夜明け - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夜明け    

夜明け 小鳥たちの さえずりで 目が覚めたんだ 夜明けの窓が、開いた… 優しい声が、耳に心地よくて このままずっと 聞いていたくて なかなか ベッドから 起き上がれないでいるよ そのうちに、ぼくの脳内に きみが、現れた 心が、きみを求めれば 鏡のように 何か言葉をくれるんだ 愛しい思いが、あふれ出すんだよ 人は、一人一つの鏡を いのちの真ん中に 持ってるんだって 誰かが 言ってたよ 鳥たちの声を聞けば きみを思う もらった その花の優しさが ちゃんと 分かるように 太陽の光が、灰色雲を 消してくれたように 清らかな 月の光が 涙を ぬぐってくれたように ぼくも、きみの気持ちを ちゃんと 抱きしめたいんだ! ああ、もう二度と この鏡を 迷いの海に 沈めたりしない! *詩と音楽


作成日時 2021-09-09
コメント日時 2021-09-19

夜明け ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 2698.3
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#動画 #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:2698.3
2022/05/21 02時26分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

夜明け コメントセクション

コメント数(16)
ْ
作品へ
(2021-09-12)

詩を見たときは静かな詩だな、と思ったので動画を見た時、感動的で驚きました。過去の葛藤がより感じられます。僕は、夜明けは静かな印象が強いです。どちらも好きです。 鏡に言葉を貰ったことが無かったのでそこにも驚きました。鏡に何か問いかけてみようと思います。

1
YUMENOKENZI
ْさんへ
(2021-09-12)

蝋来様 はじめまして! 蝋来さん ... お名前、どう読むのでしょうか? ロウライ?さんでいいの? 私の詩、動画のために、あなたの大切なお時間を割き、こうして所感までくださりありがとうございました。嬉しかったです! "夜明け" は、私の内面、心の夜明けです ...  大切に思う人からの優しさ、深い愛と言いましょうか、それに気付けた瞬間の、喜びと感謝を、詩の言葉にしたためました。 蝋来さん、あなたの詩も、自身の心を詩っていますね ... 優しく、静かで、激しく! どれも素敵な詩で、また素敵な詩人だなとも感じました。

0
ْ
YUMENOKENZIさんへ
(2021-09-12)

名前はろうらいと読みます! これからもよろしくお願いします。

1
YUMENOKENZI
ْさんへ
(2021-09-12)

蝋来様 お名前の読み方、おしえてくださってありがとうございます。 作品、これからも読んでまいりますね!

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-09-12)

若々しく高揚感のある、人生に希望を捨てていない人の澄んだ心の状態が、好ましいです。最後の一センテンスが特にいいですね。心の鏡、それは人同士の共感が共鳴するから、映るのかもしれません。詩の心は共感と普遍性と、新奇性とその両方が求められると思いますが、ひと匙の薬だったり、一杯の清涼な水のようなものだといいです。あなたの詩には後者の良さがありました。

1
YUMENOKENZI
湖湖さんへ
(2021-09-12)

Dear My Carmen, 湖湖様 こんばんは。 あなたに詩を読んでもらえたことが、本当に嬉しいんです! ありがとうございます! あなたの詩を読んで、そこにあった、あなたの優しく率直な人柄を知ってから、私はずっとあなたに魅惑され続けています ... 湖湖からいただいた評価に恥じぬよう、これからも自分らしくがんばります。

1
YUMENOKENZI
湖湖さんへ
(2021-09-12)

PS: 「湖湖様からいただいた評価に恥じぬよう、これからも自分らしくがんばります。」 湖湖さん、脱字がありました! 失礼をお許しくださいませ。 YUMENOKENZI

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-09-13)

「人は、一人一つの鏡をいのちの真ん中に持ってる」 この一節が好きです。 とくに、詩というのは、鏡に反射して映し出された光の造形なんじゃないか、 と思う時があります。 YUMENOKENZIさんの詩の特徴として、 心の内面というか、観念的な描写が多いと思うのですが、 心の外側、現実的な部分もしっかりと見つめると、 より詩に奥行がでるんじゃないかと思ったんですが、 このへんは好みかもしれないです。 (自分は、そういう点を自分の課題に感じているのですが、  なにが課題かは人それぞれかもしれません)

1
YUMENOKENZI
まささんへ
(2021-09-14)

まさ様 こんばんは。 詩を読んでくださり、ありがとうございます! また "心"を鏡に喩えた一節を、気に入っていただけて、すごく嬉しいです! 確かにそうですね。 目に見えない、心の世界をうたっている詩が、自分には多いと感じます。 現実の物事や言葉というのは、とても身近に感じますし、見る人、聞く人に、安心感をもたらしてくれますね。 まさ様のアドバイスを受け、より詩に奥行きが出せるよう、言葉や文体をもっと見つめたいと思います。 自分一人では見えなかった大事な視点を、教えていただけ本当に感謝しています! YUMENOKENZI

