名残の雪 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

名残の雪    

美しいと思える朝だった 鳥の囀りや何処かを走る車の音も 私には届かない程の静寂地帯 ポツンと世界に一人なような 淋しさすら伴い踏み歩く  ぐづぶぶしゃしゅり  ぐぐしゃりづぶぶ 雪ばかりを鳴らして知らせる 私はここに存在すると 澄んだ空間を進んで汚す 冷たさも春を思わせるというのに 靴に染みて朽ちる侘しさを知る  ぐづぶぶしゃしゅり  ぐぐしゃりづぶぶ 凍えた指先が脈を打って 身体の終わりが怖くなる 存在証明に躍起な誰かが土足で通って この感情もいつかは消えるのかい 私に濁った儚い雪よ  ぐづぶぶしゃしゅり  ぐぐしゃりづぶぶ

scroll


作成日時 2020-04-05
コメント日時 2020-05-18

名残の雪 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 2062.1
お気に入り数: 2
ポイント数 : 3
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/06/06現在)投稿後10日間
叙情性30
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント30
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合1.51.5
閲覧指数:2062.1
2020/06/06 06時19分34秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

名残の雪 コメントセクション


コメント数(18)
小林素顔 (2020-04-12):作品へのコメント

拝読いたしました。 > ぐづぶぶしゃしゅり > ぐぐしゃりづぶぶ このオノマトペに辿り着いたのは、詩人の手腕だなと思いました。 雪を踏み鳴らすオノマトペを中心として、詩人の語る静謐な孤独が音声として伝わってくるような気がします。少しオノマトペ以外で説明過剰かなという気もしますが、その部分を抒情的にしたりリズミカルにするとこの孤独感が台無しになってしまうかもしれませんね。 孤独の静謐な心地よさに真摯に向き合った素敵な詩だと思いました。

0
斉藤木馬 (2020-04-18):作品へのコメント

声にだして朗読をしたくなりました。 やや冗長に感じられる部分もありますが、だからこそ  >ぐづぶぶしゃしゅり  >ぐぐしゃりづぶぶ がソリッドに響いてきます。 また構成もわかりやすくメリハリがあり、三度すべてに表情の変化があるので飽きさせませんね。

0
アキラ (2020-04-23):小林素顔さんへの返信

小林素顔さん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 詩中のオノマトペは、もうどうにかこうにか捻り出した代物ですので、そこを詩人の手腕と仰って頂いたのは大変嬉しく思っております。 少しオノマトペ以外で説明過剰というご指摘については、正直なところ無自覚でした。ですので高度な意図を持って敢えてそうしたということはありませんでしたが、今作では幸いにもプラスに作用しているようで良かったです。 読んで頂きありがとうございました。

0
アキラ (2020-04-23):斉藤木馬さんへの返信

斉藤木馬さん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 朗読をしたくなったとのこと、大変嬉しく思っています。 私の場合、スマホのボイスメモで朗読をして、聞き返しながら修正していくという詩の作り方をしているのですが、朗読という観点で感想を頂けたのは今作が初めてです。ですので本当に凄く嬉しいです。 飽きさせない、というところも私が重視しているポイントなので、そこも評価して頂けて良かったです。 読んで頂きありがとうございました。

0
蛭子子蛭子子(2020-04-24):作品へのコメント

なんとなく宮沢賢治感があるように感じました。永訣の朝とか風の又三郎みたいな。雪と存在証明を結びつけるのが面白いなあと思います。擬音がリズミカルで、軽妙さと濁っているのに綺麗な感じを演出しているなあと思いました。音楽性があり、わざわざ曲をつけなくても言葉にリズムがあるというのが魅力的に感じます。

