暇つぶしによる暇つぶし - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

暇つぶしによる暇つぶし    

"華麗に終わるはずもない、そんな末路もしかたない人間だもの"  靴を揃えて、   (やさしい歌よりも悲鳴が好まれるなら かなしみになけ、朝告げ鳥を抱きしめ 盲いた夜は眼を瞬かせやってくるのだ)  もう擦り切れ、穴が靴下にあいた、あぁ、穴子食いてえ (その足にあう靴と踏み締めるための大地 その手にあう水かきと磨かれた銀の鱗が その頭にあう鶏冠の赤を反射してくれる)  コンビニで靴下買えばよかった、残金三百一円也 (楽隊の音に合わせて夜の皺に入り込むなら 知れ、識るのだ、叫び、報らねばならない 全てがとても運が悪くて、とても運がいい)  みっともないか、関係ないか、そうなんだよ (終わりを迎える少年と少女たちが すべてをしって、蛹へとかえって 無駄だとしても、しあわせを踊る)  黙って飛べ、黙って飛べ、だまっ、、、噛っんじゃった (飛べはしない朝告げ鳥が高台から   飛翔する、ただひとつの玉の音として    ほどけた楽隊のリボンが落ちていった) ……痛い、あんまここ高くなかった、靴下どうしよう、 あ、今日、月曜か。ジャン・プでてるよ、参ったな、 残金三百一円か……             (馬鹿は死んでも治らないらしいからな、ポエム、まだ 書きたりないんです、誰か、救急車呼んでくださいよ) 近所の野良犬が、財布をくわえててたからさ、奪ったの そしたら血がついてて、中身は三百一円とレシートの束に 複数の病院の診察券、ラッキーなことないよなぁ、え? 通報?、しないよ。届けて事件性がとか言われてもなー まぁ、暇つぶしにポエムのネタにしたんだけどさ、結局、 何があったのかはわかんないよね。だいたいはつまらん ことばかりなんよ。きみ、ちょいと降りてきて話さない? おじさん、暇でさぁ、遺書書いてたらきみがみえてね このポエム、酷い出来なんだよ、きみならどう書くかな 年寄り助けると思ってさ、少し時間くれないかなぁ、 意見くれたら好きにしていいよ、ジャンプ読んでる?し 呪術海鮮だっけか、人気なんでしょ?最後に続き読みなよ おじさんなんか、ハンターの二乗さん、二年待ってたんだぜ もう、疲れてさぁ、俺の時給が八百三十円から八五〇円に 上がってもハンターの二乗さん、連載再開しないんだから うんざりだよ、うんざりさ、うんざりするに決まってんだろ なぁ? おい、きいてんのかよ。あ?時給八五〇円舐めんな あーァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!こんなの詩、じゃねぇぇ 僕は非常階段から建物のなかに戻ってきた。ちょっと休憩に煙草を吸いに出たのだけれど、変なオッさんの声が路地の暗やみから聴こえてきたからだ。何を言っているのかわからなかったが、バイト先の先輩によるとこのビルで投身自殺があったそうだ。まぁ、路地まで降りなければ害はないらしい。そう言えば、今日はジャンプの発売日。呪術海鮮は海老 マヨ・シャケが熱い、あ!ハンターの二乗さん再開したんだ。僕はジャンプを路地に投げ込んでみた。だけど、 ハンターの二乗さんは翌週、予想通りに休載していたから ポエム好きおじさんはまだあの路地で遺書を推敲している。

scroll


作成日時 2021-10-06
コメント日時 2021-10-26
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

暇つぶしによる暇つぶし ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 1930.0
お気に入り数: 4
投票数   : 4
ポイント数 : 10
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性11
エンタメ33
技巧21
音韻11
構成11
総合ポイント109
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性0.50.5
可読性0.50.5
 エンタメ1.51.5
技巧11
音韻0.50.5
構成0.50.5
総合55
閲覧指数:1930.0
2021/10/28 04時25分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

暇つぶしによる暇つぶし コメントセクション

コメント数(19)
てんま鱗子(淑白)
作品へ
(2021-10-06)

"華麗に終わるはずもない、そんな末路もしかたない人間だもの"  靴を揃えて、   この箇所を自己のブログに書いていいですか? ジャンプとか、固有名詞、海鮮、、詩はいつも愛と気分で、人の想像力が新しい詩を書こうとしてるというか、仕立て直そうとしてるんだと思います。詩人から詩人へ、それが美や観念が向かい風になって、作製がなかなか出来ない。詩は、「ものづくり」の穂先を見ています。

0
ほば
てんま鱗子(淑白)さんへ
(2021-10-06)

あ、どうぞ。その箇所、ブログで引用して頂いていいですよ。僕らの外にある詩となかにあるものが引き合って書けるんでしょうかね。

0
stereotype2085
作品へ
(2021-10-09)

