B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」    

日頃より、B-REVIEWをご利用頂きありがとうございます。 運営の貴音です。 今月からお題詩というのをやってみようと言うことになりました。 記念すべき第一弾でございます。 10月の記念日の中から初恋の日を選ばせて頂きました。 もしこれが良い感じだったら2,3…とやっていく感じになります。 では、ルールの方を説明させて頂きます。 ①この投稿のコメント欄では、お題に沿った詩の投稿を無制限に行えるものとします。 ②注意として、システムの関係で名前を隠してコメント欄に詩作の投稿や批評は書けません。 ③ここのコメント欄に投稿された詩の全ては、ビーレビ杯不参加とさせて頂きます。 ④コメント欄では縦書き機能は無いので横書きになります。それか、自力で頑張って縦書きしてください。 細かい改善などがあれば、次回やるなら反映させたいと思います。 それでは皆さん、よろしかったら遊んでみてください。


作成日時 2021-10-11
コメント日時 2021-10-22
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 1963.8
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1963.8
2021/10/28 04時50分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

B-REVIEW10月のお題詩「初恋の日」 コメントセクション

コメント数(18)
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-10-11)

【初恋知らずのブルース】 今日はaikoの曲を聴きながら目覚めた。 昨日は矢井田瞳だったから、明日はBONNIE PINKにでもしよう。 たとえ空模様が悪くても、目覚めだけは爽やかにしたいから聴いている。 だけど彼女たちの歌っている事は何も分からない。 きっとそれは、私が初恋すら経験していないからだと思う。 奥華子の歌う届かない想いとか、宇多田ヒカルの言う最後のキスの味なんて分からない。 西野カナが会いたくて震えてしまうのに、自分を上手に重ねられずにここまで来た。 スミスが死にたいと歌っているのを知らず、元気に登校していた頃から私は変わらない。 そして重金属のハードコアで脳内を洗浄して、出勤する毎日を送る。 まだ出会わぬ運命の人よ。 きっとあなたは何処かを走っているんだと思う。 いつも曲がり角で運命の激突が起こるんじゃないかって期待していた。 だけど私は急いでいる車に激突されることの方が多かった。 ラブもコメディもない、ただ痛いだけの出来事だった。 霊感があっても運命の赤い糸は見えないままだ。 死んでしまった人よりも、素敵な相手が何処の誰なのかを知りたい。 恋は盲目って本当なのかな? そしたらそこら辺にいる幽霊も見えなくなってくれるのかな? 初恋ってどんな感じなんだろう…。 すき家の牛丼をおいしく食べる時の感情とは違うのかな? 献身的だと言われたけど、心から誰かを想えないで生きてきたのかな? 必ず必要なことなのかな? こんな感じで理屈っぽいままだと、多分ずっと始まらないんだろうな。 もしこんな私に初恋が始まったなら、この日は出会って1ヶ月だとか人生に記念日を増やして生きよう。 少しはカレンダーを見るのが楽しくなるような、そんな日々にしよう。 そして、なるべく笑って生きよう。 今もそうだけど。

1
つつみ
作品へ
(2021-10-11)

【28】 28年間誰にも言ったことがない 墓場まで持っていってやるつもり 男は姓が変わらないから良かった 24年間彼の名前を検索している 一度もヒットしたことは無かった 2021年までは 避難場所の体育館 理科室準備室 汚れた白衣 積み重なったカップラーメン 傷つけられた車 三種類のネクタイ オールシーズン長袖のシャツ 2021年の今も 彼はおそらく白衣を着ている 今でも汚れていてくれたら 嬉しいけど 私は28年間この町で できるだけ目立って生きている でも 女は姓が変わるからややこしい

1
羽田恭
作品へ
(2021-10-11)

「初恋の日」 記憶ないから 書けやしない 牛の糞尿と共に肥料になって 畑に撒かれて消えてった 誰かの初恋の元になるなら それでいい

1
王生蓮蒔
作品へ
(2021-10-11)

