極北、またの名を老害 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

極北、またの名を老害    

この国に変化はいらない この国に進歩はいらない だから「若者」もいらない わたしはおじいちゃんとおばあちゃんが大好き この国は黄金の国 やんごとなき御方たちの政の国 各セクトの政治力学がすべて 表現の自由? 虹? そんな役立たずはいらない おじいちゃんたちのチンポコは もう勃たないんだよ?(そういえばチンポコって最近言います?) 芸術はつまるところ老人の道具 支配階級カーストのための特産品 一部の若者たちは この素晴らしき身分制を打倒すべく ふたたび階級闘争的な運動が必要だと思っている 愚か也 「一度目は悲劇、二度目は茶番」 てなもので いまさら革命せよ 旧体制を打倒せよ なんていわれても 白い目で見られるだけだ 君はあの外山恒一の政見放送を見なかったのか? あれ以上のクオリティーを要求するのは酷というものだ この国に議論は不要 リアルの議論はタブー そんなことしなくたって お偉方によってあらかじめ決められた 暗黙のストーリーが手に入ってる その文脈を忖度し緻密に読んで役割を果たすことが肝要 大切なのはお歴々の体裁を傷つけないこと お上に議論を挑む 異議を唱えるだなんて もってのほかだ あとできっちり何かしらの「社会勉強」が待っているだろう わが邦がハラスメントのパイオニア うんこ色のジパングとも呼ばれる所以である もしすべてが現状維持に留まるためにあるのだとすれば この国の自由はいよいよファンタジックに極まってくる この国では言論の自由が保証されているといわれている とくに「浅い」ことをいう自由 現状を全肯定する自由 なかんずく この国がどの国よりもサイコーにリベラルでフェアであることを 称賛する自由は大いに推奨されている だけど「深い」考えを表明する自由は 断じて非推奨だ なぜならこの国の自由はファンタジーだからだ! ファンタジーに水を差すな! 高齢者が死ぬまで安心して暮らせる自由! 生きながら死んでいればいい自由! ジャルジャルの夢なし大学生みたいな奴らにとっては! 居心地のいい自由! だからわたしはあいつらがきらいだ 罰を与えるべきだ 人のこころのなかに封印している感情を 無遠慮にゲロみたいに吐き出しやがって そんなのみんなだって同じようなこと考えてるんだけど ふつういえない そこにきてあいつらがかわりに熱弁する ひとまえでいっていいこととわるいことがあるのに 過激な言葉に傷ついている人もいるのに あいつらはおかまいなしだ ところが世間は 「みんなが思っていることを言ってくれてありがとう」 ってなるんだから すごい才能だ うらやましいにきまってるだろ いまのユース世代はみんなあいつらの真似をしたがっている いまのいじめとか少年犯罪のパターンは ぜんぶあいつらのやりくちだ あいつらはその凄い才能で社会をそう啓発しようとしている と ここまで書きおわって わたしは胸がグサリと刺されたように傷んでいる 自分で認めると同時に自分で慰めるしかなくなり こんなことゆるされるはずないだろ! あいつらは若くして有名人になって! そのくせに常識ないくせに! いいたいこといわないと気が済まないガキンチョで! プゥっ! と咆哮した!(前蹴りしながら) わたしはあの才気あふれる若者どもが死ぬほどきらいだ 「野心、アリ」 とみなした若手は全員 わたしの敵だ わたしは 「若くて才能があって、うらやましいね」 と素直に言えない 死んでもいいたくないね 秀才が台頭したときだけ胸の内にむくむくと闇の力がわいてくる アン オールド ファー ソー オード ゲッツ マーチング アストゥー ウォー 神さま 仏さま 二階さま アー ザ サイレンス ユー ギブ トゥ ミー 得意な科目は 棒遊びです 世の嫉妬についての議論はしばしば人間中心になりすぎていて わたしは不満だ いいですか 嫉妬は犬や猫でさえ持つ原始的な感情なんですよ ペットを多頭飼いしてる人なら誰でも知っているが 動物は自分の種族内で嫉妬することがある 自分より注目されている 可愛がられている他のペットを攻撃するのだ 嫉妬という感情は人類以前 言語以前から存在していた もうひとつ同じように 原始的な感情として「命令」がある 犬や猫 馬でさえ命令を理解する 彼らは話すことはできないが命令は理解する 嫉妬や命令は言語よりも古いものだ こうした原始の感情 その原型は人間社会の外 自然界に存在するのは明らかである けだし嫉妬の最も原始的な形は縄張り意識に違いない どんな聖人君子でも あの孔子様でさえも 誰かが自分の縄張りを踏み荒らすやいなや 鬼の形相になって報復するに違いない だからつまり その わたしは まともなのだ なぜ人々はある特定の人物を称賛するのだろうか コヤツデキル とみなした者に対して 民衆はカリスマになることを期待する そのように期待された者は当然のことながら期待に応えようと マッシヴに アグレッシヴに 努力し 自分を期待してくれている人々らに 何らかの寄与をしなければならない かくして実力者同士の与えることの競り合いが起こる これは待望とは名ばかりの圧力と同義なのではないのか? しかし一方でみょうなのが 誰かを称賛したからといって贈賄には当たらず またその社会的価値が下がることもない 周知の通り 多くの人中に屹立した個の類いが 人々の称賛に相応しくあろうと心をついやしている 「富める者は惜しみなく与えますます富む」 こんなベッタベタな話は 太古の昔からあり続けていることで 分かりきっていることだ かのようにわたしたちはじつは人間を類型で つまり本質によって考えている したがってこの話は 各界のもろもろの強者にあてはまるものだが 人々らは特定した個に勝者の称号を与えることによって ことあるごとにそのような誰かを称賛し 人々はみずからの権力を高めるための この寄与が あたかも習慣以上の義務であることを 他の者らに知らしめるのである ひとたび ちんぽの太い漢が現れると(面構え、でわかるというものだ) 日本の民衆の嫉妬や羨望の念が渦巻く そしてときには彼の巨根に対してヘイトが巻き起こることもあろう 福田和也はかつて 「左/右の明確な定義を発見できたらノーベル賞を獲る」 と発言をしていたはずであるが わたしはとっくの昔に気づいていた 左派は どいつもこいつも 嫉妬深いのだ 左派はおおまかには 改良派と過激派がまっぷたつに別れてしまっていて 彼らが再びひとつにまとまることは原理上 不可能といってよく このことは民主党政権時に白日の下に曝され やっぱり左翼は内ゲバしかないから とことんダメだということが判明した 左派たちに残された帰結は 彼らが仰ぎ見る対象としての英雄主義くらいであろうか (左派諸君はもっと現実を直視しよう) 一昨年 Twitterで 「全共闘運動は実家が太い陰キャの青春ごっこ」 とツイートしてバズった奴がいた あいつ今どこで何をしてるのだろうな リベ左派どもからさんざん嫌味言われていたが アレだって 当時だったら隊列組んでた側の奴だろ 他のツイートで 「(自分を)もっと叱ってくれ!」 とか言ってたし アツかったんだけどなあ あの件にかぎらず 遅かれ早かれ 「わたしたちは何を信じ(て)るのか?」 という実存問題が沸騰するだろう nationalism 世界地図のどこかだけではなく いずれここ日本でも 20世紀初頭に間歇的に出た問いがその本質を替えずに 時代の変化により形を換えて再燃する 個人主義敵視の風潮と共に その兆しとしての今日この頃



ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

極北、またの名を老害 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 24
P V 数 : 1041.2
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2024-04-15
コメント日時 2024-05-05
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1041.2
2024/05/30 11時22分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

極北、またの名を老害 コメントセクション

コメント数(24)
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
作品へ
(2024-04-16)

その人は、権力を持つことの重さを、測れる道を進んできたのかというのは、考えますよね。 どれだけ頑張って知識や経験を積んでも勝者の称号を獲得できない、となった時、「成功にはまだ足りない」と思えることで、上の地位の本当の重さが測れてくる。 色んな要素がありますし、平等は簡単に崩れるので上の例から漏れるものは沢山ありますが、経験を積まず上に行けた人は、その後やはり苦労しそうだなと思います。その前に嫉妬が来ますが。 それはそうと、前半は読んでてムカムカしますが、最近、お偉いさんにまずは認められないと意味がない、という媚びを原動力とした人と話しまして。でもその方は、システムからこぼれ落ちようとする私の生き様を見て羨ましがっていました。ふざけているのかと思いきや大真面目で、そう易々とシフトチェンジできるものか、と内心思いつつも、もうみんなが皆、何かの役を好きな時に演じていくような人生かもしれません。 革命の「茶番」も、その時その時の配役で行われるのかもしれません。

0
おまるたろう
おまるたろう
熊倉ミハイさんへ
(2024-04-16)

