作品投稿掲示板 - B-REVIEW

狂詩人


投稿作品数: 9
総コメント数: 11
今月は4作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

狂詩人の記録 ON_B-REVIEW・・・・

B-Reviewerの燈火

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

街の等身

2021-07-19

透化

2021-07-19

ユグ

2021-04-17

寝室

2021-04-17

夢より

2020-11-23

放課後

2020-06-12

人差し指に空

2020-01-25

少年

2020-01-25

我々の偏狭な糞尿趣味は、堆積する(金子光晴!金子光晴!)の実体を破損して売春婦は偏愛され、うーむ、具体、ゼロ年代詩、馬鹿を土砂降りで突くヒッタイト人はキャリーオーバーで失策するのでありまして薬局薬局薬局なのだが、我々の偏狭な糞尿趣味は、ともかくもこの詩?詩?あるいはうんこ博物館、うんこ歴史、うんこ災害の、その気持ちが良い核心部分で蠕動している。 (うんこうんこうんここうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ)

2021-07-20

わはは。感想だ!感想ですね!ありがとうございます。こういう感想は一見して詩人にとって何ら効力を持ち得ないように思えますが、決してそうではない。 (街の等身)

2021-07-20

うーん、そうですね。詩は何らかの表現ではないというのが(入沢康夫的な)私の見解なので、伝達可能性を超えた伝達可能性を企図しての詩だと受け取っていただけると幸いです。 (街の等身)

2021-07-19

ピ!ピ!ピ!ピ!と鳴っているのは、詩自体ではないのか?詩人か?我々は宇宙人か?宇宙人ではないのか?←如何せん陳腐!ちんぷんかんぷん!馬鹿げた何者も馬鹿げてはいないのですよね。作者さま、言葉のゲル流動は飛散し、拡散するが宮沢賢治はどうだ、動脈、静脈、ハレルヤ土足で疾走する低画質の恐竜どもをぶち殺せるだろうか?は?姉の妹である掘削機を破損して、貴方は無数である溢れる逆説を狂うストップ。 (まごころをこめて、君の詩を批評で人格攻撃するね♡)

2021-07-19

文の構造自体がはためいた女なのであって、我々は螺旋させられているのであって、この詩に。という訳でした。 (洗濯竿に干された女)

2021-04-17

私は詩を有意味的に読むのが嫌いなので、こういう作品に出会うと冷蔵庫を前にしたような身体になります。有難く、作者の意図から飛び降りてしまうかもしれませんが、そういう訳で。 (玉抜かれてcorpse)

2021-04-17

抽象と具象の狭間を行き来するような感覚を覚えた。 (部屋の海)

2020-11-23

素晴らしい! ひらがな詩のもつ幼さを見事に昇華しています。 (きゅうみん)

2020-11-23

こういう異次元的な詩、好きです (急に詩を描きたくなった)

2020-01-25

散らかった文章達が、ベテルギウスの爆発、そしてこの地球という星の出来事であるという巨大なものの連関として不思議な繋がりを持っているように思いました。前衛的な感もあり、しかしどこかノスタルジックでもある。素晴らしいバランス感覚の詩です。 (死んだベテルギウス)

2020-01-25

桃太郎の神殿

2021-05-26