花火 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

花火    

共感をぶち壊してやりたい。そうきみは死んでやりたそうな勢いで言った。ぼくは、流れる水ってきれいだよねと言った。きみは、水の気持ちを想像するのは、猫になるより少しだけむずかしくて、ベランダからは宇宙が見えると言った。それは夜というもので、それでも星は星だから、きみは半分合っていて、死ぬ必要はないよと言った。きみは、わかったと言って、月をずっと眺めていた。月は割れて地球に堕ちるけど、きみはそれを少しも気にしないで、花火って瞬間なんだよね、と言った。ぼくは、その台詞を聴いてから死ぬために、今日電話をしました。だから、今日も世界中のみんなが「またね」ときれいな声を出すのだろう。


作成日時 2021-05-08
コメント日時 2021-06-12

花火 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 27
P V 数 : 2388.6
お気に入り数: 4
投票数   : 8
ポイント数 : 15
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/07/26現在)投稿後10日間
叙情性96
前衛性00
可読性11
エンタメ20
技巧33
音韻00
構成00
総合ポイント1510
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性00
可読性0.30
 エンタメ0.70
技巧10
音韻00
構成00
総合55
閲覧指数:2388.6
2021/07/26 06時50分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

花火 コメントセクション

コメント数(27)
トビラ
作品へ
(2021-05-08)

ああ、いいですね。 論理的に筋道だってないけれど、感情的に筋が通っている感じがしました。 一見ひねった文章に見えるかもしれませんが、とても素直なものなんじゃないかと思います。 >共感をぶち壊してやりたい。 ここで、夜空に花火が炸裂するような、この作品がパーンと花開くような爆発感があります。 それで、 >そうきみは死んでやりたそうな勢いで言った。ぼくは、流れる水ってきれいだよねと言った。きみは、水の気持ちを想像するのは、猫になるより少しだけむずかしくて、ベランダからは宇宙が見えると言った。それは夜というもので、それでも星は星だから、きみは半分合っていて、死ぬ必要はないよと言った。きみは、わかったと言って、月をずっと眺めていた。 のところで、夜空に散った火花が煌めきながら落ちて、闇に吸われていくような印象が出ていると思います。 >きみは、わかったと言って、月をずっと眺めていた。月は割れて地球に堕ちるけど、きみはそれを少しも気にしないで、花火って瞬間なんだよね、と言った。 ここで、次々と打ち上がる花火、花火を見ている「君」、花火を見ている「君」を見ている「ぼく」、そういう花火の場の雰囲気が出ていると思います。 >ぼくは、その台詞を聴いてから死ぬために、今日電話をしました。だから、今日も世界中のみんなが「またね」ときれいな声を出すのだろう。 そして最後のここでは、「きみ」と花火を見たあとの余韻にひたるような、きれいな思い出を自分のなかで何度も繰り返し確かめるような、そういう感覚を受けました。 引用部分でも重なっているところがあるように、全体にグラデーションのような流れを感じて、夏の花火大会の(ような)雰囲気がよく出ていると感じました。 湿り気をたくさんふくんだ爽やかさ、夜明かりのミストシャワーが心地いいような感じと言ったらいいのでしょうか。 なにより、花火大会の、日常と地続きな、非日常の特別さも出ていると感じました。 いい抒情詩だと思いますよ。

1
沙一
作品へ
(2021-05-08)

瑞々しい散文詩。「水の気持ちを想像するのは、猫になるより少しだけむずかしくて、」といったルミナスラインがいくつもあります。 描かれている感情が幼いといえばそうかもしれないのですけど、おわりに「だから、今日も世界中のみんなが「またね」ときれいな声を出すのだろう。」と、普遍性に結びつける手つきが鮮やか。安易に形容することをおそれずに一言でいうなら、とにかく「エモい」詩です。

1
三浦果実
作品へ
(2021-05-08)

これ、読んでよかったです。詩の定義とか散文とかの定義とかよくわかんないですけど、久々に社交辞令0でコメントできて人に紹介したくなる作品。作者さんの年代とかわからないけれども、サリンジャー読んだ感じですってコメントしときます。ついでにいえば、初期衝動「的な」作品って、ビーレビでもよく無自覚的にもてはやされたりするけれども、これには敵わないし、こういうの読んだら、もう詩とか書けないですよね。わたしなんか。

1
中沢
中沢
作品へ
(2021-05-08)

これは、音楽を聴いて自然と鳥肌が立つような、理屈抜きに純粋な、美しい経験をしたような。 ありがとうございます。

1
ネン
作品へ
(2021-05-08)