コメントありがとうございます。 仰っている権力の「重さ」ということを考えると、 いろいろな概念によって、構成されていると思います。 パっと思いついたことを言うと、 「価値」と「意味」という概念がありますよね。 おそらく、まだあるでしょうが、それらを分離させて考えることはほぼ不可能ではないですかね。 ですが、まあ、みんな影響力を持ちたい。 一個人が抵抗をおしのけて、自分の意思を遂行できる力をもつ、ということ。 Mウェーバーが、権力について、そんなことを言ってた記憶があります。 ですが詩とか(あと数学とか将棋とか)は、 まるで関係ない価値体系を持っているでしょう。 詩を書くという行為は、膨大な知力と精力を注ぎこみますが、まったくバカバカしいくらいに、 なんの対価も得られません。ひでえものです。 わたしには「重さ」とか「重み」とか。 あと、オッサンが好んでいう「深み」とか、 というものが、いまいち、本質的な問題だとは思えないです。 自分の信じるものを言っていくだけですね。

1
秋乃 夕陽
秋乃 夕陽
作品へ
(2024-05-01)

考えさせられるな。 左派は個人の意思を全うできず理想だけ掲げて追随しているようにしか見えず、右派は安着な椅子に胡座をかき民衆を見下し嘲笑う。 どちらも醜くて腐臭がする。 この不条理極まりないなかで私たちはどう行動すべきか自ずとわかることだろう。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-01)

パレスチナへの攻撃を止めろ! 若いピチピチの学生たちが軽装でデモ活動を勃発させてますね。あの国では逮捕されて将来自分の身に傷が付く。なんてへっちゃらなんでしょう。才能ある学生たち。実際実力主義の合衆国社会ではいくらでも取り戻すことはできる。日本ではそんなことはもう考えられませんね。対ウクライナ戦争にしてもパレスチナとイスラエルの紛争にしても闇で蠢くのはお金です。お金といえば今年また大統領選に出てくる豪商トランプなんてのも法の網を抜けて頂点に君臨しました。彼の廻りにはそんな族が犇めいている。一方ではわずかな食い扶持のために命を捧げる人間は大勢いる。我々庶民といえば汗水垂らして労務に励んでいる。日本人はいいですね。ロシアウクライナにしてもパレスチナイスラエルにしても何ら血を流す責任はありません。直接人殺しの武器には関与してないから。主義政治体制。資本主義やれ共産主義。そんなもの何処に存在しているのか。誰が権力を握り締めても、虐げられるのはお金もコネもない一般市民でそのまた底辺に暮らす弱者ですね。内省問題に関わるな。保守だリベラルだ。新自由主義だ。これが一体何に誰の為になるのでしょうか。ここに挙げられたメッセージにはその問いはあっても答えはない。そこが唯一私には好まれる風袋に読めるのです。ジョンレノンのラブ&ピース。ボブ・ディランの風。いつの時代になっても巡り続けるだけですね。政治は詩人を巻き込みますが、私はいつの時代になってもアウトローでいたい。ただ筆を振り声は挙げても卑怯者の傍観者で在り続けたいのです。

1
ローゼ・ノイマン
ローゼ・ノイマン
作品へ
(2024-05-01)

坂本龍一で赤い思想に被れた私 にとって、 観てほしい世界像の描かれた感じ (少ないとも、観て来た世界の 歪み(ひずみ)を編纂した様に観えた) がした。 アニメーション、オタク文化でも 個人的なものと、世界的なものが 革命?というものを担っている そんな気もするが… 兎に角、わかりやすい視座を得た 有難いと思う。

1
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2024-05-02)

そんなものかもしれません。

1
すぅ
すぅ
作品へ
(2024-05-02)

おまるたろう様、こんばんは。 作品を読ませて貰いました。 読んでいてリアルの世界で感じていたどうにも言語化できないモヤモヤするような違和感を、分かりやすく読ませていただいて感謝します。 とても腑に落ちる内容でした。

1
万太郎
万太郎
作品へ
(2024-05-03)

不安定な時代、言論統制が激しく、世の中の全体像が掴みづらいです。 ノイジーな主張の中に、不思議な安心感を感じるのは、これだけ強い主張をしても一歩も引かない強さを感じるからだと思います。 世界は1%の奴らが牛耳っていてどうにもならないは、父からも耳にタコが出来るくらい聞かされてきたことです。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-03)

秋乃 夕陽さん、コメントありがとうございます。 左派も右派も ハートを磨くっきゃないです、はい。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-03)

メルモsアラガイsさん、コメントありがとうございます。 それがゆるされるほど、 この国は、あまりに豊かだったのではないでしょうか。 ですが、わたし、やわたしより下の世代は、もはや傍観者ではいられなくなります。 危機に直面したときに、人間は覚醒するのです。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-03)

ローゼ・ノイマンさん、コメントありがとうございます。 >個人的なものと、世界的なものが >革命?というものを担っている またそのうち、 カート・コバーンみたいなのが、またでてくるかもしれないですね。 いや、どうだろう。 でてきてほしい。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-03)