死ぬにはちょうどいい日? 死ぬにはちょうどいい日なんて全然わかんなくてターコイズとシルバーの飾り物ばかり増えていくわけで。荒涼とした大地に立ち鳥の飛び方で天気が変わるのを感じ取ったりとかそんなことに憧れつつスマホのウェザーニュースで安堵している。鬱陶しい折りたたみ傘を明日は鞄に入れなくていいらしい。利便性が腐らせた感覚野。ラベンダーのアロマに包まれながら何処ぞの誰かに一方的な恋慕を捧げる詩を風呂上がり書き上げピラティスしてから床につくようなそんな女はろくなもんじゃない。そもそもそんな女は不潔な僕になど惚れはしない。歯並びが悪いってだけで恋愛対象外だ。嗚呼くそったれ。高嶺の花。高値の。値札を見ても諦められない恋もある。きっと時が想いを溶かすだろう。ただし1年に1ミリづつ。その間に、君はきみの理想の“ジャニーズ”を見つけてしまうのだろう。

1
mmm
mmm
作品へ
(2021-10-12)

【火曜を過ぎ、水曜に届かない】 コンクリの溶けた旧校舎 石鹸を入れたネットが嫌いだった 掃除の時間に剣の舞が流れるのも もらったハーモニカの吹き方がわからない 新校舎は台風とともにやってきて 川で金バケツを乗せた赤白帽 体育教室は木曜の放課後だったというのに 待つ子が肩を寄せるアスファルト みあげた国旗の色が分からない 空に落ちていく上靴 頭のそばで 逃げていく子に笑い声 アルミの網戸に刻む名前 職員室が眩しい夜 あげるものという発想がない 中学校に上がった 連れてこられた子は 呼び止められた子と同じく 何も話さず下を向く 夕方だった

1
エイクピア
作品へ
(2021-10-12)

まだ上げ初めし前髪の ああ、島崎藤村の詩 初恋と言えば初恋の味と言う キャッチコピーのカルピスを 思い出します

1
yasu.na
作品へ
(2021-10-12)

『初恋、無理な恋愛の形』 余所のクラスにその子を見出した 中学一年の時、学年で行われたクラス対抗の合唱コンクール その子はそのクラスの発表で、ピアノ伴奏をした 僕の心という小さな体育館が鳴り響いた 二年になってもその子は余所のクラスにいた でも僕は告白したのだ、担任の先生に橋渡しをしてもらって! その子と初めて交わした言葉は少なかったが、 最後に「いいよ?」という承認の言葉をくれた そしてその子は女子トイレに逃げてしまった 三年になった時にも、その子は余所のクラスにいた すでに僕はふられていた 「つまらないの」と言われて! そうだよな、一回も同じクラスになったことないし、 部活だって違っていたし、 なんか何もかもが違っているような感じがして、 いつ何を話し、何をすればいいのか分からなかった でも女子たちのすることって、よく分からない 春と秋には体育祭があって、僕は毎回千五百メートルに出場した 三年の時にだって、僕をふったあの子は、友人に囲まれて、 一緒になって、走っている僕に大きな声援を送ってくれた 卒業式が終わった 自転車置き場。 自転車に乗って走り始めた時、ふと見るとあの子が遠くから僕を睨んでいる 僕はちょっと表情を緩めて、ただあの子の目を見たのみ、 高校も違うんだ、 さようなら、十五歳、さようなら!

