B-REVIEW6月のお題詩「破戒」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

B-REVIEW6月のお題詩「破戒」    

日頃よりB-REVIEWをご利用頂きありがとうございます。運営の沙一です。 詩は言葉と言葉の化学反応。毎月恒例となりましたこのお題詩企画も、多くの化学反応が発生しており、錬金術の実験室を彷彿とさせられます。 6月5日の公式ツイキャスにて、6月のお題は「破戒」に決まりました。 現代詩は、既成の枠を打ち破ることに肝があると考えます。ありがちな定型や常識にとらわれず、むしろ〈破戒〉していく、即ちそれは禁断の愛ともいえそうな、梅雨時の憂鬱を吹き飛ばすほどのバイオレンスな詩を募集します。 以下、ルールを説明いたします。 ①この投稿のコメント欄では、お題に沿った詩の投稿を無制限に行えるものとします。 ②ここのコメント欄に投稿された詩の全ては、ビーレビ杯不参加とさせて頂きます。 ③システムの関係上、コメント欄に匿名で詩の投稿はできません。 ④コメント欄では縦書き機能は無いので横書きになります。それか、自力で頑張って縦書きしてください。 ⑤投稿者に対する返信として、連詩や返詩も可能です。 ⑥ハートの数を個人的に得点として競ってみるのもいいかもしれません。なので気に入った作品にはぜひハートをつけていってください。 ※無論、マナーガイドラインに反することは禁止です。運営の開催する企画でカードを発行するようなことになってほしくはありませんので、くれぐれもマナーガイドラインを厳守していただきますよう、よろしくお願いいたします。 B-REVIEWマナーガイドライン&ルール(必読) https://www.breview.org/forum_blog/guideline_and_rules それでは皆様、よろしかったら遊んでみてください。


作成日時 2022-06-11
コメント日時 2022-06-26
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEW6月のお題詩「破戒」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 25
P V 数 : 2106.7
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:2106.7
2022/07/07 20時11分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

B-REVIEW6月のお題詩「破戒」 コメントセクション

コメント数(25)
あらい
作品へ
(2022-06-11)

「針千本の展翅」 地球を一蹴するようなはらわたが、空全体に表れたような、入道雲からシリアルキラーが降ってきた。切り裂かれた大魔王の簡単な休日。あんたもあたいも鼻くそ混じりでステップしなっ。そこら中の幸せ刈り取って恐怖に撃ち抜かれる、知能犯の、大粒の雹を尻から捻りだし鼻歌交じりの悪魔の槍で、その口から出た「あっ」という間に、例えるなら黴の栄えた四畳半で拵えた泥沼に浸っています。どうせいまさら走り出した彼方お隣の、澄まし顔したお嬢さんも、やっぱり木の股からうまれたわけを。もう遅い、一面に描かれた幼稚園児の記憶を遮断して、礎に転変したばかりのお嫁さん。夢見心地のきれいなお花畑に囚われてしまったオニイサン。私は嗅ぎ回っていい雄しべを噛み砕いて、弱肉強食に撒けた手指にマニキュアと血族を手コキして、どうせみんな自分勝手にりっぱなオナニーを見せつける変態のくせに、蝶になるのか蛾になるのか、その程度の額に、ひたむきに贈呈します。

2
柳煙
作品へ
(2022-06-11)

覚悟して切り刻め ニンフのうめ かおりよき はなひらき ふきすさび

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-06-11)

