無題 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

無題    

 雨戸の角を上に上にとなめくじは這ってゆく。魚釣りの餌にするにはどうしたものかと考えている黒猫のほっぺたを横から姉の茶トラが器用な手つきで抓る。一重まぶたと瞳が真剣なところがよく似ているねと云われる姉弟。ふたりとも優秀で大学の付属小学校に通ったから近所には友だちがいない。  外れかけの半ズボンの肩紐の位置を直してあげながら姉が 「ほっぺた、柔らかい」と笑んだ。  庭は家屋を二棟建てられるほど広く、車庫と併用された平屋が一棟、部屋として与えられている。部屋には18インチのカラーテレビが置かれていて朝も夕方も夕飯の後も黒猫と茶トラはいつもふたりでテレビから離れることはなかった。テレビの前だけではない。食事のために、隣の本棟のリビングへ出て行く以外、寝る時もふたりの布団はぴったりと並べられていた。  ちんばを引く弟の黒猫は、ちんばを引くことがどういうことなのかまだ理解出来ていなかった。茶トラの姉はその頃には既に弟を愛しんでいた。恋人のようになったのは二人が高校生になった頃で、はじまりは黒猫の弟が姉に距離をとりながら行動するようになってからだった。バスを2回乗り継ぎ通う学校までの間、たとえばバス停で黒猫の弟は姉と一緒には並ばず、乗り込んだ車内でも同じ席には座らなかった。茶トラの姉は弟が思春期を迎えていることを知らない。(つづく)

scroll


作成日時 2022-01-16
コメント日時 2022-01-31

無題 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1291.8
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 20
#縦書き
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性150
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成50
総合ポイント200
 平均値  中央値 
叙情性1515
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成55
総合2020
閲覧指数:1291.8
2022/05/21 03時01分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

無題 コメントセクション

コメント数(12)
きょこち 久遠恭子
作品へ
(2022-01-17)

知ってるよ(╹◡╹)笑

0
きょこち 久遠恭子
作品へ
(2022-01-28)

教えて下さり、ありがとうございます泣

0
いすき
作品へ
(2022-01-29)

えっちな読み応えの作品ですよね。 僕なら、大体かけたので、「つづく」とはせず、大雑把に改行を追加して、これでヨシ!っていいながら投稿したと思います。 本当に続いたら面白いけど、永遠に続かないなら、それもいいかもしれない。。 >ふたりとも優秀で大学の付属小学校に通ったから近所には友だちがいない。 この早くも遅くもないタイミングで、この作品の形を決めたのは、絶妙なタイミングだと思います。 これはこういう作品ですよっていうのを読者にどう伝えるかって結構大変ですよね。 計算でやることっていうよりも、むしろ駆け引きのセンスなのかも。

0
三浦果実
いすきさんへ
(2022-01-29)

コメントありがとうございます。元々、小説書きが上手くなりたいという理由からネット詩に参加しだした経緯がありまして、ある程度は満足できるところにきた感があります。詩を書くって、誰でも出来ると思うんですよね。でも読み応えのある短編小説を書くのって難易度高くなりますよね。詩は韻律であり、小説は全体を通してのグルーヴであり、高い難易度とは1作品あたり5,000文字以上を書くこと。エッセイでも小説でもよいですが、それが出来る能力を持つ人が書いてる詩作品と、「短い詩しか書けない人」が書いてる詩作品、私的には時間を有意義に使いたいので、前者を優先して読みに行きますね。で、言うまでもなく世に出てる著名な詩人さんの大部分は、前者だし、稀に、純真さなどが売りの平易型の詩で人気の人がいらっしゃいますが、子供嫌いな私はそれには興味わかないんですよね。

0
きょこち 久遠恭子
三浦果実さんへ
(2022-01-29)

えーん泣 三浦さんは短い詩が嫌いなのですか?短い詩の中には、宇宙が詰まっています。それが分からないと、短歌なども分からないと思います。生意気言ってすみません。 一つの単語、一つの言葉、文章、と繋がっていくのです。 これではまだ伝わらないでしょうか。 そうですね。一つ短歌を書きます。 懐かしさ読み耽るべく読み耽り十六夜(いざよい)の永遠(とわ)に尊し この短歌は私が作ったものです。ここに書かれている言葉の意味の奥深さ、三浦さんなら分かるでしょう? よろしくお願い致します。

0
トビラ
きょこち 久遠恭子さんへ
(2022-01-29)

僕が言う立場ではないのかもしれませんが、これ以上三浦さんに絡んでいっても、それはきょこちさんのためにもならないと思いますよ。

1
きょこち 久遠恭子
トビラさんへ
(2022-01-29)

そうでしょうか? 三浦さんは見守って下さってます。 いつも、いつまでも。コメントも読んで下さいます。そして、お優しい返信を下さいます。

0
いすき
いすきさんへ
(2022-01-31)

すみません、皆さん、別に慌ててないかと思いますが、落ち着いてください。 私のコメントと三浦さんのコメントは、日本語と全く同様に読み、日本語と全く同様に発音しますが、意味は異なる、固有の言語なんです。

0
三浦果実
トビラさんへ
(2022-01-31)

コメントありがとうございます。この作品は、フィクションでありながらも、私自身の姉と弟であった私自身の何かが出ていても、おかしくない作品です。トビラさんのコメントはその現実と非現実の間にあるであろう何かを、言い当てた、作品に最も関係のあるコメントに思え、レスさせていただきました。

0
三浦果実
いすきさんへ
(2022-01-31)

いすきさん、注釈ありがとうございます。おっしゃる通りのこと、私ももちろん自覚しておりまして、テキストを読む面白さは、お示しのようなところに一番あるように思います。

0
エイクピア
作品へ
(2022-02-01)

(つづく)と来て小説風かなと思いました。詩は他ジャンルを吸収して成長してきたのかもしれません。猫と言う言い方は、子供だから、定型的に猫的な意味を持つと言うニュアンスなのかもしれませんが、単にあだ名と言うニュアンスだけなのかもしれません。

0
三浦果実
エイクピアさんへ
(2022-02-01)

これは小説の始まりとして書きました。物語詩と呼ばれるカテゴリーがありますが、物語を書くのであれば小説でありたいと思うところです。詩的な小説でありたいですね。コメントありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1