田中宏輔さん、コメントありがとうございます。 いつだって、そうですね。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-03)

すぅさん、コメントありがとうございます。 モヤるってやつですね。はい。わたしもずっとモヤモヤしてます。 モヤモヤした気持ちは、筋トレですっきりさせようってなわけで、筋肉モリモリです。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-03)

万太郎さん、コメントありがとうございます。 そうですね。バカほど負けず嫌いっていいます。 バカになりましょう。

0
鷹枕可
作品へ
(2024-05-05)

あっ。 貴方(か、貴方の依代、主)の正体が解ったかもしれない!! だが、 これだけではひとことレスなので、 下記に、 今朝の歌を。 ~今朝の歌~ ナチス叛人道的に鼻低く驕りある保守国家・自由を離れ 自由の敵老年すべて奪はれき民族主義灯すオイル・ライター Americaと言ふ時訛る舌音の根とし咽喉あり所属ならず 日本兵旧びき写真乾板のなか厳めしき何守らむも家 不自由の肉体へ捺す徴用の可の字 官吏はゆかず軍へ 個人解体しつつ共同体部品へ組み込まれ叫べ 防国 きさま愛するべし易き孤独ことさらに嘆くな箱船水夫 蓼の根の苦き喫飯喰らふ虫若葉色の背もてならびて 指摘みし青桃のはなひとつ蒼ざめ 踏むは誰そ  程良くも訓練されきシェパードは飼主の主へ恭順す 腋苦き うっかり枯尾花ではござんせんことを切に願いつつ。 ではでは。 お騒がせいたしました。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-05)

breview運営様 上記見ての通りですが、先日より悪意のあるネットストーカー(アカウント名:鷹枕可)にいやがらせ・粘着されております。何卒、対処頂きたく。よろしくお願いいたします。

0
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-05)

誹謗中傷暴言を吐いたわけでもないし。べつに悪意もないでしょう。嫌なら無視すると返せばいいし。許せる。庇うつもりはないが、私ならお愛想で許せる範囲ですよ。それほど気にすることもないのでは、おまるさん。

0
おまるたろう
おまるたろう
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-05)

>べつに悪意もないでしょう。 いえ、あきらかに悪意あります。しかも単発ではなくこれで三日目です。 ガイドラインにもあるように、ここは作品評を書くスペースです。にも関わらず、相手の属性を調べている旨を仄めかしつつ、自作を陳列してきました。悪意しかないです。

0
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-05)

~今朝の歌~なんていい歌じゃないですか。あなたもおっしゃっておられるように反論はあって然るべし。褒め言葉の多い詩サイトでは貴重な意見ですよ。以前より知る鷹枕可氏はその様なお人でもない。少し多目にあたまに血が流れただけでしょう。それでも悪意と感じられるのならば、停止せよ!と本人に伝えてからでも遅くはない。と思います。

0
おまるたろう
おまるたろう
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-05)

この人、粘着しますよって、みんなにわかるように、書いただけです。 コミュニティの維持のために、ビーレビ運営様にもご報告したまで。大事なことです。上記のわたしのお願いは、大部では、それが目的なので。

0
黒髪
おまるたろうさんへ
(2024-05-05)

おまるたろうさん、運営の黒髪です。 このたびは、不快な思いをされて、すみません。鷹枕可さんの批評は、私の目からは ルール内である、と判断しましたので、ご海容ください。 引き続きのご利用をお願いいたします。ご報告は、悪口でなければいつも受け付けています。 コミュニティ、共同体は、維持には総員の努力と寛容さが必要です。 もし我慢できなければ、引き続きご発言ください。sincerly yours, 黒髪。

0
おまるたろう
おまるたろう
黒髪さんへ
(2024-05-05)

黒髪様、ならびにbreview運営様、迅速なご対応、誠にありがとうございます。 お手数おかけしてしまい大変心苦しく思います。ご回答の旨、承知いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2024-05-05)

読みやすく分かりやすくて良かったです。政治や社会参加の意識は身だしなみとしてある程度持っているのが理想的な気がします。だから好印象でした。

1
おまるたろう
おまるたろう
湖湖さんへ
(2024-05-05)

湖湖さん、コメントありがとうございます。 好印象とのこと、うれしいです。 政治詩、発表すると、やっぱりちょっといろいろ大変だなとは痛感しつつ... >政治や社会参加の意識は身だしなみとしてある程度持っているのが理想的な気がします ほんそう、ですね。そのくらいの、ちょうどよい意識の人達がたくさんいれば、世の中大きくはズレませんですね。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2