   しずくの冒険(抄) 宇宙の果て そのもっとも奥深くひそかなところに すべての悪のみなもとである一本のりんごの木がある 宇宙生誕以来 その木は 三つのバリアーで守られていた ひとつは力 すべてを破壊する巨大で獰猛な怪鳥がたえず木のまわりを 巡回し、近寄るものは有無をゆわさず 炎で焼きつくすのだった もうひとつは叡智 世に生まれたすべての神学と哲学、思想を体現する 賢者が敵意をもって近寄るものを説き伏せ、精神を萎縮させ またたくまに洗脳して退散させるのである もうひとつは愛 知恵のみなもとであるりんごの木を害する意志あるものには その者の両親の姿をしたイリュージョンが向かい合うのである じぶんの両親の愛情あふれる笑みに接してこれに歯向かえるものはいなかった こうやって すべての悪のみなもとである知恵の木は 外部からのいっさいの攻撃や害意、よこしまな企みから無傷であった また この三つの力を打ち砕いて 世界に平和をもたらすことができる者は この世の果ての果てまでだれひとり存在しなかった と 思われていたが 宇宙の果てにあるりんごの木は 生まれてまだ三歳にも満たない子どもの自然なこころを 防ぐことだけはできなかった 彼女の名はしずくといった おにぎりが大好物で おにぎりにつられてこのりんごの木の退治にやってきたのだった 握った日本刀の刀身は柔らかいプラスチックでできたまがいものだったが それだからこそ 三つの力に対抗できたのだ 対抗するためには相手をけっして傷つけてはならないのだ 襲いかかる巨大な怪鳥の鼻先めがけてしずくがまがいものの刀を振り下ろすと 怪鳥はぎゃーと叫び声をあげて霧のように分解し飛び散った 霧が収まると 一匹のネズミがこそこそとそこから走りさった 次に出てきたのは聖人だった 両手をひろげて「おお、汝は地の塩なり、もしその塩.......」 とかなんとかいっているが しずくにはちんぷんかんぷんだ かまわず「えい!」と刀を振り下ろすと聖人は煙になって空へのぼり あとにはミミズが一匹 もうしわけなさそうに地面を這い回っているのだった 最期に しずくの両親が現れた 「しずくや、わたしたちの宝、わたしたちの命、しずく、おやめなさい、」 と涙を流している さすがのしずくも目を見開いてしばらく呆然と亡くなった母と父をみていたが 「あたいのおかあちゃんなら、そんなこといわない。おにぎり食べるかいって?最初に聞くわよ」 次の瞬間、「えい!」と刀を両親のイリュージョンに振り下ろす。 「このにせもの!」 すると両親はやはり煙や霧のようなものに分解し あとに二匹の雨蛙がけろけろと鳴いているのだった こうやって 世界からすべての悪が消え失せ 人類はみな知恵を失い悪い企みや競争や侮蔑や差別などから 解放され 定常生活だけを繰り返して永遠の平和が続いたのであった

1
stereotype2085
作品へ
(2022-06-13)

「*ロマンチックだぜ*」 スターリンが歌っている。 スターリンが歌っている。 遠藤ミチロウががなり立てている。 ミチロウががなり立てている。 *吐き気がするほどロマンチックだぜ 吐き気がするほどロマンチックだぜ* もう僕にとっては遥か縁遠いフレーズが、 僕の気持ちを散り散りにしながら、 誘導ミサイルにも似て記憶を誘発する、爆撃する。 大島渚「何だかんだ言って俺たちはメチャクチャ壊しすぎたんだよ」 伝説も死なばマイク殴打の思い出とともに。 寺山修二「俺は母とセックスしたい、だがそれを母は『鬼畜』のやることだという」 馬券が舞った先で彼が見たのは、トグロを巻くニシキヘビの夢か。 三島由紀夫「君に欠点があるとするならば僕に惚れないことだ」 楯が守ったのは命でも国家でも民族でもなく、彼の美意識だった。 川端康成「私は死者によって生きながらえているという感覚がある」 神が上座に座っても彼は二時間は押し黙ったままだっただろう。 芥川龍之介「私は蝿を食べた」 技術至上主義でもあった彼の枕元には蟻が忍び寄る。 1971年、僕の兄は熊本逓信病院で産まれた。幼い頃から一つの物事に夢中になると折れない子で、ビデオデッキを買いに行った時などは「また今度にしよう」と宥める父母に抵抗。車の中でハンストを始めたほどの子だった。兄は十代からギターを弾き始めた。その影響もあって僕は聴く音楽の幅も広がり、色んな見聞も耳にした。二人の音楽の趣味嗜好はそれぞれ違ったが、唯一と言っていいほど兄弟仲良く楽しめたのは、悪魔教の教祖デーモン小暮閣下が率いる聖飢魔Ⅱだった。 初めて二人で行った黒ミサ(俗に言うLive)は最高だった。デーモン小暮。彼の歌唱力にも話術にも、そして人あたりならぬ、悪魔あたりの良い魔柄にも僕は惹かれた。そんな彼はかつてこう言った。 「あのな、この前会ったけどスターリンの遠藤ミチロウ結構いい奴だったぞ」 スタジオに沸き起こる笑い声、偶像破壊はリスペクトで笑い飛ばした後に。その瞬間、僕の胸にある悲劇性が去っていく。僕もいつかは好んで歌うかもしれない、スターリンの「ロマンチスト」。 今でも掠れながらも、僕の耳で鳴っている。 *吐き気がするほどロマンチックだぜ 吐き気がするほどロマンチックだぜ*

