作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

素敵。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

無題

 黒羽 黎斗
 2   528.6   0   3 

 目を覚ますとそこは液体の中だった。温度は熱くもなく冷たくもなく、水の中にいるときのような温さも感じない。呼吸もできるし目を開けていても視界には全く違和感がない。なぜ俺が液体の中にいると気付いたのかというと、身をよじった時の体にかかる負荷が空気のそれとは違い、......


テキスト
作成日時 2020-02-04

恋歌

 ミリウェイズ
 11   1028.8   1   18 

腐りゆく君の死体へ。かつては美しかった陶器の如き腕が、雌鹿のような足が、白く滑らかな首が、今や蛆と蠅に塗れ、甘い腐臭を放ち崩れている。 嘆く人もあったろう。愛した人もあったろう。しかし、もはや打ち捨てられ土に還るのを待つ醜い肉塊でしかない。 しかし......


テキスト
作成日時 2020-02-04

遊びたりない

 大野原幸雄
 2   393.6   0   0 

いつかは僕も ここから旅立つときがくるよね この遊びは、ずっと終わらないんだってさ 動けなくなるまで、きっと退屈しないね 大人になれなんて言わないで 僕は毎日 遊び疲れて眠りたいだけだよ ずっと遊んでくれてたのに 君は先に行ってしまっ......


テキスト
作成日時 2020-02-06

罪の断片

 ねむこっとん
 0   321.1   0   1 

何もしない は 私の大罪 幾度も そうやって また 目を背けた あの瞬間(とき) どうしようもなくても… 途方に暮れながら 傍らで君は 「助けて」と 泣いていた  私はあの光景を ......


テキスト
作成日時 2020-02-06

日出処平成バトルロワイヤル

 元澤一樹
 1   339.7   0   5 

思考を放棄した肉人形 ベルトコンベアに運ばれて 一日十二時間労働が普通の地獄絵図に嘔吐く世論 その風潮に丸みを帯びて憂にも似た霞色 踏み均されるコンクリは血の赤色が乾いた黒 家畜として飼い慣らされる生活 様になってく皮の首輪と手足の鎖と鉛の分銅 ......


テキスト
作成日時 2020-02-05

 ゲロシャブ
 1   356.9   0   4 

悴んだ指先から答えを求めて 相変わらずな空模様に白い息 電車に揺られて眺める生活感 幾度となく感じた不安や寂しさえも 側溝に溜まる雪のように溶けて消えた 何処かに隠して飲み込む緩んだ泣き声 全てを包み込んで許したとて それに対価を求め......


テキスト
作成日時 2020-02-03

Shift+Delete

 ながの
 1   255.1   0   0 

消えてしまうなら 僕の手で ぶん殴って血だらけにしてやりたかった 風が吹く夜は 眠れないばかりで 鼓動が異常に乱れて苦しい 秋が来たんでしょうか 虫の音が それを気付かせてくれる合図 あといくつ数えたら おしまい 良いことも悪いことも 知らせ......


テキスト
作成日時 2020-02-05

大人に

 墨野みどり
 3   700.3   0   4 

大人って、とても素敵なものだと思っていた。 強くて、賢くて、優しくて。 だから私もおとなになれば。 おとなになれば。 おとなになれば。 そう思って窮屈を耐えていたけれど。 大人になっても変わらない。 やっていることは変わらない。 あ......


テキスト
作成日時 2020-02-02
投稿作品数: 217