1
yamabito
作品へ
(2021-09-16)

YUMENOさん、先ほどはいろいろとコメントをくださり、ありがとうございました。 今回、はじめて御作を拝見いたしました。文章そのものというよりも、エンターティメント性にあふれた作品ですね。おそらく打ち込みでの音源かと思いますが、メロラインも素敵でした。なによりも、良かったのはナレーションです。お若い、みずみずしい声と感情のあふれた表現はとても好感を持ちました。音源、詩作品、ナレーション、メロライン、これらを総じてまとまりのある作品だと思いました。

1
YUMENOKENZI
yamabitoさんへ
(2021-09-16)

yamabito様 おはようございます。 作品を視聴くださりとても光栄です! yamabito様に、一つのエンターテイメントとして、作品を楽しんでいただけ感激しております! ナレーションは、プロの声優様にお願いいたしており、自分自身が朗読するのと同じように表現していただけるよう、何度もコミュニケーションを重ねながら作り上げました。 詩の文章そのものに関しては、敬愛するビーレビの作家様達から、いまだいたらない点を指摘いただいており、私の今後の課題です。 この度は、所感をくださり本当にありがとうございました。

0
きょこち 久遠恭子
作品へ
(2021-09-19)

この詩を読んで、何にも感じとれませんでした。私の読み込みが甘いのでしょうか。 手紙みたいにメッセージ性が強いなと思い、詩として読み込めなかったです。 コメントが沢山付いてますね。羨ましくて憧れます。

2
YUMENOKENZI
きょこち 久遠恭子さんへ
(2021-09-19)

久遠恭子様 はじめまして! こんにちは〜 作品を読んでくれたのですね! ありがとうございます! きょこちさんの読み込みが、甘かったから、何も感じ取れなかったんじゃありませんよ。 私の文体は、きょこちさんや、ビーレビの作家様たちと比べれば、とても詩と呼べるようなものではないと、私自身が自覚しているんです... ビーレビというサイトが、ジャンルや経験を問わず、広くクリエイティブライティングを受け入れてるおかげで、私には、とても貴重な宇宙のたった一つのオアシスのようなサイトなんです、ここは... 様々な個性あふれる作家様たちに出会える喜びを、最近強く感じています。 私はまだ、ここでの活動が浅く、きょこちさんや、皆様の作品を十分に読めてないので、これから読んでいこうと思ってます。 きょこちさん、どうか、これにあきれてしまわずまた、音楽など聴きに来てくださいね! 率直なコメント本当にありがとう! 読んでくれて、うれしかったです。

3
きょこち 久遠恭子
YUMENOKENZIさんへ
(2021-09-19)

はじめまして、こんにちは! ビーレビというサイトが、ジャンルや経験を問わず、広くクリエイティブライティングを受け入れてるおかげで、私には、とても貴重な宇宙のたった一つのオアシスのようなサイトなんです、ここは... というコメントの部分を読んで、YUMENOさんには、ビーレビのイメージはこんな感じに見えてるのですね。。。 私はもっと間口狭い、というか厳しい印象を持ってるけどもどうなんでしょう? 私とYUMENOさんとはビーレビのイメージが違う事は分かりました! また詩など見に伺います。 よろしくお願い致します!!

3
YUMENOKENZI
きょこち 久遠恭子さんへ
(2021-09-19)

きょこちさん、こんにちは。 再レスありがとうございます! ビーレビトップページの文頭のコピー文、サイトのマナーガイドラインの参加資格内の文言、それから、B-REVIEW 公式Twitterのプロフィールの文言などには、私の見たビーレビのイメージが、明示されています! これらの文章が、打ち出されていなければ、私が、ここに投稿することはなかったし、今日まで、コメントを通じて私に向き合ってくださり、アドバイスをくださった作家様たちに、出会うことはなかった! もちろん、きょこちさんにも! 確かに、ビーレビにはかなり厳しい印象もありますが... 間口が狭いと感じるかどうかは、作家によって違うのではないかと思います。 きょこちさん、こちらこそよろしくお願いしますね!! YUMENO.K

2
きょこち 久遠恭子
YUMENOKENZIさんへ
(2021-09-19)

なるほどですね。 間口が狭いと書いたのは、ちょっと違ったかもしれませんね! でも、厳しいイメージはあるかもです。ただ私もまだ新参者ですので、良く分かっていない部分もあるかと思います。 お互い切磋琢磨しながら、頑張っていけたら嬉しいです。 こちらこそ、よろしくお願い致します!

2

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2