2
三浦果実
作品へ
(2022-06-13)

<meta name="msapplication-config" content="https://www.breview.org/browserconfig.xml"> <meta name="msapplication-TileColor" content="#ffff00"> <meta name="msapplication-TileImage" content="https://www.breview.org/mstile-144x144.png"> <meta name="theme-color" content="#ffff00"> <!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics --> <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-0YBPEBFZER"></script> <script> window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag("js", new Date()); gtag("config", "G-0YBPEBFZER"); </script> <link rel="icon" type="image/x-icon" href="https://www.breview.org/favicon.ico"> <link rel="apple-touch-icon" sizes="180x180" href="https://www.breview.org/apple-touch-icon-180x180.png"> <link rel="mask-icon" href="https://www.breview.org/safari-icon.svg" color="#555"> <link rel="icon" type="image/png" sizes="192x192" href="https://www.breview.org/android-chrome-192x192.png"> <link rel="manifest" href="https://www.breview.org/manifest.json"> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/bootstrap2.css"> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/slick.css?ver=1.1.6"> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/slick.scss?ver=1.0.1"> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/style_new.css?ver=1.0.9"> <link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.6.1/css/all.css"> <link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/font-awesome-animation/0.0.10/font-awesome-animation.css" type="text/css" media="all" /> <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Noto+Serif+JP:400,700&display=swap&subset=japanese" rel="stylesheet"> <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Noto+Sans+JP&subset=japanese" rel="stylesheet"> <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.1/jquery.min.js"></script> <script src="https://www.breview.org/keijiban/js/breview.js?ver=1.1.3"></script> <script src="https://www.breview.org/keijiban/js/slick.js"></script> <script src="https://www.breview.org/keijiban/js/poemtab2.js"></script> <script src="https://www.breview.org/keijiban/js/quote.js"></script> <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Chart.js/2.1.4/Chart.bundle.min.js"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/new1.css?ver=4.6.4"> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/ripple.css"> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://www.breview.org/keijiban/css/after.css?ver=1.0.5"> <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/pace/1.0.2/pace.min.js"></script> <link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/pace/1.0.2/themes/black/pace-theme-center-circle.min.css" /> <!--[if lt IE 9]> <script src="//oss.maxcdn.com/html5shiv/3.7.2/html5shiv.min.js"></script> <script src="//oss.maxcdn.com/respond/1.4.2/respond.min.js"></script> <![endif]--> <meta name="twitter:card" content="summary_large_image" /> <meta name="twitter:site" content="@breviewofficial" /> <meta name="twitter:title" content="B-REVIEW6月のお題詩「破戒」" />

2
湯煙
作品へ
(2022-06-14)

 「雷花」  狩人は獲物を待たない  赤子の指は信管を触れ  滅ぼさずにはいられない  愛  鮮血の

2
つつみ
作品へ
(2022-06-14)

先延ばししたい夜 自然消滅 選択する 余地はない 自然に消えていくもの 選べない、残したいもの でも 忘れてしまえば なんてことはない 未だ中学1年生 あと2年もある 教科書がみあたらない 上質な靴を履けば わたしも幸せになれるなら そんなことは気にならない 157>6685時間寝不足だったから 54458$256時間今から眠る 悲しみや辛さは 夢の中でケーキにして たくさん食べた 食べても食べても おなかいっぱいにならない でもとても美味しい ほんとうのきもちなんて 言葉にした途端嘘になる ほんとうのきもちなんて ばかみたいだね 帰りの会が長い 待ってくれるほど 仲のよい友達がいない

2
羽田恭
作品へ
(2022-06-14)