君と僕の、繋がらないが感情の温かさを感じるやりとりが、心地よく最後まで読ませてくれました。

1
あさ
作品へ
(2021-05-08)

0
あさ
作品へ
(2021-05-08)

0
あさ
作品へ
(2021-05-08)

すみません…こちらで誤操作をしてしまったのか、自作への無言コメントが二つ送信されてしまったようです。 運営の皆さま、申し訳ありませんでした。大変失礼しました。

0
あさ
ネンさんへ
(2021-05-08)

お読みいただきありがとうございます。 たしかにいくつかの意味では繋がっていないのかもしれませんが、感情とか、抒情の線のような、温かみのあるなにかは二人には繋がっているのかなあと、書いた私も感じます。 心地よく読んでいただけたとのことで嬉しいです。ありがとうございました。

0
あさ
中沢さんへ
(2021-05-08)

お読みいただきありがとうございます。 とても嬉しい感想です。私は音楽が大好きですし、短歌も少し詠んだり(57577のリズムが好きです)、もしも音楽的な詩だと少しでも感じる方がいたなら、なによりだと思います。 「理屈抜きに純粋」というのも、私は理屈で説明するのがとてもヘタなので詩を書いているタイプだと感じているので、それも嬉しい感想です(逆に理屈、構築?的に詩が書けたり、批評ができる人に憧れる面もありますが)。 こちらこそありがとうございました。

1
あさ
沙一さんへ
(2021-05-09)

沙一さん、「月とペンギン」に引き続き、感想をありがとうございます。 「水の気持ちを想像するのは、猫になるより少しだけむずかしくて、」は、私も書き手としてとても好きな部分です。その他にもルミナスラインがいくつもあるとのことで、詩も喜んでいるかと思います。私からもありがとうございます。 ご指摘の通り、「幼い」感じが強いと思います。この詩は幼い気持ち(モード?)で書いた、もしくはそういう気持ちの時に書いたもので、たぶん、ついつい詩や文体や心が固くなりがちな自分に対して、理屈ではなく新しく詩を吐いて訴えかけてみた側面がある気がします。 「おわりに「だから、今日も世界中のみんなが「またね」ときれいな声を出すのだろう。」と、普遍性に結びつける手つきが鮮やか。」 →ここですが、投稿直前の推敲でふと、「きれいな」という形容詞を入れた場所なので、おお、と思いました。「きれいな」という形容詞を追記した効果の是非は私にはわかりませんが、とにかく「普遍性に結びつける手つきが鮮やか」という過分な評価をいただき、なんだか恐縮です。 「エモい」は私は抒情詩ばっかり書く人だと思いますし、自分でも「エモイな」とは思いました笑 お読みいただきありがとうございました。

0
エイクピア
作品へ
(2021-05-09)

死にそうな君に、それ止めたいぼく。天体の月や星座は不変のようでいて日々動いている。花火の瞬間性。電話すら天体の一部ではないのかと思えるような詩でした。

2
あさ
トビラさんへ
(2021-05-09)

お読みいただきありがとうございます。 >論理的に筋道だってないけれど、感情的に筋が通っている感じがしました。 一見ひねった文章に見えるかもしれませんが、とても素直なものなんじゃないかと思います。 →詩の解釈は書き手を含めてもちろん多様でいいと強く思っているのですが、「わかるなあ」と思いました。すごく素直な気持ちで書いた気がします。もともと論理的な思考が苦手なので、論理を外れると私はわりと素直になれるのかもしれません。 ただ、トビラさんは詩を視覚的に解釈(再構成?想像?)をするのが(するのも)得意な気がしました。私は自分の詩でも、文章から視覚的なイメージを想像するのが苦手で、言葉のふわふわとした輪郭を捕まえて組み立てないというか、うまく言えないけどそんな感じがします。その時の文体にもよりますが。 逆に言えば、自分とスタイルの違いがありそうな解釈を受けると、やはり、おおっなるほど、という発見があって刺激になります。 >全体にグラデーションのような流れを感じて、夏の花火大会の(ような)雰囲気がよく出ていると感じました。 湿り気をたくさんふくんだ爽やかさ、夜明かりのミストシャワーが心地いいような感じと言ったらいいのでしょうか。 なにより、花火大会の、日常と地続きな、非日常の特別さも出ていると感じました。 →ここのまとめの感想が、詩を書いたら詩で返していただいた感じがして嬉しかったです。 ご感想をありがとうございました。

0
あさ
エイクピアさんへ
(2021-05-09)

