Twitterによくいる下手くそな詩を書くおばさん - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Twitterによくいる下手くそな詩を書くおばさん    

下手くそですね。    率直な意見は参考になります。 それは負け惜しみのコメントですよね?    どうでしょうか。ちょっとありがとうございます。  Twitterを眺めていると、詩書きであるという、とあるおばさんのアカウントが目に止まった。なるほど、そこに詩を載せているらしい。読んでみる。が、お世辞にも上手いとは言えない。私は詩なんてものを書いたこともないが、素人目からしても、どうも不細工な作品ばかりである。しかも、そんなものを来る日も来る日も載せているのだ。奇妙な熱心である。これはどういうことなのだろうか、と訝しく思っていると、どうやら、そういったおばさんは一人だけではないらしい。「好きこそ物の上手なれ」という信条を掲げ合った、名もなきおばさんたちがいて、それぞれが静かに詩を書いては、電子の海へと、静かにそれを託していた。  それからというもの、私は詩の読み書きに興味が湧いた訳でもないし、おばさんたちのことなんて、やはりどうでもいい。ただ、そのおばさんたちには、毎日の料理や洗濯の境を穿って、その窪みを彼女たちの龕にし、それに熱烈な跪拝をする修道女へと変身する時があることが分かった。その時に曲げられる、老いはじめた背中たちの総観を想うと、うすら寒くなり淋しい。また一方で、彼女たちの託した瓶の中身が、流れ着いた渚の誰かに読まれ、その人を感動させるいった、童話的希望があるなんて、私の例からして絶対とは言えないはずだ。この変身譚と御伽噺のアイロニカルな結末が、おばさんたちをして、ちょっとありがとうございますなんて、変な感謝をせざるを得なかったんだと思う。 好きだから書いているのですか?    どうでしょうか。書かされているのかも。


作成日時 2022-01-08
コメント日時 2022-01-13
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

Twitterによくいる下手くそな詩を書くおばさん ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 26
P V 数 : 2606.9
お気に入り数: 0
投票数   : 6
ポイント数 : 8
#現代詩
項目全期間(2022/01/17現在)
叙情性2
前衛性0
可読性2
エンタメ3
技巧0
音韻0
構成1
総合ポイント8
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ1.51.5
技巧00
音韻00
構成0.50.5
総合44
閲覧指数:2606.9
2022/01/17 03時30分35秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Twitterによくいる下手くそな詩を書くおばさん コメントセクション

コメント数(26)
きょこち(╹◡╹)久遠恭子
作品へ
(2022-01-08)

ありがとうございます♪ 書くのが楽しいのですよ! ひゃっほー!! (╹◡╹)(╹◡╹)(╹◡╹)

0
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
作品へ
(2022-01-08)

耳と胸が痛くなりました。が、良い作品だと思います!

0
筆者
きょこち(╹◡╹)久遠恭子さんへ
(2022-01-08)

うぇ〜〜い 楽しいよな!それな! うぇ〜〜い ღゝ◡╹)ノ♡

1
沙一
作品へ
(2022-01-08)

 毎日の料理や洗濯の境を穿って、その窪みを彼女たちの龕にし、それに熱烈な跪拝をする修道女へと変身する時がある—— こう書かれることがとても素敵だし、それこそ詩心を感じられます。

1
YUMENOKENZI
筆者へ
(2022-01-08)

筆者様 これほど人間性を貶める文を、詩とは思えない。 あなたに、何かあったのでしょうか?

0
筆者
YUMENOKENZIさんへ
(2022-01-08)

なんかこのサイトの冒頭に「現代詩だけでなく、凡ゆる散文作品を募集中。」と書いてあるからなぁ……。詩じゃなくてもええんやろ。

0
筆者
尾崎ちょこれーとさんへ
(2022-01-08)

良い作品と言って下さって嬉しいです。

0
筆者
沙一さんへ
(2022-01-08)

私にも詩心があるのでしょうか!?思わず喜んでしまいました。ありがとうございます。感謝しています。

0
筆者
YUMENOKENZIさんへ
(2022-01-09)

というか、この文のどこが人間性を貶めているのか……。よかったらご教示願います。

0
蛾兆ボルカ
作品へ
(2022-01-09)

インターネットが一般に普及し始める1995年の十年ぐらい前に僕は青年期に入ったのですが、インターネット普及より前から、いつも下手くそな詩を書いてる少女はいましたし、いつも下手くそな詩を書いている女子学生はいましたし、いつも下手くそな詩を書いている大人のお姉さんはいましたし、いつも下手くそな詩を書いているおばさんはいましたし、いつも下手くそな詩を書いているお婆さんはいました。 それが上手な詩を書くこともあったし、傑作を書くこともあったし、上手な詩を書く女性に成長することもありました。 そして僕はいつも詩を書いていたけど、それは別に特別なことではなかったので、彼女達も特別な人だと思っていません。 書く人は書くし、下手な人と上手な人はいるし、傑作も駄作も佳作もあり、成長もあります。 この作品は別にどこも悪くはないのだけど、何かズレを感じました。 多分、詩を書くことが特別なことであり、それが唯一の自己実現、みたいなことかも知れないのですが、それはそのようであることは理解できます。共感はしないけど、実際僕は詩を書いてきたし書かないということは考えられないから、上手かろうが下手だろうが書きます。 ズレは小さい何かで、非常に繊細だな。明瞭に指摘できません。

0
蛾兆ボルカ
作品へ
(2022-01-09)