喉奥から不随意に音が出始め 体はそれに応じるように 壁に机に床に頭を打ち付ける 固く心に誓った戒めは 酷く容易に破られ 多くの人々の目前で 決して見られたくない 無様な様を さらけ出してしまった もう戻る事の出来ない もうまともな人間だと思われていたさっきまでの 時間に 無意識に戒めを破壊した 俺が何よりも悪いから この世の誰よりも悪く見られ 言われ続けるのだ 悲しくないのに痛みもないのに 涙は流れ続け 平静を装いたいのに 顔は醜く悲痛に歪み続ける もう終わりだ 終わっても終わっても未だ終わらない 終わりだ この世から消滅する事を望みながら それを果たせもせず また誓った戒めを なおも破り捨てる事になるのをわかりつつ この世の隅へ 体を引きずっていく トゥレット障害 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E9%9A%9C%E5%AE%B3 苦諦 苦痛はあり 集諦 原因があり 滅諦 無くすことができる 道諦 正しい方法に従う事で 言語化することで 四聖諦  

1
楽子
楽子
作品へ
(2022-06-15)

・近づくと目蓋をおろしてしまうのでこのキス名前を目映いという ・バッカスの導きなくとも大丈夫 一杯の酒一生のよい ・犬ごとく這いつくばり祈るその横顔にこそ憎しみの墓

3
紅茶猫
作品へ
(2022-06-15)

戦争は1人で歩かない こんぐらかった糸の塊は どこも赤く血の色に染められている

1
小夏 渚鳥
小夏 渚鳥
作品へ
(2022-06-16)

(雨の音だ)(いそげ いそげ) 私の血に潜んでいたものが 流れ出て流れ出ようとして 化学反応のように止められない いちご色の影を見たか ひたすら光の匂いのする方角へ向かうと、わたしのいる方へ折り返してくる桃がいた そこで出会ったというべきか 今はなぜか同じ方向を目指しているマーガレットの花びらの色の生クリーム 愚者に成りきれぬ 聖人にも成れぬ メロンの病み 私は私の人生は 終わりに向かって溶かされた火 チーズケーキといちじく 凡庸になろう 皿に築かれたものたちをいただく

1
自由美学
自由美学
作品へ
(2022-06-16)

アマゾンギフト券ほどの価値ある天才詩人 視野狭窄の果てに過去829作品を全削除 パニック破壊神舞い降りる 短絡的な劇場主義に全米興味ナシ ギフテッドな陶芸家の壺割り芸じみた全削除 ろくろの回転盤に踊る運命は 不本意な役回りと呪われた連なりの六道輪廻 その誕生を誰の記憶にも残さないまま 荒ぶるわれものメンタル天才詩人

1
自由美学
自由美学
自由美学さんへ
(2022-06-16)

「破戒」を「破壊」と間違えてしまいました・・すみません。

1
つつみ
作品へ
(2022-06-16)

私は月に吠える人狼 リミッターが解除され 筋肉が100%燃焼されて 脳細胞が大ダメージを受ける これまで重ねてきた罪が 罰の雨を降らせて 私の頬を何発殴ろうとも 冷笑を浮かべてしまう リミッターかかってれば 言葉の手がわたしに伸びても 一歩後ろに下がるように できていた しかし脳に大ダメージを喰らうと 私の心身はそれらの手に 引き寄せられてしまう 自己破壊により 病床に伏した私は それらの手の届かない 夢の世界へ逃げ込む しかし トライアングルには 新しい手が必要だ 今はその手を 見たくないから 破戒的な詩は書けない

