これは詩ではありません。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

これは詩ではありません。    

わたしたち、恋、してたよね♡ これは詩ではありません。 じゃあねばいばい愛してるよ。 わたしは詩を書けないが 身体を持った生身の人間なので 演劇ができる。 演劇?これを演劇っていうのかな 以下プロットです。 … 小さなお山の大将へ小さく頬にキスをして 「わたし」は最後はまた違う山へ登ろうとします。 その後、誰も「わたし」を見かけたものはいませんでした。 (あ、これじゃホラーだまずいな、ラストは何とかします) あなたを大好きって思った瞬間 たくさんあったよ。 心臓をギュッと掴まれるような、恋の始まりだった 奇跡的な恋の始まりだった。全身が脈打った。 それでもいつだって少しずつ忘れてしまうね。 私たち、離れ離れになったら、忘れてしまうよね 付き合ってるわけじゃない、 好きだと伝えられる間柄でもない。でも あなたがちょっと私のこと好きなの、気付いてた。 ううん、わかんない、わたしあなたのことが好きだったんだと思う。 ありがとね。でもねこれが本当のお別れじゃないよ。 お互い生きていれば寂しくない。 それにきっと、わたしたちまた会えると思う。 「音楽」という単語はtermでありpoesyではない。 音を楽しむから音楽というわけではないんだよ。 よかったら調べてみてね。 少なくとも平生私たちが「楽しい」と言っているような コノテーションではないんだよ本来は。 忘れないでね。なぜなら「音楽」はtermだから。 誤読が許容されるのはpoesyだけだよ。 うーん、だけってこともないのかな。でもとにかく 忘れないでね。言いたいことはそれだけ。 未熟なわたし 詩のことなんて、何もわからないわ ええ 批評して 何度も 何度も 何度も 批評してね。何度もね。 (あなたが私にくれた貝殻は、本当に貝殻?本当に?) 「現代詩」タグを作品に表示しない 騎乗位、下手でごめんね。もうちょっと他の男と練習してみる。ごめん。 あと、咥えるときは、歯、立てないようにするね。 読んでくれてありがとう。私を通り過ぎ別れていった全ての恋人へ、そして恋人になれなかったわたしとあなたへ。結ばれない恋にも意味はあったと信じている。別れた恋人たちに流れた時間は全て必要な時間だったのだということ。いつだってあなたの幸せを願っています。愛してるよ。それではまた。お元気で。素敵なところでした。そして場を作ってくれたあなたにいつも感謝しています。 またここじゃないお山で。 愛してるよ死ねば良いのに。これは詩ではありません。 またセックスしよ♡これは詩ではありません。 ぶんなぐって内臓破裂。 AxCxのTシャツを電車で着ているあなたが好き。 音楽。 これは詩ではありません。 でもじゃあねばいばい愛しているよ。またセックスしよ♡

scroll


作成日時 2021-09-12
コメント日時 2021-09-14
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

これは詩ではありません。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 787.7
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 15
#縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)
叙情性6
前衛性0
可読性1
エンタメ1
技巧6
音韻0
構成1
総合ポイント15
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ0.50.5
技巧33
音韻00
構成0.50.5
総合7.57.5
閲覧指数:787.7
2021/09/20 19時34分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

これは詩ではありません。 コメントセクション

コメント数(9)
沙一
作品へ
(2021-09-12)

めまぐるしく変わることばの展開が、スリリングかつユーモアあっておもしろいです。 それ自体では脈絡のないはずのことばが、並ぶことで独自の響きを生んでいることにも感嘆しました。 「「現代詩」タグを作品に表示しない/騎乗位、下手でごめんね。」とくにこのあたりには個人的に唸らされました。「現代詩」タグ=マウント=騎乗位、みたいに、なんの関連性のないはずのことばが、共鳴しあっているかのように連想されて。 「これは詩ではありません。」という語がところどころ挿入されているのが特徴的ですけど、(これは詩です。)と行間で喚いているのがきこえるような作品よりは、よほど現代詩してると思いましたよ。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-09-12)

こういう作品って、気持ち悪いおっさんにしか受けないと思うよ・・・・。

0
山田あたり
cold fishさんへ
(2021-09-12)

そっか気持ち悪いおっさんじゃなかったのか

0
山田あたり
沙一さんへ
(2021-09-12)

>…ような作品よりは、よほど現代詩してると思いましたよ わあ、ちょっと嬉しいけど嬉しいって思わないでおきます、敬意と尊敬を込めて「ふんっ何様よ!ムキーっ!」思っておきます。ありがとうございます。コメント頂けて嬉しいです。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-09-14)

これは詩ではありません、っていう身振りってうんざりするほど見てきたし、それを現代詩的なふるまい、なんていう読解もうんざりするほど見てきたし、いかにも典型的なポストモダンだよねみたいな。これすらすでに古いよね。アナルカントなんてベタ過ぎて苦笑してしまったし、なんていうかな。性的なワードをちりばめてるけど、こういう中二病的発想で文体も技巧も足りてないのにそういうことやっても、まじでうけんの気持ち悪いおっさんだけだと思うよ。俺はそれを見て、ほらやっぱりw、って爆笑するだけだからいいんだけどね。くだらなくて最高だよね世の中。

