あなたは誰ですか? - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あなたは誰ですか?    

「僕にはこれしかなかったんだ」と他人より多過ぎるか足りな過ぎる奴らが集まる箱庭 人の前に詩を付けてちょっと特別でプレミアムに思いたいし見られたい詩人が沢山いる 気持ちはマリアンヌみたいな民衆を導く先導者 実状は人生破綻で置いてけぼりな廃人とその予備軍がちらほら 精神科の先生は内緒にしているけど詩の書き始めは精神病の始まりなんだよ? そんな自分を知らんぷりし続けている為にあれこれ理由を付けて書いている 再生や回復にならない次は繋がらないリハビリしたくてずっとマスかいている 羞恥も無く書いている でもそんな自分を軽蔑されるのは承知しない それを言っちゃうと面倒くさいから黙っているけどそんな風に周知されている 皆が日々に適応する為に多くの体験をして人としての価値を上げている最中に そこまで深くも広くも無い自分の深層心理に潜って宝石でもないシーグラス拾ってる 遠くに行った方が良いよ 航海ってのをした方が良いよ いやいやボトルシップに乗って揺られるじゃなくてさ 後悔したくなる様な程の航海だよ 剥き出しで雨風や潮を浴びて舵を切った方が良いよ だけど何も見付けられない時にじゃあどうしているかと言うと 空を見て言葉が降りて来ないかなんて考えている そんな事を考えて空ばかり見ているのは詩人くらい 空は何処まで行っても空のままなのに 降るのは雨だったり雪だったり向こうの国の黄砂だったり 夜は別に文章が集まって出来た黒さでもないのに 誰かの作品にあったなぁそんなの 確か「空なんか見てんじゃない」ってタイトルだった 内容は今みたいな事を言っていたような気がする もし違ってたらごめん なんか左右や上下や内外みたいに極端なんだよね 中心も軸もそこまでハッキリとしたものないのに なんて不器用な人種なんだろうって思うよ 生ける死人みたいな奴ばっかりだよ 何を見つめて生きているんだろうね でもそんなこと言うと喜んじゃうから質が悪いよね 詩滅した世界があるならば きっと生きていけない気がする いやもしかして真面になっている気がする さっきも言ったけど詩を書くなんて精神病の症状みたいなもんだもんね 自己表現が下手くそだから独りよがりな分かんない比喩とか隠喩とか使って先細って それでいて誰かに分かって欲しいなんて可笑しいよね? しかも簡単に分かられるのは癪に障るなんて矛盾しているよね? あのさ基本そんなの分かる訳ないじゃんそんなの だって僕はあなたではないし私もあなたでもないし 同じ場所を目指して歩いていないのだから 誰も思っているほど近くないよ 決して0距離メートルなんかじゃない X・Y・Zどの座標も混じり合わないよ 誰かが言っていた 確か私もかつて言っていた気がする 皆は好きも嫌いもシンプルに表現しているのに 無駄にこね回して伸ばしている奴の言葉なんて分かってしまう方が怖いよ でもさ馬鹿だから誰にも理解出来ないなんて孤独と言う名の孤立に浸かるのね ねぇなんで息苦しい場所で生き苦しいままでいるの そんなんじゃ逝き苦しい最期を迎えそう それで構わないの破滅型を気取っているなら当ててあげようか? そのまんま行ったらお前はどうせ泣きじゃくるでしょうね お前に何でそんな事が分かるって顔しているもしかして 近い将来で良いから取り返しのつかないものを今のままの自分で患ったり背負えば分かるよ もう十分に愚かさについては伝わったと思うけど その中でも最底辺みたいなのがいるのさ 投稿サイトのガイドラインに書かれている事を理解出来ないのか読めないのか 革命家気取りの狂人か出来損ないのトリックスター まぁ行きつく所は結局は馬鹿なんだけどね 能ある鷹は爪を隠すって言うけども脳がないから頭も尻も丸出しの野晒し IPアドレスはそのまんまの自己中心的な自己主張 自分で描いた詩に別アカウントでコメントしている その時にお前はどんな気持ちでキーボード打ち鳴らしているんだ? とても空しい音が鳴り響いてそうだな そんな事をしてお前に何の足しがあるのだろうな? そこまでしても反応されない詩があった時 光るスマホやPC画面に反射するお前の顔はどんな表情だろうな? そこに注いでいる時間って本当に無駄だよなぁ でもやっちゃうんだよな 止められないし止まらないんだよな どんなに糞で愚かでも「僕にはこれしかない」だろうからな そんなあなたは誰ですか! タカン■!ベンドシニス■ー!■ショップ!ゴ■キ!■ウロ! どいつも別名の同一人物! そんなあなたは誰ですか! マ■!MA■A!■の虚像!閃光の舞■!■ne! どいつも別名の同一人物! そんなあなたは誰ですか! ■!■ム!■heri!■! どいつも別名の同一人物! 他にもいた様な気がするな? 他にもいる様な気がするな? 公然わいせつ罪!テキストポルノ! 誰が誰に投票ジデモ゛オンナジヤ、オンナジヤ思っでえ!の精神 そんな不正までしてやっと!大賞に!!なったんですううー!!!ってか? あ、そうだ最後にお前だよお前! あなたは誰ですか? あなたはあなたですか? あなたは誰かですか? 誰かはあなたですか? あなたは私ですか? 私はあなたですか? 私は誰ですか? 誰ですか? こんな事をしてて楽しいですか? そこまで偽って本物になれましたか? どんな気持ちで文章書いてんですか? どんな気持ちで文鳥鳴いてるんですか? それはきっと… らーらーらーららーららー♪ 言葉に出来ない