()で閉じてある詩らしきもの、文学的な体裁を取ってある詩らしきもの、よりもあぁ、穴子食いてえ、とか残金三百一円也、とかの方がほばさん自身が見えて詩情を感じるのは何とも皮肉な話ですね。これはあくまで推察ですがほばさん。ご自身の今までの作風に深く感情移入出来なくなってるんじゃないか。もしくは懐疑的になっている。だから破調あるいは単なる穴子食いてえみたいなフレーズの方が活きてしまう。ほばさん迷走中、書けない時や特別書きたくない時は書かなくてもいいんじゃないか。そう思いました。

0
ほば
作品へ
(2021-10-10)

()内のは寧ろ最近、試したりしてるものに近いスタイルです。()外のような書き筋でビーレビでもいくつかは書いてますよ。 僕は練習曲をやるように必要を感じて毎日、何かしら設定して書いているので筋トレみたいなものです。まぁ、のんびりやるのもいいかもしれませんね。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-10-10)

比較の奴隷になると人の心は死ぬそうです。タンポポらは群生してもそんなことは思ってなさそう。元気だしてね。

1
沙一
作品へ
(2021-10-10)

ほばはん、どうしちゃったの? ていうぐらいに、いままでの作風を知っている自分からしたら、ぶっ飛んでいる作品でした。既成の枠をはみ出したい、というような情念を感じます。まあ、既成のもの(その換喩としての漫画雑誌やそこに連載されている人気作品と捉えることもできる)があるからこそ、そこからぶっ飛ぶこともできるのかもしれません。

0
ほば
湖湖さんへ
(2021-10-11)

そですね。しかし、我々はタンポポほどに賢明でない。生きるだけでは駄目でみえない命をとらえられたら、かわるかも。

1
ほば
沙一さんへ
(2021-10-11)

踏み外して崩せたら楽ですね。既成の枠の外も既成の枠が無ければ存在しないんだからど真ん中、既成のものは大事。どこまで片足を開いてズラしていけるかかもね。

0
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2021-10-14)

面白いブログを読んでいるようで、ぼく、すきっすよ、この投稿作品。こういうサイトでさ、読みにくる人って書き手なんですって方が大多数だとおもうんだけど、

0
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2021-10-14)

ごめん!つづき! この投稿作品はどこでも読んでもらえる可能性はあると感じました。なぜならタイトルが、俺、詩人!つーどうでも良い垣根を飛び越えている気がするからなんだけど、それだけじゃなく文中で使われてるポエムということばがとてもわかりやすく詩や詩人からの距離を上手に保っている気がするから。でもさ、やっぱ、さいごにはかきてーよな、詩を。そうおもったぼくって気持ち悪いなー、というそんな感想でした。

0
ほば
よんじゅうさんへ
(2021-10-16)

たまには、詩!みたいなものだけやなくて色々、書いてみるのも悪くないですね。前はクリエイティブライティング?てことで色々、書いてる人もいましたが皆んないなくなりましたね。今作がいいか、悪いか、など自分はわかんないですが、まぁ、これが詩だ!みたいななかに変なもんが混じっててもいいかなぁ、と最近は割と本気で考えています。

1
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2021-10-18)

一番好きな箇所は、黙って飛べのあたりで、噛んじゃうところでした。 そこが人間らしくて好きです。

0
ほば
きょこちろいど(╹◡╹)久遠恭子さんへ
(2021-10-20)

吃音とか噛む、みたいなのをもっと上手く取り入れてみたいですね。

0
三浦果実
作品へ
(2021-10-21)

構造と文体にこだわり、それを壊して書けばいいというものではない。書いた前後を読ませなければ、嵐のあとの雲と、そのこじ開けた扉の跡にあるはずの思念と言葉は、浮かび上がらない。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-10-21)

ほばさん、こんにちは。語り手が二人以上なのに面白く読むことができました。(死んだ)男とポエムおじさんとポエムおじさんの詩と僕で構成されているのかな。 ポエムおじさんの括弧内のいかにも深刻そうなポエムと男の現実的な語り口と内容が対比的で面白く感じました。 > もう擦り切れ、穴が靴下にあいた、あぁ、穴子食いてえ の「穴子食いてえ」とか、 >コンビニで靴下買えばよかった、残金三百一円也 の「残金三百一円也」とか、読んでいて突き放されるようなところ、読み手とのつかず離れずのちょうどよい距離感があるように感じられてよかったです。 こうした距離感が作品内の人物の間でも保たれていて、奥行きのある作品のように思いました。みんな、関係ないのにポエムやジャンプで繋がっているところもよかったです。最後まで退屈せずに読めました。

0
ほば
三浦果実さんへ
(2021-10-22)

