作品投稿掲示板 - B-REVIEW

十(つなし)


投稿作品数: 3
総コメント数: 10
今月は3作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

十(つなし)の記録 ON_B-REVIEW・・・・

初コメント送信者の燈火

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

B-Reviewerの燈火

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

執拗反復

2021-06-15

アンダンテ

2021-05-28

自己紹介

2021-05-18

こんばんは。 コメント有難うございます。 「盲人」と「猫」というアイテムを使い理不尽や不条理を象徴させましたが、自分はあまり現代詩というジャンルを理解出来ていないので手探りです。 そんな中から何かをすくい上げていただき有難うございました。 (アンダンテ)

2021-06-05

コメント有難うございます。 憂欝で根暗で内向的なのでネガティブと評される事が多いのですが。 これでも自分なりに前向きなんです、という本心を添えておきました。 良いの悪いのというのでもないですよね。 色々と。 (アンダンテ)

2021-06-01

コメント有難うございます。 誰も、誰の杖を蹴らず、蹴られずに過ごせれば幸いだと思います。 (アンダンテ)

2021-06-01

花の句を 喰ふ夜夜中 名知らずも 沙翁謂いひけり 知らねどいつくし サイトの主旨に反していないか少し不安ですが。 読ませていただいて感じた事を詠んでみました。 (花酔メランコリア)

2021-05-31

コメントありがとうございます。 外に出る事も、外を歩く事も少ないのですが、だからこそたまに歩く地面の感触、足を動かす感覚はいつも新鮮で、大袈裟に言えば泣きそうに感動する時もあります。 たまにしか歩けないからこそ、イメージが膨らんだのかもしれません。 歩くのは好きなので。 その歩く感触や感覚が伝わったのなら、「アンダンテ」というタイトルで大丈夫だったんだなと安心しました。 (アンダンテ)

2021-05-31

コメントありがとうございます。 あささんのコメントを拝読して、昔観た『天井桟敷の人々』という古いフランス映画を思い出しました。 自分にはこの映画の良さがあまり分からなかったのですが(まだ幼くて理解力が足りてなかったのかもしれません)、何となく久しぶりに観たくなりました。 誰もが天井桟敷の人々なんだよな、と。 そんな感想を持った事だけ覚えている映画ですが。 レスポンスになってないかもしれませんが、言葉を受け取ってくださりありがとうございました。 (自己紹介)

2021-05-21

コメントありがとうございます。 自分は不愉快な人間なのかもしれないなぁと思い、最初「不機嫌な」という主観を重視した言葉を書きましたが、客観に寄る「不愉快な」に書き直しました。 初投稿なので、取り敢えず名実ともに自己紹介を兼ねてみました。 (自己紹介)

2021-05-20

夜型人間で夜好きな者ですが。 情景がすとんと入りました。 どの場面も日常感があり、それらを羅列する事で引き込まれます。 真夜中のキッチンで嗅ぐ夕飯の残りのカレーのにおいとか、誰にでも経験があるのではないかと。 夜の一場面、伝わりました。 (春の真夜中)

2021-05-18