剥奪 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

剥奪    

蕾が割れる かたかたと花弁は震え 雌しべはひそやかに眠る 緑を引き裂いて ゆっくりと白を纏う 鼓動は泥に張り巡る 水はころころと走り 渇望は辺りを 埋め尽くすように香る ただ繋がれるままに 求めることも無く 剥き出しの眼球 盲いた瞳は次第に光り 紡がれた糸のその先を見る 菱の葉が茂る 踏みしめられた 愛さえ摘み取られて ずぶずぶと沈む自覚を 照り返しが引き止め 尻もちを着いた隙間から 冷たい水が入り込む 垂れ落ちた汗の 行方も知らず 離別した境界を 撫でる刃 美しいままに 切り取られた一瞬は 柔らかに枯れ落ち 円を描いて散乱する 恐怖でさえもどこにも行けず 足元も崩れてゆく 目覚めは全てを置いていく

scroll


作成日時 2020-09-02
コメント日時 2020-10-05

剥奪 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1561.3
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性10
前衛性00
可読性10
エンタメ10
技巧10
音韻00
構成00
総合ポイント40
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ11
技巧11
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:1561.3
2022/07/07 19時55分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

剥奪 コメントセクション

コメント数(13)
田中修子
作品へ
(2020-09-11)

おそらく、一番最初の作品から読み込めばとてつもなく面白く読める作者なのかもしれない。ひとつひとつのことばに意味を持たせるタイプの作者のようだから。まず、私にはその時間がない、ということ 。そうしてそのうえでさらっと読んで思ったのが、とてつもなくかたくなで、若い、ということ。 それは初読の「なんだかつまらない」とすれすれになってしまう危うい要素で、この作品においては「なんだかつまらない」に寄ってしまった気がする。 たとえば、『輪郭』においてはその若さと表現の硬質さが魅力として生き、本人のそして昔私も通り越してきた成長痛を思い起こしたり、はるか昔に両親に連れられて見学しに行った機織りの音が蘇ってきたりと、とても惹きつけられる「なんだか素敵」になっていた。 この作品は、なんだかときめかない。 かたくな、というのは、若さゆえに本人が譲れない部分と、表現が硬質である、という二点があると思う。若さについては「そんなこと言われても仕方がない」と過去の私が文句を自分に言ってくるし、この作者のいまの年齢のこの作品から、年齢を重ねて変化していくものを読者として追いかけていくのが楽しみだし、という点で、愛くるしい要素である。 では、表現が硬質である、というのはどういうことか。単純に漢字が多いというような視覚的に硬質と感じる要素と、もっと感覚的な部分で硬質と感じ取るところがあって、いったいどういうことなのかとても知りたくなった。 そこで、作者本人に詩作するうえで心がけていることを尋ねると、極限までそぎ落として骨にしていく、という答えがあったので、作者はぎりぎりまで自分の何かをあらわしたもの、血肉や脂肪や内臓や糞便をそぎ落とし、きれいな骨になったものをそれらを読者に差し出されたのだろう。 しかし、私はむしろ、人の、そして人の感情の血肉や脂肪や内臓や糞便を見たい人間だ。少なくとも、その部分に視点を置き表現してからでないと、きれいな骨を差し出しても、その美しさ脆さ生きてきた歴史みたいなものが見えてこないんじゃないか。(と、えらそうなことを書きつつ、私も私のそういう部分を表現してきたかというとちょっとわからない。理想論的である) あともう一つ、この詩において知りたいこと。 その「愛」とはなんなのか、親子か恋人かもっと別との何かか、執着か愛着か。 その「恐怖」とはなんなのか、たとえば自らが誰かを害するかもしれない己に対する恐怖か、それとも誰かに害されるかもしれない他者に対する恐怖か、人間対人間ではなく暗い山の中でもう二度と出口に辿り着けないかもしれないとぞっとする何かか。 作者だけがいろんなものをえがいて勝手に目覚めてしまって、読んでいる私もその感情や追いかけたいのに置いてけぼりにされてしまったようなさみしさを感じる作品だった。 作者本人の詩に対する愛やエネルギーやほかの作品で「なんだか素敵」なものがたくさんあることから、ながなが批評を書かせていただいた。最後まで読んでくれて、ありがとうね。

2
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
作品へ
(2020-09-11)

私は、硬質な殻、あえて削いである感情を詩の中に見ました。硬質な殻を、それが「若さ」だと、決めつけることは出来ませんが、この作品の全てを跳ね返すような硬質さいとしいと思うのは不遜なのかも知れませんが、いとしさを感じました。

1
ほば
作品へ
(2020-09-12)