作成日時 2020-12-26
コメント日時 2021-01-16
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

あなたは誰ですか? ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1246.7
お気に入り数: 1
投票数   : 2
ポイント数 : 14
項目全期間(2021/01/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性11
可読性33
エンタメ77
技巧11
音韻00
構成22
総合ポイント1414
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性0.50.5
可読性1.51.5
 エンタメ3.53.5
技巧0.50.5
音韻00
構成11
総合77
閲覧指数:1246.7
2021/01/20 05時39分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あなたは誰ですか? コメントセクション

コメント数(14)
湯煙
作品へ
(2020-12-26)

小田和正、ですね♪ あの推薦文はやはりそうなんでしょうか? 少し怪しい感じはありましたが(笑 もしそうでしたらrさんに続きアウトでしょうね。

0
のいえられこーず
作品へ
(2020-12-27)

これは面白い!この作品ビーレビで一番爆笑しましたよ。前置きの長さがちょうどよくて、主題(主題ですよね?ちがうのかなw)がバーンときてよかったです。この作品について内輪だなんやと苦言が出るかもしれませんし、詩(笑)から離れた政治的(笑)な話をここに持ち出すな的に指摘をされる方がいらっしゃるかもしれません。けれどもビーレビってコミュニティなんですよね。一つの国(笑)だと思うんです。であれば、帰属意識が高くて当事者意識がある方がいいに決まってますよね。それは先に述べた苦言をおっしゃるかもしれない人は意識高い。けれども、コミュニティを面白くする人(見方によっては真面目にやれといわれるかもしれないが)も同じくらい意識高いと思うんです。多様性(笑)。運営やられる人もいればコメント得意な人もいれぱ、場の空気読めない人もいる。更にいえば近所の公園でルール守って遊んでんのにうるさいからって怒っちゃう爺さんみたいな人とか。たしかに、多様な人らを一つ一つバランス取ってまあまあって収めるのは大変だし誰もやりたくないけど、多様になればなるほどコミュニティは面白くなるって考えてるのは私だけか、ってこんなことを書いてるからまた叱られるんでしょうが、でも国家の根幹であるガイドラインをかいくぐって投票システムをバカにする人がいるんだったら腹が立ちますよね。なんだかんだ言ってもビーレビにすぐ遊びに戻ってしまう私なんかも帰属意識(笑)あるんで、イラっとしますよ。そのイライラをちょいすっきりさせてくれた作品でした。これ優勝。

0
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2020-12-27)

周囲の事を、云ってくれているようで楽になりました。 らーらーらー、そんな気持ちも私は詩に出来ずそわか、そう居るところでした。何らか助けてくれる人が居ないと自分って居ない、事を深く感じております。何かを抱えている者と、ただのコピー紙のような者、他人の心を傷つけ安くそれっきりで故に脆い精神が文人を気取る、人が人によって何らか助かっている。その感謝は量に出来ないので、コピー紙などには映らない。心を磨くには痛みが伴い、特別に思いたい事は汚れたまま揺蕩う印刷紙のような者が、目立ちこそするが真実少数だと云うことである。寂しい人間が寂しい人間として、やっと「我ここ」から始めるところに、浴びるべき光が痛みと溢れるが、なんのリスクもなく紙はコピーされまんまと悪手を持って自己騙詐に日陰で壊れ堕る。 人に優しくすることに喜びが有り、優しくなるにも人には修行がある。落ちた石は動かず、心もなく、コインを印刷されたまま置かれてある。その頃にはもう誰も傷つけてくれず最後に血を吐露する。底辺の下で大きく左右に揺れてあって家が片付かない。こういったただの邪心は常に無心にシュレッダーにかけられ、一念思い思いに消えていく人間のような形。字さえ残って居ない。彼らの「自分さえ」という言葉、魂。精神患者に紛れている壁びと。私は対して「孤独」の黒い船を想い、患者たちから離れ人とこそ居たい。

