絵について - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

絵について    

いろいろな事情があって支援学校の子供達の作品展に行ったんだよね。私はなんというかその日は絶食すると決めていて、昼過ぎに起きて電車に乗ると最終的にそこについた。 好きになった作品があって、それは福岡への修学旅行を描いたものだ。画用紙を縦に使って三つの絵が描いてある。サインペンで「船」「ジップライン」「福岡タワー」と書いてある。それ以外はなにもかいてない。私の解像度と同じだ。 私は別に孤独ではない。 私は子供だからとか、障害者だからとか、だからいわゆるお勉強はできなくても、彼らは想像力があってクリエイティブなんだというような考え方はあまりしない。それはやっぱりどうしてもなにか違うように思えてしまって。 水色のほそい帯の上に船がある。船は三つの部位からなって水平線に立っている。船底、甲板、ブリッジ。その上に旗が立っている。


絵について ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 979.3
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2023-09-04
コメント日時 2023-09-06
#現代詩
項目全期間(2024/06/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:979.3
2024/06/25 03時36分37秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

絵について コメントセクション

コメント数(12)
湖湖
湖湖
作品へ
(2023-09-04)

良い姿勢で作者が生きている気がした

0
A・O・I
作品へ
(2023-09-05)

ものを 心から、捕らわれたときにその ほんらいの カタチ を 見つめる 行為が、真実で ある というのに、我々はひねくれ曲がってしまうのはなぜなのでしょうね。ただこの詩を読んで、 >水色のほそい帯の上に船がある。船は三つの部位からなって水平線に立っている。船底、甲板、ブリッジ。その上に旗が立っている。  ただただ、純粋に響き見えるように正されました。ああ、詩が うまいな、と純粋に感じて。

0
片々
片々
作品へ
(2023-09-05)

ライトレスで申し訳ないんだけど、詩的な文章にとってとても大事な要素にリアリティというものがあると思うんです。 事実ではなく、リアリティ。 最終連への繋ぎと、なんの変哲もない最終連の内容が、過不足なく作者のリアリティを他者に伝えられていて、とても素敵な作品だと思いました >私は別に孤独ではない。 この表明は、はっきりと作品において異物です。ですが、この単純で一見なにも意味を持たない唐突な挿入が、とてもうまく機能しているように思います。詩の呼吸というか。「わたくし」に距離を取り戻す作用というか。 分析的に読むと言うより、インスタレーションをぼーっと眺める、まさに「絵について」そのもの(絵に関して、ではない)の再演が読者の中で行われる。そうした事の快感があると思いました

0
橙色
橙色
作品へ
(2023-09-05)

素朴でスッと姿勢を正したくなるような気持ちの良い作品だと思いました。人生や生活を正直に生きている人の、衒いのない温かみみたいなものを感じます。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-09-05)

こんにちは。 感想評です。  私はなんというかその日は絶食すると決めていて というのが気になりまして その、僕なんかは、色々食に関して研究?じゃないですけれど 気を使ってまして 素朴な料理から、ジャンクフードと呼ばれるもの 素朴な料理ならば、やはり、安定感があるな、とか ジャンクフードならば、なんか、ちょっと、気が荒いな、とか そうして、絶食というのは、僕なんかも、朝食、昼食とらないで アイスコーヒーばかり飲む、なんてことをしますけれど その、感性のフラット化、平坦にすることを 無意識狙って僕はそういうことをしているのかな、と。 何か、フェチな感想ですけれど。深い。

1
いすき
さんへ
(2023-09-06)

コメントしていただきありがとうございます。この文章を公開するということは、個人的には葛藤がありました。この文章に書いた内容はほとんどすべてが実話です。「絵」も同様です。いくら一般公開されている作品とはいえ、それについて書くことは、なにか不誠実な気がしました。そのようなご指摘は今はまだありませんが、これからあるかもしれないですし、それ以外にも、私にその意図はありませんが、なにかが差別的だとか、そういう非難もあると思い、しかしながら、最終的には投稿することを決めました。 うまく言えませんが、絵は芸術的でした。私にとっては、それに尽きるような気がしています。