大変、あなたらしいコメントありがとう。これは梯子に足を掛けた状態で、さらに登るつもりだ。建築の骨組みを試行錯誤してる。まぁ、いつまでも未完成だけどね。

0
ほば
藤 一紀さんへ
(2021-10-22)

そうすね。ポエム書いてるひとにも普通に生活があり、そういうものをメタな感じで書きたかったのはありますね。ほんまに暇つぶしによる暇つぶし、だったんやけどなんか新しいことが出来ていたようなんで、また書いてみたい作風ですね。

1
百均
作品へ
(2021-10-23)

ぽえむおじさんが「きみ」に対して求めているシーンが描かれているんですけど、きみって誰なのかな。 と思うと、作中に出てきそうなきみは、「僕」なのかなというか僕しかないんだけど、そんな僕はたまたまポエムおじさんを見ただけで、そこまで関係値があるようには思えない。 >ちょっと休憩に煙草を吸いに出たのだけれど、変なオッさんの声が路地の暗やみから聴こえてきたからだ。何を言っているのかわからなかったが、バイト先の先輩によるとこのビルで投身自殺があったそうだ。 この描写を見ると、変なおっさんの声が聞こえてきて、その声が何を言っているのか分からないが、先輩から聞いた焼身自殺の話を聞いて、ジャンプの事を思い出しおっさんにジャンプを投げる。その後、 >ハンターの二乗さんは翌週、予想通りに休載していたから >ポエム好きおじさんはまだあの路地で遺書を推敲している。 という所からも、ハンター2乗を連載再開した事を知ればおじさんが死なずにすむかもしれないと思って、路地にジャンプを投げた。という事は僕はおじさんの話を聞いている訳ですね。ここら辺の関係を見た時に、おじさんは「僕」に対して「きみ」と言った訳じゃない。僕も「きみ」という名称に無理矢理指定された訳じゃなくて、なんとなく立ち聞きしている中で、「きみ」のような関係値になってしまった。みたいな所から行動しているように思います。 また、本当にこのおじさんの事を僕は知っていなかったのかというと、「遺書を推敲している」というフレーズが面白いですよね。 おじさんの叫びを遺書のようだと思っていて、ハンター2乗が休載してからまたその様子を見に行ったった結果そういう風なフレーズが僕の中に生まれたのか。 あるいは、前からおじさんがくるっていて、今にも死にそうになってしまったので、ジャンプという助け船を投げ込んだのか、そこら辺は書かれていないので分からないのですが、ただ、1つだけ言える事は、おじさんの叫びを遺書と捉えていて、またその遺書が完成しなくてやきもきしているという様子を捉えているって所ですね。 それくらいの関心が僕にはあるという事を示している。これが正に暇つぶしでポエムおじさんを見ていて、暇つぶしとしてジャンプという延命装置を投げ込んだ僕という形になるのかなと思いますが、そこで大事になってくるのは「僕」はなぜぽえむおじさんに興味を持っているのかという事ですね。 害を加えられるのは嫌なので、檻の向こうに対して餌を投げ込むように、動物園の動物を観察しているようなニュアンスも受け取れるのですが、僕は動物に興味はあんまりないので、一回見ればいいんですよね。でも複数回みているという事は、それくらいの関心はあるのかなと思います。なぜその関心が生まれたのだろうかという所が気になりますね。 ポエムおじさんと僕は一心同体で、それを分離して二つの側面から書いたとかいえなくはないんですが、それってただの推測なのでまぁこうして書きようがないという事もありますね。後は、なんでそこまでハンター2乗を求めてるんだろうかって所、それから、タイトルの一文の位置づけですよね。これの内容を書いている詩とも言える訳ですが、このセリフをおじさんが言っているのか、それともおじさんを眺めていてジャンプを与えた僕が言っているのかでもちょっと変わってくるという。視点の示し方ですね。ここら辺がおもしろいと思いました。おじさんについては、生活の困窮みたいな所の追い詰められ方もあるかもしれないけど、書くべきモチーフを毎日探して掻いては下らないと思っているのかな。 暇つぶしによる暇つぶしはだから、僕とぽえむおじさんで意味が変わるのかもしれないし、最初の一文の意味合いも変わるのかもしれない。この作品に出てくる登場人物の視点によって、タイトルと最初の一文が2通りに見える面白さがあるなと思いました。 後は、呪術海鮮とハンター2乗の語呂っていうんですかね。ちょっと笑っちゃいました。多分意味ないのかなと思うけど、そこら辺がいいよね。 ありがとうございました。

0
ほば
百均さんへ
(2021-10-26)

実際、呪術海鮮とハンター2乗で悪ノリして楽しんでました。(意味があるかは置いておいて) 登場するひとたちの関係性とかは視点も含めて遊んでみたのですが、すごく考えて貰えていて読むのが楽しかったです。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2