粘土 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

粘土    

粘土を、こねる。やわらかい粘土達は、自らを無形と呼んでいて、私も、彼らを無形と呼んでいる。 無形の粘土達は、有形へ変容したがっていた、私も、彼らを有形とそっくりに形作ってみた、しかし、形を模した粘土に、感情を抱かれることが叶わないのだとぽつり、泣き崩れるように、柔らかに崩れて元の無形になる。 無形達は、固めて、引っ付いて、同じような油っぽい臭いを漂わせ、引きちぎられるように、離される。彼等は、同じ無形同士で有形を模倣しながら、元の無形へ戻る、そうやって、またやわらかくなる。 私は有形を持っていて、しかし無形で、あそぶ。私は粘土をこね続け、無形の手触り、質感を確かめ、そして、彼らが有形である実感を得る。形がないこと、硬質でないこと、普遍性をもって存在しなくとも、粘土は確かにそこに存在するのであり、それは、無形ではないのであり、この世のあらゆるものは、無形でないのであり、つまり、無形という単語はこの世に存在してはならない。そんなことを、考えながら。 しかし、無形という言葉が存在する以上、彼等は無形を背負い続けるのだろうし、寄り添って体を温め続けるのだろうし、私もまた、彼らを無形と呼び続けるのだろう。


作成日時 2020-09-21
コメント日時 2020-10-22

粘土 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 1109.4
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 8
#現代詩
項目全期間(2021/01/28現在)投稿後10日間
叙情性30
前衛性10
可読性10
エンタメ10
技巧10
音韻10
構成00
総合ポイント80
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性0.30
可読性0.30
 エンタメ0.30
技巧0.30
音韻0.30
構成00
総合2.71
閲覧指数:1109.4
2021/01/28 21時42分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

粘土 コメントセクション

コメント数(5)
のいえられこーず
作品へ
(2020-09-25)

久しぶりに覗いて思わず全部読んだこの作品、とても心に残ったまま、3日たって、深夜にまた覗いた。今一度読んでみた。とても心を打つ。もしかすればふじりゅうさんはロジックに徹してこれを書かれたのかもしれない。もしそうでなかったとしても僕にはそのロジックに徹して書かれようとされる作者の後ろ姿が重なる。粘土を前にされた話者が有形と無形の間を残念さを持って反復される様が重なってくる。 以前にある詩人がいくら言葉を組立てても現実を超えることができない残念さを語られていた。それでもその残念な気持ちを抱えながらも言葉を組み立てようとすると、そう僕に教えてくれた。詩は技巧で人に読ませなければならない。詩は組み立て書かれた様による。結果、作者が唯一作品で示せるのはスタイルだろう。どうやって言葉を組み立てたのかというスタイル。 書き表される内容など大量な情報を前にすればどれもこれもが既視感覚が先にきて読めない。「だから何?」という問いをする読み手を前に、その壁を越えることは難しい。 無形を有形にしようとする詩句らしさのない言葉を用いながらもポエジーが宿らされているように読めたし、残念さを抱えた情緒あるエモい作品だと思う。思わずコメントしちゃいました。

1
ふじりゅう
のいえられこーずさんへ
(2020-10-06)

ありがとうございます。久しぶりに力を入れて詩を書いたのですが、過去の作風とはまた違ってしまったように回顧します。 あれやこれやと色んな作風を試しては辞めてしまうスタイルには賛否あるとは思いますが、コロコロ方向性を変えていくことそのものが私のスタイルとして確立出来れば、或いは、変わっていく中で一貫して変わらない芯がきちんとあれば、それは評価されるものになるのかもしれない、などと思っています。

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-10-07)

目に見えない詩情なんてものを言葉で描けないのに描こうとする。悪戦苦闘である。詩作、思索、して結局、言葉に出来ずにぼんやりと原稿用紙やノートを眺めていることがある。それはとてもこの詩の粘土と向かい合う主体とよく似ている。  ロジックとか理屈ぽさとか、ふじりゅうさんがクリエイティブライティングでやられている事が、今作のふじりゅうさんの筆致にも現れていると思う。いい意味で。物思いにふけり粘土というものを通して、もう一人の自分と向き合うように対話する姿がじわじわと染み入ってくるひたむきさがある。

0
ふじりゅう
作品へ
(2020-10-09)

ありがとうございます。表現しようのない事をなんとか言葉にしていきたいという情熱、ものを書くということの難しさを思いながらも何とか言葉にしていきたい感じが作品に出たのかもしれません。 ロジックは所詮ロジックでしかなくて、もっと大切なものを詩で表していきたいのですが、ある意味、ロジック以上のものを書けていなかったのかもしれないです。ご好評頂きありがたく思います。

0
st
作品へ
(2020-10-22)

久しぶりにのぞいてみたら、今創ろうとしている詩と 深く関係している、この詩を見つけ驚いています。 それは"無とは"という仮のタイトルで、無について のものです。いろいろな展開を考えていたところに この作品に出逢いました。無+Aで、A=形の場合がこ の詩であり、無+Aとすると、無単独よりは具体的と なり、無の本質がわかりやすくなり、面白いなぁと 思いました。ここで、 >無形の粘土達は、有形へ変容したがっていた ここが特に面白いですね。なぜかというと、長く なります。笑。ここはまさに無の真空が、量子論 的にみると、完全な無ではなく、粒子が現れては すぐに消えるという不思議なものなのですが、こ れが無が有になりたがっている----とみなすこと もできそうです。また、この粘土を物質をつくる 素粒子と考えると、いっそう面白くなります。 >この世のあらゆるものは、無形でないのであり まだ創作途中ですが、返詩のなかで ほんとうに何もない 無なんて ありはしない この部分と似ています。かってな解釈かも知れません。 それでは返詩です。 ***無とは*** 無がなければ 有はない 最大の発明の ゼロがなければ 今の文明は 存在しない でもそれは理論の中だけで 現実には ほんとうに何もない 無なんて ありはしない 巨大な力が 打ち消しあって 無となる時空に 僕たちは 住んでいる きみがうるさいって 言う騒音を 消してしまう装置は 音波の山と谷の 干渉で無音となっている それでもそれらが 完全ではないように せめぎ合う 巨大な力は ゆらぎ 無の中で 粒子が現れては すぐに消える そう 真空は無ではなく 巨大な力を秘めている 宇宙を生み出す 巨大な力を秘めている

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1