月面叙情詩 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

月面叙情詩    

君が満ちて欠ける物だから 夜中に兎がくつろいでいる、 疚しさは無いのに物音一つにも怯えて、 生活の悔しさに心が乱されて、 今日も餅なんてついてはいられないと、 寝転がりこの星を眺めながら、 人参を食んでいる、 だから月明りは暗がりに割けて滲み、 欠けたりするらしいと、 酔っぱらいの誰かの喚いている、 夜のしじまの中でそんな毎日に、 聞き耳をたてられていると思えば、 発狂しそうになると、 兎が言っているらしい事を、 宇宙の風は運んで来たりもする。 つ、か、れ、た、ん、だ、よ、 御伽噺は何も産み出さず、 もはや兎もうんざりしている、 そんな束縛の日が恐れに変わる事も、 純粋な愛から生まれる物で、 誰に迷惑を掛けている訳でもないのに、 しじまに溶けている明るさを、 兎の姿の何が悪いのだろと、 な、ま、け、て、い、る、ん、じ、ゃ、な、い、 君にも知って欲しいよ、 誰もそんな兎を不満に思ったりしないのを、 皆、唯、生きている事を私は、 御伽噺の月も満ちて、 欠けるだろうと思って、 涙を零れ落として。 あの月を君が見上げれば 兎の季節の物語はいつまでも揺れている、 どんなお馬鹿で悲痛な話しさへも、 諧謔が出来てしまうお年頃の私には、 芽吹きの若さ程の春は、 何の値打ちもなかったのだと、唯々、 兎は、気苦労だらけの虚しさの生活の中から、 少なからずも心を休められる時を、 人間が空腹の朝にバターの染み込んでいる、 トーストを食む様な、慈しみの情を持って、 少なからず、人参を噛みしめている、 そんな生活なんて代物は、このご時世に、 足掻いてみたところで、 どうにもなりはしないよバカヤロウと、 そんな風に毎日を、 器用に笑っていた兎の話しを思えば、 私は昔から何も変わっていない気がして、 嗚呼、人生とは何ぞやと考えてしまう、 私の日々の姿を兎は、唯、 微笑んで見ている、 月に恋、音に恋、 それだけの話しをいつまでも。

scroll


作成日時 2021-10-11
コメント日時 2021-10-12
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

月面叙情詩 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 493.6
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:493.6
2021/10/28 06時08分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

月面叙情詩 コメントセクション

コメント数(2)
てんま鱗子(淑白)
作品へ
(2021-10-12)

絵本を読んでいる姿がどこか寂しげで、でも原因はしっかり捉えている。

0
筆者
てんま鱗子(淑白)さんへ
(2021-10-12)

あ、どうも。鍵垢フォロー申請したけれど、シカトされた者です。笑 コメントありがとう。手癖でバレバレですかね。つまらない詩ですよね。すいません。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2