コメントありがとうございます。 惚れ惚れしますか。 そのような作品をもっともっと書きたいような。 ちなみに小林様の評価でしたら、私は普通の平々凡々です。

0
俄然のすけ
俄然のすけ
作品へ
(2021-07-03)

こいつは〜いい。 なんつうか、若さが溢れている

0
不変蟹藻
俄然のすけさんへ
(2021-07-03)

コメントありがとうございます。若さですか。 私は若いと思います。 歳をとるのが怖いですが、経験は時間に縛られているので、複雑な気持ちですね。

0
鳴海幸子
作品へ
(2021-07-03)

今月の別の作品にも書いたことは繰り返しません。海という風景あるいは単語がなんの内包をもたないままにいてくれるので印象的でした。「おれ」も同様に心地いいと思いました。というか明らかに詩が次元が違いますよね。投票します。

0
不変蟹藻
鳴海幸子さんへ
(2021-07-03)

コメントありがとうございます。 〈海という風景あるいは単語がなんの内包をもたないままにいてくれるので印象的でした。〉 ここ嬉しいです。こういう技法もあるのだなーと思いました(上のコメントにあるように、この詩は本当に何も考えず、何も想わず、何を目標ともせず書いたので、そういうテクニックが出てきたのはたまたまです)。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-07-08)

内省的で暗い詩に辟易しているので快哉!少し太字のポップスにも感じましたが、この路線こそ読みたい詩デアリマス。

0
きょこち(久遠恭子)
作品へ
(2021-07-08)

作品を拝見させて頂きました。 孤独よ光よ風よ友よ!  みんなみんな消えちまった  おれを差し置いて  真面目に生きようとしてやがる  おれはお前らが大好きだ! この部分、 死ね、ニュートン、という題名ですが、温かい何かを感じました。 そして、勢いのある詩だなと! 好きだな好きだなと思いました。 良い作品をありがとうございました。

0
不変蟹藻
湖湖さんへ
(2021-07-09)

コメントありがとうございます。 明るい詩がいいですよね。溌剌!

1
不変蟹藻
きょこち(久遠恭子)さんへ
(2021-07-09)

好きな部分あげてくださってありがとうございます!

0
トラ丸
作品へ
(2021-07-12)

ことばが全力ダッシュしてるみたいで面白かったです。下ネタがちょっと笑っちゃいました。でも汚い感じがしなくてよかったです。

0
不変蟹藻
トラ丸さんへ
(2021-07-13)

コメントありがとうございます。 下ネタ好きなのよね〜

0
狂詩人
狂詩人
作品へ
(2021-07-19)

孤独、光、風、友、これら(この詩人における何らかの四元素なのであろうか)を大好きだ!と断言した後、血管がこんがらがるほど好きかも!という補足(野暮な言葉を使って申し訳ない、この独特の言い回し、私の血管にまでこんがらがってくる言葉の交接をどう表現すれば良いか…)を、感嘆符をもって豊かな詩情へと昇華している。吉増剛造的、あるいは疾走するランボーのような、という感想も勿論浮かび上がりはするが、それ以上の、この詩人において特有の何かがまさしく存在することは、私のような貧しい読者においても感得されるのであって、彼はその事によって真性の詩情を我々に対して乱射してくるのである。

0
森川 暢(Toru Morikawa)
作品へ
(2021-07-25)

力強い言葉が羅列で、元気が出ました。ありがとうございます。

0
J
J
作品へ
(2021-07-26)

0
不変蟹藻
森川 暢(Toru Morikawa)さんへ
(2021-07-29)

元気を出せて嬉しいです!!!!! もっとみんな元気いっぱいの詩を書こうよ!!!!!

0
エイクピア
作品へ
(2021-07-31)

きわめて印象的な詩です。海の機関車が血を走るは血液の中を走る、血管の中を走るなのかもしれないと思いましたが、海、勃起、気持ちがいいは少し違和感がありました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2