速さについて - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

速さについて    

 /あなたの場合だとね  生息域にそぐわないんですよね、   このままだとちょっとね、お引越しを   されたほうがいいかもしれません/ 書類一式を突き返されるのが 見慣れた排出の合図か しぼりたての雑巾と 友達は言ったっけ  曇天どんてん色の クリアファイルを片手に 宙に浮いてるような気がしていたよ  白い張り紙が夏の 気圧が低い方へと逃れようとしている それで 足元からじわじわと 湿った砂に侵されていく ひとりの女の話の続きを その友達は 続きを言わないまんまで 故郷の海沿いにから入り込む 国道191号線の 真下を掘られたドブ川にある 朽ちそうな階段に座り込み オオハムとか/ウミスズメやら 海鳥が横切るのを いまも一心に待っているのだっけ じっと黙っていても彼の中では 過程だけが猛烈な速さで通過するのだろう きっとあの女も きみが座るブロックじゃないが、そういう 砂の像になったのかね いまでもぼくは 踏みしめるうちに靴の隙間に 入りこむ砂が気になるから ぼくはもうその友達には会えないし なにより もう海の生き物ではなくなってしまったんだと 失ってはいないのだけれど 髪の毛を抜かれたような別れを ぼくはぬるま湯に浮かべながら 夏とは思えない涼しい風を感じて はるか遠くからやってきた/誰のものでもない 責任に答えようとしていた


作成日時 2020-05-09
コメント日時 2020-06-05

速さについて ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 2018.5
お気に入り数: 6
投票数   : 0
ポイント数 : 14
#現代詩
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性62
前衛性00
可読性10
エンタメ00
技巧51
音韻00
構成20
総合ポイント143
 平均値  中央値 
叙情性1.21
前衛性00
可読性0.20
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成0.40
総合2.83
閲覧指数:2018.5
2022/01/17 04時34分05秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

速さについて コメントセクション

コメント数(12)
みつき
みつき
作品へ
(2020-05-12)

生息域の問題で追い出し状が来てそうな場面設定、そのせいで友達とかに会えなくなってそうな、(種族が違うんですかね?)想像が広がってよかったです。 あと最後のほうの >もう海の生き物ではなくなってしまったんだと >失ってはいないのだけれど >髪の毛を抜かれたような別れを >ぼくはぬるま湯に浮かべながら >夏とは思えない涼しい風を感じて >はるか遠くからやってきた/誰のものでもない ここは波を感じます。海辺の話ですもんね、好きです。 私はこの詩好きで、コメント書こう書こうと思ってたんですがなかなか書けなかったのです。 タイトルが「速さについて」とのことで、おそらく速さが詩のキーワードだと思うのですが 速さが詩のなかでどんな意味を持ってるのかが、読み取れなくて、好きなんだけど腑に落ちない状態になってしまったからです。 もし気が向いたらでいいので、この詩における速さってなんなのか、聞いてもいいですか?読解力が弱くてすみません…!

1
鈴木歯車
みつきさんへ
(2020-05-13)

この中での「速さ」の意味は物理学における意味と同じで、詩中、詩外にあるすべての物体の運動(動き)にかかわる量のことですね。 語り手も張り紙も、海鳥も速さを持っています。

0
ライ麦
ライ麦
作品へ
(2020-05-13)

3連目が好きです

0
磁界の中心
作品へ
(2020-05-13)

何もかもが移ろい、それらがまだ見ぬ世界へと各々の速度で向かってゆく、世の中のいわゆる諸行無常な感じを覚えました。それはそれは麗しい速度で移ろい、心地よいです。 またそれとは別に、引越しのために国道191号線を走る自家用車に乗り、その中で海を眺める少年の姿が思い浮かびました。窓から入る夏とは思えない涼しい風に吹かれながら、引越しへの覚悟といいますか、新たな地で頑張るぞというやる気を感じました。 麗しくもパワフル、そんな雰囲気を味わえました。素晴らしい詩をありがとうございます。

1
鈴木歯車
ライ麦さんへ
(2020-05-13)

ありがとうございます。張り紙といえば最近、営業中の店になぜか張り紙がされるようになりましたね。

0
鈴木歯車
磁界の中心さんへ
(2020-05-13)

抒情以外のすべてのパワーを犠牲にして、いっそ抒情に踏み切る。そんな作品群を今までは書いていました。 この作品で試したような、ちょっとした方向転換が、あなたにとって効果的であったようです。 匿名が明けたときには、他の作品もご覧になってはいかかでしょうか。

1
みつき
みつき
鈴木歯車さんへ
(2020-05-16)

なるほど。こちらの視界の彩度も少し上がった気がしました。 聞けてよかったです。ありがとうございます。次作も読みます。

0
白川 山雨人
作品へ
(2020-05-16)

色々な物語が立ち上がってきて想像が広がりました。 住んでいた場所から追いやられていくこと、環境に侵されていくようなイメージ、そして、憂いを帯びた寂しげな全体のトーン、「速さ」が生み出す空間の広がりといったものに、惹かれました。

0
Um Fantasma
作品へ
(2020-05-17)

これは何か言いたくて でも言えない系のやつ 頑張ってコメントすると  君はここにはいちゃいけないから どっか行きなよと言われつつも どこか自分の点は変わらないのに 女や友達はどこか自分からだんだんと遠ざかっていき >はるか遠くからやってきた/誰のものでもない/責任に答えようとしていた というものごとやひとびとが違う速度によって遠ざかっていってしまう もののあはれ あんど諸行無常みたいなのが 夏っぽい透明感ありなイメージに託されている たいへんよきまるとおもった!!

0
沙一
作品へ
(2020-05-21)

速いこと、つまりは効率的なことが、ほんとうにいいことなのか、と考えさせられるようでした。 速いものが過ぎ去っていく国道のかたわらで、自由な海鳥を観察する、朽ちそうな階段という状況で・・・ 現代社会のシステムに、心の隅でなにかしら疑問を抱いているような人物像がうかんできます。深く読めば読むほど、胸に迫ってくるものがありますね。 さらりと読めてしまうけど、たしかな叙情が詰められている。とくに終盤、詩としての情報量が増して、たくさんの砂を詰めた袋で殴られたかのような読後感でした。もう海の生き物ではなくなってしまった、冒頭にも通じる社会での生きづらさ、そのはるか遠くからやってきた自分だけに限ったわけではない命題に、それでも責任をもって答えようとしている、なんて健気なんだろうか。

1
田邊容
作品へ
(2020-05-21)

<じっと黙っていても彼の中では <過程だけが猛烈な速さで通過するのだろう とか、 <はるか遠くからやってきた/誰のものでもない <責任に答えようとしていた とか、好きです。 全体を通して、何だか不思議な感じ。話が見えるような、見えないような。重たいような、軽いような。一読では私の目にはぼやけている箇所も多いのだけど、読めば読んだだけ情景が広がってくる気がします。 海の生き物であったこと。そこにどんな思いがあったのか。説明は少ないのだけど、読んでいて楽しかったです。

1
藤 一紀
作品へ
(2020-06-05)

よかった。今頃になってはじめて読んだけど、もっと早くに読んでいれば良かったとちょっと反省。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1