お読みいただきありがとうございます。 詩を送られるような感想をいただき恐縮です。短い文なのですが示唆がたくさんあって、 ・はて、ぼくは止めたかったのかな? ・月や天体ってたしかに実は日々動いていて、瞬間の連続だな。 ・電話は(たぶん)ぼくときみの繋がりだけど、天体の一部のような存在かと言われると、そんな気もするな。 みたいに色々考えちゃいました。解釈をいただけるというのは嬉しいことですね。 ありがとうございました。

0
あさ
三浦果実さんへ
(2021-05-09)

ものすごく過分な評価を受けている気がして、ついシュッと引き締まってしまいますが、ともかくありがとうございます。詩も喜んでいるかと思います。 サリンジャーの著作は読んだことがないのですが、「ライ麦畑でつかまえて」はそのうち読みたいなと思っていました。とはいえ評価と作風のイメージは知っているので「サリンジャー読んだ感じ」と人生で言われることがあることに(もちろんサリンジャーっぽい、というくらいの意味かもですが)ビックリしました。ビックリしたので早めに読もうと思います。 私は詩の世界だとその時まで年齢、性別不詳でいたかったり、文体もけっこう時々で変わるタイプな気がするのですが、今作が特になにか響くものがあったならすごく嬉しいです。(以前、詩人のコードのお話をしていただいたことを思い出しますね)。 ありがとうございました。

0
奥村うみ
作品へ
(2021-05-09)

>共感をぶち壊してやりたい 共感という言葉に対して、私は良いイメージがありますが、「きみ」にとっては悪いものらしい。 対人関係の、たとえばいじめのようなトラブルを彼らが抱えているところを想起しました。 >月をずっと眺めていた >月は割れて地球に堕ちるけど 宙で輝いている月が示すのは理想で、地球は、思い通りにならない現実のように思いました。

1
あさ
奥村うみさんへ
(2021-05-11)

お読みいただきありがとうございます。 共感はいい時にはとてもいいし、わるく作動してしまった時には絶望的にわるい気がしています。 例えばいじめというものも時代が変わるごとに性質がずいぶん変わるものらしくて、とても難しいものなのですが、ともかく人間関係への葛藤とか疑問の歴史って、しばしば詩にも出てくるのかもしれませんね。 地球はたしかに月に比べるとずっと現実に近くて、思い通りにならないのですけど、でも月が割れて落ちてくるのはただ単にきれいな気がして、だから言葉として出てきた気もします。 私は詩を書いている時も書いた後も、あまり解釈や想起をしない(できない)のですけど、代わりにそういった感想を頂けるのはうれしいです。 ありがとうございました。

0
わたしも
わたしも
作品へ
(2021-05-14)

 この詩は〈流れる水ってきれいだよね〉《ベランダからは宇宙が見える》などの日常生活では言葉にすることの少ない台詞の周りに、さらに《共感をぶち壊してやりたい》《花火って瞬間なんだよね》などの台詞が配置されている。結果として、日常の会話の文言からは離れながらも、会話の底流には〈死ぬ必要はないよ〉《わかった》という気持ちのやりとりが挟み込まれている。 この「花火」という詩を読んで、人と人との会話の本質は、この言葉にこの返答という、順番じゃないと、あらためて思います。会話で示された言葉の表現力とでもいうべき詩の力なんだと思う。詩全体で伝わるものがありました。

1
あさ
わたしもさんへ
(2021-05-14)

お読みいただきありがとうございます。 > 人と人との会話の本質は、この言葉にこの返答という、順番じゃないと、あらためて思います。 うれしい感想です。私は日常社会における日常会話が、口下手という意味でも、定型的なキャッチボールがあまりうまくできないという意味でもとても下手です。加えて勉強もあまりできない方なので、答えがあるものが怖い感覚も人より強いと思います。 なので詩を書いている節は否めないし、その感覚が詩に滲み出ているのかもしれません。本質に触れていただけた感触があり、うれしいです。 > 会話で示された言葉の表現力とでもいうべき詩の力なんだと思う。詩全体で伝わるものがありました。 この『花火』は「ずいぶん(ある種の)まとまりのある詩が出てきてくれたなあ」と書き手としても感じた作なので、詩の力、詩全体で伝わる、と言われてうれしいです。過分な評価がほんとうに多いのでずっと恐縮していますが、詩も喜んでいるかと思います。  ありがとうございました。

1
n
作品へ
(2021-05-23)

打ち上がる花火のイメージ、またねという幕の引き際のイメージが上手く繋がっていると思います。 上から下に流れる水と、下から上に上がる花火、真逆のものが流麗な文体の中で生きていると感じました。