0
山田あたり
cold fishさんへ
(2021-09-14)

この作品を最後に、ネット上に詩を載せるのはやめます。詩を書き始めて3ヶ月楽しかったです。世の中、「場」は、インターネットだけじゃないので、書かなくなるということではないです。ここにいても意味がないからやめます。それはいまの私にとって意味がないということであって、決して、誰にとっても意味のない場所だということではないです。 cold fishさんへ 私に向けて何を伝えているのかは分かっているつもりです、まあ分かるって面倒くさい言葉ですが。ただ私の作品に対してならともかく他の方トバッチリで巻き添えにして腐す(とも捉えられる)発言はやめて下さい。 伝統芸能ポストモダン様式美ということでここはひとつ。つーか私の作品が置かれている文脈なんかどうでもよくて、誰かに何か少し刺さりゃ万々歳ですよいんじゃないですか素人なんで勘弁してくださいよ、そういう遊び場なんでしょここ、でもcold fishさんがおっさんじゃなくて残念です。沢山読んで書いてもう少しうまいことやれるようになったら変わりますかね、やってみるつもりですが、どうだろう。 cold fishさん、何度かコメントくださってますけど、明確な師弟関係でも何でもないのに踏み込んで「作品のための罵倒」してくれる人あまりに優しすぎますよ。なんでそんなに他人に優しくできるのか私には不思議です。でも外向けにそういう辛辣毒舌キャラクター作ってたほうが楽ですよね。分かりますよ。かわいそう、とっても素敵な人だなあと思って眺めています、私そういう人大好きです。残念ながらあなたおっさんじゃないから刺さらないと思うけど。それではまた

3
cold fish
cold fish
山田あたりさんへ
(2021-09-14)

 ネットでは、感想ですらも誰かに「読まれ」「評価」される場所でもあると思うよ。そして、他人を巻き込んで遊ぶ遊び場でもあると思うよ。俺は昔からそうだし、そもそも師弟関係なんてそれこそ笑っちゃう。ネットってこういうものでしょ?他者なんてまさに理解不能で意味不明な存在なのだから、貴方にとって踏み込まれる、ってのは俺からしたら苦笑しちゃうレベルなんだけどな。逆に、「も外向けにそういう辛辣毒舌キャラクター作ってたほうが楽ですよね。分かりますよ。かわいそう」とした方が、貴方にとって「理解」できるのならそれを許してあげるのもやさしさだろうし、貴方は「そうしない」と「理解できない」のか「自分を保てない」のかわからないけど、俺からすればそれは心底くだらない視点なんだけど、まぁ、そうしないといけない人をさらに追い込んでも何か面白いものが出てくるとは思えないからもうしないけどね。それともそうしたら貴方から何か面白いもの出てくる?それならもっとやるけど出てこないよねきっと今のままの貴方からはね。 俺は年齢的には三十代後半だからおっさんだろうけど、貴方よりたぶん感性若い自信はあるね。貴方ベタベタだもん。ベタ過ぎてベタベタ。ネットでうんざりするほど見てきたベタだね。もし、貴方がそれが嫌なら、もっと音楽や本を読んだほうが良いし、もっといろんなものに触れたほうが良いね。俺は未だに、新しい音楽を探しているし、何が新しいと知るには過去のたくさんの音楽を知らないと判断できないから聴いてきたね。そのうえで、さらに今の時代の新しい音源を探してる。そういうのが貴方の作品からは感じられないね。だから、退屈だ。貴方も退屈じゃない?自分に。まぁいいや。

0
白川ロイヨ
作品へ
(2021-09-14)

私は馬鹿なので現代詩とは?小説とは?現代短歌とは?前衛とは?とか モダンとポストモダンとコンテンポラリズムの違いとか ダダイズムが与えた影響とかそういうよくわからんことは 本当に全然分からないので分かりませんが >> これは詩ではありません。 って言葉は一年に何回か読むなぁって思いました。 そういうときにいつも思うんですが、ではそこで想定している >> 「現代詩」 って具体的になんなのかよくわからなくてなんか人生って本当によくわからないなって思いました。 これは別にけなしているのではないのですが なぜ自分の作品 >> 詩ではない という特別な立ち位置に置かねばならないのかがよく分からないなぁ人生って難しいなぁって思いました。 例えば今日本で一番知られている若手の現代詩の詩人ってあの人でしょうけど あの人ってそんなに「現代詩」かなぁとかそういうことを思いました。 「現代詩」ってなんなんですかね。 人生って難しいですね。 現代詩というものが袋小路にある感じ、それは若手の現代詩の詩人のあの人くらいしか詩集が読まれていない現状のなかで 詩の周りにいる我々のような小蠅はなんとなく感じないでもないので >> 詩ではありません なものが「現代詩」をどこかにつれていってくれるの知れないな、なんて思うけど でもそこに新規性はあまり感じないしなぁ世界ってサイクリックだなぁ人生って難しいなぁって思いました。

0
中田満帆
作品へ
(2021-09-14)

まあ、肉欲と詩はちがうよな。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1