Alleluja - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

Alleluja    

酔っ払ったかみさまが のんべい横丁の赤ちょうちんで 朝からくだをまいていた 酒臭い呼気を わたしの顔に吹き付けながら 赤ら顔のかみさまが言うには 「最近、みんな冷たいじゃないか。 話しかけても知らんぷりだ、昔はよかったよ。 いや、そんな気がするだけかもしれないが、 それでも、熱狂するちからだけはあったよね。 今じゃ、訳知り顔の、疲れた目をして、擦り切れた魂でさ。 いったいどこにいくつもりなんだろうね、 まるで沈没前のネズミのようじゃないか」 升の中のあまり上等じゃないグラスに 一升瓶から安酒をついでやりながら せめてもの言葉をかけてやる 「あなたを忘れたわけじゃないんです そうですねぇ、みんな疲れちまってるのは 確かですね、新しい世界に生きてるだけで お腹がいっぱいなんですよ けど近頃、夢はみないようにしてるのはホントです、 余計腹が張るんで」 じっとグラスの酒を見つめると ぐびりぐびりとあおってしまって 一文無しのかみさまはポケットを裏返して見せた 「わたしにつけといて」 影も姿もない店主に告げると 渋い声であんたもお人好しだね、と言われる 目の前にあるぬるくなったビールを喉をみせつつ 飲んでしまうと、わたしもポケットを裏返してみせた



Alleluja ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 2119.2
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 13

作成日時 2020-09-02
コメント日時 2020-09-14
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/06/25現在)投稿後10日間
叙情性21
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧53
音韻22
構成21
総合ポイント139
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ0.50.5
技巧2.52.5
音韻11
構成11
総合6.56.5
閲覧指数:2119.2
2024/06/25 03時48分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Alleluja コメントセクション

コメント数(15)
暁美玲
暁美玲
作品へ
(2020-09-02)

>けど近頃、夢はみないようにしてるのはホントです、 余計腹が張るんで 実感がこもっているようなセリフにグッときました。全体的な雰囲気が好きです!

1
かずや
かずや
作品へ
(2020-09-02)

最近、ルネサンス期のことをよく考えています。 中世は人間が神様を信じることで幸せになろうとした時代だと思っています。 そしてそれが緩やかに変わりルネサンス期から産業革命にいたり、人間が科学で幸せになろうとする合理主義の世界がやってきます。 現代は科学で証明できないものはないとしてしまう「近代合理主義」の時代だと思っています。 そしてそれが限界に近づいていることに薄々気が付いているのではないかと。 かつては熊でありやがて王になりそして神になりそして科学にというように人間と人間以外の何かを信じるという二極の間を振り子のように行ったり来たりしているのが我々のいわゆる「真理」なのではないかと思っています。 次に我々が何を信じるかを考えた時、科学の前に信じられていた神様のことを考えるのはとても大切なことだと思います。 その神様が赤ら顔なのはとてもいい風景だなと思います。 聞かれたことがあるかも知れませんがLeonard Cohenさんの歌うHallelujahという曲が私は好きです。 色々な方が歌い、日本語で変訳されたりもしていますのでもしよければ一度聞いてみていただければと思います。

1
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
暁美玲さんへ
(2020-09-02)

暁美玲さまコメントありがとうございます。初めてサイトに投稿していて緊張していたので励みになりました。これからも書いていきたいと思います。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
かずやさんへ
(2020-09-02)

かずやさまコメントありがとうございました。最近、大きな流れの事をよく考えます。それを「神」とは名前は付けられませんが、確かにそこにある、と信じていきたいです。Hallelujah聞いてみます。

1
石村利勝
作品へ
(2020-09-07)

詩みたいな書き物はこの界隈で山ほど見かけますが 文体のあるこういう書き物を読ませていただく機会は 滅多にありません。ご馳走様でした。

2
ほば
作品へ
(2020-09-07)

これはなんとも楽しめました。ポケットを裏返してみせる辺りで、にやり、としてしまいます。日本の神さまは大概、のんべえなイメージなので、今日辺り、酒盛りにお招きしたいですねぇ。

2
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
さんへ
(2020-09-08)

ABさまコメントありがとうございました。面白いと言っていただけて嬉しいです。これからも書いていきたいと思います。励みになりました。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
石村利勝さんへ
(2020-09-08)

石村利勝さんコメントありがとうございました。初投稿でしたので緊張いたしましたが、楽しかったです。これからも書いて行こうと思います。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
ほばさんへ
(2020-09-08)

帆場蔵人さんコメントありがとうございました。楽しめましたと言って頂けて嬉しかったです。飲んべいのかみさまと酒盛りしたいですね、どんちゃん騒ぎで。

0
田中修子
作品へ
(2020-09-12)

なんだか、なんだろう。私は色んなことを麻痺させるためにお酒を飲みすぎて、もう飲めない体なのですが、それは、この神様が宿ったお酒を飲んだことがないからだな、と、この詩を読んで、いま唐突に理解しました。 きっと、この神様が宿ったお酒は、心を悪くすることのないんだろうなって。 この詩にはお酒の神様が宿ってるなって。 橙子さんは、加藤登紀子の「時には昔の話を」という曲をご存じですか? なんだか、あの曲が流れてきました。味のしないお酒を飲みながら、ああ、あんな時代に、あんなふうに熱を持って生きていきたい、とあこがれていた変な二十代だったのです。 しみじみする、じんわりしみこむほろりとした詩でした。飲めないんですけど、なんだかほろ酔い気分です。ごちそうさまでした。

2
藤 一紀
作品へ
(2020-09-12)

こんにちわ。 >酒臭い呼気を >わたしの顔に吹き付けながら >升の中のあまり上等じゃないグラスに >一升瓶から安酒をついでやりながら >ぐびりぐびりとあおってしまって >一文無しのかみさまはポケットを裏返して見せた >目の前にあるぬるくなったビールを喉をみせつつ 赤ら顔のかみさまと一杯やるとか影も姿もない店主とか非現実的な内容がなんとなくありそうな気がしてしまうのは、抜粋したように具体的に書かれているからですね。苦々しいことがユーモラスに語られていて、押しつけがましくないのもよいと思います。個人的には「喉をみせつつ」に最も動きを感じます。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
田中修子さんへ
(2020-09-14)

田中修子さんコメントありがとうございました。 加藤登紀子さんのその歌好きです。 私も生まれる時代を間違えたんじゃなかろうかと思う時があるくらい私が産まれる前の世代に思いを馳せますが、結局、ここでは無いどこかへの憧れがそうさせるのかも知れませんね。 おそまつさまでございました。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
藤 一紀さんへ
(2020-09-14)

藤一紀さんコメントありがとうございました。 ふとした場末の横丁にかみさまがいたら、こんな感じでボヤいているのではと、情景が見えた作品でした。 「愛」という大冗談から構えた言葉でなく、ぼやきながらも心配してくれてたらいいな、と。

1
aasha
作品へ
(2020-09-14)

よく分からないけどめっちゃ好き!!やり取りと物語が連綿と浮かんできます。

0
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
aashaさんへ
(2020-09-16)

aashaさんコメントありがとうございました。めっちゃ好き!!と言われて、デレデレ、してしまいました。励みになります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2