1
あさ
nさんへ
(2021-05-26)

お読みいただきありがとうございます。 今作は流れやまとまりがいい、と評価されることが多いのですが、たしかに花火と水、上と下、という真逆だったり別方向のイメージの接続がたまたまうまくいったのかもしれません。 流麗な文体と言われると恐縮してしまいますが、今作は自分の能力以上のよさのある文体がなぜか出てきてくれたなあと思っております。ありがたいことです。ご評価ありがとうございました。うれしいです。

0
小林素顔
作品へ
(2021-05-27)

こういうレトリック拡散系?の散文詩、私本当に苦手で書けなくて巧く書ける人尊敬するんですが、レトリックを読み解くのが苦手な私でもなんとなく理解できてかつレトリックが程よく文法を逸脱して詩情を拡散できているこの詩は、まさに「花火」のはかなさを描きながら言葉の束縛から脱しようとする意欲の感じられる作品だと思いました。好きな詩です。

2
あさ
小林素顔さんへ
(2021-05-28)

小林さん、コメントありがとうございます。 私は昔から人との話し方自体が上手くわからなかったり、きれいな日本語が話せなかったり書けなかったりしたから詩を書き始めた面があるので、その逆を褒められるのはとてもうれしいことです。言葉がわからないから言葉を逸脱しているのですが、それでも読者に通じる点やバランスを求めているところがあります。 それがたまたま上手くいって、詩情が良く拡散されているように小林さんが感じられたならなによりです。ありがとうございました。

1
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-06-02)

ひたすらに瑞々しいエモーショナルな詩と思いました。 令和詩人ですよこれは。 こんな感性をノリで書いてみたいものです。

1
あさ
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2021-06-03)

運営の貴音さんへ 今作は実はかなり軽いノリで書いて軽いノリで投稿したのですが(結果的にはその軽い文体がよかったようです)、私よりもずっとすごい方々に長く褒められているので、ビギナーズラッキー詩だったらどうしよう…と汗が止まりません。 ともかく、令和に詩を始めたので令和詩人としてゆっくり詩を書いていきたいです。 お褒めいただきありがとうございました。

1
鳴海幸子
作品へ
(2021-06-10)

A「共感をぶち壊してやりたい」 B「流れる水ってきれいだよね」 A「水の気持ち(中略)ベランダからは宇宙が見える」 B「それは夜というもので、(中略)死ぬ必要はないよ」 A「わかった」 会話分析てきには、Bの最初の発言は話題をずらしているように見えます。あるいは、前の文脈によってはこの会話が無軌道でなければならないというルールのもとに行われているという場合も考えられますが、後をみると提示されたワードに対して反応する通常のルールがみられるようなので、そうではないでしょう。そうすると奇妙なのは、Bは、おそらくAが死んでやりたそうな勢いだったから一度話題を拒否したであろうはずなのにも関わらず、死に関する話題を提示するという点です。Bは非常にAが死ぬことを否定する理由をつけることを急いでいる。そして、今度はBが死のうとしていることが明かされる。 気合の入った詩だと感じました。たとえば、「死にたそう」ではなく「死んでやりたそう」と書くような微妙な言葉への配慮。「ぼく」という一人称。「ベランダからは宇宙が見える」や「月は割れて地球に堕ちる」といった詩のデフォルメであるかのような文言、というのも、これがまさにデフォルメ化された詩人一般の描写であるように思うからなのですが。たとえば、「半分合ってる」という表現、きみとぼくが同一のなにかであることを暗示しているようにもみえます。死の意思をきみからぼくが引き継いだかのように。ここで、投票入れておきますね。 でも、もうちょっと上手く書けると思います。最後の方に2点、この会話が電話上で行われていることが明かされる点と、またねというのが世界中のみんなであるという点で詩が大きく動くと思うのですが、動き方が弱いように思います。

0
あさ
鳴海幸子さんへ
(2021-06-12)

コメントをありがとうございます。 私は詩の解釈は読み手に任せる(書き手とちがってもかわまないし、書き手も一人の読み手である)というスタンスですので、会話の解釈(分析)については、なるほどこういう解釈もあるんだと興味深く読ませていただきました。 技術的な面についても賛否含め、個々の箇所を挙げてのフィードバックをありがとうございます。自分の中で技術の言語化が進んでいないせいで、詩の当たり外れが大きい節がある気がしています。なので他者からの詳細なフィードバックというものは大変参考になります。 ご評価ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2