0
義京義京(2020-04-24):作品へのコメント

霧消の生への懇願を、体験させる情景描写に独創を持っている。

抒情:0% 前衛:0% 可読:0% エンタメ:0% 技巧:0% 音韻:0% 構成:0%  
0
アキラ (2020-04-25):蛭子子さんへの返信

蛭子子さん コメントありがとうございます。 なるほど。私『永訣の朝』、とても好きな作品なんですよ。それこそ暗唱してスマホに録音するくらいに…もしかしたら受けた影響を無意識に自作の詩に出していたのかもしれません。 私個人のこだわりですが、それこそ歌うようにつまらずに最後まで詩を読ませる、というところを一つの目標にしています。 ですので、言葉にリズムがあると評して頂けたのはとても嬉しいです。 読んで頂きありがとうございました。

0
アキラ (2020-04-25):義京さんへの返信

義京さん コメントありがとうございます。 体験させる情景描写に独創…これは、過分なご評価、ありがとうございます。 読んだ人にすっと追体験させるような詩を、これからも書けるよう精進したいと思います。

0
まりも (2020-04-28):作品へのコメント

美しい、という言葉は使い方が難しいのだけれど。 ~と思える朝だった、という立ち上がりで、過去の沈み混んでいた気持ちの流れを推測させる。良い立ち上がりだと思いました。 身体感覚を丁寧に掬い上げていくところ、言葉の流れを意識して整えたであろう運び、真っ白な雪をあえて自分が「汚していく」跡付けていく、という意志。 リフレインでアクセントになっている擬音、擬態語が、少し凝りすぎているかなという印象を受けたことと、題名が・・・少し安易に過ぎないかという点が気になりましたが、体感と気持ちを上手く馴染ませた作品だと思います。

0
カイトカイト(2020-04-28):作品へのコメント

神秘的な静かな朝に対し、濁る雪は現実のであり、その狭間に自己という存在を確かめていく、この詩の作る「空間」が好きです。

0
アキラ (2020-05-01):作品へのコメント

まりもさん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 題名に関しては、これは春先に降った雪の積もる朝、実際に歩いた体験をもとに書いているので、着想をそのまま題名にしたって感じになります。 個人的はシンプルな題名にしっくりきていたのですが、確かにもっと深く考える余地はあったのかもしれません。 勢いで投稿する悪い癖ですね… リフレインの印象についても今後の参考にさせて頂きます。 読んで頂きありがとうございました。

0
アキラ (2020-05-01):カイトさんへの返信

カイトさん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 大変嬉しいお言葉ありがとうございます。 あの空間を感じて頂けたのでしたら冥利に尽きます。

0
エイクピア (2020-05-01):作品へのコメント

雪を踏んだ時に生じる、あの感触、音。足が感じる、耳が感じる。大地が鳴動して居る様なものではないかもしれませんが、詩情が滲み出て居ると思いました

0
アキラ (2020-05-03):エイクピアさんへの返信

エイクピアさん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 雪を踏んだ時の五感、感情。それを感じて頂けたなら、この詩を書いて良かったと本気で思えます。 読んで頂きありがとうございました。

0
藤 一紀 (2020-05-04):作品へのコメント

《ぐづぶぶしゃしゅり/ぐぐしゃりづぶぶ》という音が、語り手の感情も自問自答も、後から後からかき消してしまうところが気持ちいい。踏み進むという行為についてくる体や動き、そして音はずっと確かだからね。

0
アキラ (2020-05-08):藤 一紀さんへの返信

藤 一紀さん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 オノマトペが感情も自問自答も掻き消してしまう、という所は意図して狙って書いたという訳では無いのですが、私も自分で読み返してみると、読了感は同じような感想を抱いていることに気付きました。 感情とは関係なく、なんなら掻き消すように、雪を踏む音ばかりが鳴る空間。自身が感じていた情景を改めて認識できた気がします。 自分の詩を見つめ直す良いきっかけになりました。ありがとうございます。 気持ちいいと感じてもらえて良かったです。 読んで頂きありがとうございました。

0
福まる福まる(2020-05-16):作品へのコメント

雪を踏む表現が心に残りました、悲しさと力強さが同居している気がしました

0
アキラ (2020-05-18):作品へのコメント

福まるさん コメントありがとうございます。 返信が遅くなってしまいました。 心に残ったのなら良かったです。 嬉しいご感想をありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2