1
森石 州未州
森石 州未州
作品へ
(2021-10-13)

《リュートくん》 冬場でもクロックスとハーパン。 愛想のいいチビ男は眠たげに雑居ビルの三階にアタシを案内する オーナーとは知り合いだからワンセット半額だって それが決まり文句なのね、お上手なこと。でもline営業はもうイイカラ ヘルプって大変だね[リュート] それがアナタのここでの名前。一瞬わかんなかったよ ワインと、ゲロと香水と、小学校の、あの教室のにおいをそよがせて アタシの横にアナタはきた。 全て吐き出したいからここへきたのに 全て吸い込みたいからここへきたのに 最悪 入り口の黒服はアタシの顔と名前をもう覚えたらしい 今日もアナタと歌う、6年の時の合唱曲 今ほど本気で歌わなかったよね。あー。まぢ笑えるんですケド ねえ、もうお金ないよって。言いたくない ねえ、もう時間ないよって。言われたくない。 郷愁?とか。 思い出補正とか。あー。まぢ笑えるんですケド 最悪 アナタがトんだって、ちょっと前にハーパンに聞いて。 全部なんだったんだって。 lineももうこなくなって。ってゆうか無くて。 あの気持ちって、小学校のときの いつかと一緒で、初恋そのものぢゃんって浮れてて あの時とあの場所はずっとそのままで そんな陳腐な、なんかの歌で まぢ笑えるんですけど 最悪

0
YUMENOKENZI
作品へ
(2021-10-13)

初恋の日 はつ恋 ... それは、過去の言葉なんだ 出会いは喫茶店でのバイト 仕事柄、話もするし、気が合わないこともない 顔もタイプ、夢追うミュージシャンと、 夢見たバレエダンサー、もう私 
家が借金まみれで首が回らない! "夢を捨てちゃダメだよ" 支えの言葉を胸に遠く離れて想い合った この清流は、いつまで、 どこまで、流れただろう... いつしか私たちは、消息を絶っていた 寂しさは、日々の多忙に紛れた きっともう二度と会えない気がした
 世に放たれた僅かなアルバムの 歌詞の中、見い出したのは きみからの "海より深い愛" そうずっと、後になってから知ったことだった これが唯一つの、私のはつ恋
 ...

0
yatuka
yatuka
作品へ
(2021-10-13)

恋したい時は自分を脳筋の戦士だと思う 戦いでなく、和解でなく、共存すらなく、 蓋を開けたあの甘ったるい匂いと共に、 クランベリージャムの中で朽ち果てていく。 ふざけた茶番を本気だと信じる為の儀式をする 捨て猫が俯いた私を気遣ってなきわめく 私は私が恋に落ちないことを何とも思わない そうだろうあれは選んで落ちるんじゃない 落とし穴が分かっているから迂回するだけ いつかなんて訪れないのはよく分かる いずれその先の花畑が毒の庭に変わり あれは花畑じゃなかったの?と思った時には 僕も死んでショートケーキを食べてる筈さ

1
羽田恭
作品へ
(2021-10-14)

うしうしと かわいい顔して 頭突きして 牛に初恋なんてない 発情したら どことも知れない種をつけられるだけ うしうしと モーモー鳴いて 草を食べ 初恋しらない 妊娠してる うしうしと 子供生まれて ペロペロと 子牛なめなめ かわいがる

0
森石 州未州
森石 州未州
作品へ
(2021-10-16)

《キョロちゃん》 ネトゲ中毒でずっと不登校 二度寝誘惑にやっと勝ち登校 季節性のない紫外線 規則性のない白い線 遠い雲に、そそのかされる足取り クラスのやつらはオレを見下しもしないけど、 寄り付きもしない。だれも たまにいる、きっとそういうヤツ 前の席の女子 姫カットにアンダーリムのメガネ。覗く矯正歯 別にどってことない地味なやつ アダ名は[キョロちゃん] 別にどってことない地味なやつ 漢文の授業で見えてしまった キョロちゃんが聴いてるSpotifyのリスト オレと興味がまるでかぶっていた 初めておきた、感情に満ちた キョロちゃんは昼休みによく 午後ティーを買いにパシらされる 結局要らないって言われて自分で飲んでる オレは彼女に話しかけてしまった ネトゲ徘徊はこれでバイバイ 二度目ハイハイはこれでハイサイ 季節性のない紫外線 規則性のない白い線 遠い雲に、そそのかされる足取り オレとキョロちゃんについたアダ名 陰キャ連合。ブスの再分配 チーズと牛丼。メガネ置き場 キョロちゃんは目をキョロキョロさせて心配そうだ でも午後ティーはもう買いに行かなくていい なにも気にしなくていい こんなとこ抜けて、チーズ牛丼食いに行こう そんで音楽のハナシをしよう