0
よびな
よびな
作品へ
(2020-12-28)

この詩を読んで思ったことです。 野球ってありますけど、テレビで放送されるプロ野球選手の野球だけが野球じゃないですよね。小学生から休日の社会人まで、また野球ファンまで、たくさんの人が色々な仕方で野球に関わって野球というものを形成していると思います。 コンピュータープログラマーも、プログラムを書く人間だけじゃなくて企業用コンピュータ作る会社とかパソコン作る会社とかゲーム作る会社とか色々に利用されて、その利用者がいてコンピュータの文化が成立していると思います。 詩も、著書が文庫本になる作家もいれば、自分のノートに詩を書いてみる中学生がいたり、ネットに詩を投稿する人がいて、それを読む人がいて詩という概念を形成していると思います。詩を書く、書き始めた人は、きっと詩の概念に何らかを感じて、その一因子になってみたいという思いで詩を書き始めるのではないでしょうか。 詩が全く失くなった世界は寂しいなあと思います。 現代社会は自己否定的にならざるを得ない社会のように思います。民主主義国家というのはみんながすごく当事者的で、個人がすべてを背負っていますからね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
湯煙さんへ
(2020-12-29)

匿名やなりすましユーザー、盗作が増えてきたのでネタやってみましたがどうでしょう… 個人的に怪しいと思ってる人とその作品は本物であってほしいですね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
のいえられこーずさんへ
(2020-12-29)

お読みいただきありがとうございます。 笑える作品と言うものを書けて嬉しく思います。 仮に優勝というのをしちゃったらちょっと困惑してしまいますが こんな感じのも選ばれるの所を見てみたいですね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
てんま鱗子さんへ
(2020-12-29)

お読みいただきありがとうございます。 ノリと勢いで書いたので拙い所もあると思いますが その中で汲み取っていただき嬉しく思います。

1
カオティクルConverge!!貴音さん
よびなさんへ
(2020-12-29)

お読みいただきありがとうございます。 よびなさんの考える通り様々な思いや形で詩は書かれ続けているので 実際は詩滅なんて事は無いと思います。 こんなこと書いてますが私もずっと書いていくんだろうなと感じています。 ただ、もしそうなったなら私はそこに注いできた時間を別の形で使って 今よりもまともになってたんかなとは考えちゃいます。

0
ko
作品へ
(2020-12-29)

お疲れ様です。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
koさんへ
(2020-12-29)

はい、お疲れ様です。

0
夏村木
夏村木
作品へ
(2021-01-14)

こんにちは。 心の整理整頓ができる詩でした。 私の場合の話なのですが、この詩を読んでいて「詩の書き始めは精神病の始まり」というのは、それは本当かもなあと思いました。 本当に、私個人の場合は、です。 自己紹介になっちゃうのですが、双極性障害なのです、私。 詩を書き始めたのは病気になった後でした。自分の中に勝手に湧いてくる罪悪感、後悔、自己嫌悪など黒いものを吐き出すことができるから始めました。楽しいです。 ただ、いろいろアイデアが浮かぶ時って病気が悪化するんです。今日は二つ書いたのですが、その後訳も分からずつらいつらいと泣き叫ぶことになりました。恐らく内面を覗き込みすぎためでしょうね。 精神疾患を患っている全ての人はとは申しません。 あくまで私の場合は、です。繰り返しになりますが。 詩作を辞めるつもりもありません。楽しいですから。つらくても。 自分語りになってしまい申し訳ございません。 この詩を読んだ人間の中にこーいうのがいた、というお知らせでした。 ではではー。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
夏村木さんへ
(2021-01-15)

お読みいただきありがとうございます。 そうだったんですね。 私は詩を書いたのが先でしたが メンタルは後でやっつけてます。 これは自虐となりすまし騒動を混ぜたもんだなって 軽く思ってもらえれば良いです。 好きにやっていきましょ!

0
藤 一紀
作品へ
(2021-01-15)

《そんなあなたは誰ですか?》から流れが切り替わってスピード感がでてきています。ぐいぐい問いで攻めていくのも気持ちいい。こういう転調は好きです。ラストの切り替えもいいですね。うまく締めた感じです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
藤 一紀さんへ
(2021-01-16)

お読みいただきありがとうございます。 グチグチからぶっちゃけるのってどうなんだろうって思っていたんですが ビシッと決まったならやって良かったです。 あんまりこんなのやったことがなかったんで

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1