Alleluja - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Alleluja    

酔っ払ったかみさまが のんべい横丁の赤ちょうちんで 朝からくだをまいていた 酒臭い呼気を わたしの顔に吹き付けながら 赤ら顔のかみさまが言うには 「最近、みんな冷たいじゃないか。 話しかけても知らんぷりだ、昔はよかったよ。 いや、そんな気がするだけかもしれないが、 それでも、熱狂するちからだけはあったよね。 今じゃ、訳知り顔の、疲れた目をして、擦り切れた魂でさ。 いったいどこにいくつもりなんだろうね、 まるで沈没前のネズミのようじゃないか」 升の中のあまり上等じゃないグラスに 一升瓶から安酒をついでやりながら せめてもの言葉をかけてやる 「あなたを忘れたわけじゃないんです そうですねぇ、みんな疲れちまってるのは 確かですね、新しい世界に生きてるだけで お腹がいっぱいなんですよ けど近頃、夢はみないようにしてるのはホントです、 余計腹が張るんで」 じっとグラスの酒を見つめると ぐびりぐびりとあおってしまって 一文無しのかみさまはポケットを裏返して見せた 「わたしにつけといて」 影も姿もない店主に告げると 渋い声であんたもお人好しだね、と言われる 目の前にあるぬるくなったビールを喉をみせつつ 飲んでしまうと、わたしもポケットを裏返してみせた

scroll


作成日時 2020-09-02
コメント日時 2020-09-14

Alleluja ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1264.1
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 13
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性21
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧53
音韻22
構成21
総合ポイント139
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ0.50.5
技巧2.52.5
音韻11
構成11
総合6.56.5
閲覧指数:1264.1
2021/04/17 22時42分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Alleluja コメントセクション

コメント数(16)
暁美玲
暁美玲
作品へ
(2020-09-02)

>けど近頃、夢はみないようにしてるのはホントです、 余計腹が張るんで 実感がこもっているようなセリフにグッときました。全体的な雰囲気が好きです!

1
かずや
かずや
作品へ
(2020-09-02)

最近、ルネサンス期のことをよく考えています。 中世は人間が神様を信じることで幸せになろうとした時代だと思っています。 そしてそれが緩やかに変わりルネサンス期から産業革命にいたり、人間が科学で幸せになろうとする合理主義の世界がやってきます。 現代は科学で証明できないものはないとしてしまう「近代合理主義」の時代だと思っています。 そしてそれが限界に近づいていることに薄々気が付いているのではないかと。 かつては熊でありやがて王になりそして神になりそして科学にというように人間と人間以外の何かを信じるという二極の間を振り子のように行ったり来たりしているのが我々のいわゆる「真理」なのではないかと思っています。 次に我々が何を信じるかを考えた時、科学の前に信じられていた神様のことを考えるのはとても大切なことだと思います。 その神様が赤ら顔なのはとてもいい風景だなと思います。 聞かれたことがあるかも知れませんがLeonard Cohenさんの歌うHallelujahという曲が私は好きです。 色々な方が歌い、日本語で変訳されたりもしていますのでもしよければ一度聞いてみていただければと思います。

1
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
暁美玲さんへ
(2020-09-02)

暁美玲さまコメントありがとうございます。初めてサイトに投稿していて緊張していたので励みになりました。これからも書いていきたいと思います。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
かずやさんへ
(2020-09-02)

かずやさまコメントありがとうございました。最近、大きな流れの事をよく考えます。それを「神」とは名前は付けられませんが、確かにそこにある、と信じていきたいです。Hallelujah聞いてみます。

1
AB
作品へ
(2020-09-07)

最終連、おもしろいです。 姿のない店主もいいですね。

2
石村利勝
作品へ
(2020-09-07)

詩みたいな書き物はこの界隈で山ほど見かけますが 文体のあるこういう書き物を読ませていただく機会は 滅多にありません。ご馳走様でした。

2
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-09-07)

これはなんとも楽しめました。ポケットを裏返してみせる辺りで、にやり、としてしまいます。日本の神さまは大概、のんべえなイメージなので、今日辺り、酒盛りにお招きしたいですねぇ。

2
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
ABさんへ
(2020-09-08)

ABさまコメントありがとうございました。面白いと言っていただけて嬉しいです。これからも書いていきたいと思います。励みになりました。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
石村利勝さんへ
(2020-09-08)

石村利勝さんコメントありがとうございました。初投稿でしたので緊張いたしましたが、楽しかったです。これからも書いて行こうと思います。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-09-08)

帆場蔵人さんコメントありがとうございました。楽しめましたと言って頂けて嬉しかったです。飲んべいのかみさまと酒盛りしたいですね、どんちゃん騒ぎで。

0
田中修子
作品へ
(2020-09-12)

なんだか、なんだろう。私は色んなことを麻痺させるためにお酒を飲みすぎて、もう飲めない体なのですが、それは、この神様が宿ったお酒を飲んだことがないからだな、と、この詩を読んで、いま唐突に理解しました。 きっと、この神様が宿ったお酒は、心を悪くすることのないんだろうなって。 この詩にはお酒の神様が宿ってるなって。 橙子さんは、加藤登紀子の「時には昔の話を」という曲をご存じですか? なんだか、あの曲が流れてきました。味のしないお酒を飲みながら、ああ、あんな時代に、あんなふうに熱を持って生きていきたい、とあこがれていた変な二十代だったのです。 しみじみする、じんわりしみこむほろりとした詩でした。飲めないんですけど、なんだかほろ酔い気分です。ごちそうさまでした。

2
藤 一紀
作品へ
(2020-09-12)

こんにちわ。 >酒臭い呼気を >わたしの顔に吹き付けながら >升の中のあまり上等じゃないグラスに >一升瓶から安酒をついでやりながら >ぐびりぐびりとあおってしまって >一文無しのかみさまはポケットを裏返して見せた >目の前にあるぬるくなったビールを喉をみせつつ 赤ら顔のかみさまと一杯やるとか影も姿もない店主とか非現実的な内容がなんとなくありそうな気がしてしまうのは、抜粋したように具体的に書かれているからですね。苦々しいことがユーモラスに語られていて、押しつけがましくないのもよいと思います。個人的には「喉をみせつつ」に最も動きを感じます。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
田中修子さんへ
(2020-09-14)

田中修子さんコメントありがとうございました。 加藤登紀子さんのその歌好きです。 私も生まれる時代を間違えたんじゃなかろうかと思う時があるくらい私が産まれる前の世代に思いを馳せますが、結局、ここでは無いどこかへの憧れがそうさせるのかも知れませんね。 おそまつさまでございました。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
藤 一紀さんへ
(2020-09-14)

藤一紀さんコメントありがとうございました。 ふとした場末の横丁にかみさまがいたら、こんな感じでボヤいているのではと、情景が見えた作品でした。 「愛」という大冗談から構えた言葉でなく、ぼやきながらも心配してくれてたらいいな、と。

1
aasha
作品へ
(2020-09-14)

よく分からないけどめっちゃ好き!!やり取りと物語が連綿と浮かんできます。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
aashaさんへ
(2020-09-16)

aashaさんコメントありがとうございました。めっちゃ好き!!と言われて、デレデレ、してしまいました。励みになります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2