Kくん、悪いけど助けてくれ。きみだけが頼りなんだ。ほんとうに。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Kくん、悪いけど助けてくれ。きみだけが頼りなんだ。ほんとうに。    

今日は全然だめだった 四間飛車でボロ負けした そのあと地下鉄飛車もやった そしてまたボロ負けした 気がつけば階級を一つ落ちて 真夜中になっていた その他、色々だめだった 最近では、家探しも失敗した とにかく面倒 なのでよくわからないままだったが このほど無事、カモとなった だからというわけではないが なにもかも、全部の調子が悪かった 冬のせいではないと思う そのかわり俺のせいでもない まあ、誰も悪くないと思う しんどいが なあ? おれはキリンさんになりたい ゾウさんにもなりたい 人間にはなりたくない でもアマプラで映画観れるし やっぱり人間でいいかなあ まあじっさい俺は悪いよ 色々の件、負けでいい 足のふみ場がほんとにない そんな部屋のどこかにたぶん クソ高いイヤホンがある 音は良いよ もうないけど あと空き缶が300個ある(マジ) ぜんぶストロングゼロです ありがとう、ストロングゼロ 人間といえば よく例の歌が話題になるよな 俺は「冬は温めなさい」みたいなのが なんか、だんだんイヤになった いろいろ言ってる人達が いつの間にかいやになった 戦争さ 誰も死なない作戦 人権だってあげます そのかわり愛してほしい いや愛さなくていい いやわかんないや とりあえず ときどき サボテンみたいに一言もしゃべらないと思う どうしよう 俺ってどうしたらいいんだろう いつもすごく困ってるし それ以上に疲れてる 夜中までゲームする馬鹿だから そんなことになってるんだ そんなふうなかんじだ そんなやつでもとりあえずOK 助かる でもみんな、もっとマトモに見えているよ そう、ある町 恋の風格を帯びたミニクーパーが走ったあと 誰かがくすくす笑ってた それを期にふたりが別の道を行った あれはたぶん、思い思いのやりかたで 別れを告げたかったんじゃないかなあ 雨が降ったり 風が強くても まるでそれは全然関係ないみたいに


作成日時 2022-01-17
コメント日時 2022-01-31

Kくん、悪いけど助けてくれ。きみだけが頼りなんだ。ほんとうに。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 860.6
お気に入り数: 3
投票数   : 3
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:860.6
2022/05/21 02時45分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Kくん、悪いけど助けてくれ。きみだけが頼りなんだ。ほんとうに。 コメントセクション

コメント数(7)
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-01-17)

いくつか思いつく感想がある。 公家は公家だからいいんだ しもべじゃないんだ なるほど、と深く思ったりしながら愛を知識する 妥協はあるから、 今までの自分が良かったから、聞かされているんだ 今までの私、これまでの私 をやめたら、駄目だ。 何事もどこでも相手が何を言ってるのか、聞いてあげること。 心の中、心の会話、 人との出会い、ちゃんと縁で繋がっているのだから、 警察でも「俺は心をだいじにしたい!ものちゃうんや!」 と言う人がいて、ぼんやりしてても「わかった!」で良いと思うのね、 それは「わからん!」って言い切るから、自分でも自分を怒って来て、 心ってこんなに正直で、だ、とかは分かってほしい。 俺は話したい、と云うなら、相手が話したくないこともあることを、 理解しないといけない。 心の中、心の会話、心の内側までは見えないけれども、 結果、「場所までだ」とあなた自身が解るなら、 出会いではなく、学びしかないと知るのだと思う。 何か月もよく悩んで、悩み続けて、一冊どころのノートじゃなくて、 出た答えがこうだから、整うことの出来た諸仏に対峙することが出来るはじめての「自分の質問」になる。 誰でも出来る。 信じること 数年前は、精神に傷があって膿んでて、傷みを避けていたのだけど、 何の自覚もなくて、 こう思うんだけど、これが良い、ということを信じていた。 人にたいするまえに自分で、それはレベルなんか言ってなくて、 何をするの? ってところだ。 自信があるひとは必ず恐くないし、 考えの端と端が正しければ、真ん中がわかる。 死ぬとか云うなら、本当に死ぬんなら黙ればいい。 心は、養うというものではなく、養ってきたものを見せるだけだ。 養ってきたものが映るだけだ。 これからも養うしかないくらい、欲が遠ざかるのだから、 人も生活も確保しなくては。 今話すことで、解りましたありがとう。笑、、、 嫌なら嫌もあって、仕方がない、その上での互いの縁こそ、とを 思うときがある   から、 和がある。 聞かされていない理由がちゃんとあったり、ずっこけのお笑いとか、「それくらい」こそ信じる。 星空の輝きがまずあんなに複雑なんだ。最初からシンプルを求めるなんて間違ってる! 複雑さが洗練されていくうちにああなったんだ、追いつかない天だとしても、希望をみる人がいてもいいじゃないか。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-01-17)