2
DaysXMa≠na
DaysXMa≠na
作品へ
(2022-06-17)

ジローくんの事 うんざりするほど夏だつた おれは井路のふちに腰をおろして ぼんやり釣り糸を垂れてゐた ときどき定規でうどんを切つた ざりがには面白い様に喰ひ付いた お盆にもなれば子供たちは 本家に集まつたり家族旅行に出掛けたりで おれと遊んでくれる友だちはゐなかつた おれはだからまつたくのひとりぼつちだつた ひとりぼつちで夏を遣り過ごさうとしてゐた ねえきみなにしてるの? みやうなやつだつた 濃紺のブレザなんか着てるのに 汗はひとつも掻いてゐなかつた 赤毛はおかつぱに揃へてあつた ざりがにを釣つてるんだよ さりがにつてなあに? そこのバケツにあるだらう えび? えーと、くもの仲間つて習つた さわつてもいい? いいけど、気を付けなよ と言う間もなく、やつは指を抓まれてゐた おれの方が痛えつて声をあげそうなくらい強く けれどやつはびつくりしたみたく目を見開いた丈だつた そのまま反射的に掌を握りしめてゐた くしや ぱり ぱり ざりがには折り紙みたいにつぶれた はさみやあしがばらばらとこぼれおちた やつの掌は青緑の汁によごれてゐた ざりがにはだうなつたの? しんだよ だうして? きみがしなせたんだよ ぼくがいけないことをした? ううん、まだたくさんあるからね ふうん きみ、名前は? ジロー この釣り竿はあげるからまた釣ればいいや、ジローくん おれはもうざりがに釣りにも興味がなくなつてゐた 勝手に外に出るなと言つただらう、ジロー だつててんきがよかつたから おまけにこんなに汚してしまつて すみませんせんせい、すみません 帰つたらみつちり洗浄するからね、ジロー …大臣が警備アンドロイドに射殺されました。  警視庁は事故と事件の両面で捜査を進めており… 休憩室のテレビは何時もボリュームがデカ過ぎる。 だが今夜はやけに警備員たちがざわついていた。 おそろしい話や ロボットに要人警護なんかさせるからだ 早晩おれらは食い逸れかと思ったが杞憂だったな 無抵抗で連行されてゆくアンドロイドの姿に おれはあの夏の一日を思い出していた あのきょとんとした様なジローくんの顔を おれだってざりがにの事なんかちっとも考えなかった その事にゾッとしていた 三班、交代だぞ! 何時までもグズグズしてんじゃねえ!

1
あらい
作品へ
(2022-06-17)

引き伸ばされた声色は魅惑的調律と風を呼ぶ。 『己』はまだ彼女の瞳で息をしていることを強要され、外れることを許されていない。はぐらかした唇に薔薇を、やさぐれた胸にナイフを、暴れ者の足は切り出され、異彩を放つ腕は腐り落ちた。 <狂言強盗する少年Aに/葦の小舟に。アバターの夢を> ――突きつけて『破ヤる』 ふところを温めている、噂話の眉唾の、何事もない白樺の 古びたかいなを、意味を失くしても 熨ばし続ける 誰とも知れない呪縛にある。 そんな狂った身が正しいと刻み込まれている 血筋に意識に、無尽蔵に溢れて停められない コマネズミは地上に穴を開け古狐を誑かす。設えた廃墟におけるピアノが飾る、最期に騙る、その鄙びた虚無界の魂は折り重なり、尽きたあとも、隔たりは形を変え 花を持たせ永遠に燻り続ける 街角に成る、重箱の隅に、降りた遮断器の、急カーブのミラー越しに なにかが悼んで どこかしら鋳たんなまま  

1
DaysXMa≠na
DaysXMa≠na
作品へ
(2022-06-23)

  哀れな人の子よ 冷やし中華を始めてはならぬ 糵を茹で 卵を薄く焼き 胡瓜やハムと共に短冊に切る そんな事の為に人間はどれだけ時間を無駄に費やしてゐるのか どれだけ遥か彼方で私の王国は停滞してゐる事か 聞け、哀れな人の子よ 唯いつしんに我の名のみを唱へよ 我が教えへこそを空ろな胸に刻め 良いか、哀れな人の子よ けして冷やし中華を始めてはならぬ だがだうにも鬱陶しい雨季の日々が訪れたら 靄もやした頭と膚や器官のむず痒さが命じる儘に 貴方は戒めを破り また初めて仕舞ふのだ

0
紅茶猫
作品へ
(2022-06-23)

地球が一つの国になったら たやすく宇宙の塵になりそうな、 そんな気がするのだ。

0
きょこち❤️久遠恭子
作品へ
(2022-06-23)