正しいかどうかわからないけど、思いつきました。ズレの説明。 詩を書くことについての詩を書くのは、傑作の詩を書けるようになるまでやめたほうが良いと思います。 そこに一線があり、その一線を超えて歩む人と、その一線を越えないでつまらない詩を書くことから動かない人がいて、どちらでも悪くはないのですが。 成長するひとは、詩を書くことについての詩なんか書きません。そんなヒマやエネルギーがあるなら、詩を書きます。詩を書くことについての詩ではなく、そうやって書かれた詩作品のほう。 一つ成長して方法論を振り返るまでは。

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-01-09)

一瞬、詩とはなにか、詩の価値とはなにか、詩の評価とは何かを考えさせられました。 ときどき立ち止まって、こういうことを考えてみるのも案外、必要なのかもしれません。 もちろん、答えなど出るわけでもなく、いつもの伝で堂々めぐりの愚考をこらしただけですぐに忘れましたが。 これからもどんどんこの手の詩を書いてください。期待してます。

0
妻咲邦香
作品へ
(2022-01-10)

うすら寒くなり淋しい、此処を昇華させられたらよかったかなあ。ちょっとモチーフに流されちゃいましたね。 こういう題材の時はもっと踏ん張らないと、引き分けなんかに持ち込んじゃ駄目だと思いますよ。

0
髙橋役目
髙橋役目
作品へ
(2022-01-10)

所々に突き刺さるフレーズがあり、複雑な気持ちですが、良いです。

0
筆者
蛾兆ボルカさんへ
(2022-01-10)

コメントありがとうございます。拝読しました。とても納得しました。傑作の詩なんて書いたこともないし、これから書けるかどうかもわからないのに、こんな「詩についての詩」を書いてしまって、後悔すると共に、反省の気持ちでいっぱいです。これを読んでくださった蛾兆様、そしてB-REVIEWのみなさん、本当にすみませんでした。

0
三浦果実
作品へ
(2022-01-10)

この作品、おばさんが芸事に覚醒しそこに内包される聖なるものを表現されていて、私は良いと思う。俗なるもののなかにこそ聖なるものは宿るのよ的な、アンチスーパーマン主義、またそのテーマを補足するところからも「おばさん」という呼称から不快さを感じない。 この作品を人を蔑めてるなどといった浅い読みの人、ご自身の思考回路を少し疑われた方がよい。この世には優劣、強者弱者、浅深は真理としてある。それを有耶無耶にしてみんな仲良く褒め合うのは反知性。そんなことを思った。

0
筆者
三浦果実さんへ
(2022-01-10)

おれは、いつだって、音楽を見たい。それだけ、さ。だから書いた。

0
筆者
室町礼さんへ
(2022-01-10)

さっきは、反省文を書いたけれど、こうやって応援されると、うーむ。頭がこんがらがりますね。どっちなんだい! まぁ、君が書いて欲しいのなら、書こう!愛をもってして!真理を殺める!

0
三浦果実
筆者へ
(2022-01-10)

ちょっと過大に褒めすぎました。皮肉さが作品全体を覆うっていて、その印象からすれば、このテーマを書かれるには、あなたの経験が追いついていないように思われ、小賢しい頭で書いてる感が先にきます。 追伸 (きみはだれだよ....)

0
筆者
三浦果実さんへ
(2022-01-11)

コメントありがとうございます。確かにそうです。頭脳だけが先行した、小賢しさがあるとは、自覚をしています。経験を増やし、経験に基づいた、詩を、書きたいものです。

0
む
作品へ
(2022-01-11)

初めてのコメント失礼します。1つ言いたいのは、「また一方で」の御伽噺は存在します。でも、 だから「ちょっとありがとうございます」なんだろうなと、作者さんの視野の広さを感じました。 この作品やコメントから、文化が盛り上がり、展開していく様子を目の当たりにしています。応援しています。

0
真清水るる
作品へ
(2022-01-11)

率直な感想を書かせていただきます。この詩の冒頭にあるやりとりを、私が女性だからか もしれませんが、とても嫌な やりとりだと感じました。Twitterというものは 年齢を明らかにしないで不特定多数の方と やりとりのできるツールであるのに、実際には会ったこともない方に「その時に曲げられる、老いはじめた背中たちの総観」などと 根拠なく 身体を想像されてしまうことは、私にも あり得ることであるだけに、とても嫌なことを言う人だ。と思いました。しかし、下記の文章は 美しいです。 毎日の料理や洗濯の境を穿って、その窪みを彼女たちの龕にし、それに熱烈な跪拝をする修道女へと変身する時があることが分かった。  私にも龕を持っているかもしれない。 そして それは修道女の慎ましくも聖なるものなのかもしれないと そのように思え 励まされた思いがしています。 そして、わたしは言いたいです。 「この詩文のようなモノは、女性という生き物が 好きだから書いているのですか?」

0
筆者
妻咲邦香さんへ
(2022-01-11)

次は踏ん張ります。アドバイスありがとうございます。

0
筆者
髙橋役目さんへ
(2022-01-11)

読んでいただき、誠に感謝しています。

1
筆者
むさんへ
(2022-01-12)

御伽噺の所在をわかっていただいて、幸いです。ありがとうございます。応援のほど、感謝です。

0
筆者
真清水るるさんへ
(2022-01-13)

嫌なところと、美しいところを、並べてあげていただいて、とても感謝しています。反省すべきところは、反省します。不快感を催してしまい、申し訳ありません。 質問の方ですけれど、女性という生き物が好きかどうか考えたことありませんでした。別に特段、思うところもありません。以上です。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1