あと、文句があるのに会話に心残りがあって、じゃあ何で関わらされたのだろう、とわだかまりを持つことも、生活のうちだと思う。その理解や、自己解決、を何も変わらずにしていることがむしろ愛だと思う。

0
きょこち 久遠恭子
作品へ
(2022-01-17)

来てみました。 愛してる!

0
三浦果実
作品へ
(2022-01-23)

この作品、よくよく2度読みした。酔っ払って書いた感じがハンパなくよく出ていていいかもしれない。私は酒を飲めないのでよくわからないけれども、一定の男子に共感される作品に思う。なんか、恋の風格なんて言葉が書いてあって切ない。そうなんだよね。救済は詩にもビーレビにもないよね。恋だよね。救済できるのは恋愛だけなんだよね。

0
いすき
きょこち 久遠恭子さんへ
(2022-01-31)

えー! どうもありがとうございます。 次の作品は、もっと頑張ります。。

1
いすき
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-01-31)

すみません、いつもありがとうございます。。 >公家は公家だからいいんだ >しもべじゃないんだ なんとなく、最近考えていたことにちょっとマッチする感じがありました。 なんていうんだろう。 自我とか自意識って、当然、全身を支配していると思っていました。 でも、一昔前の研究でもなんかいろいろありましたが、たぶん、ほんとはそうじゃないんですよね。 そういう研究の話を聞いて、私たちの意識は、心の中のある存在に対して、 対等な、しかし、なんらかの従属関係にあるのかなと思ったことがあります。 心の中に知らない人がいる。 控えめな主人とでもいうべき存在。 私たちの感情のいくつかは、もとはその内的な存在とだけ成り立っていたアイコンタクトのようなものです。 いつしかそれが他人との間でも起きるようになった。 まあ当然その研究ではそんな風なことは全く言ってない、ただの私の勝手読みですけどね。 そんな感じなのです。。 「信じること」については……私にも信念や信仰心はありますが、いつもそれを持って生きることは難しい。 私はもはや、強くなりたいとか、強くあろうと思うことができない。 私は疲れていて無力で希望を持つことができない。自分が幸福になる方法がわからないんです。 ほんとうにどうしていいか分かんないや。 星空の複雑さって、そんなふうなものでしょうかねえ。

0
いすき
三浦果実さんへ
(2022-01-31)

コメントありがとうございます。 >そうなんだよね。救済は詩にもビーレビにもないよね。恋だよね。救済できるのは恋愛だけなんだよね。 えーーーーー?!?!? そうなのか・・・・・ いや、助けてくれ!ポエム! 私はポエムが人生を救ってくれると信じていますよ。。 ミニクーパーは、書きたかっただけ! あは 子供のころ、うちの車がミニクーパーだったんですよねえ。 なんとなく、あれがまだ走っていたら面白いなって。 というか最近のミニクーパーってなんかデッカいですよね。 あれには恋の風格はないですね。ガチムチ・クーパーに名前を変えたら良いと思う。 でもかっこいい。欲しいな。 でもぶつけたら最悪だしタクシーでいっか。。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1