傷つきやすく脆いひとへ、レクイレム - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


傷つきやすく脆いひとへ、レクイレム    

傷つきやすく脆い人がいた。 他人を蔑ろにし、自らの力を過信し、それでいて一定の成果を出す人がいた。 成果を前にいくら他人を罵っても許されるのだと、許されるべきなのだと思っている人がいた。 傷つきやすく脆い人だった。 誰もが彼の成果の前に口を塞がれた。 間違っているのだといえば、お前はもっと間違っているのだと語られた。 私はこんな正しいこともしているのですよ、と言えば、その正しさの価値は低いのだと諭された。 最終的に彼は彼の能力に相応しくない扱いを受けていた。 相手にされなくなった彼はやはり他人を蔑ろにし、その間違いを精一杯指摘したが。 「それがなにか」と返された。 他人は彼を相手にしようとはしなかった。 彼は他人が彼よりもずっとゆっくりと、彼が罵りたくなるほど遅遅と、 ゆっくりと歩みを進めていった。 たくさんの間違いをした。 間違いの足元に、たくさんの死体があった。 その悍ましさと臭気に彼は嘔吐した。 偽善者どもめ、彼は吐き捨てた。 自分こそ善、美しきものだ。と。 彼が相手にしていたのは 傷つきやすく脆い人たちだった。 傷つきやすく脆い彼は 傷つかないように振り回した言葉で 傷つきやすく脆い人たちを 傷だらけにして 傷つきやすく脆い人たちは 傷つくのが嫌なので 傷つきやすく脆い彼を 傷つけていた。 血だまり。 傷つきやすく脆い人がいた。 自分は正しいのだと、喉が枯れるほどに叫んだ人がいた。 死んだのだけど。 死んだのだけど。 この世界から純粋で正しい人がひとり、また消える。 そうしてほんのすこしだけ、この世界は優しくなる。 傷つきやすく脆い人だった。 空よりも海を愛する人だった。  空に住むものたちは可愛そうだ。  自分の世界にいるためには、常に飛び続けなければならないのだ。  いずれ力尽きれば硬い地面にたたきつけられることになるのだ。  愛した世界に引き剥がされて  恋した風を奪われて  硬い地面の上で、美しい翼も、嘴も、爪も、押しつぶされて。  海に住むものたちはさいわいだ。  世界にしがみつくのではなく、世界が自分と共に存在するのだ。  そうしてちからが尽きればそのまま、愛した塩の中で、やわらかな波の中で。  ゆっくりと浮いて、沈んで、包まれたまま、引き剥がされることなく。  やがて来る綻びまで世界は傍に佇んでいる。  それは、  尊重されている、  ということ、だ。 怒りも祈りも同じ心の中から現れる。 なにか大きな感情の渦から逃れようと、私たちは拳を握る、或いは、拳を絡ませる。 彼を思うと薫る潮風。 ああ、傷跡がいたむ。 海は海に住むものには優しいけれど、 傷を負ったものには優しくないんだよ。 いま。 私の拳は何をしているのだろうか。 安らかに、と彼に声をかけて。 ゆっくりと彼は海に沈む。 波に攫われて、遠くへと運ばれていく。 お前はバカだ、間抜けだ、迷惑だ、無能だ。 俺が正しいことを教えてやったのに、おまえってやつは。 おまえらってやつは。 どうしてそんなにも愚かで感情的なんだ! 消えろ!死んでくれ! かつての彼の言葉の数々と共に どんどん波は去っていく。 体を覆ったヘドロのような憎しみも、痛みもつれて どんどん波は去っていく。 傷つきやすく脆いひとがいる。 さようなら、と言うと、 彼は、 間違っている、と答えた。 傷つきやすく脆いひとがいた。 世界を愛しすぎたひとだった。 空の上で手を大きく広げて、 なぜか必死で、 いつだって滑稽だった。 さようなら、と言ったら、 間違っている、と答える人だった。


作成日時 2020-02-24
コメント日時 2020-03-13

傷つきやすく脆いひとへ、レクイレム ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 1007.9
お気に入り数: 2
ポイント数 : 8
#現代詩
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性11
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性1.72
前衛性0.30
可読性00
 エンタメ00
技巧0.30
音韻00
構成0.30
総合2.72
閲覧指数:1007.9
2020/04/02 14時57分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

傷つきやすく脆いひとへ、レクイレム コメントセクション


コメント数(7)
トビラトビラ(2020-02-26):

いいな、と感じます。なにがいいのか? そう思ったとき。愛があるからと思いました。 たぶん、作中話者の「私」も、傷つきやすく脆い「彼」に傷つけられてきただろうと思います。それでも、彼に対しての愛がある。つけられた傷跡ごと愛しているという空気があって、いいですね。憎しみみたいなべたべたした感じもないですし。彼との思い出がきれいに成仏しているように思いました。 傷つきやすく脆い人、僕も鮮明に思いだす人が一人います。

