the daydreaming in a young town - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

the daydreaming in a young town    

   *  ユートピア幻想のなかで黙殺されるベールの女たちが 神をたずさえてマーケットの入り口に立つのは殺人者のいない午后 むきだしのマトンをジャンプしながら少女が店員を蹴りあげる レシピはたやすい 人造バターで肉を炒めて、バジルを添えるだけでいい 腕のいい料理人は先週首を吊った おしなべて月は    *  夜の霊長類が痴聖とともにベッドにむかうとき、ペニーアーケードでおれはピンボールをしくじる その手は石となり、水となる カウンターの端っこでジンライムをやりながら地獄を眺める プラチックの女たちが淫らな火遊びをするのはたぶん詩学の伝統なのだと悟って、ひとり透明なスカートに頭を    *  心臓を惑星に移植する光景を数年まえに見せられた そのときから、どうにも時計の調子が狂ってる 半分に切断された本体が、もう半分を呼ぶのだ 路上で融けだした黄金時代 いかにも懐かしい顔をした女が搾乳を始めるのが明るい午后だった    *    これほどまでに罪穢れながらも正義から逃れられないのは粉末の胎児が壜のなかで目醒めるための寸劇 ひとりの男と、いっぴきの犬とを遣わし、戒律をしつらえるための喜劇 暮れかかった町で幻想のリンボに閉じ込められた女を林檎畑に放ち、たったいま神がこのおれを、    *  モグリの女優が逮捕される 1時間まえには映写技師が撃たれている この一連について微分方程式を用いて答えることがどうしてもできない ぼくは夏の庭にむかってボールを投げる麦秋のインナーチャイルドに過ぎない 未使用フィルムをきみに与えるために自転車を盗んだ カメラマンたちが投身自殺する    *  ダウン症の麒麟が疾苦する真夜中のインターステイトで、仕事あがりの線路工夫が殺される 男は右手にフルハウスを握り、左手にフォーカードを握っている 発見したのは25年まえの映画で、スタンドインの役者が一緒だ だからだしぬけに役者は倒れていう これがおれの仕事だと 失業時代から長くつづく夜は暗く、    *


作成日時 2021-09-14
コメント日時 2021-09-19
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

the daydreaming in a young town  ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 785.9
お気に入り数: 1
投票数   : 7
ポイント数 : 3
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/09/20現在)
叙情性1
前衛性0
可読性1
エンタメ0
技巧1
音韻0
構成0
総合ポイント3
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:785.9
2021/09/20 20時29分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

the daydreaming in a young town  コメントセクション

コメント数(6)
きょこち(久遠恭子)
作品へ
(2021-09-15)

ストイックで、ハードボイルドなガンマンよろしく語り手は次々に標的を撃ち抜いていく。 その情景は、どこかニヒルで俯瞰した世界管から成り立っている様に私には見えます。 レシピはたやすい 人造バターで肉を炒めて、バジルを添えるだけでいい 腕のいい料理人は先週首を吊った という部分に現代社会の闇が見えました。結局簡単に事が済んでしまうという。 とても好きです。それぞれの物語に風刺的な何かを感じました。 ありがとうございました。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-09-16)

わあ、お上手。背景に何を見て、何があったのかなぁ、と解らないのですが、この世界を詩的言語に書き換えることを難なくやってらっしゃるように感じました。神を睨みながらも、否定を孕んで?全編がハードボイルドな感じがかっこいいですね!断章的というのでしょうか、Twitter詩をつなげられたのか、全体の一部が鏡が砕けて、そこに映った文字をたまたま読んだらよかった、みたいな詩片でした。

0
鷹枕可
作品へ
(2021-09-18)

これまでは、その抒情性が特筆すべき核心であり、復、枷となっていらっしゃられた。 されども 見事、 抒情殺しを完遂なされた筆致は誰にも模倣の敵わない、特有の作家性を獲得なされた様に、思われます。 >>この一連について微分方程式を用いて答えることがどうしてもできない 今、これを記述し得るのは、多分貴方だけです。

0
白犬
作品へ
(2021-09-18)

嫌いじゃ無いし、さすがに巧いと思うけど、ちょっと温い気がする。もっと抽出出来るし濃度を高められる気がする。結晶化するまでいかないと!と感じました。単なる私の好みの問題かもしれませんが。

0
ささら
ささら
作品へ
(2021-09-19)

 最初は何が何やらわからなかったのですが,でもひきつけられるように読みました。 >>心臓を惑星に移植する という文句をはじめ,聖書やみだらさ,暴力性が合わさった語彙の選定が私の嗜好にあったのかもしれません。  読み返してみて思ったのは,舞台がマーケットからペニーアーケード,映画へと場面転換するなか男と女が役を変えながらも登場し交錯しているようだとということです。  そしてもう一つの軸として時間が交錯していて,数年前の光景や黄金時代の情景が顕れながら,女優が逮捕された現在につながり,しかしそれはまた25年前の映画だったという過去と現在が混濁しているらしい。加えて女たちは幻想やリンボに閉じ込められていて,超時間的というか時間を繰り返しループしているというかそんな場所にいるなと。男は未使用フィルムをけなげにも届けて,そんな女の幻想を延長させてあげてるのかなと。時間(記憶)と場所が移り変わる情景は映画「インセプション」を思い出します。  かなり勝手読みが過ぎる気はしますが,私個人はそんな空間と時間が交錯する作品世界に魅了されたのだろうと思います。

0
中田満帆
作品へ
(2021-09-19)

コメント、ありがとうございます。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2