0
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-10-18)

【卒業写真】 久遠恭子 きれいにスルーされるトキメキに 波飛沫はホワイトパープル 絶望の淵に立ってもいいのよわたし あなたを想っていること忘れないからねーって言ってみる ふふふ、卒業式になぜかツーショットで写真撮ってもらったよねなんなのあれ笑 全然嫌がらなかったよねあなた おかしいんじゃないの? 馬鹿だから仕方ないけど知ってる! さようならのしるしとしての写真を 破り捨てたあとゴミ箱から拾ったけど もう元には戻らないの あーあ、全ては仕方ないよね

0
作品へ
(2021-10-18)

「初恋の日」 初恋の日なんて 憶えているわけないだろ 静かに頬を伝う涙の意味なんて 憶えているわけないだろ 好きな人がいっぱいいるんです みんな大好きなんです 浮気性なのか知らないけれど 暖かな夕暮れを初めての恋人にした 孤独な魂を包み込んでくれた 一本のタバコが恋人になった 悲しい思いを塗り替えてくれた 街灯の光だって運河の波の光だって 街角や肌を刺す冷たい空気も どこかぼんやりとした人の流れも 全てが恋人だった 家に帰れば音のない空間が拡がっていて ためらいながらそれでも電気を点けました 真っ暗な日々の痛みも恋人でした ベッドが恋人でした 時計がテーブルがカレンダーが壁が恋人でした 月も恋人でした 彼女たちは言う 言うというよりは叫ぶ 俺に向かって叫ぶ 俺にというよりは全てに向かって叫ぶ あなたがこんなふうに悲しんでいるのも その涙が温かいのも 嘘つきなのに嘘が嫌いなのも あなたが人間だからに他ならないんだよ いつの日か全てが俺から離れていくような気がして 寂しくなるけれど いつだって俺は全てに恋をしている

0
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-10-21)

【連愛詩】返詩の群れ 久遠恭子 霊感があっても運命の赤い糸は見えないままだ 女は姓が変わるからややこしい 誰かの初恋の元になるなら それでいい 死ぬにはちょうどいい日? もらったハーモニカの吹き方がわからない カルピスを 思い出します その子はそのクラスの発表で、ピアノ伴奏をした 全て吐き出したいからここへきたのに 全て吸い込みたいからここへきたのに "夢を捨てちゃダメだよ" ふざけた茶番を本気だと信じる為の儀式をする 牛に初恋なんてない 発情したら どことも知れない種をつけられるだけ 季節性のない紫外線 規則性のない白い線 遠い雲に、そそのかされる足取り 卒業式になぜかツーショットで写真撮ってもらったよねなんなのあれ笑 好きな人がいっぱいいるんです みんな大好きなんです 浮気性なのか知らないけれど 暖かな夕暮れを初めての恋人にした

1
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-10-21)

上の詩は、皆さんの作品からさんから、わたしがキラリと光る言葉をサンプリング、引用して作った作品です。 皆さんの詩の言葉が何処にあるか、探して楽しんでいただけたら嬉しいです(╹◡╹)

3
YUMENOKENZI
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子さんへ
(2021-10-22)

あなたの、そんな遊び心がすごく好き! たまらないー!!

0
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
YUMENOKENZIさんへ
(2021-10-22)

わーい?ありがとうございます! 嬉しいですー!!此処で遊びましょー!

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2