2
花澤悠花澤悠(2020-02-27):

ひとはみな、やわらかく、もろく、よわいものだという詩なのだろうか?そのなかでも彼のみがよりとくべつにそのやわらかさも、もろさも、よわさも、そして優しさもが、際だっていたという? すこし長すぎて冗長な部分もありますが、圧倒的に畳み掛けられる筆圧に押し潰されました。

1
楽子楽子(2020-03-12):

>トビラさま 感想ありがとうございます! 「彼」は具体的な人物がいて、「彼」を思いながら書きました。今見直すと拙い部分も多く恥ずかしさもありますが、書いてよかったと思います。 トビラ様にとっての「彼」に安らぎが訪れることを祈っております。 >花澤悠さま 感想ありがとうございます。 彼、は単なる一人の人間だったと思います。 それでも私の中では特別な人間で、そのアンバランスさが詩にも出ていたかなあと思いました。 個人的な動機が強くにじんだ詩で、冗長というのもその通りだと思います。

0
トビラトビラ(2020-03-12):

ちょっと思い出話をさせてください。 ただ、やたら長くなってしまったので、楽子さんと興味のある方だけお読みくだされば結構です。 数年前、別の場所に投稿していた時、僕の詩を認めてくれた人を二人覚えています。一人は女性で、一人は男性でした。女性は僕の存在を認めてくれましたし、男性は僕の詩を僕以上に理解した上で認めてくれました。認めてくれたと思っています。 僕の鮮明に思い出す「彼」は、その人です。 その人は、詩に自分の全部を捧げたような人でした。まるで修行僧のように。僕は彼の詩を読んでも、あまり何を伝えたいのかよくわかりませんでしたが。(むしろ、コメントでの主張の方が何を言いたいのかよくわかりました)。ただ、彼の詩を読むと、いつも血のにじむような努力の匂いがして、そういう努力の痕跡が好きでした。 彼はとても偏屈で、その偏屈さを隠そうともしないほど、率直な人でした。(まあ、女性の陰にこそこそ隠れてる僕とは大違いの勇敢さですね)。 彼は詩の「技術」というあるのかないのかよくわからないものにそれこそ、全身全霊をかけていたんだと思います。ただ、ちょっと賢くなって、詩のことが前より少しわかるようになった今ならわかるんですが、彼が磨くべきだったのは「心」なのだと。 彼は今、地獄の苦しみの中にいるかもしれません。今まで自分の全存在をかけてきたものが、間違っていたと気づいてしまったから。でも、間違った思い込みなんて、ぶち壊された方がいいんですよ。たとえ、それがどんなに痛みを伴っても。イエスはこう言いました。「新しいぶどう酒は新しい革袋に入れなければならない」。僕は確信しているんですよ。彼は破れた革袋(古い価値観)にしがみつく人じゃない。立ち上がって、新しい革袋に新しいぶどう酒を入れる人だと。だって、自分には他に何もないくらい一つのことに心血を注いで、でもそれが間違っていたと気づいてしまって、何もかも失った素寒貧。イエスはこうも言いました「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」と。彼が心を入れ替えて、謙虚さを身につけたら、彼が今まで積み上げてきた努力は、正しく全て彼のものになる。悔い改めたなら、後は生き直すだけ。彼はきっとそれができると思っています。 今、彼に言うことがあるとしたら、高い霊は高い人格にしか降りない。だから、みそいで人格を磨くこと。人に優しく、と。それを貴方はできる、と。 楽子さんにとっての「彼」が、今、どういう境遇にいるかわかりませんが、きっと、大丈夫ですよ。どんなに離れても、すがるのではなく、幸せを思ってくれる人がいる人は強いですから。だから、きっと。

0
獣偏 (2020-03-13):作品へのコメント

描かれている「彼」の人物像が、僕にはとても魅力的に思えました。 この世界から純粋で正しい人がひとり、また消える。 そうしてほんのすこしだけ、この世界は優しくなる。 この一節に、詩全体を包むアンビバレントを象徴するような鋭さを感じてすごくハッとします。

0
楽子楽子(2020-03-30):

わあ。素敵な言葉をありがとうございます。 大切にします。

0
楽子楽子(2020-03-30):

正直なところこの詩は多くの粗があると思いますが、 私もその二行だけは大切にしたいと思っています。 というより、その二行が示すことを何行もかけて書きすぎたなあと反省しております。 「彼」、が魅力的にうつったのはうれしいです。 私にとって彼は長らく嫌いな人間だったのですが、「海のを泳ぐ魚の方が空を飛ぶ鳥よりも自由だ」という話をふと思い出し、 そして許せるようになりました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1