破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒はかい破壊する破戒バカ破戒破戒破戒ハカイ破戒破戒破戒墓石破壊神破戒破戒はかい破戒破戒破戒破戒破戒破戒はがいじめ破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒!   ¥    破戒破戒破戒ハ         破戒はかい破戒         は?怪破戒破戒破。      破戒破戒破戒破戒破戒破   破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒 戒破戒破戒破戒破戒破戒!?破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒ハカイ破戒破戒破戒は・か・い破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒破戒!!!!!!!!!!!ʕ•ᴥ•ʔ

0
三浦果実
作品へ
(2022-06-24)

バカで脳足りん(笑) ばかりで笑える 暇潰しにせよさ おまえら生きる才能も(笑) 皆無だから 何にも書かないほうがいいよ 表現(笑)とか低脳には無理よ ※これは作品です

0
きょこち❤️久遠恭子
作品へ
(2022-06-25)

信じることを捨て 荒行を辞めて 河原に着いた 砂利が敷き詰められて 一つ積んでは父のため 二つ積んでは母のため 三つ積んだら誰のため? 底泥を手で掻き回す ぬかるんだ生温い感触が指を伝う 水の中に住む虫達が場を奪われたことを忌み嫌うように逃げて行く 向こうのほうに見える水草の辺り 白い蛇が様子を伺っている チロリチロリと赤い舌を覗かせて いつ破戒した者を喰らおうかと待ち構えているのだ お前の手は美味しかろう お前の足は肉が脂が乗り お前の脳はとろけるだろう

1
鷹枕可
作品へ
(2022-06-25)

アンチクリスト 刺繍の花みたいに 笑い合ってさ 綺麗に迎えたいの ジ・エンドはせめて罵詈と こんなにも穢れた おしまいの丘で 若しかしたなら、って言うから 若しかしたなら、なんて望むの そんなのぜんぶうっせえからさ 「愚か者そして詐欺師ここに眠る」って刻んでよ 淋しいからってさ 憶えたりなんかしないでよ ジ・エンド さようなら ばか あんたなんて嫌い 死んでって何度でも だから死んでって何度でもいってよ そしたらさ、それでも それでは ごきげんよう さようなら はじめまして って挨拶ばっかりでね ほんとうんざりするの くそったれ 世界 って 愛してるわ、死んじまえ って 嘘みたく笑い合えるわって 五月蠅いほどに愛を 語るの 生きてきて何も良いことなんてなかったし 生きてきて何も嫌いになんてなれなかった だからおねがい 時計より正しい愛とやらを 片っ端からぶっ壊して 普通になんかなりたくねー って ティッシュペーパーの海で笑うの くだらねー、ってね

1
妻咲邦香
作品へ
(2022-06-26)

みんな同じなんで そういうものなんで みんな同じなんで 今さら言われても みんな同じなんで いやそれ聞いてないんで みんな同じなんで じゃ何でここに来たの? みんな同じなんで 地球は磁石 みんな同じなんで ちょっとお腹が出て来た気がするけど みんな同じなんで ちゃんと許可もらってるんで みんな同じなんで いやそれちゃんとした人なんで みんな同じなんで 今回に限ってはちょっとやり過ぎたかなって みんな同じなんで 地球は磁石 みんな同じなんで そんなこと一言も言ってねえよ みんな同じなんで そういうものなんで みんな同じなんで 違うって言われても困るんで みんな同じなんで 正しいとか間違ってるとかそういう問題じゃないんで みんな同じなんで チョコモナカジャンボが定期的に食べたくなって みんな同じなんで 俺も磁石なんだよね実を言うと みんな同じなんで 一応謝ります、すいません みんな同じなんで だってみんな同じなんでしょ? どうせ  『磁石』

0
いすき
作品へ
(2022-06-26)

いましめの名が笑わせる

0
楽子
楽子
作品へ
(2022-06-26)

『りんごを切るひ』 りんごを切った。明日にはなくなっているのだろうか。 ちがう。 りんごを切ったのは、明日にはなくなっていたからだ。 そうして真夏にりんごは切られた。半分に。 やがて8つに。 ふるえと微風、おだやかな爆発、それから泡立ち。 つまりりんごは切られたということである。 私は笑いながらりんごを切った。 切り裂けぬものへの哀悼だった。 分かたれぬものへの惜別だった。 なまぬるい風に、それでも、 剥き出しの二の腕は凍えた。

2
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2