花が開いていくその描写のあとに、渇望は辺りを埋め尽くすように香る、とある。花が開いていく様には生命を感じる。それは形状もだけれど、震えるようにのばした掌に似ている。そこに生への渇望があってそれが強く香るのだ。剥奪というタイトルから離れているように見えるが、生への渇望を強く望むということは同時に死も強く意識せずにはいられない。ひとつの生命が産ぶ声をあげるとき、何処かで生命がひとつ消えていくのは当たり前のことだ。  ただ繋がれるままに(確かこの作品も牛のシリーズだと聴いたが間違いでないといいな、よく勘違いしてるのが僕なので) 繋がれるままに求めることなく、単純に繋がれて日々を過ごして消費される事と繋ぐは繁殖で渇望、求めることなく血を繋いでいく事も含まれていると思うなら、冒頭からの花が開き生命を渇望する様と対比されて印象的だ。その営みを支えるひとに比べて、その営みから何かを得るひとである僕らはとても無自覚に生きているのかもしれない。何が恐怖で何が美しい一瞬であるのか、ちょっと見えないが花が開くさまも牛が死ぬ瞬間も生死は表裏一体で花が開くさまが美しいなら死ぬ様にも切り取るような一瞬があるのかもしれない。そんな一瞬、を観るとき恐怖でさへもどこにも行けず、崩れてしまうのだろうから。硬い硬くないというのは多分、何をどこまで削るかの塩梅なのかと思う。僕は硬質で堅牢さのある詩は嫌いではない。ただこの詩は硬質だが、まだ何処か遊びがなく衝撃が来たら砕けてしまいそうな張り詰め方を感じてしまう。前作の埋葬よりさらに削いだものを感じました。長々と見当違いかもしれませんが、今日のうち書かないと書けない気がしたので書かせていただきました。

2
あきら@ちゃーこ
田中修子さんへ
(2020-09-12)

いちいち酪農が絡んでしまってなんかしつこくて申し訳ないのです。おそらくは私普段の生活で血肉やら内臓やら糞便を見すぎてしまっていて今更感が出てしまう部分もあるのかもしれません。しかしこんな事言うのは自分でもあれなのですが私はまだ若いと言われる年齢ですから変わっていくと思います。まだ途上なのです。頑張ります。

0
あきら@ちゃーこ
二ノ宮橙子さんへ
(2020-09-12)

そう思っていただけてとっても嬉しいです。よく口にすることでもあるのですが、ダイヤモンドのような詩を描きたい、と思うことがあります。できる限り肉を削ぎ、骨だけになってそれをまた圧縮して残ったもの、淡々とした描写の積み重なりに感情や詩情が表現出来ないものだろうか、と思います。

1
あきら@ちゃーこ
ほばさんへ
(2020-09-12)

よくよく読んでいただけてありがとうございます。これも牛シリーズであってます。前半は蓮が咲く、というフェイズですが、後半は切り花にされるというフェイズを描いています。死には確かにその瞬間があり、そここそに純度の高い恐怖を感じるのです。正直なことをいえば遊びがない、というのは個人的課題に思っています。しかしこれも手数と時間が解決するのかな、なんて思います。

0
うたたね 宥樹〔記〕
作品へ
(2020-09-12)

一読、戦慄を覚えました。 ムンクの「思春期」を見つめた時のような強い緊張感を強いられる一篇です。 この語り手が、どうしてこんなにも全身を強張らせているんだろう、と手を差し伸べたくなります。 と同時に、荒々しい剥き出しの好奇心が、そこに鎌首をもたげていることにも気づき、凍りつき混乱してしまいます。。。 こういった《不安》をつかめるのは、ある限られた期間だけなのかもしれません。 そう思うと、とても疲れるのだけれど、ここを離れることができないのです。

1
アオ
作品へ
(2020-09-12)

さっぱりとしていて、かつ言葉遣いが洗練されていて、瑞々しい詩だと思いました

1
あきら@ちゃーこ
うたたね 宥樹〔記〕さんへ
(2020-09-13)

張り詰めた緊張感、むしろそこを目指して書いているという一面は確実にあります。今の私がまだモラトリアムを享受する年齢であるということ、しかしこれから独り立ちをしなくてはならないという焦燥感、そして自分の作品を書き続けることへのプライドとかたくなさが相まってこの読後感を醸し出しているのかもしれません。私はこの緊張感は決して悪いものでは無いとは思いますが、これを維持できるとも思いません。これからまた変わっていくのでしょう。

1
あきら@ちゃーこ
アオさんへ
(2020-09-13)

やっぱり若いから(自称)でしょうか……こんな感想久しぶりに頂きました。とても嬉しいです。私は私生活でも大変胃が悪いのでさっぱりしたものが好きなのです。言葉遣いにはとても気を使っています。と言うよりこれいいな!と思って書き連ねていくとこんな感じになります。

0
田中修子
作品へ
(2020-09-22)

ひとつ、つけたしさせてください。 肉体の臓物より、重要なのは、感情の臓物です。 他人の、自分の、感情の、血肉や脂肪や内臓や糞便です。それらをひとつ乗り越えたからダイアモンドと美しい骨を目指されているのかもしれないけど、これからまた、山ほどそういうものを目にすると思う。目にしないのならば、それも幸福ですが、詩を書いていくのならば、そこに直面しなければならない日が来る。不純物が分からなければ、不純物は取り除けないから。 そのとき書かれる詩を楽しみにしています。

0
stereotype2085
作品へ
(2020-09-23)

字面が、絵面が、目に映る文字のバランスが美しい。意図しているのならば大成功。していないのならば今筆者様が相当な絶頂期に来ているのではと推測してしまう。ツイキャスのコメにて一般性?だったかな(失念失礼)がもっと欲しいと仰っていてその一助に、より深い読み解きをと思いましたが見た目と言葉の連なりの滑らかさを楽しむのも一興と感じたので控えます。剥奪。タイトルのインパクトが良いですね。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-10-05)

形容詞が言葉の直接性に歯止めをかけていてもったいないというのが個人的な感想です。あとは正直に書くべきことを書いていると思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2