0
いすき
湖湖さんへ
(2023-09-06)

コメントしていただきありがとうございます。嬉しいです。私にとって生きることの実感は絶食と似ているところがあります。真夏はほんとうに危ないのであまりしませんが、予定がなければ、土日の片方はほとんど食事を抜きます。そのうえで数時間歩きます。私は楽しみとして、そういう過ごし方をすることがあります。 すみません、ちょっと関係ない話をしてしまったかもしれませんが、よろしくおねがいいたします。

1
いすき
A・O・Iさんへ
(2023-09-06)

コメントしていただきありがとうございます。すみません、詩がうまいと言われることはあまりないため、恐縮です。花緒さんへの返信で書いたことと一部同じになってしまいますが、この文章は公開をとても迷いました。とても良い絵を見たというのは実際のお話です。すると、とても良い絵を見て、良いなあとつぶやく、あるいは大変すばらしいと言って作者に手紙を書くというのが本当の大人であり、私みたいに文章を書いてみんなに見てもらうというのは、なにかずるい行為だという考え方もできるような気がしています。 結局、投稿をしました。しかし、今考えてみても上記の指摘は論理的に筋が通ってるように思います。すみません、絵はとても良かった、そういうものが実際にこの世にあったということで、どうぞよろしくお願いします。

0
いすき
片々さんへ
(2023-09-06)

コメントしていただきありがとうございます。リアリティと言えば、私の中では「肛門のリアリティ」がまず最初に思いつきます。ビーレビに投稿された作品で、もちろん今でも読み返すことができます。 https://www.breview.org/keijiban/?id=8772 この詩を初めて読んだ時、私はこんなのぜんぜんリアリティじゃない、むしろ思いっきり文学だ、なんというかフィクション的だと思いました。しかしざわざわしたのを覚えています。結果、今でも忘れることができません。 あ、すみません、この返信でこの作品を出してしまうと、私はこの作品や筆者の人と同じレベルなんだ、みたいな主張になってしまいそうなのですが、そういうことじゃないです。↑の作品はまじですごい作品で、この作者の人もやばい人です。そういうやばいレベルの人が現在進行形で活躍中で、じつは私もファンなんです。 ありがとうございました。

1
いすき
橙色さんへ
(2023-09-06)

コメントしていただきありがとうございます。そう言っていただけると、嬉しいです。投稿の時はとても悩んだのですが、この文章を書いたときに迷いはありませんでした。たしかに、私は正直になりたいです。温かい人間になりたいです。 ありがとうございます。

0
いすき
田中恭平 newさんへ
(2023-09-06)

コメントしていただきありがとうございます。食事の話は好きです。素朴な料理の安定感というのはかなりわかります。作るのは大変だと思うため、素朴と言って良いかわかりませんが、ほうれん草とごまを和えたみたいな料理とか、最近になって好きになりました。唐揚げと同じ量、ひじきも食べるようになりました。 絶食・・・・・・というと大げさで、ほんとうは晩ご飯だけ食べたりもしているのですが、やってみると発見があります。つぎに食べるご飯がいつも以上においしくなるという実利もあります。ごはんを食べないと体がとても重たくなり、健康も一時的にそこなわれます。食べたり食べなかったりすることによって、おおげさにいうと私は何かを理解できそうな気がしています。

1
A・O・I
いすきさんへ
(2023-09-06)

ああ申し訳ない私の書き方が悪かった。あのコメントは自分に対する自戒のようなものです、貴方の詩を読んで率直に出たつぶやきでした。貴方の詩を読んでその純粋さと真っ直ぐさにぶっ刺されましたので、詩がうまいと書きました。私の中では詩は、読み手でも書き手でも 感情が動かされるそのキッカケ で書かされたり読まされることで、それが現実に起こったことであっても架空のものであっても、書き手が詩であるという限り詩であることは誰も侵せないものなのです。(蛇足脱線した……。)貴方の詩は私の好みの詩ではないし(気を悪くしないでほしい)、私の書く詩とも全くちがうのだが、純粋に心にぶっ刺さった、よい詩を読んだ。そういうことです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1